Webデザイナー

Webサイトが成果を上げるかどうかの要であるデザインを担当するWebデザイナー。
その仕事内容やWebデザイナーに適しているタイプ、持っていると役立つ資格、Webデザイナーになるための方法などをご紹介します。

Webデザイナーの役割

WebデザイナーはWebサイトの”見た目”を決める

インターネットの世界には、実に多くのWebサイトがあふれています。そのWebサイトがどんな情報を発信しているか、なんの企業のWebサイトなのかによって、そのデザインは大きく異なります。
Webデザイナーの仕事はその名のとおり、Webサイトのデザインをすること。Webサイト全体のレイアウトに関する決定権を持つのはもちろん、アイコンやイラストなど、Webサイトを構築するパーツのデザインも考えます。

クライアントの要望を聞き、そのイメージからデザインを考え、ユーザーにとっても使いやすいように構成を考えるためには、豊富な知識と経験が必要となってくるのです。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイト制作はいくつもの段階を踏んで進めていきます。Webデザイナーが大きく関わることになるフローと、その仕事内容を解説していきましょう。

ヒアリング

まずは、クライアントがどんなWebサイトを求めているか情報を集める必要があります。

  • どんなテイストのWebサイトにしたいのか(参考サイトはあるか)
  • 企業のイメージカラーはあるか
  • デザイン案はいくつ提案する必要があるか

などです。もちろんWebサイト制作を始めるにあたってはほかにもさまざまな情報が必要ですが、それはWebディレクターに任せましょう。Webデザイナーは、デザインに関して必要な情報をしっかりと集めることに集中します。

ヒアリング後、ワイヤーフレームの作成も任されることがありますが、これは会社によってWebディレクターがおこなう場合もあります。

ワイヤーフレームの段階ではデザインの作り込みは不要です。あくまでも「どこにどんな要素が入るか」を示す図のようなものだと考えましょう。

デザイン企画・提案

情報があつまったら、ざっくりとデザイン案を作成します。Photoshopやillustratorなどの画像制作ソフトのスキルが求められる場面です。

実際、Webデザイナーとして採用される際には、これらのソフトを業務で使った経験の有無が問われることも多くなります。もし実務経験がない場合は、専門学校や大学などで学んだ経験などを面接の場面でアピールすることが重要です。

複数のデザイン案を提案する場合は、クライアントにそれぞれの案の違いがしっかり分かるような、メリハリのあるものを作成します。
そのWebサイトのターゲット層や、掲載するサービスや商品の特徴についてもしっかり考えながら、最適なデザインはどのようなものかをじっくり考えてみましょう。

デザイン制作

デザイン案が決定したら、制作スタートです。決定したデザイン案に合わせて、アイコンやイラスト、ロゴ、トップページにメインビジュアル画像など、必要となるパーツを作成していきます。

パーツがそろったらWebサイトが公開できるように構築していく流れとなりますが、このとき、Webデザイナーにコーディングを任されることも。
そのため、WebデザイナーにはHTMLの知識も必要になることを覚えておきましょう。

完成した各ページはテストサーバーで挙動を確認後、クライアントのチェックバックが入り、問題なければ晴れて本番環境に公開となります。

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収は、360万円)ほどと言われています。

この金額はある程度のデザインができて、サクサクとSEOを意識したコーディングができるくらいのレベルだと思います。タグ(HTML、CSS)が書けるだけなら20万円台でしょう。

Webデザインなら社内で作るだけでなく、外注するという手段もあります。工数と単価を計算すると、場合によっては社員に給料を払うより外注する方が安いこともあります。よって、正社員として働く場合、外注さんより会社にメリットをもたらす何らかのスキルが求められます。

例えば、自発的に提案ができる、融通が利く、クライアントからの評価が高い(要望の再現度が高い)などです。

自分の給料を上げたい場合には、スキルアップは欠かせない要素です。Wordpressのアドオンに詳しく、さまざまな機能を実装できる、スマートフォンも対応できる、Flash技術にも長けている、JavaScriptも記述可能なレベルであれば、年収400~500万円以上は期待できます。

今求められているWebデザイナーはマルチな能力を持っていることが重要視されるのです。

Webデザイナーのやりがい

Webデザイナーは、自らの手で作ったデザインによって、さまざまなWebサイトが完成していく喜びを感じられる職種でもあります。
また、学べば学ぶほど、自分のなかのデザインの引き出しが増え、市場価値の高いWebディレクターとしてキャリアアップすることも可能です。

Webデザイナーに必要なスキル

コーディング

未経験からWebデザイナーを目指す方の中には、「コーディングはHTMLコーダーが扱う分野」と思っている方も少なからずいるかもしれません。

しかし、コーディングスキルはデザイナーが持っておくべきスキルのひとつ。コーディングができれば自分が制作するデザインが、Web上で再現可能かどうか判断することが可能になります。
いざデザインをしてからコーディングの段階で再現NGとなり、作り直すような手間を考えると、Webデザイナー自らコーディングができるほうが効率的です。

デザインツールの活用

Webデザイナーといえば、PhotoshopやIllustratorといったデザインツールを使用して仕事にあたるもの。そのため、まずはこれらのツールを学びましょう。

どちらも使い方が複雑ではありますが、独学でも充分学べます。具体的な勉強方法は後述しますが、まずは触ってみることが大切です。

デザインの知識

デザインを制作する上で、よいデザインと悪いデザインを知ることは重要です。デザインというもの自体には正解の形はありませんが、見やすい・見にくいという判断をする上での基準はあります。

この色にはあの色を組み合わせるのがよい、アイコンの配置はこれくらい空けたほうがよいといったデザインに関する知識は、しっかり学んでおくべきです。

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーはクライアントの要望に応えつつ、ユーザーの使いやすさを追求しなければなりません。そのため、その両方からサイトを見て構築する能力が求められます。また、クライアントからヒアリングなどを行ったり、わかりやすく伝えたりなど、うまくコミュニケーションをとることができる人が向いていると言えます。デザインを施すのはコツコツと細かく、孤独な作業でもあるのでそのような状況で集中できるタイプの人が適しているでしょう。

Webデザイナーの勉強方法

続いては、スキルの取得方法を具体的に掘り下げていきましょう。

スクールに通う

インターネット・アカデミー

学費例:Webデザイナー入門コース 209,000円(税込)
PhotoshopとIllustratorの基本操作から実践で使えるテクニックまで学ぶことができます。他にもWebデザイナーコース、Webデザイナー総合コースなどがあり、学びたい領域にあわせてコースを選択できるのも魅力です。

ヒューマンアカデミー

学費例:Webデザイナースタンダードコース 315,590円(税抜)
ヒューマンアカデミーのメリットは、全国で29校ものスクール展開があることです。Webデザイナーを目指すコースでは、初心者でも基礎から学べるコースのほか、プロフェッショナルを目指すコースも用意。就職サポートも万全で、ジョブカウンセラーに就職や転職の相談をすることも可能です。

動画で学ぶ

HTMLやCSSを学ぶならドットインストールという学習サービスがおすすめ。3分動画という手軽さで、基礎からプログラミングについて学ぶことができます。
無料版であれば、HTMLは全14回、CSSは全15回分、それぞれの概要動画を視聴することができます。プレミアム会員(月額1,080円)登録をすれば、もっと多くのコンテンツを閲覧することができます。

YouTubeでも、Webデザイナーがツールの使い方などを解説しているアカウントがありますよ。

セミナーで学ぶ

Webデザインのセミナーも全国各地で開催されています。最近はオンライン開催のウェビナーも増えているので、一度検索してみてはいかがでしょうか。

Webサイトを見て引き出しを増やす

デザインスキルを学ぶには、よいデザインにたくさん触れるのが一番の近道です。ネット上のデザイン集ともいえるギャラリーサイトに目を通しておきましょう。 「MUUUUU.ORG」「WebDesignClip」などを定期的にチェックするのがおすすめです。

書籍から学ぶ

おすすめの書籍を紹介します。

コーディングを学べる書籍

『スラスラわかるHTML&CSSのきほん』
初心者向けの内容がギュッと詰まっています。基礎中の基礎から学べ、図や写真も豊富なので抵抗感も少なくコーディングの勉強に励むことができると好評な1冊です。

『HTML5&CSS3デザインブック』
初心者向けの内容がギュッと詰まっています。基礎中の基礎から学べ、図や写真も豊富なので抵抗感も少なくコーディングの勉強に励むことができると好評な1冊です。

画像編集ソフトの使い方を学べる書籍

『世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書』
これから初めてソフトを触るという初心者の方にも役立つ書籍です。誰にでも分かりやすい文章で使い方の手順が解説されているため、入門編の1冊として最適でしょう。

『Illustrator逆引きデザイン事典[CC/CS6/CS5/CS4/CS3]』
『Photoshop逆引きデザイン事典[CC/CS6/CS5/CS4/CS3]』
ある程度ソフトの使い方に慣れてきたころに活用したい2冊です。やりたいことから操作方法を逆引きできるので、できることの幅を広げたいときにおすすめです。

デザイン力を学べる書籍

『なるほどデザイン』
デザインの考え方や基礎が学べます。Webデザインだけに限定しない、デザインに関するさまざまな知識が得られる1冊です。

『ノンデザイナーズ・デザインブック』
ゼロからデザインを学びたい方にぜひ読んでいただきたい入門書的な1冊です。Webデザイナーを目指す方はもちろん、それ以外の職種でちょっとしたデザインを手掛ける方にも役立つような、デザインのルールや基本といった情報がたっぷり掲載されています。

『だから、そのデザインはダメなんだ。』
実際のWebデザインを見ながら、よい点と悪い点を学ぶことができる書籍です。文章や簡単な図だけでデザインの良し悪しが書かれているだけの書籍では、想像が及ばず、理解しにくいこともでてくるかもしれませんが、こちらは実際にデザインを見ながら学ぶことができます。

有名デザイナーの書籍

『塑する思考』
本書の著者は、電通にて活躍したのち独立を果たしたグラフィックデザイナーの佐藤卓氏。ロッテや明治製菓、エスビー食品といった有名企業の商品の、パッケージデザインなどを数多く手掛けた人物です。本書のタイトルになっている「塑(そ)する」は、「塑性(そせい)」という言葉がもとになっています。塑性とは、ある物質に力を加えて変形させたとき、力を加えたとおりの形が永久に残り続ける性質のこと。これを踏まえて考えると、タイトルの「塑する思考」とは、状況に合わせて臨機応変に変えられる思考のことをさすのではないでしょうか。デザインには正解のカタチはありません。要するに「魅力的」で「優れた」デザインを作り上げたとしても、それを評価できる指標はこの世の中に存在しないのです。
本書では、「デザインをする上で大事なことは、まずは対象物について深く知ることだ」という内容が語られています。デザインとはなにか…と行き詰まっているWebデザイナーにこそ、ぜひ目を通していただきたい1冊です。

『デザインのデザイン』
著者である原研哉氏は、武蔵野美術大学の教授という肩書を持つ傍ら、日本グラフィックデザイナー協会にて副会長も務めているグラフィックデザイナーです。過去には1998年に開催された長野冬季オリンピックの開会式・閉会式を手掛けたほか、2002年からは無印良品のアートディレクターとしても活躍されています。
突然ですが、デザインの定義とはなんなのでしょうか。世の中には常に新たな情報が目まぐるしく流れ込み、つい先日流行っていたものが、いまとなってはもう廃れているということも珍しくありません。この世の中で支持されるデザインを生み出すために大切なことは、デザイン本来のあり方を考え直すことです。 いままさに考えるべき「デザインとはなにか?」が、本書にはまとめられています。

Webデザイナーになるのに必要な資格

Webデザイナーを目指すにあたって、資格は必須ではありません。しかし、持っていると役立つ資格はあります。
6つの資格をピックアップし、それぞれどんな資格か解説していきます。

ウェブデザイン技能検定

国家資格であるウェブデザイン技能検定は、Webサイトを制作する上での知識を問われる資格です。取得することで「ウェブデザイン技能士」を名乗ることができます。 レベルは3級~1級まであり、最難関の1級を受けるためには2級の合格後2年以上の実務経験があること、もしくは7年以上の実務経験が必要です。合格率は3級で60~70%、2級でも30~40%、1級ともなれば10~20%まで下がりますので、充分な事前準備が必要となるでしょう。

Webクリエイター能力認定試験

Webサイトを構築するために必要なコーディングスキルや、基本的なデザインスキルを問われる資格です。試験はHTML4.01版、XHTML1.0版、HTML5版に分類され、そこからさらにスタンダード、エキスパートに分かれます。合格率はそれぞれ75%弱~90%弱程度ですので、難易度としては高くないでしょう。
未経験からWebデザイナーを目指す場合は、まずはスタンダードでの合格を目指してはいかがでしょうか。

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTMLを筆頭に、CSSやJavaScriptを用いた技術スキルを問われるのが、このHTML5プロフェッショナル認定資格です。試験はレベル1と2に分かれています。レベル1は初心者向けの問題が多く、レベル2となれば専門知識が必要です。合格率は一般に公開されていませんでした。

Webデザイナー検定

Webサイト制作や開発に必要な知識を問われる資格です。エキスパートとベーシックに分かれ、ベーシックの合格率は68%ほど、エキスパートでは30%弱となっています。 試験の機会は年に2回、7月と11月です。Webデザイナーとして高みを目指していきたいと考えるなら、ぜひともエキスパートに合格しておきたいところですね。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshopの使い方に関する能力やスキルを認定するのが、Photoshop®クリエイター能力認定試験です。試験は、指示どおりに画像編集や加工を行ってもらい、そのスキルを問う形となっています。試験のレベルはスタンダードとエキスパートに分かれますが、それぞれ合格率は70%程度。日頃からPhotoshopを使っている人には簡単な試験かもしれませんが、未経験でWebデザイナーを目指す方にとっては難易度が高い可能性もあります。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

上記に同じく、こちらはIllustratorを使いこなせているかを認定するための資格です。Illustratorは主にグラフィック作成に使用するデザインツールですので、試験でもその能力を問われます。 合格率は70%程度で、こちらもPhotoshopと同じく試験のレベルがスタンダードとエキスパートに分かれています。

Webデザイナーのキャリアパス

Webデザイナーになったら、その先の未来としてどのようなキャリアパスが考えられるのでしょうか。一般的に多いものを3つ解説します。

ディレクターやプロデューサー職を目指す

Webディレクターは、Webデザイナーの上位職ともいえます。WebディレクターはWebサイト制作に関わるさまざまな職種を統括する管理者となるわけですから、Webデザインの知識も必須となるわけです。
Webデザイナーがこれまで培ってきたデザインに関する知識を活用しつつ、さらに多職種の業務内容やスキルを得ていくことができれば、ゆくゆくはWebディレクターにステップアップして現場を統括する役割を担える可能性はあるでしょう。

そのほか、Webデザイナーはデザイン作成を通じて多職種と関わる機会も多いもの。Webサイト制作の全体を見渡せる場面も多いので、それを活かしてプロデューサーやプランナーを目指すのも選択肢のひとつでしょう。

幅広い分野で活躍できるデザイナーを目指す

とにかくデザインが好きなのであれば、Webサイト以外のデザイン業務に関われるような職種を志すのはいかがでしょうか。広告やさまざまな商品のパッケージなどのデザインを手掛ける職種はアートディレクターと呼ばれます。

媒体によってユーザーの目を惹くデザインは異なるもの。しかし、まったくの初心者がゼロからアートディレクターを目指すよりは、Webデザイナーの経験がある人が目指すほうが近道を進むことができるのは確実でしょう。Webサイトのデザイン以外に目を向けたことがない方は、一度アートディレクターの仕事について調べてみてもよいかもしれませんよ。

エンジニアスキルを磨いて転身する

Webデザイナーにはコーディングスキルも必要だというのは、前述したとおりです。デザインのために必要なレベルのコーディングならできる、という状況であれば、そのコーディングスキルをもっと伸ばすこともキャリアパスの選択肢を広げてくれます。

コーディングスキルを持っているWebデザイナーが転身しやすいのが、フロントエンドエンジニアです。本来はWebコーダーの上位職という扱いではありますが、充分なコーディングスキルがあれば目指すことは可能です。指示のとおりにコーディングを行うだけでなく、ユーザーにとってより使いやすく質の高いWebサイト制作をするために最良なコーディングを行うのが、フロントエンドエンジニアの仕事です。自ら考え、行動できる方に向いている職種だといえるでしょう。

全研本社のWebデザイナーから一言!

全研のWebデザイナー職の魅力は「さまざまなジャンルのサイトをデザインできること」と「なんでも挑戦できる環境」ですね。私は未経験で入社したのではじめは不安で仕方なかったのですが、各分野の専門家がしっかりサポートしてくれたので安心できました。

自分が良いと思ったデザインでも他の人が見ると違う場合があるのでスキルや知識も重要ですが、いろんな人と意見交換するのはもっと大事。全研には、豊富な経験を持つ仲間がたくさんいるので、一緒に経験を積んでいくことで、自分の成長やキャリアにもプラスになると思いますよ。

<実務未経験OK>
全研本社のWebデザイナー職とは?

Webデザイナーになるには

未経験OKの求人も多くありますが、PhotoshopやIllustratorを使ってデザインができたり、趣味でWebサイトのデザインを手がけたことがあるなどの条件があることがほとんど。まずは知識とスキルをつけてから、選考に応募することが望まれます。

充分なスキルがあればフリーランスのWebデザイナーとして食べていくことも可能ではありますが、安定を求めるのであればフリーランスより正社員のほうが確実でしょう。
正社員としてデザインスキルや他職種の業務の知識も蓄えつつ、それでもフリーランスへの夢が諦めきれなければ、そこからのスタートでも遅くはありません。

新宿でWebデザイナーになる!全研本社の求人「Webデザイナー」の募集要項

<給与・賞与>
月額:24万円~35万円
(内訳)
・基本給 18万9000円~28万3000円/月
・住宅手当 1万5000円/月
・みなし残業手当 3万6000円~5万2000円/月
※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月)※業績・評価に応じて支給

<応募資格>
学歴不問。
実務・趣味問わずHTML/CSSコーディングを使ったWEBサイト制作経験をお持ちの方(1年以上)。
Photoshop、Illustratorによる画像加工ができる方。
ポートフォリオのご提出が可能な方。

★あると望ましい経験・能力
WordPressを使用したサイト構築
HTML5/CSS3を使用したサイト構築
モバイル/スマートフォンサイトの制作経験
レスポンシブサイトの制作経験
WEBサイトの運営経験
プログラミング(PHP)

<求める人材>
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
新しいWEBサービスをゼロから手がけてみたい方。

<雇用形態>
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)

<勤務曜日・時間>
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)

<福利厚生>
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
社内イベント多数(参加は任意)

<休日・休暇>
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇

<勤務地>
〒160-8361
東京都新宿区西新宿6-18-1
住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19階

<交通>
都営大江戸線「都庁前」駅 E4出口 徒歩5分
都営大江戸線「西新宿五丁目」駅 A1出口 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅 C8出口 徒歩8分

<未経験OK>
全研本社のWebデザイナーにエントリーする