Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webエンジニア

私たちが日ごろから利用しているWebサイトでは、ただページを閲覧するだけではなく、会員登録や検索、注文といったサービスが当たり前になっています。ボタン一つでさまざまな情報を処理し、ユーザーが要求したアクションを返してくれる便利なシステムは、なくてはならない存在。 これらの機能を、正しく安全に提供するためには、Webエンジニアの存在が必要不可欠なのです。 今回はWebエンジニアの仕事内容や向いている人、Webエンジニアになるためのキャリアプランなどについてまとめながら、その全貌を解説していきます。

Webエンジニアの役割

Webエンジニアは、WebサイトやECサイト、スマホサイト上で動作するシステムを設計・開発・運用・保守をおこないます。
「エンジニア」というと、Webエンジニア、システムエンジニア(SE)、サーバーサイドエンジニアなど、いろいろな呼ばれ方をしていますが、Webエンジニアは、Web上で提供されるシステムに特化した開発をおこなうことから、Webエンジニアと呼ばれています。

さらに、Webエンジニアと総称される職業の中には2種類のエンジニアがあります。 ユーザーに見える表側を構築するフロントエンドエンジニアと、ユーザーが見ることができない裏側を構築するバックエンドエンジニアです。

フロントエンドエンジニアの役割

フロントエンドとは、Webサイトやアプリケーションの「目に見える部分」のことをさします。
たとえばショッピングサイトで会員登録をするとき、ユーザーは自分の氏名や生年月日、住所などを入力します。この「ユーザーが直接触れる部分」がフロントエンドであり、フロントエンドエンジニアが作成するシステムです。

バックエンドエンジニアの役割

バックエンドとは、「目に見えない部分」をさします。
フロントエンドのシステムによって送られたユーザーの氏名や生年月日、住所などの情報は、ユーザーの目に見えない部分で処理されます。バックエンドではフロントエンドから送られた情報を受けとり、目に見えない部分でデータベースに情報を登録したり、アカウント作成などの情報処理をおこないます。 この裏側のシステムを作成するのがバックエンドエンジニアです。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容について、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニア、それぞれ見ていきましょう。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

まず、Webサイト制作の“表側”に立つフロントエンドエンジニアのメインの業務はコーディングです。加えて、ときにはクライアントの要望を叶えるWebサイトを構築するために最適な技術や構造を検討、提案することも。誰かの指示のもと手を動かすという仕事の仕方ではなく、ときに疑問を抱き、考え、よりよい方向へと軌道修正を行うという重要な役割を担っています。

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSといったマークアップを用いたコーディングに、JavaScriptなどのプログラミング言語を使った動的サイトの構築、オリジナルインターフェイスの作成まで行います。さらにコーディングルールの策定から、コーディングディレクションまで担うこともあり、現場のまとめ役として活躍することも。

クライアントがWebサイトの管理・運営をより快適に行えるようにするための、CMSの構築からカスタマイズまで任されることも珍しくはありません。さまざまな言語に関して幅広い知識を要し、コーディングに関する指揮を取り、さらにCMSの使い方までマスターするという、まさにWebサイトの“表側”に関連する業務の中枢となる存在だといえるでしょう。

バックエンドエンジニアの仕事内容

Webサイトの裏側には、複雑な仕組みを構築する必要があります。この仕組みによって、お問い合わせフォームから質問を送信したり、ECサイトでお買い物かごに商品を入れたり、商品を購入することで支払い手続きが完了し、商品が手元に届いたり...といったフローを完遂できるようになるのです。この構築を行うのが、バックエンドエンジニアの仕事です。

バックエンドエンジニアは、データベースやサーバー側のシステム構築を行います。サーバーがないとWebサイトをインターネット上に公開することができませんから、この業務は必要不可欠といえるでしょう。また、Webサイトに掲載する情報のデータをバックグラウンドで管理するための、データベースの構築も業務の範囲です。

加えて、IDとパスワードを入力することでログインが完了する、フォームに入力した情報を送信するといった処理を正しく完了させるためのシステム開発や運用も行います。

ユーザーには見えない部分ですが、これらの機能は正しく安全に動作することがとても重要です。縁の下の力持ちとしてWebサイトを支えているのが、バックエンドエンジニアということです。

Webエンジニアの年収

Webエンジニアの平均年収を見ていきます。フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアどちらにもいえることですが、扱うことができるプログラミング言語や、言語に対する理解、スキルによって異なってきます。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収は、おおよそ400万円前後となっています。
未経験だったり年齢が若かったりするほど低く、年齢を重ねて経験を積むほど高くなっていくのが一般的です。

フロントエンドエンジニアとしてコーディングから技術の提案、CMS構築まで網羅的に業務にあたれる人であれば、この平均値を越えた年収を手にすることも珍しくありません。中には1,000万円超えの年収を獲得する人も。年収アップを狙いたければ、スキルアップを図ることが必須となるでしょう。

バックエンドエンジニアの平均年収

バックエンドエンジニアの平均年収は、だいたい460万円前後といわれています。
もちろん年齢やスキル、経験をもとに会社から評価を受けることができれば、もっと上のレベルを目指すことも難しくはありません。 システムやデータベースの構築が一人前にできるようになったら、ほかのエンジニアが担うべき業務の知識を増やすための勉強時間を作ってみてはいかがでしょうか。兼任することによって、さらなる年収アップを狙える可能性が出てきそうです。

Webエンジニアのやりがい

できる仕事の幅を広めやすい

Webエンジニアの仕事は、システムの設計や開発に留まりません。作成したシステムを運用し、そのシステムの動作や処理が問題なくおこなわれているかを管理・保守するのもWebエンジニアの仕事です。
場合によってはWebエンジニアに求められるスキルはさらに広がり、デザインやコーディング、SEO対策やWebマーケティングの知識と実践が必要になることも。これらすべてをひとりのWebエンジニアが担うことも珍しくなく、Webエンジニアには幅広い知識とスキルが求められます。Webエンジニアの仕事は、経験を積むにつれ、できる仕事の幅がぐっと広がることも魅力のひとつといえるでしょう。

Webエンジニアに必要なスキル

プログラミング

コンピュータープログラムを作成し、コンピューターを人間の意図したとおりの情報処理をするのがプログラミング。
Webエンジニアの仕事では、「HTML」や「CSS」などのマークアップ言語や、「Java Script」、「PHP」、「Ruby」などのプログラミング言語を用いてWebアプリケーションやサイトのシステム開発をします。
プログラミング言語は「コンピューターが理解できる言葉」であり、プログラミングをすることでさまざまな情報処理ができるようになります。

たとえばWebサイトで会員登録をおこなう際、

  • 氏名や生年月日、住所などの入力漏れがないかチェックする
  • 郵便番号を入力すると自動で住所が表示されるようにする
  • 登録ボタンが押されたら個人情報をデータベースに登録する
  • 登録完了画面を表示する

などの動作をするプログラミングを組むことで、コンピューターに指示が送られサービスが利用できるようになります。

データベースの知識

膨大にある情報を整理し、検索や蓄積をスムーズにするデータベース。データベースがあることで、ショッピングサイトでの商品検索などを快適におこなうことができます。
Webエンジニアはこのデータベースを操作できる必要があるため、「SQL」というプログラミング言語を修得しましょう。

サーバーOSの知識

「Linux」や「Windows」などのOSの機能を理解しておくことも重要です。
Webアプリケーションの動作はサーバー上でおこなわれていますが、設定をする際にOSの知識が必要になることがあるからです。

セキュリティに関する知識

Webエンジニアが扱うシステムでは、個人情報などのデータが登録されています。 悪意のある攻撃によって大切な情報が漏洩しないよう、Webエンジニアは厳重なセキュリティを施したプログラミングをしなければなりませんセキュリティに関する

コミュニケーション能力

「Webエンジニアは黙々とシステムをつくる仕事で、コミュニケーション能力はとくに必要ないのでは?」と思いますか?
実はWebエンジニアにもコミュニケーション能力は必要なスキルです。新しいシステムはクライアントのニーズによってつくられますが、システムを構築するWebエンジニアは、クライアントとやりとりすることもあるのです。
また、システムをつくるにあたってチームとのコミュニケーションも重要です。「聞く力」や「伝える力」、「報告・連絡・相談をスムーズにおこなう力」は最低限のスキルとして養っておきましょう。

Webエンジニアに向いている人

フロントエンドエンジニアに向いている人

フロントエンドエンジニアの仕事は、まずはコーディングを着実にこなしていく地道な側面を持ちながら、ときには現状に疑問を抱き、最適な技術や構造を検討、提案するという現場を率いていくような側面も持ち合わせています。疑問を抱くためには、幅広い知識が必要です。 これらを踏まえると、フロントエンドエンジニアに向いている人は、コツコツと作業にあたれる人、そして勉強熱心で知識を増やしていくことが苦にならない人であるといえます。
加えて最適な案を提案するにあたっては、Webサイト制作の指揮を取るWebディレクターと連携したり、デザインの業務を担うWebデザイナーの相談を受けたりと、多職種との関わることも。 コミュニケーション能力にも難がなく、スムーズに業務をこなせる方に向いている職種でしょう。

バックエンドエンジニアに向いている人

バックエンドエンジニアが目指すゴールは、Webサイトが正しく動作し、ユーザーはもちろんクライアントにも不便をかけないシステムを構築することです。答えに向かって着々と業務をこなし、万が一の不具合やエラーには迅速で対応できるような頭の回転と、素早い処理能力が必要となります。
また、サーバーの要件定義を行うにあたっては、そのWebサイト制作に必要なサーバーの台数や、スペックを検討する必要も。これは要するに、まだまっさらでなにもないWebサイトの完成形を見越して作業を進めなければならないということです。
ゴールを明確化し、それに向けて着々と業務をこなせるひたむきな方こそ、バックエンドエンジニアに向いているといえるでしょう。

Webエンジニアの勉強方法

Webエンジニアを目指すとき、ただ闇雲にプログラミング言語を学べば良いわけではありません。 習得したいシステム開発技術によって、どのプログラミング言語からを学ぶのかを決めましょう。

フロントエンド・エンジニア
「HTML」「CSS」「Java Script」など

バックエンド・エンジニア
「PHP」「Ruby」「Perl」「Python」「Java」「C++」など

スクールで学ぶ

すでに社会人として働いている方など、時間に制限がある場合は、Tech Academyなどのオンラインプログラミングスクールがおススメです。経験豊富な現役エンジニアがメンターとなり、マンツーマンで学習をサポートしてくれますよ。毎日15:00~23:00はチャットで質問するとすぐに回答してもらえたり、課題において正しく実装できるようになるまで、回数無制限でレビューを受けることができるなど、サポート体制が厚いのがポイントです。

本で学ぶ

プログラミング言語を学べる本はたくさん出版されています。プログラミング言語ごとにさまざまな本があるので、自分が見やすくわかりやすい本を選びましょう。
また、独学でプログラミング言語を学ぶためには、根気とモチベーション維持が必要です。本を読んでいるうちに途中でつまづき、理解ができなくなって挫折してしまうことも。 本で学びながら動画やスクール、身近にいるプログラミングに詳しい人などから知識を得ると良いでしょう。

動画で学ぶ

学習サイトドットインストールでは、1回3分の動画でプログラミング言語を学べます。無料で登録でき、有料版のサービスもあります。「HTML」なら全15回、「CSS」なら全17回で初心者向けレッスンを終えることができるので、スキマ時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

勉強に必要な準備

インターネット環境とパソコン

これからWebエンジニアの勉強をするために、インターネット環境は必須です。 また、パソコンはWindowsでもMacでも問題ありませんが、これからパソコンを購入する場合はMacがおすすめです。 というのも、Macには「Ruby」が搭載されており、購入してすぐプログラミングを始めることができます。
「Ruby」は初心者でも学びやすいプログラミング言語であり、Webアプリケーション開発のほかにも汎用性が高く、習得しておくことをおすすめします。

なおWindowsでも「Ruby」の開発は可能ですが、自分でインストールする必要があります。 これからWebアプリケーションを開発するのに適しているのはMacといえるでしょう。
ただし、ゲーム開発をしたい場合には、Windowsがおすすめです。

テキストエディタ

パソコン上でメモやプログラムを書くテキストエディタを準備しましょう。パソコン内にデフォルトで入っているものでも問題ありません。Windowsであれば「メモ帳」、Macであれば「テキストエディット」がデフォルトで入っています。

テキストエディタにはたくさんの種類がありますが、おすすめは「Atom」と「Sublime Text」。初心者にも扱いやすく、おしゃれなデザインが人気です。Windows・Mac共に対応しています。

Webエンジニアになるのに必要な資格

まず、フロントエンドエンジニアになるために必須の資格はありません。
とはいえ、就職や転職の場面で自分のスキルをアピールするためにも、持っておくに越したことはないでしょう。

ITパスポート

ITパスポートは、「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家資格で、ITを活用する社会人が備えておきたい基礎知識を問われます。取得を推進している大学も多く、持っておいて損はない資格といえます。

Webクリエイター能力認定試験

HTMLやCSSの基本から、レイアウト手法、ユーザビリティーなどWebサイト制作に使える応用的な知識まで問われる資格です。これからフロントエンドエンジニアを目指す方にも、ステップアップを目指す方にも役立つのではないでしょうか。

基本情報技術者

ITエンジニアの登竜門ともいえる試験です。IT人材としての基礎知識と技術を問われます。ホームページで過去問題と解答も公開されているので、勉強がてら見てみるのもおススメです。

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定機構による、プログラミング言語PHPに特化した認定試験です。試験は初級と上級に分かれているため、自分のレベルに合わせて受験してみるとよいでしょう。

Ruby技術者認定試験

Ruby Associationが公式に展開している、プログラミング言語Rubyに特化した認定試験です。

Webエンジニアのキャリアパス

2020年には、小学校でプログラミングが必修科目となりました。Webサイトの需要は今後も高まっていくと考えられますし、制作に携わるさまざまな職種にも仕事はあることでしょう。よって、Webエンジニアの需要もどんどん高まっていくといえそうです。

とはいえ、クライアントがより高度かつ複雑なWebサイトを求めるとき、制作サイドの知識も豊富であるに越したことはありません。フロントエンドとバックエンドは扱う言語が異なりますが、どちらの仕事もこなせるといった具合に、高スペックな人材であり続けることが、今後もWeb業界で市場価値の高い人材としてキャリアップしていく秘訣となるでしょう。

Webエンジニアになるには

最後に、Webエンジニアになるために考えておきたいことや、就職活動・転職活動を進める際のポイントを解説します。

Web業界でのポジションチェンジなら"応用がきくか"で考える

すでにWeb業界に勤めているという方であれば、現在の職種からWebエンジニアへのポジションチェンジが可能かどうかを考えてみましょう。

コーディングはフロントエンドエンジニアとして必ずできなければならない業務のひとつですから、Webコーダーがフロントエンドエンジニアにステップアップするチャンスは充分にあり得ます。
Webデザイナーは自身が作成したデザインがWeb上で表現できるかどうかを確かめるため、HTMLやCSSの知識を養うことがあります。これらの知識があればフロントエンドエンジニアを目指す第一歩へとつながることでしょう。

サーバーの技術に特化したサーバーサイドエンジニアとして活躍している人であれば、フロントエンドの技術を取得することでバックエンドとフロントエンドの仕事を兼務できるフルスタックエンジニアとして活躍できる可能性も。

ポジションチェンジは、すべてをゼロにする選択ではありません。これまで培ってきたノウハウを活かせるという大きなメリットがあります。

未経験OKの会社を探して応募する

Webエンジニアの求人には、未経験OKをうたうものも多く存在します。とはいえ、本当に何も身についていない状態での採用は難しいでしょう。いまは独学でプログラミング言語やコーディングを学べるスクールや書籍が充実していますから、まずは知識とスキルを備えましょう。

一人前のWebエンジニアになるためには、とにかく手を動かし知識を増やすことが最優先です。まずは未経験OKの会社から内定をもらい、学んだことを活かして実務経験を積むことで、着実に力を身につけていくことが重要です。

最初は戸惑うことが多かったり、先輩に質問を重ねてしまったりすることも多いかもしれませんが、誰しも最初は未経験からスタートします。気負いせず、何事にも自らぶつかっていくことが、スキルアップの近道です。

経験者ならフリーランスや独立も可

Webエンジニアは、フリーランスとして働くことも、独立することも可能な職種です。これまでWebエンジニアとして働いてきた方の中には、もっと自由に働きたい、独立して事業を成功させたいと考え始める方もいらっしゃることでしょう。

会社の中で頼られ、プロジェクトを任せてもらい、責任を持って業務を完遂することができるWebエンジニアであれば、次のステップとしてフリーランスや独立を選択してもよいかもしれません。

もちろん、自由の裏側には責任があります。会社を経営するという難しさに、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。とはいえなにかを始めたいと思うだけでは、なにも始まりません。「当たって砕けろ」の精神で、とにかく挑戦してみてはいかがでしょうか。

新宿でWebエンジニアになる!全研本社ではWebエンジニアを募集しています

全研本社ではWebエンジニアを募集中です。実務経験がなくても、WEBサイトの構築経験があれば選考が可能です。
Webエンジニアになりたいけれど、プログラミング言語やセキュリティの複雑さなど、「自分にもできるだろうか?」と不安になっていませんか?Webエンジニアの仕事は、システムの開発・運用・保守によってWeb上で多くの人に利便性をもたらしています。
「Webエンジニアになりたい!」と思ったら、まずは挑戦!全研本社であなたも一緒にWebエンジニアとして働いてみませんか?

<実務未経験OK>
全研本社のWebエンジニアにエントリーする

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】