Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターとしてのキャリアアップを目指す

Webディレクターには4つのタイプが存在します。それぞれの特徴や役割をご紹介します。また、キャリアプランのサンプルケースや年収、Web制作に関わる資格についても掲載しました。

Webディレクターとは?

Webディレクターは他の制作スタッフをまとめて、制作の指揮をとる現場の取りまとめ役です。クライアントの要望をヒアリングし、制作スタッフを人選、制作スケジュールを設計・進行管理して、コンテンツの品質管理を行います。

どんなWebディレクターがいるの?Webディレクターの種類

職場や企業によって仕事の種類が異なり、4種類に分かれます。

  • マーケティング・企画系Webディレクター
  • デザイン・アート系Webディレクター
  • 運用管理系Webディレクター
  • 営業系Webディレクター

のタイプです。どのタイプにおいても共通するのは、顧客の要望をヒアリングしたり、制作チームのスケジュール管理をおこなったりすることです。

マーケティング・企画系ディレクター

このタイプは、一般的なWebディレクターのイメージに近いものです。市場調査などのマーケティング業務を行い、コンテンツの企画を考えて企画書の作成をします。その役割や向いているタイプの人、求められることなどをチェックしてみましょう!

デザイン・アート系webディレクター

Webサイトのデザインディレクションを行うクリエイティブ職のディレクターです。デザインをすることでクライアントが抱えている問題の解決を図ります。その役割や向いているタイプの人、求められることなどをチェックしてみましょう!

運用管理系webディレクター

運用管理系Webディレクターは、Webサイト公開後の順位推移やサイトの成果を追うディレクターのことを指します。SEOディレクターと同じような領域でディレクションを行います。

その役割や向いているタイプの人、求められることなどをチェックしてみましょう!

営業系Webディレクター

Webサイト制作の提案を行う、営業職タイプのディレクターです。クライアントの要望を汲み、制作物の方向性から予算、スケジュールを組むのが仕事です。その役割や向いているタイプの人、求められることなどをチェックしてみましょう!

さまざまなWebディレクターの共通する点

ディレクターは、いわば現場を「監督」「指揮」する人。つまり、プロジェクトのまとめ役であることは、どのタイプによっても変わりありません。また、クライアントの要望をヒアリングし、制作スタッフを人選、制作スケジュールを設計・進行管理して、コンテンツの品質管理を担当することも共通しています。スキルとして共通するのは、Webマーケティングに関する知識やセンスが求められること。高いコミュニケーション力のある人材が求められます。

Webディレクターの仕事内容は?

Webディレクターが持っていると有利な資格

Webディレクターになるには資格が必要?

Webディレクターになるためには、特に資格は必要ありません。自分で公言すれば、Webディレクターとしてスタートすることができます。
しかし、資格を取ることで、必要なスキルを勉強できたり、スキルを身につけていることを証明できたりするため、転職やキャリアアップなどで有利になります。

Webディレクション検定/日本Web協会(JWA)

日本Web協会(JWA)が実施する検定試験と対策講座です。試験に合格すれば知識・スキルの認定を受けられるというだけでなく、講座を受ける過程でスキルアップできたりとメリットも豊富です。

Webライティングにまつわる資格

一般社団法人日本WEBライティング協会が2012年から始めた、Webライティング能力検定(Webライター検定)がWebライティング関連では最も古い検定です。また、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が主催するWEBライティング技能検定も持っていると有利な資格です。

Webコーディングにまつわる資格

Webディレクションにはコーディングの知識・スキルが必要となります。その学習やスキルの証明には、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが主催するHTML5プロフェッショナル認定試験、CIW-Japanが主催するCIW JavaScript・スペシャリストの資格が利用できます。

Webマーケティングにまつわる資格

マーケティング思考でWeb制作を進めることはWebディレクターにとって重要なことです。その実力を証明できる資格として、株式会社サーティファイが主催するネットマーケティング検定や、国際実務マーケティング協会が主催するマーケティング・ビジネス実務検定があります。

資格は就職に役立つというより、実務に役立つ

前述の通り、Webディレクターになるには資格はいりませんが、必要なスキルを学ぶのに資格を取ることは有効な手段です。なぜならば、この仕事には専門性の高いスキルや知識が必要とされるからです。未経験でWebデザイナーとして就職できたとしても、しっかりと教えてくれる会社に入れなかった場合は、Webディレクターへの道が閉ざされてしまい兼ねません。
また、ディレクターはWebサイト関連だけではなく、企画・編集などの現場指揮者としての知識も必要になってきます。Web関係に限らず、多岐にわたった分野の勉強が必要なることもわかると思います。

それでは役立つ資格を見ていきましょう!

Webディレクターの検定・資格まとめ

Webディレクターの目標設定

Webディレクターは、どのような目標に向けて仕事をこなすべきだと思いますか?Webサイト制作の管理全般を任せられるWebディレクターは、プロジェクトを完遂し、その先にいるクライアントを満足させるWebサイトを仕上げなければいけません。

Webディレクターの目標設定のポイントは?

Webディレクターが目標設定をする際に、軸にすべき数値や項目をまとめました。初めて目標設定を行う方にも、目標設定でいつもつまずくという方にも、きっと参考になる内容です。

webディレクターの目標設定

Webディレクターとしてステップアップを目指す

初心者から、愚痴が多くなってきた中堅まで webディレクターに読んでほしい本

Webディレクターとしてある程度の知識や経験を積むと、新人のころには感じなかった新たな不満や不安を感じるもの。

このような壁にぶつかった中堅Webディレクターにおすすめの本があります。以下で紹介する本を読んで、WebディレクターやWebデザイナー、加えて“案件を発注する側”であるクライアントの気持ちも理解してみましょう。

初心者から、愚痴が多くなってきた中堅まで webディレクターに読んでほしい本

webディレクターに必要なマーケティング能力

Webサイトは作って終わりではありません。Webサイト制作を依頼したクライアントは、Webサイトを通じてなんらかの成果を得たいと考えているはずです。

クライアントの要望を叶えるWebサイトを制作するためには、マーケティングの知識が必要になります。以下では、マーケティング能力の必要性と、身につけるために必要なスキルをまとめました。

webディレクターに必要なマーケティング能力

使えないWebディレクターと言われないために注意すべきポイントとは

プロジェクトの進行管理を行うWebディレクターが頼りないと、その下にいるすべてのスタッフにシワ寄せがきます。何度も何度も無理を強いれば、スタッフとWebディレクターの信頼関係は崩れてしまうことでしょう。

有能なWebディレクターになるためには、なにが必要でしょうか。「使えないWebディレクターだ」と影でコソコソ言われないよう、日々心がけるべきこととは?

使えないWebディレクターと言われないために注意すべきポイントとは

Webディレクターが行うメルマガ管理とは

企業からの情報発信の手段として、古くから親しまれているメルマガ。メールアドレスを持っている方なら、一度はどこかの企業やお店のメルマガを受信したことがあるのでは?

Webディレクターが携わる業務の中には、ときにメルマガ管理が含まれることも。
以下では「なぜメルマガを配信するのか」を改めて考えながら、受信者に読まれるメルマガを配信するための工夫の仕方や、活用法をまとめていきます。

Webディレクターが行うメルマガ管理とは

Webディレクターにバックエンドの知識は必要?

Webサイト制作に関わるすべてのスタッフの仕事について、理解していることが求められるWebディレクター。表向きは見えない部分であるサーバー構築やシステム関連といった、いわゆるバックエンドの知識も必要となります。

そもそもバックエンドにはどんな仕事があるのかを解説しながら、知っておくべきこととおすすめの勉強方法をまとめました。

Webディレクターにバックエンドの知識は必要?

Webディレクターにシステム開発の知識は必要?

ECサイトやネットショップを構築するためには、Webシステムの開発が必須です。もっと身近なものでは、WordPressなどのWebサイト管理システムも、システム開発の領域に含まれます。

ディレクション業務を円滑に進めるには、Webディレクターもシステム開発の知識やノウハウを押さえておくべきです。まずは広く浅く知ることを目指しながら、システム開発の全体像を把握していきましょう。

Webディレクターにシステム開発の知識は必要?

Webディレクターにインサイドセールスの知識は必要?

近年、インサイドセールスという働き方が注目されています。これは昔ながらの外出ありきの営業スタイルを止め、社内でできる業務で完結させる新たな営業手法のことです。

大きく変わる営業スタイルを前に、Webディレクターはどう対応すればよいのでしょうか。プロジェクト進行にあたり留意すべき点や、新たに着手すべき業務、壁にぶつかったときの乗り越え方など、気になるアレコレを解説します。

Webディレクターにインサイドセールスの知識は必要?

プロジェクトマネジメント

WebディレクターやPM(プロジェクトマネージャー)などのプロジェクト責任者は、常にプロジェクトの全体像を把握しておかなければなりません。

課題の洗い出しから課題解決までのプロセス決定、スケジュール管理に進捗管理、さらに成果物のチェックまで網羅的にこなすためには、プロジェクトマネジメントのスキルが必要になります。

以下ではプロジェクトマネジメントの重要性と具体的なやり方、参考書籍も合わせて紹介。
WebディレクターがPMへのステップアップを検討する際にも役立つスキルですので、ぜひご参考にしてください。

プロジェクトマネジメントの重要性とは?手順から参考書籍まで

ファシリテーション

会社員に会議はつきもの。有意義な議論ができたと感じる会議もあれば、ときにはなにが話し合われたのか分からないまま終わりを迎える会議もあるかもしれません。

自社の会議があまり有益なものではないと感じるなら、ファシリテーションスキルが欠けている可能性があります。以下では、会議におけるファシリテーターの役割から、ファシリテーションスキルが会議にもたらす影響、スキルの磨き方までまとめました。

Webディレクターにファシリテーションスキルが必要な理由も合わせて解説。自社の会議のあり方に疑問を感じている方、スキルアップを望む方、必見の内容です。

ファシリテーションスキルを磨いて会議を有意義に進める方法

インサイト分析

新しい商品やサービスを生み出すにあったて、ターゲット層に「どんなものが欲しいですか?」と聞くとします。ユーザーが「○○なものが欲しい」と答えたとして、そのとおりの商品やサービスを開発しても、絶対にヒットするとは限りません。

なぜならこのユーザーの「○○なものが欲しい」という要求は、声に出せる要求だから。本当にユーザーに満足感を与えるものは、ユーザーの要求の裏側にある“隠れた本音”を満たすものでないといけないというのです。

ここでは、隠れた本音“インサイト”の見つけ方と、インサイト分析を行うメリット、参考になる書籍情報までまとめました。

インサイト分析とは?ユーザーの隠れたニーズを探る方法とメリット

ディレクター業務に欠かせないガントチャート

Webディレクターには正確なスケジュール管理能力が求められます。数あるタスクを漏れなく確認しながら、滞りなくスケジュールを進行するためには、ガントチャートを上手く活用すべきです。

以下では、タスク管理の効率をグッと高めるガントチャートの作り方と、おすすめツールを総まとめ。ガントチャートどおりにスケジュールが進行しないときに考えられる原因もまとめました。

ディレクター業務に欠かせないガントチャート

Webディレクターが知っておきたいReact・Vue

フロントエンドのディレクション業務を担うWebディレクターなら、ライブラリのReactと、フレームワークのVueについて知っておきましょう。以下ではそれぞれの特徴を説明しながら、ライブラリとフレームワークの違いも解説しています。

本来エンジニアが携わる領域なので、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、勤務先の企業によっては必ず役立つ知識です。
Webディレクターとしての幅も広がるため、これを機に知識として押さえておきましょう。

Webディレクターが知っておきたいReact・Vue

Webディレクターとしての働き方

テレカン・Web会議でWebディレクションを円滑に!良質な会議にするコツまとめ

新型コロナウイルスの流行に伴うテレワークの普及により、テレカンやWeb会議という言葉を聞く機会が一気に増えました。
すでにテレワークが日常になった方には馴染み深い言葉になっているかもしれません。

以下では、テレカンとWeb会議の違いやそれぞれを活用する場面、おすすめのコミュニケーションツールも合わせて紹介します。
加えて、テレカンやWeb会議における良質なコミュニケーションを叶えるコツも解説。テレカンやWeb会議ってなに?という方から、これらに苦手意識がある方、もっと円滑なコミュニケーションを叶えたい方まで必見の内容です。

テレカン・Web会議でWebディレクションを円滑に!良質な会議にするコツまとめ

生産性アップ!Webディレクターにおススメのツールをご紹介

Webディレクターの業務効率を上げる?Slackとは

Slackとは、アメリカ発祥のビジネスコミュニケーションツールです。現在メールや電話のみで社内スタッフやクライアントと連絡を取り合っている方は、一度Slackでの案件管理を試してみてはいかがでしょうか。

そのプロジェクトに多くの人が関わるほど、コミュニケーションツールは強みを発揮します。Slackの具体的な機能や使うメリットをまとめました。

Webディレクターの業務効率を上げる?Slackとは

WEBディレクターなら知っておきたいLINEの活用法

他者との連絡手段として、幅広い世代に浸透しているLINE。いまの若い世代では、メールや電話は使わず、LINEのみですべての連絡を取っているという方も少なくありません。

コミュニケーションツールとしてのイメージが強いLINEですが、ビジネスにおけるマーケティングツールとしても利用できることをご存じですか?いわゆる「公式アカウント」と呼ばれるものがこれにあたります。
LINEアカウントでできることと、具体的な活用法を解説します。

WEBディレクターなら知っておきたいLINEの活用法

Webディレクターが知っておきたいSCSSの知識

Webサイトを構成する言語のひとつCSSをよりシンプルに記述するスキル

Webサイト制作をする上で、おもにWebコーダーが扱うさまざまな言語があります。HTMLやJavaScript、CSSといった名称なら、Web業界で働いていれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
コードの記述はWebコーダーがメインで進める業務ですが、Webディレクターとしてもその知識を押さえておくことは非常に重要です。

この中でCSSは、Webサイトの装飾に関わる部分を整えるために記述するもの。本来であればHTMLだけでも記述できないこともないのですが、HTMLのみで対応するとなるとコードが非常に複雑になるため、CSSを使用するのが基本となっています。

SCSSとは、CSSをさらにシンプルに書くための記述方法です。
SCSSと同じく、シンプルかつクリエイティブなCSSの記述を行う言語にはSASSというものもあり、このSCSSとSASSはまとめてSass(サース)と呼ばれています。

両者を簡単に比較してみましょう。記述方法としてよりシンプルなのはSASSですが、CSSに近い記述方法を残しつつすっきりしたコードを記述できるようになっているのはSCSSです。 また、現在世間的に普及しているのは、後者のSCSSとなっています。

これを踏まえて、当サイトではSCSSに焦点を絞ってその内容を総まとめ。SCSSの具体的な書き方に、記述する上でのメリットやデメリットを解説します。

Webディレクターに必要なスキル・SCSSについて詳しく見る>

Webディレクターなら知っておきたいGitとは?

煩雑になりがちなファイル管理ツールを使いこなすための力

Webサイト制作にあたっては、非常に多くのファイルを管理することになります。特にWebサイトの規模が大きければ多いほどファイル数は増える傾向にあり、また関わる社内スタッフも増えるため、ときには予期せぬ事態を引き起こすこともあるのです。

たとえば、コンテンツの先祖返り。クライアントからの指示のもと修正したファイルが、ほかのスタッフとの作業の重複や過去ファイルの誤アップなどを原因とし、古い情報に戻ってしまう状況のことをさします。
このような事態を避けるために役立つのが、ファイル管理ツールのGitです。

Gitを使いこなせるようになれば、大元のファイルはそのままに、修正専用のファイルを作成して修正を行うことが可能になります。また作業履歴も残るため、いつ・誰が・どんな修正をしたかが一目瞭然になるのです。

使い慣れるまでには時間を要しますが、一度使用法が分かればとても便利なGit。多くのプロジェクトを抱えるWebディレクターにこそ役立つツールといえるでしょう。
ここでは、Gitを使用するメリット・デメリットを紐解きながら、Gitの覚えるための勉強方法や、ファイルをオンライン管理するための専用サービスについて解説していきます。

Webディレクターに必要なスキル・Gitについて詳しく見る>

Webディレクターがテレワークするための推奨環境とおすすめツール

コミュニケーション能力が重視されるWebディレクターは、一見するとテレワークには不向きな職種だと思われがちです。しかし、仕事場の環境づくりと日々の些細な心がけ次第では、Webディレクターも問題なくテレワークができます。

加えて、テレワークならではのメリットも。いくつかのデメリットもありますが、いずれも自分の役割や注意点にさえ気をつけていれば、会社に出社しているのと同レベルのクオリティの仕事を維持できるのです。
Webディレクターが円滑にテレワークをこなすために必要なことと、おすすめツールをまとめました。

Webディレクターがテレワークするための推奨環境とおすすめツール

webディレクターラボTOP