SEOディレクター

SEOディレクター

専門性の高い職業であるSEOディレクター。
現在、その需要はますます高まっています。

情報を求めてインターネットで検索をしているユーザーは、検索結果画面の1ページ目、しかも、上位にあるWebサイトのタイトルしか見ないといっても過言ではありません。タイトルを見ても欲しい情報がありそうにないときは、検索キーワードを変えてしまうことも。

SEOディレクターの仕事は、「検索結果において特定のWebサイトが表示される順位を上げる」こと。特定のWebサイトをユーザーの目に触れやすくするためには、キーワード検索結果の上位に表示される必要があります。

Webサイトをユーザーの目に触れやすくするためにさまざまな知識と実践を求められる仕事です。

SEOディレクターの役割

Web制作において、SEO対策は成功のために欠かせないもの。Webサイトを制作したところで、ユーザーに閲覧してもらえなければ意味がありません。
Webサイトを検索結果の上位に表示させるためには、ユーザーにとって有益な情報が掲載されているかどうかが重要です。そして、有益な情報があるかどうかを判断して表示順位を決定しているのは、人間ではなくコンピューターなのです。

では、どうしたらコンピューターに「このWebサイトはユーザーにとって有益である」と判断してもらえるのでしょうか?

コンピューターにWebサイトを評価してもらうためには、コンピューターがWebサイトを評価する要素を理解し、それに対応する必要があります。それが「SEO対策」です。

SEOディレクターはアルゴリズムの変化に対応するプロ

現在の検索エンジンでは、AIやビッグデータ、言語解析などによってWebサイトの検索順位を決定しています。そしてGoogleなどの検索エンジンのロボットは年に数百回ものアップデートをおこなっており、順位決定のアルゴリズムは日々進化しています。
特定のWebサイトを検索結果の上位に表示させ続けるためには、アルゴリズムの日々の変化を正確に読み取り、Webサイトに反映させる必要があるというわけです。

そこで誕生したのが、SEOディレクターという仕事です。SEO対策に特化したスキルや専門の知識をもち、アルゴリズムの進化に素早く対応しながら、検索上位にあがるWebサイトをつくるのが、SEOディレクターの役割です。

SEOディレクターがおこなう現在のSEO対策

SEOディレクターに求められるのは、「ユーザーが求める有益な情報が何かを模索」し、「つくりあげたWebサイトが評価されているかを分析し、改善する」ことです。

以前は、SEO対策というと
・被リンクの数を購入するなどして増やす
・検索されるキーワードをWebページ内に意図的にたくさん入れる
など、“裏技”的な方法で検索上位を獲得していました。情報の中身ではなくテクニックで上位を獲得するこの施策は、“有益な情報”を求めるユーザーを無視した方法です。

そこで、Googleなどの検索エンジンは「ユーザーファースト」を掲げ、「コンテンツ(情報の中身)」でWebサイトやページを評価するようになりました。

こうした背景をふまえ、現在のSEO対策では小手先のテクニックではなく「ユーザーが求めている情報」に焦点をあててさまざまな工夫をしています。

SEOディレクターの仕事内容

サイト制作前のSEO施策立案

検索結果の上位を目指して、有用なコンテンツの施策を立案をする!

検索結果で上位に表示されるためにはユーザーにとって有用なコンテンツを提供することが最善の方法だと言われています。それには、Webサイト全体の運用方針や予算などを考えた上で、優先順位や予算配分を決めなければなりません。そして具体的、かつ戦略的に施策を立案する必要があります。

アクセス解析でサイトの改善点を把握

日々、調査や分析を繰り返すことで課題や問題をクリアにする!

Webサイト自体になにか問題はないか?またはその運営体制の方に問題はないか?など、運営中のサイトの順位推移を確認したり調査することで、課題や問題をクリアにします。また、日々変わる検索順位のチェックも欠かさず行い、既存サイトのアクセス解析をすることで、訪問するユーザーを理解して分析することもできます。

改善策を立案し、実行

成果につながる具体的な改善策を立案、実行して検証を繰り返すことが重要!

サイトの問題点や課題がクリアになったら、資金範囲内で行える重要度の高い施策や、工数が少なく効果のある改善施策案を練ります。そこから実行に移して、一定の効果を出すように心がけます。その改善施策案はサービスの改善やコンテンツの追加など、具体的な内容であることが必要です。また、実行したあとにその効果を図ることも重要なポイントです。

SEOディレクターの年収

SEOディレクターの平均年収は450~500万円程度といわれています。
しかし、関わるプロジェクトの規模や、コンサルティングのみの場合、営業職として提案なども行う場合など、業務範囲はさまざまですから、その人その人で年収も大きく異なるのが現状です。SEOディレクターの需要は今後も高まっていくと考えられることから、年収の推移にも注目したいところです。

SEOディレクターのやりがい

SEOディレクターの仕事は、「結果が目に見える」

SEOディレクターというと「数字ばかり追いかけている」という堅いイメージがあるかもしれませんが、検索上位にWebサイトが表示されるということは、つまり「ユーザーに求められコンテンツを提供できている」ということ。
自分が関わったWebサイトがGoogleやユーザーに評価してもらえる喜びを、最前線で感じることができる仕事です。

SEOディレクターに必要なスキル

専門的な知識も必要なSEOディレクター。具体的にはどんなスキルが求められるのかをみてみましょう。

情報収集能力

SEOディレクターには、常に最新の情報を収集する能力が求められます。
検索エンジンのアルゴリズムは日々変化していきますし、ユーザーの需要も一定ではありません。常にアンテナを張り巡らし、SEOの最新情報を得られるようにしましょう。

アクセス解析の知識

SEOディレクターの仕事において、アクセス解析は必要不可欠です。SEO対策をおこなううえでの根拠となるアクセス解析について必ず勉強しておきましょう。

「HTML」に関する知識

「HTML」とは、Webページの制作に欠かせないコンピューター言語です。検索エンジンのロボットがWebサイトやページを評価するとき、HTMLの内容は重要なポイントです。 SEOディレクターを目指すのなら、簡単なHTMLのソースコードは読めるようにしておきましょう。

コミュニケーションスキル

SEO対策は、SEOディレクター一人ではできません。Web制作に関わるチームのメンバーと良好な関係を築くことが大切です。

Webサイト制作において、渾身の力を注いだサイトが検索エンジンに評価してもらえないことは、珍しくありません。コンテンツを、どのように検索エンジンに評価してもらってユーザー獲得に繋げていくのかをチームメンバーに理解してもらうのも、SEOディレクターに必要なスキルです。

SEOディレクターに向いている人

SEOの常識は日々変わり、情報のチェックは毎日繰り返す必要があります。そして、改善対策を行ったとしても、効果が現れるまでに時間がかかることがほとんど。

そのため、日々専門知識を磨くことができる人辛抱強い人トレンドやSEOに関する情報へのアンテナが高い人が望まれています。

SEOディレクターの勉強方法

SEOディレクターになるためには、SEOについて学び、仕組みを知っておくことが重要です。 SEOについての基本的な考え方は本で学ぶことができます。仕組みを理解したら、実際に自分でWordPressなどを使用してWebサイトを運営してみることもおすすめします。
最新情報のインプットも、ブログなどからこまめにおこないましょう。

おすすめの書籍

・『SEO全般を学べる本 10年つかえるSEOの基本』
“10年つかえる”とあるとおり、SEOの基本的な考え方を丁寧に紹介しています。SEOの目的や検索エンジンについてなど、初心者におすすめの内容です。

・『いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方』
経験豊富な講師陣がSEOについてやさしく解説しているこの本では、SEOの目的や考え方、効果や分析まで詳しく書かれています。こちらもSEO初心者におすすめの本です。

・『スピードマスター 1時間でわかる SEO対策』
実際に1時間ほどで読めるボリュームでSEO対策のアレコレについて書かれています。なぜSEOが必要なのか?というそもそも論から書かれているため、SEO対策の知識がほとんどない状態でも取っつきやすい内容です。

・『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】』
ゴールの設定からデータの見方などの分析における基本的な知識を解説。事例などをまじえながら、分析した結果をどう改善につなげていくのかも教えてくれます。

・『SEOに効く! Webサイトの文章作成術』
ユーザーにとって有益な情報を届けるコンテンツとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?本書には、SEOに影響を与えるWebライティングのテクニックがまとめられています。

・『10倍売れるWebコピーライティング』
前述のとおり、SEO対策においてコンテンツの内容は非常に重要。本書は、ランディングページを作成する上で役立つコピーライティングの作成方法が紹介された1冊です。まずはコピーライティングの基礎について解説し、中盤以降には実践的なテクニックがまとめられています。

常に最新情報をインプット

SEO情報に特化して情報配信をしているブログは複数あるので、毎日のチェックを日課にすると良いでしょう。

  • 海外SEO情報ブログ・・・鈴木謙一氏が運営する、国内外のSEO事情について発信しているブログ
  • SEO Japan・・・SEOコンサル会社であるアイオイクス株式会社が運営するブログ
  • ferret・・・マーケティング全般の情報メディア
  • namaz.jp・・・その日の順位変動状況をチェックできます。

セミナーに参加する

セミナーに参加して情報を得るのもおすすめです。
最近はウェビナー(Web上でのセミナー)も増えているので、探してみるといいでしょう。

SEOディレクターになるのに必要な資格

SEOディレクターになるために資格は必ず必要なわけではありません。しかし、就職活動の場面ではその実力や能力を証明できるツールとして有効活用できますよ。

SEO検定

一般社団法人全日本SEO協会が認定する資格です。4級から1級まであり、月に1度のペースで試験が開催されているので、自分のレベルに合わせて力試しに受けてみるといいかもしれません。

全研本社のSEOディレクターから一言!

たくさんのサイトを扱うことができて、何でも挑戦できるところが、全研のSEOディレクターの1番の魅力!いろんな施策を試して成果を追うことができるので、ゼロからSEOの知識を学べるんです。

成果が数字でダイレクトに見えるのも、僕がこの仕事が好きな理由の一つ。自分が考えた施策が成功したときはたまらなく面白いです。SEOディレクターは「好奇心を持っていろんな事にチャレンジしていくこと」が重要。たくさんのサイトで経験を積めて、挑戦を後押ししてくれる環境を探してみて下さいね。

<実務未経験OK>
全研本社のSEOディレクター求人を見る

SEOディレクターになるには

SEOディレクターになるには、まずはWeb制作の現場に飛び込み、経験を積むことが大事です。
Web制作の基本的な知識と、SEO対策やアクセス解析への深く広い知見が必要となるので、現場で学んでいきましょう。

個人のブログを作り、利用するのも一つの方法です。未経験者には難しい仕事ですが、SEOを意識したサイト運営経験があれば、なれない職種ではありません。

Pick Up!:Webアナリスト出身のディレクターが語る、サイト制作・運用における責任

責任とは

Webサイトの将来像を見据えた、制作と運用が重要

SEOディレクターと同じく、サイトの解析・運用を行うWebアナリスト。今回はバンドマンから転職し、Webアナリスト・Webディレクターの経歴をもつ石川さんに語ってもらいました!

≫制作・運用におけるWebディレクターの責任とは?詳しく見る

新宿でSEOディレクターになる!全研本社の求人「SEOディレクター」の募集要項

<給与・賞与>
月額:24万円~35万円
(内訳)
・基本給 18万9000円~28万3000円/月
・住宅手当 1万5000/月
・みなし残業手当 3万6000円~5万2000円/月
※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月)※業績・評価に応じて支給

<応募資格>
学歴不問。
実務・趣味問わずWEBサイトの運用経験をお持ちの方(1年以上)。

★あると望ましい経験・能力
SEM全般の知識
SEOディレクターとしての実務経験

<求める人材>
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
論理的な思考が得意な方。
<雇用形態>
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)
<勤務曜日・時間>
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)
<福利厚生>
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
社内イベント多数(参加は任意)
<休日・休暇>
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇
<勤務地>
〒160-8361 東京都新宿区西新宿6-18-1
住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19階>
<交通>
都営大江戸線「都庁前」駅 E4出口 徒歩5分
都営大江戸線「西新宿五丁目」駅 A1出口 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅 C8出口 徒歩8分JR・各線新宿駅(B18出口)より徒歩2分

全研本社のSEOディレクターにエントリーする