Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターとも協力関係!
Web制作のお仕事まとめ

Web制作の代表的な職種とWebディレクターとの関係

WebディレクターとWebプロデューサー・Webプランナー・Web編集者・Webライター・Webデザイナー・SEOディレクターとの関係をご紹介します。

WebディレクターとWebプロデューサーの関係

計画の立案をして、プロジェクトの責任を負うのがWebプロデューサーです。Webディレクターの上位にあたる仕事です。WebプロデューサーはWeb制作の実務を行わず、Webディレクターがその分野を請け負っています。コミュニケーション能力や経営センスなどが必要になる仕事です。

WebディレクターとWebプランナーの関係

Webプランナーはどのようなサイトを展開するか構想し、ターゲットとなるユーザーの属性や行動を分析、最適なUI/UXを設計、コンテンツ企画やプロモーション戦略を立案する仕事です。現場で一緒に作業するときは、WebディレクターがWebプランナーのスケジュール等も管理します。

WebディレクターとWeb編集者の関係

Web編集者は、Webディレクターからサイトの目指す方向やクライアントの要望などの指示を受けて、記事の企画を立て、ページデザインを決め、ライターから上がった原稿をチェックし、必要に応じて原稿の修正などを行います。そして、出来上がったものをWebデザイナーに渡してサイトのデザインの制作へと繋げます。

WebディレクターとWebライターの関係

Webディレクターが取りまとめているチームの中で、クライアントからの要望通りにWeb上に掲載する記事を書くのがWebライターの仕事です。連絡はWeb編集者を通すこともあります。在宅等で作業をする人が多いのがこの職業の特徴です。

WebディレクターとWebデザイナーの関係

ディレクターからWebデザイナーにデザイン制作の依頼が出されます。デザイナーは与えられた案件のWebサイトのデザイン部分を担当するのが仕事です。主にページデザイン、レイアウトの作成、サイトで使用する素材の加工などの作業を請け負います。

WebディレクターとSEOディレクターの関係

SEOディレクターは、Webディレクターが兼任していることもあります。サイトを設計する際、SEOの観点からサイトの戦略を考え、サイトの公開後には運用も担当します。

主なWeb制作の職種を紹介

Webサイトの制作に関わる様々な仕事の内容、年収、向いている人の特徴、必要なスキルや資格など詳しくご紹介します。

Webライター

Webライターはクライアントの要望により、企画されたサイトが目指す効果が得られる内容の記事を書くことが仕事です。Webライターの仕事内容や年収、向いている人の特徴、あると良い資格や必要となるスキルなどをご紹介します。Webライターになりたい人や自分に合う仕事を探している人は是非チェックしてみてください。

Webライターになるには? 気になる仕事内容や年収相場

Webライター募集サイトリスト

Webデザイナー

Webデザイナーは、企画されたサイトが目指す効果が得られるデザインを施すことが仕事です。それは大きなレイアウトから細かい部分にまで及びます。Webデザイナーの仕事内容や年収、向いている人の特徴、あると良い資格や必要となるスキルなどをご紹介します。Webデザイナーになりたい人や自分に合う仕事を探している人は是非チェックしてみてください。

Webデザイナー募集中!未経験でも分かる仕事内容や年収相場を知ろう

Webデザイナーになるには?仕事内容や独学でスキルを磨く方法を解説

Webデザイナーを目指すなら、スクールなど専門的な知識を学べる場所に通わなければならないと思っていませんか?実は努力次第で、独学でも充分に必要な知識を得ることが可能なんです。
覚えるべき知識やスキル、役立つ書籍に、独学で学ぶための環境をまとめました。

Webデザイナーになるには?仕事内容や独学でスキルを磨く方法を解説

独学でWebデザイナーになるには

スクールや専門学校でWebデザイナーの知識を学ぶのは効率的かもしれません。しかし、費用的負担や時間が合わないなどの理由から、諦める方も多いのが事実。
それなら、独学でWebデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。役立つ書籍やサービス、Webデザイナーになったあとの働き方について、以下にまとめました。

独学でWebデザイナーになるには

未経験からWebデザイナーになれる?

Webデザイナーはもちろん、どんな職種に就くにしても、誰しも初めは未経験からスタートします。まずはWebデザイナーの仕事内容を知り、知識やスキルを積みながら、就職活動の準備も万全に行うことから始めるべきです。
入念な下準備が、明るい未来を呼び寄せることでしょう!

未経験からWebデザイナーになれる?

Webデザイナーに必要なスキルまとめました

Webデザイナーになるためには、デザインスキル以外にも多くのスキルや知恵が必要になります。スキルや知識の取得方法や、役立つサービス・ツールをまとめます。
しっかりと土台ができあがったら、資格を取得してみては?合わせて、ポートフォリオ作成時のポイントも解説。

Webデザイナーに必要なスキルまとめました

Webデザイナーの年収はどれくらい?

Webデザイナーになるにあたって気になるのは年収事情。長く務めるなら、それなりの年収があると嬉しいですよね。
以下では年収をあげたいときにやるべきことも紹介。さらなる高みを目指すなら、多職種へのステップアップを検討してみるのも選択肢のひとつですよ。

Webデザイナーの年収はどれくらい?

SEOディレクター

SEOディレクターはサイトを設計する際、調査&分析・戦略立案・アクセス解析・改善策立案・レポーティングなどのディレクションを行う仕事です。SEOディレクターの仕事内容や年収、向いている人の特徴、あると良い資格や必要となるスキルなどをご紹介します。SEOディレクターになりたい人や自分に合う仕事を探している人は是非チェックしてみてください。

SEOディレクター募集中!未経験でも分かる仕事内容や年収相場を知ろう

SEOディレクターになるには?仕事内容や独学での勉強方法を紹介

SEOディレクターは、SEO対策を通じてWebサイトの課題を見つけ、改善し、Webサイトの質を向上させる重要な存在です。SEOディレクターを目指すには、Web制作の基本的な知識はもちろん、アクセス解析ツールなどの専門知識も得る必要があります。
専門性が高い分野にも思えますが、独学でもなれるのでしょうか?書籍やスクールなどを活用した勉強方法をまとめました。

SEOディレクターになるには?仕事内容や独学での勉強方法を紹介

Webアナリスト

WebアナリストはWebサイトを分析して、サイトの成果やユーザーの流入状況を分析し、現状の目標に対してどう推移しているのか、今後考えられる動向や対応すべく施策などを策定するWebディレクターを支える職業の一つです。

Webアナリスト募集中!気になるWebアナリストの仕事内容は?

Webアナリストになるには?独学で勉強する方法と必要な環境を解説

Webコーダー

WebコーダーはHTML、CSS、Javascriptなどを使用してWebサイトを作る職業です。様々な見せ方が出来る様学び続けていくだけでなく、ユーザー視点でのUI思考やメンテナンスのしやすいコーディングも必要とされます。

Webコーダー募集中!未経験でも分かる仕事内容や将来性を紹介

htmlコーダー・webコーダーになるには

Webマーケティング・広告営業

Webマーケティング・広告営業職は会社にいなくてはならない存在。単純な営業力、信頼してもらう力だけでなく、クライアントの課題を抽出・分析をし、その課題にあったWebソリューションを提供出来ることが大切です。

Webマーケティング営業のお仕事について

Webマーケッターになるには?独学でスキルを磨く方法とおすすめスクール

Web運用サポート

Web運用サポートの仕事は、Webサイトの管理や運営です。デザイナーが作成した画像やライターが執筆したコンテンツ記事などを、CMSを操作するなどしてWebサイトに流し込み、更新・編集する役割を担います。

Web運用サポートのお仕事について

プログラマー・サーバーサイドエンジニア

まずプログラマーとは、プログラミング言語を用いてプログラムを作成する人のことをさします。Webサイトはさまざまなプログラムによって動いているもの。システムやソフトウェアの開発にも、プログラマーの存在は必須です。

対してサーバーサイドエンジニアは、サーバーの設計・運営などを行う人のことをさします。Webサイトはサーバーがないと全世界に表示されることができません。サーバーサイドエンジニアは、このWebサイトの土台ともいえるサーバー管理を任されているのです。

プログラマー・サーバーサイドエンジニアのお仕事について

Webエンジニア

Webサイトはさまざまなシステムや、プログラムにより構築されています。構築するのはWebエンジニアという職種の方々です。
以下では、Webエンジニアをさらに2つの職種に分け、それぞれの仕事内容と必要なスキル、平均年収に将来性まで深堀りしています。Webエンジニアを目指している方に、役立つ情報が満載です。

Webエンジニアのお仕事について

Webエンジニアになるには?独学での勉強方法や仕事内容を紹介

Webサイトを構築するために多くの知識やスキルを必要とするWebエンジニアは、独学でも目指せる職種なのでしょうか?必要な環境に、おすすめの書籍やスクール、独学ツールをまとめました。
未経験で企業に入社するためのポイントも解説します。

Webエンジニアになるには?独学での勉強方法や仕事内容を紹介

Webエンジニアを目指す人へ!おすすめのプログラミング言語

Webエンジニアは、さまざまなプログラミング言語を扱うことに。以下ではフロントエンド編とサーバーサイド編に分け、それぞれの分野で扱われるプログラミング言語の特徴や、使用用途を紹介しています。
プログラミング言語の取得方法から、役立つ資格の情報も総まとめ。

Webエンジニアを目指す人へ!おすすめのプログラミング言語

フロントエンドエンジニア

コーディングやCMSの設計、カスタマイズを通じて、Webサイトのビジュアル面を構築するのがフロントエンジニアの仕事です。
ときにはクライアントから指示されているものよりよい機能を自ら選択しながら、質のよいWebサイトの構築を行います。Webコーダーとの違いや、おすすめ資格を紹介。

フロントエンドエンジニアのお仕事について

カスタマーサクセスになるには?仕事内容や必要なスキルを紹介

顧客に自社サービスの継続契約を促すための戦略を練るカスタマーサクセス。会社の売上にも貢献する重要な存在です。
その具体的なアクション例から、カスタマーサクセスの目標設定、役立つスキルに独学での勉強方法まで解説します。

カスタマーサクセスのお仕事について

コンサルティング営業

クライアントが抱える課題や悩みに寄り添い、ニーズに沿った商品やサービスの提案を行うのがコンサルティング営業の仕事です。常に「クライアントにとっての最善はなにか?」を探求する、分析熱心で勉強意欲の高い人に向いているでしょう。
仕事内容や、やりがいを感じるポイント、年収について掘り下げます。

コンサルティング営業のお仕事について

コンサルティング営業になるには?必要なスキルや独学での勉強方法を紹介

コンサルティング営業は独学でなれるものでしょうか?目指すなら、クライアントの要望を正しく聞き出し、最良の提案をするための知識やスキルを取得しなければなりません。
独学で目指すときに役立つツールから、用意すべき環境まで解説。

コンサルティング営業になるには?必要なスキルや独学での勉強方法を紹介

Webプロデューサー

プロジェクトの全貌を見渡し、クライアントとのやり取りから進捗管理、予算運用まで行うWebプロデューサー。Webディレクターと似ているように思えますが、その具体的な違いとは?
具体的な仕事内容や、必要なスキルまで徹底解剖します。

Webプロデューサーのお仕事について

映像ディレクター・動画編集者

動画配信サービスやSNSの流行により、動画コンテンツが注目されている昨今。映像ディレクターや映像編集者と呼ばれる人たちの需要は、今後さらに高まることが予想されます。
気になる仕事内容やおすすめの書籍、求められるスキルをまとめました。

映像ディレクター・動画編集者のお仕事について

営業事務・営業アシスタント

営業事務、営業アシスタントと呼ばれる人たちは、いわば営業マンを裏方で支える縁の下の力持ち。同じものと混同されがちな両者の違いを解説しながら、それぞれが担う業務について深堀りします。
営業マンを影で支える彼らに求められるスキルとは?

営業事務・営業アシスタントのお仕事について

アートディレクター

Webサイト制作に関する、デザインまわりのディレクション業務を担うのがアートディレクターの存在です。Webデザイナーやグラフィックデザイナーを経験したのち、この職種へのステップアップを目指す方も少なくないでしょう。
主な仕事内容から向いている人、フリーランスとして活躍することを目指す際に押さえておくべきポイントをまとめます。

アートディレクターのお仕事について

クリエイティブディレクター

Webサイトは多くの制作物の集合によってできあがっています。この制作物全般の管理を行うのが、クリエイティブディレクターです。
企画の立案・提案からクライアントとの打ち合わせ、さらには制作物のチェックまで、目まぐるしく働くクリエイティブディレクターに向いている人とは?

クリエイティブディレクターのお仕事について

PM(プロジェクトマネージャー)

PMは、その名のとおりプロジェクトをマネジメントする存在です。予算の調整から契約書の締結、プロジェクトが完了すれば報告書の作成など、主に契約まわりの重要な事柄を決定する役割を担っています。
大きな責任が伴うため、それ相応の年収も。おすすめの資格や、役立つ書籍も合わせて紹介。

PM(プロジェクトマネージャー)のお仕事について

Webデザイナー×テレワーク

Webデザイナーはテレワークでも働ける職種です。ただし、快適に仕事をこなすためには自分にとって快適な仕事環境を整えなければなりません。

また、WebデザイナーはWeb業界におけるデザインの流行に常に目を光らせておく必要があります。自宅にこもってただひたすら目の前の仕事をこなしているだけでは、世間から取り残されてしまう可能性も…。
Webデザイナーがテレワークを行うために必要な環境から、コミュニケーションやファイル共有に役立つ便利ツールの紹介、メリット・デメリットまでまとめました。

Webデザイナーはテレワークできる?

Webエンジニア×テレワーク

PCとインターネット環境さえあれば仕事ができるWebエンジニアは、テレワーク向きの職種です。
ただし、Webエンジニアがテレワークをするにあたっては、多くのメリットとそれ相応のデメリットも存在します。また、黙々と作業しがちなWebエンジニアでは、コミュニケーションの面における落とし穴も存在するようです。

昨今の情勢により急遽テレワークに切り替えることになった方も、これからフリーランスのWebエンジニアとして活躍することを検討されている方も、まずはWebエンジニアのテレワーク事情についてよく知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

Webエンジニアはテレワークできる?

Webデザイナーの将来性は?いつかなくなる仕事って本当?

WebデザイナーはWebサイトのデザイン制作の中心に立つ存在です。しかし、近頃は誰でも気軽にWebサイトが作れるサービスが登場したり、AIがデザインする仕組みが構築されたりと、素人でも簡単にWebデザインに触れられる時代となりました。

そんな中で聞かれるようになったのが「Webデザイナーは将来消える職種だ」という不吉な噂です。
果たして本当にWebデザイナーは消えゆく職種なのでしょうか?

その理由と、Webデザイナーの仕事を奪うとされるAIの得意分野・苦手分野の解説、未来でも活躍できるWebデザイナーになるためのポイントをまとめました。

Webデザイナーはなくなる仕事!?将来性と未来まで生き残るためのポイント

Webエンジニアの仕事は将来AIに奪われてなくなる?

システム設計や開発、運営に保守まで担うWebエンジニアの仕事が、将来的にAIに奪われてしまうという噂があるようです。実際、AIの進化は驚くほどのスピードで進んでいますが、果たしてこれは真実なのでしょうか?

現在Webエンジニアとして活躍する方にとっては穏やかではないこの噂。以下ではAIにできること・できないことをまとめながら、この噂の真相を探っていきます。

ところであなたは、未来でも活躍し続けられるWebエンジニアでしょうか?活躍するために必要な能力や心がけについても解説しながら、Webエンジニアの将来性についてまとめています。

Webエンジニアの将来性は?AIに奪われて仕事がなくなるという噂の真相

webディレクターラボTOP