Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webライター

Webライターは普通のライターと何が違うのだろうか?その仕事内容とはどんなこと?どうやったらなれるのか?など、Webライターにまつわるいろいろな情報を掲載しています。

Webライターとは?

Webサイトに掲載する記事を執筆することに特化したライターがWebライターです。紙媒体のように購入した読者の満足させるものではなく、見つけて読んでもらうためのライティングを行います。主にクライアントからの依頼を受けて掲載する記事を書きますが、ニュースやコラム、インタビュー、ECサイトなどで商品説明文などその内容は多岐にわたります。分野にしても医療や科学、政治などの高度な専門知識が必要なものや、グルメや旅行といった日常的な内容まで様々です。姉妹サイト「Webライター必見!Webライティング研究所」でもWebライターについて記載をしていますので気になる方は要チェック。

Webライターの主な仕事内容

ライティングのコツとは?SEO全般の知識やHTMLの構文知識を身につけてライティングを重ね、ユーザーに注目される実りあるゴールを目指そう!

ライティング

ユーザーを楽しくさせる、わかりやすいライティングがポイント!

Webライターがライティングを行い、目指すゴールはその内容や情報をユーザーに読んでもらうこと。ほとんどの場合、クライアントがいるため、ユーザーとクライアントの両側に対して満足ができる記事を書くことが重要です。そのためには、専門知識がない人が読んでも、分かりやすく気軽に楽しく読めるものを書くというのが必要とされます。また、制作チームの一員として動くため、ページデザインに即した(あるいはページデザインを作ることを意識して)書き方も重要なポイントです。

SEO全般の知識・HTMLの構文知識を活かしたライティング

SEOやHTMLなどの基礎知識が強みになる!基本知識を身につけましょう

Webサイトに書くということは、まずは読んでもらうことを念頭に考えるということ。そのためにはSEOに関する全般的な知識を持つことが必要です。知識があると、SEOを考慮したライティングができると仕事を依頼されやすくなるというメリットも。また、Webサイトの制作のライティングにはHTMLの構文知識が必要です。他の技術者をチームを組むので書き上げるペースも上げなければいけません。Office系ソフトの使い方だけではなく、その知識を持つことも重宝されるライターとしての要素でしょう。

Webライターに向いている人

Webライターは会社内の勤務で担当するというよりも、フリーランスとして働く人が多い職種です。そのため、自分で仕事を獲得していかなければならないことも多く、営業力や交渉力が必要になります。また、フリーという面もあって場所にも時間にも捕われずに働くことはできますが、その代わり、お金と時間などの自己管理がしっかりできる人が望まれています。多くのユーザーに読んでもらうためにも、共感を呼べる記事がかけることも重要視されています。

Webライターの年収

webライターは在宅ワークで働く人がほとんど。基本の金額の設定があり、その仕事をこなすと収入となる場合がほとんどです。1文字0.2円~0.5円程度の単価もあり、時給が200円未満になることも多く、年収はかなり低くなってしまいます。しかし、書くスピードが早かったり、専門的な分野で活躍できる人は月給30万円以上も夢ではありません。個人の能力によりますが、一般的には年収30~300万円程度になります。

あればなお良し!Webライティング関連の資格

Webライターになるのには特に資格が必要なわけではありません。しかし資格を持つことでクライアントの目に留まる機会も増えますし、ライティングに必要な基礎知識も身につけることができます。具体的にライティングに関わる資格はWebライティング能力検定とWEBライティング技能検定があり、取得することもオススメです。

Webライティング能力検定

Webライティングに必要な技術を検定します。受験項目には「国語」「ウェブライティング」「コピーライティング、メールライティング」「SEO」「論理・法律、炎上対策」「Webライティングに関するミニ論文(200~300文字)」の6科目があります。

WEBライティング技能検定

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格です。クラウドソーシングで働くために必要なビジネスマナー・基礎知識・文章作成技術など、そしてライティング能力の検定が行われます。

Webライターを目指すなら読んでおきたい書籍を紹介

Webライターとして活躍するためには、読者に読みやすい文章を書けるようにならなければいけません。
ときには、個性がありおもしろく、読者から「また読みたい!」と思われるような文章力を身につけることも必要となります。

文章スキルを上げるためには、ひたすら書くことが重要でしょう。しかし、独学には限界を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、Webライターとしてスキルアップを図りたいときにおすすめの書籍を厳選し、5冊紹介します。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

表紙からしてインパクトのある本書。ゲームの攻略本を彷彿とさせるような本書には、SEOライティングの知識がギュッと詰め込まれています。
ページを開くと図やイラストが満載です。個性豊かなキャラクターたちが会話形式でライティングノウハウを解説してくれるので、本をあまり読まないという方にも読みやすい内容となっています。

舞台はWebでの集客が振るわないとある温泉旅館。経営危機を迎える旅館に、ある日とある男が現われ…。そこから始まるストーリーを追っていくうちに、SEOライティングのノウハウが自然と身についていきます。
ライティング実例も登場するため、よい文章の書き方を具体的に学べるでしょう。

本書のボリュームは600ページ以上とかなり分厚い印象ですが、ストーリー形式のためか意外と速く読み終えたというレビューも。「ライティングの知識を増やしたいけれど、本を読む時間もない!」といった多忙な方にこそおすすめの1冊です。

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

Webサイトのコラムページやブログでは、まずTOPページに掲載中の記事タイトルがずらりと一覧で表示されます。どの記事を読むか迷ったときの判断材料として、タイトルから読む記事を選ぶ人は多いのではないでしょうか。

このとき選ばれたタイトルは、なんらかのワードでユーザーを引きつけたのでしょう。このように、読まれる文字コンテンツには「ユーザーを引きつけるワードが入っている」可能性が高いのです。
具体的には、いま世間で話題になっていること、一部の世代にヒットするあの言葉、ユーザーが抱える悩みにドンピシャでハマるワードなど。本書にはそんな「バズる単語」が300個も収録されています。

本書では300個の単語を合計10個のカテゴリに分類。「簡単・手軽」「早わかり」「数字・時代」など、ライティングするテーマに応じた最適な単語を、辞書感覚で見つけ出すことも可能です。
単語の引き出し不足に悩むWebライターさんなら、ぜひ一読してみましょう。

文章力の基本の基本

本書は、27万部のロングセラー「文章の基本」にまとめられた77のテクニックから、必ず押さえておくべきライティングルールをさらに33件抜粋し、まとめた1冊です。

文章は、Webライターのみが扱うものではありません。
もちろん本書の内容はWebライターのスキルアップにも役立つものばかりですが、メール作成やSNSの更新、企画書作成など、あらゆる場面で文章を扱うすべての人が一度目を通しておくべき情報にあふれています。

まとめられている内容は、タイトルのとおり基本の基本。分かっていそうで案外できていないうっかりミスがまとめられているため、自分の文章と照らし合わせながら、読んでみてはいかがでしょうか。
演習問題付きなので、実際に手を動かしながらよい文章の書き方を学べます。読み手に伝わる文章の書き方を覚えたい方、必見です。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

ライティングをするにあたり、「じっくり推敲する時間さえがあれば、もっとうまい文章が書ける」という自信がある方は少なくないのでは?
しかしWebライターとしてライティングを仕事にするとなれば、ひとつの原稿に多くの時間を割くわけにはいきません。多くの案件を抱えている場合には、原稿1本あたりにかけられる作業時間が著しく短くなってしまうこともあるでしょう。

本書にまとめられているのは、「うまい」文章を「はやく」書くためのテクニック。質の高い文章を素早く生み出すことができれば、業務効率化も図れますし、生産性もアップするはずですよね。
本書に書かれた5つのステップに沿って、「うまく」「はやく」書く文章術を習得してみましょう。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

本書のタイトルにある「ナタリー」は、ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」のこと。本書では、ナタリーのコンテンツ制作にも活かされているライティングテクニックがまとめられています。

著者である唐木元氏は、ナタリーの新人教育も担当している文章のプロ。内容も具体的で分かりやすく、例文を挙げつつ修正ポイントを解説していく構成になっているため、すぐ実践でも活かすことができるでしょう。

1章では書く前の準備の大切さについて、2~4章では推敲についてまとめられています。自分の書く文章に足らないものはなにか、その課題をどう改善していくべきか…、本書を読みながらじっくり考えてみては?

Webライターになるには

Webライターになるにあたっては資格や免許など不要のため、「今日からわたしはWebライターです!」と名乗れば、すぐになれます。…しかし、これではWebライターとして仕事を受けることはできないでしょう。

一人前のライターとして仕事を受けるためには、まずはブログを書いたり、Webサイトを作って自分の文章を公開したりして実績を作ることが重要です。
とはいえ、せっかく記事を書くのであれば、それを仕事として収入を得ることができればよりうれしいですよね。

Webライターを目指すあなたへ

全研本社では、ライター募集の求人サイト「ライターステーション」を運営しています。
ライターステーションでは、在宅で記事を書いてくださるライターの募集をしています。ライター経験者はもちろん、ライター未経験でも、「文章を書くのが好き」、「正しい日本語が書ける」、「文章を書く仕事がしたい!」という方であれば応募OK!
ライティングテクニックをお教えする研修などもありますので文章を書く仕事をしながら、Webライティングのスキルを磨いていけます。
ライターとして成長するには、とにかく「書く」ことが大事!ライターステーションで依頼をする記事の内容は、コスメや美容、金融商材など幅広いため、いろいろなジャンルのライティングにも挑戦できますよ。

ライター募集のライターステーションのトップページ (引用元:https://writer-station.com/)

ライター募集中!
ライターステーションの詳細を見る

初心者としての始め方

未経験に方にとっては「分かりやすい文章を書く」ということ自体がとてもハードルの高い試練として感じられることも。

未経験からWebライターになるためには、まずは手を動かし、多くの記事を書くことが重要です。
文章は書けば書くほどうまくなるもの。何度も書き、読み直し、ときには誰かに校正をお願いして客観的な意見をもらいながら、読みやすい文章を書くスキルを磨いていきましょう。

副業

前述したライターステーションや、その他クラウドソーシングなどには、ライティングの仕事がたくさんあります。
これらの場所でライティングの仕事を受ける方々の中には、メインの仕事がありながら、副業としてライター業を行っている方も少なくありません。

Webライターを目指すならまずは副業から始めるのも手段のひとつ。副業ライターとして実績を積み、スキルを磨いてから、Webライターとして独り立ちしてもきっと遅くないでしょう。

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】