Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

ユーザーの満足度に繋がるよいUX設計・UXデザインを作るコツ

よいWebサイトやアプリに求められる条件と聞いて、あなたはどんなものを思い浮かべますか?
ひと目見ただけで釘付けになるようなデザイン、時間を忘れて読みふけってしまうようなコンテンツ、驚くようなキャンペーンの展開など、このような要素を持っていれば、ユーザーからは“よい”と評価されるのかもしれません。

よいWebサイトやアプリは、それを利用したユーザーによい“経験”をもたらします。この経験こそ、今回解説するUXのことです。

UXとはなにか、UIとの違いから、優れたUX設計やUXデザインを作るコツに、参考書籍まで詳しく解説していきます。

UXとは

UXとは冒頭で軽く触れたとおり、Webサイトやアプリの利用を通じてユーザーが得る経験や体験をさす言葉です。UXは「ユーザーエクスペリエンス」の略称で、エクスペリエンスがそのまま「経験」「体験」となります。

Webサイトやアプリを利用すると、ユーザーはなにかしらの感想を持つもの。「使いやすい」「美しい」などポジティブな感情もあれば、「情報が見つけづらい」「字が小さくて読みにくい」などネガティブな感情を抱かれることもあるでしょう。
UXとは、ユーザーが抱くこれらすべての感想や気持ちをまとめて表す言葉です。

ユーザーが感じたことはそのままWebサイトやアプリの利用満足度にも繋がります。ポジティブな感情を持てばまた使いたいと思うでしょうし、ネガティブな感想を抱けばほかのWebサービスへと流れてしまうこともあるでしょう。

よってWeb制作に携わる人々は、UXが優れた(=ユーザー満足度が高い)Webサイトやアプリの開発に努める必要があるということです。

UXとUIの違い

UXと並んでよく出てくる言葉にUIがありますが、これは「ユーザーインターフェース」を意味する言葉で、その意味は「境界面」「接点」となります。

Webサイトやアプリは、ユーザーがインターネットの世界から情報を得る際に接点となる存在です。ユーザーの目的(情報を調べる、商品を購入するなど)が果たされるためには、使いやすく・見やすいデザインであることが求められます。

前述したとおり「UXが優れている」とは、ユーザー満足度が高いということ。対して「UIが優れている」と表現するときは、そのWebサイトやアプリの使いやすさを評価している意味になります。

よって、UIが優れていれば、おのずとUXも優れている可能性が高くなることがお分かりいただけたのではないでしょうか。UXを解説するためにはUIが欠かせないと言っても過言ではないため、このふたつの言葉はセットで用いられやすいのかもしれませんね。

優れたUX設計・UXデザインのコツ

それでは、優れたUX設計やUXデザインを作るためには、どのような考え方や手順が必要になるのでしょうか。以下に解説していきます。

利用するユーザー像を明確にする

質の高いWebサイトやアプリを制作するにあたってまず重要なのが、利用するユーザー像を明確にすることです。
どれくらいの年代で、どんなライフスタイルを送っており、なにを目的にWebサイトやアプリを利用するのかを具体的に考えなければ、制作するWebサイトやアプリに求められるデザインや機能、掲載すべき情報などが固まりません。

目的の違いによってWebサイトの操作手順は変わるでしょうし、年代によって使いやすいアプリのデザインや機能も異なります。
優れたUX設計やUXデザインを叶えるなら、まずは「どんなユーザーに使ってほしいか」をもとに、ターゲット分析から始めてみましょう。

ユーザーに求める行動を具体的に描く

Webサイトやアプリの利用を通じて「ユーザーになにをしてほしいか」も、明確にしておく必要があります。
「とりあえず見て(使って)もらえればいい」といった曖昧な考えでは、完成したWebサイトやアプリがなにを目的に作られたものか、ユーザーに理解してもらえないかもしれません。

まずは「Topページにアクセスしたらまず商品紹介に飛んでもらい、おすすめ商品から順に見てもらって、最後には問い合わせをしてほしい」など、ユーザーに求める行動を具体的に描きましょう。

そうすると、
「Topページでは商品紹介へ飛ぶボタンを一番目立たせる」
「商品紹介ページではおすすめ順に商品を掲載する」
「ページの最後に問い合わせボタンを大きく配置する」
といった具合に、“目的達成の確率を上げるためのデザイン”を考えられるはずですよ。

ユーザーの気持ちに立ってWeb制作をする

たとえば資料請求をゴールとするWebサイトがあったとして、資料請求が完了するまでに何度も何度もページ移動が発生するようなページ構成は、ユーザーにストレスをかけてしまうでしょう。
しかし、Webサイトの制作側としては資料請求完了までに確認してほしい注意事項や情報があり、あえてそのような構成にしているのかもしれません。

とはいえ、それはあくまでも制作側の意図。ユーザーからすれば「不親切なWebサイト」と判断されても致し方ないことであり、改善の余地があります。

優れたUX設計やUXデザインを叶えるなら、まずは制作側がユーザーの気持ちに立ってみてください。先ほど例に挙げたWebサイトも、ユーザーとして使ってみればいくつも不満点が出てくることでしょう。

どうしても確認してほしい情報があるならページ移動以外の見せ方を考える、情報が多すぎるなら整理するなど、なによりユーザー目線に立った設計やデザインを心がけてくださいね。

UX設計・UXデザインの参考書籍

それでは最後に、UX設計やUXデザインの知識とスキルを磨きたいときに役立つ書籍を紹介します。まずは基本を学びたい方から、読みながら実践に役立てたい方まで、ぜひご一読ください。

一人から始めるユーザーエクスペリエンス

本書で解説されているのは優れたUXを実現するための方法や手法です。難易度は比較的低めなので、初めてUXに触れる方でも読みやすい1冊です。

そもそもUXとはなにか、なんのためにUXを考えるのか、考えるのにはどれくらいの時間を要するのかといった疑問への回答が、300以上のケースとともにまとめられています。

「一人から始める」とのタイトルではありますが、解説されているのはチームを巻き込んだUXの考え方について。入門書としてもおすすめです。

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本

本書は、実際に大手デジタルマーケティング会社にてUXデザインに関わってきた人たちが集い、まとめ上げた1冊です。
1章はUXデザインの解説から始まり、2章以降ではユーザービリティ評価にユーザー調査、カスタマージャーニーマップなどの手法を取り上げながら、優れたUXを叶える手順を紹介しています。

内容には図やイラストも多く、とっつきやすい印象です。紹介されている手法を実践したいときに役立つテンプレートも付属しているので、読み進めながらUXデザイン作りを実践できるものおすすめポイントといえます。

ユーザー目線に立つことは、UXの向上に繋がる

よいWebサイトや、よいアプリを作りたいと考えるなら、まずUXの知識を磨くことから始めましょう。美しいデザインや見たくなるコンテンツも重要ですが、Webサイトやアプリが使いにくければ、ユーザーの満足度を高めることはできません。

Webサイトやアプリの利用を通じてユーザーに“よい経験(体験)”をしてもらうことができれば、おのずとリピーターや新規ユーザーの獲得にも繋がっていくことでしょう。

まずはユーザー目線に立つこと。そのスタートラインに立てれば、優れたUX設計・UXデザインを実現することもそう難しくはないはずですよ。

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】