Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

UI設計・UIデザインが優れたWebサイトの条件とは?

Webサイトやアプリを制作する業界で働いている方なら、「UI設計」や「UIデザイン」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、Webサイトやアプリをひとりでも多くのユーザーに利用してもらいたいときに必須な、UIについて徹底的に深堀り。
UIとはなにかという基本的な解説から、UXやビジュアルデザインとの違い、優れたUI設計やUIデザインのコツまで、まとめて紹介していきます。

UIとは

まずUIとは「ユーザーインターフェース」を略したもの。インターフェースは「境界面」「接点」といった意味を持つ言葉です。

Web業界におけるUIとは、ユーザーとパソコンの接点となるもののこと。
いわばWebサイトやアプリといった、ユーザーがパソコンを使って情報を得たり、商品やサービスを購入したりする際に“仲介となる存在”をさしています。

ところで、この仲介となる存在であるWebサイトやアプリが非常に雑多で見にくいデザインなら、ユーザーは欲しい情報や商品・サービスに辿り着けるでしょうか。多くは途中で諦めるかもしれませんし、仮に辿り着けたとしても多くの時間とストレスをかける結果となるでしょう。
このようなWebサイトやアプリは「UIが悪い」と表現されます。

Webサイトやアプリをユーザーが快適に利用するためには、なにより使いやすさが重要です。
この使いやすく、目的がスムーズに達成できるWebサイトやアプリの制作に求められるのが、今回解説するUI設計・UIデザインと呼ばれるものなのです。

UIとUXの違い

UIと混同されがちな言葉に、UXがあります。
UXはユーザーエクスペリエンスの略称です。エクスペリエンスの意味は「経験」「体験」ですので、UXを直訳すると「ユーザーの経験(体験)」となります。

UXは、Webサイトやアプリなどの利用を通じてユーザーが得る経験や、満足感を表す言葉です。

よいUIのWebサイトを利用したユーザーは「使いやすくて感動した」「デザインが素敵」など、ポジティブな感情を抱くでしょう。反対に悪いUIのWebサイトなら「リンクボタンがタップしにくくてイライラする」「欲しい情報に辿り着けない」など、ネガティブな気持ちになる可能性が高いです。
このような感情や気持ちはすべてUXとしてまとめられます。

UIはデザインや設計の品質を、UXは利用したことで得た気持ちや満足感を表す言葉なので、まったく違う意味をさすことを覚えておきましょう。

UIとビジュアルデザインの違い

ビジュアルデザインも、UIと混同されがち。しかしこれらにも明確な違いがあります。

たとえば、美しい風景写真を背景に大きく使い、文字情報も極力減らしたデザインのWebサイトがあるとします。ユーザーがそのWebサイトを見て「美しい」と感じるなら、そのWebサイトのビジュアルデザインは優れているといえるでしょう。

しかし、ユーザーに実際にそのWebサイトを利用してもらうと、ユーザーが欲しい情報になかなか辿り着けません。これではユーザーがなかなか目的を達成できず、前項の内容に沿えば「UIが悪い」Webサイトとなってしまいます。

要するに、ビジュアルデザインとはWebサイトの見た目をよくするためのデザインのこと。UIはユーザーのスムーズな目的達成を促すための設計やデザインのこと。

ビジュアルデザインもUIも優れたWebサイトやアプリを制作できれば、ユーザーの満足度は非常に高くなりそうですね。

優れたUI設計・UIデザインのコツ

それでは、優れたUI設計やUIデザインを作り上げるためには、どのようなことを心がければよいのでしょうか。ここではよいUIに求められる条件を踏まえながら解説していきます。

ユーザーを迷わせないこと

Webサイトやアプリを使うとき、ユーザーには目的があります。なにか情報を探しているにしても、商品やサービスを購入したいにしても、目的はスムーズに達成したいはずです。

このとき、ユーザーが欲しい情報がWebサイトの奥深く、ひと目では分からないような場所にあればユーザーは困ってしまいます。商品やサービスを購入するにも、アプリのどこをタップすれば購入に進めるのか分からないと、途方に暮れてしまうでしょう。

よいUI設計やUIデザインを目指すなら、ユーザーを迷わせないことがなにより重要です。情報への道筋はシンプルに、ボタンやフォントは見やすく明瞭に。まずはこれだけ心がけてみましょう。

情報を整理すること

Webサイトの規模が大きくなればなるほど、情報量も膨らむもの。しかし多すぎる情報はユーザーを疲弊させます。

たとえばWebサイトであるサービスを紹介するにあたり、ページ上に注意事項が何行にも渡って書かれていればユーザーはうんざりしてしまうことでしょう。

すべて記載しなければならないなら、その中から優先順位を決めること。絶対に伝わってほしい情報は赤字で大きく、あとは小さく表示させるなど、情報を整理してそれぞれの見せ方を工夫するだけでもぐっと見やすくなるものですよ。

分かりやすい言葉選びをすること

どんなに見た目がよく、見やすいWebサイトやアプリでも、使われている言葉の表現によってはUIが悪いと判断されてしまいます。

一般向けのWebサイトでも専門用語ばかり並んでいたり、商品やサービスの説明文に見慣れないカタカナ語が羅列されていたり…。これでは、ユーザーはまず言葉の意味から調べることになるため余計な手間がかかってしまいます。

どんな業界にも専門用語はあるもの。しかし、それが誰にでも通じる言葉だと思い込み、ユーザーとの接点となるWebサイトやアプリでも使ってしまうのは、UIを悪くしてしまう大きな原因になりますので注意しましょう。

視覚的な表現にも見やすさを心がける

フォントの見やすさや、リンク表現、ボタンのデザインなど、視覚的な情報も分かりやすい表現を心がけなければなりません。

リンク先になんの情報があるのか分からないテキストリンクの表記や、一見するとボタンに見えないデザインはユーザーを困惑させる要因となります。色の表現も、たとえば背景と文字色が同系色では見にくくなりますよね。

Webサイトやアプリの視覚的表現は“なにより見やすく”。これを忘れないでくださいね。

UI設計・UIデザインの参考書籍

ここではUI設計・UIデザインを考える際の参考書籍として「UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。」を紹介します。

ここまでUIについてまとめてきましたが、Webサイトやアプリの設計・デザインに大きく関わる内容なので、主にWebデザイナーに必要な知識だと感じた方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、昨今は誰もがインターネットを当たり前に使う時代で、Webサイトやアプリに求められることも、ユーザーたちのニーズも多様化してきました。この時代の流れに沿ってより柔軟に、スピーディに優れたUIを考えるためには、チームが一丸となって協力する必要があります。

本書はUIをプロジェクトチーム全体で考え、改善していくための手法や手順がまとめられた1冊です。
UI設計やUIデザインを通じてそのニーズに応え、Webサービスを成長させていくためにはなにをすればよいのか、事例も交えながら解説されています。

優れたUIはユーザーを心から満足させる

優れたUIの条件は、とにかくユーザーに疑問を抱かせないこと、そして目的までの道筋を間違わせないこと。

あなたの会社のWebサイトは見やすいですか?もしUIが悪いと感じるなら、いますぐ改善を検討してみてください。

UIがよいWebサイトやアプリはユーザーに満足感を与えます。シンプルかつ見やすくを心がけながら、よいUI設計・UIデザイン作りを目指しましょう。

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】