Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターへの転職・就職事情まとめ

  1. webデザイナーからwebディレクターになるステップアップ
  2. フリーランスのWebディレクターの年収は?
  3. webディレクターの将来性や需要
  4. Webディレクターの履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの書き方
  5. 30代の未経験者でもWEBディレクターになれる?
  6. Webディレクターの平均年収相場はどれくらい?

WebデザイナーからWebディレクターになるステップアップ

Webディレクターを目指す方の中には、Webデザイナーからの転身を検討している方も少なくありません。Webデザイナーとして培った知識やスキルは、ディレクター業にどのように活かすことができるのでしょうか?

Webデザイナーからステップアップするメリットに加え、Webディレクターになるために新たに取得すべきスキルや知識、ノウハウを解説します。

webデザイナーからwebディレクターになるステップアップ

フリーランスのWebディレクターの年収は?

近年、会社に所属せず、フリーランスとして活躍する働き手が増えています。フリーランスのWebディレクターとして働くことに興味があるなら、まずは“将来性の有無”を知ることが重要です。

ところで、フリーランスのWebディレクターとして働くことには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。気になる平均年収や、年収アップを目指すためにすべきことも紹介します。

フリーランスのWebディレクターの年収は?

webディレクターの将来性や需要

これからWebディレクターを目指すなら、気になるのはその将来性や需要ですよね。実はWeb業界ではIT人材が不足している状態。Webディレクターの需要は高くなっているといえます。

それでは、現場ではいま、どのようなWebディレクターが求められているのでしょうか?今後のWeb業界で活躍できるWebディレクターの適性や、将来性についてまとめました。

webディレクターの将来性や需要

Webディレクターが履歴書・職務経歴書・ポートフォリオで抑えたいポイント

転職活動をする際、職務経歴書がどれほど重要な役割を担うか考えたことはありますか?即戦力になるWebディレクターを採用したいと考える企業ほど、職務経歴書の内容はじっくりと見るものです。

希望する会社に採用されるためには、魅力的な職務経歴書を完成させなければなりません。

また、転職・就職活動において、採用担当者に自分の知識やスキルをアピールするために必要なポートフォリオ。Webディレクターのポートフォリオには、どのような情報がまとめてあるとよいのかご存じですか?

他職種からの転身でWebディレクターを目指す場合など、実績がないときのポートフォリオの作り方も解説。「実績がないから不利だ…」なんて肩を落とすのは、まだ早いですよ!

Webディレクターとして転職活動をする際、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオにはどんなに内容を含めておくべきでしょうか。採用担当者にとって見やすく転職活動が有利になるポイントをまとめました。

Webディレクターの履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの書き方

30代の未経験者でもWEBディレクターになれる?

新しいことを始めるのに年齢は関係ありません。仮に30代の未経験者でも、Webディレクターを目指すことは可能です。
とはいえ経験者と天秤にかけられれば、アピールポイントは少ないのが事実。

以下では未経験でWebディレクターになるための転職方法と、世間の30代Webディレクターの年収事情、未経験で目指すときに持っておきたいスキルや知識をまとめました。

30代の未経験者でもWEBディレクターになれる?

キャリアプランも年収アップも最初が大切

キャリアプランも年収アップもまずは実力を積むことが先決です。最初に入った会社でさまざまな基礎知識やスキル、技術が身につけられなければ、転職もままなりません。そのため、未経験の場合はしっかりと学べる会社を選ぶことも重要です。

Webディレクターの平均年収相場はどれくらい?

webディレクターラボTOP