Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが
知っているメソッドを紹介

           slide
Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが
知っているメソッドを紹介

slide
Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが
知っているメソッドを紹介

slide
Webディレクターになるには?
必要なスキルや仕事内容などを
一挙にご紹介!

Web制作にまつわる業務全般を統括し、チームを引っ張ってゴールへと導くWebディレクター。制作現場になくてはならない存在ですが、どのような仕事を任され、どんなスキルが必要とされるのでしょうか?Webディレクターを目指す方に知っておいて欲しい情報を分かりやすくまとめてみました。

現役Webディレクターを突撃!
どうしてあなたは転職したのか?!

紙媒体の編集者から
Web業界の編集者に

石坂 洋輔
全研本社で活躍するWebディレクターの石坂洋輔

全研本社のWebディレクターには、元出版社の編集職という人が多い。紙の編集からWebの編集というジョブチェンジした彼に、未経験だからこそぶつかった壁や、紙では味わえない仕事の楽しさややりがいをインタビューしました。

Webディレクターとは?

プロジェクトを率いてクライアントの
“課題を解決する”現場責任者

Webディレクターとは、Web制作プロジェクトの指揮・管理を行う人のこと。デザイナー・ライター・プログラマーといったスタッフをまとめて予定通りに作業を進め、プロジェクトをゴールまで導く責任者です。 Webディレクターが行う主な仕事は、クライアントとの打ち合わせ・コンセプトや企画の作成・スケジューリング・ディレクション・品質管理など。また、予算管理など事務的な作業もWebディレクターに任された仕事の1つです。

何のためにその仕事を担うの?

クライアントの課題を解決するためです。社外案件の場合は「サイトを制作してほしい」「サイトを改修してほしい」という外部の企業さまがクライアント。社内案件の場合は、自社そのものがクライアントになります。
どんな企業にも課題はあります。サービスや商品の「売上げを上げたい」「認知させたい」「ブランドイメージをつくりたい」など。その課題を解決する手段のひとつがWebサイトやWeb広告といったWebマーケティング手法になります。

Webディレクターは「いつまでに、どのくらいの売上げが必要か」といった具体的な課題をクライアントから聞き出し、頂いた予算や納期から、課題解決を達成できる企画を提案します。そして、その企画が計画通りに実現できるようにデザイナーやプログラマーといったプロジェクトメンバーを率いてWebサイト制作を行います。

優秀なディレクターは、ただクライアントから課題を聞くだけでなく、クライアントの課題を分析して提案したり、そのための予算や納期を交渉したりもできます。 一般的に窓口を担うため制作現場で最もクライアントに近く、クライアントと二人三脚で課題解決をするパートナー的存在なのがWebディレクターです。

Webディレクターに向いている人とは?

制作に関わる人と人をつなぐWebディレクターに向いているのは、コミュニケーション能力の高い人。また、1つ1つの作業を丁寧にこなせる人、物事を最後までしっかりとやり遂げる責任感のある人に適しています。

なぜ、コミュニケーション能力が必要?

課題解決という“共通のゴール”を全員で目指すため!

topics

コミュニケーションといっても、仲良くなることが目的ではありません。クライアントの課題を解決するために、クライアントとディレクター自身、そしてプロジェクトメンバー全員の意思を統一する必要があります。

例えば、クライアントが「30代の“はたらく女性”に新商品を売り出すサイトをつくりたい」と思っているのに対し、デザイナーが「30代の“専業主婦”のためにサイトをつくろう」としていては、クライアントの課題は解決できません。また、クライアントが「30代のはたらく女性」をターゲットだと言っていても、市場調査の結果「30代の専業主婦をターゲットにした方が売上げが上がる」と判断される場合もあります。この場合、ディレクターは根拠を持ってクライアントに提案する必要があります。一番いけないのは、それぞれが共通の認識で納得していないままプロジェクトが進むこと。

このように、クライアントの課題を解決するために、クライアントとディレクター、ディレクターとプロジェクトメンバーとの間に密なコミュニケーションと共通の課題意識が必要になってきます。

プロジェクトメンバーの本領を発揮させるため!

また、プロジェクトを円滑に進めるためにもコミュニケーション能力は必要です。プロジェクトは基本的にひとりではなく、複数のメンバーで推進するケースが多いです。自社の営業、ディレクター、プロジェクトマネージャー、デザイナー、ライター、編集者、運用担当者など。各メンバーがそれぞれプロとして質の高い仕事をすることにより、よりプロジェクトの完成度を上げることができるのですが、各人のパフォーマンスを発揮させるのも、実はディレクターの仕事。そのためには、相手の立場に立って指示や依頼をする必要があります。

例えば、1年目の新人デザイナーとその道20年のベテランデザイナーでは、スキルも情報の理解力も違います。新人デザイナーには、より噛み砕いて細かな指示を出す必要がありますが、ベテランデザイナーに対しては、目的と要件をしっかり伝えた上で、思い切って任せるという場合もあるでしょう。

このように、プロジェクトメンバーに合わせて適切なディレクションを行うためには、普段からメンバーのスキルや得意分野、考え方を知っておく必要があります。一緒にプロジェクトを進める仲間とは普段からコミュニケーションをしっかりとっておきたいものです。

なぜ、責任感が必要?

窓口であるWebディレクターが“会社の代表”

topics

Webディレクターはクライアントとの窓口であり、制作現場の責任者です。クライアントの課題や要望をしっかり握りながら、現場をまとめ上げてプロジェクトを推進します。

例えば、デザイナーやプログラマーといったプロジェクトメンバーがミスを犯したとします。しかしながら、クライアントからしてみれば会社の代表はWebディレクター。誰のミスであれ、プロジェクトが上手く推進しないようなことがあれば、それはディレクターの責任になります。

ですので、ディレクターにはプロジェクトがミスで滞らないような対策やスケジュール管理、役割配分、ミスが起きたときの素早い対処を行う能力が必要です。なにより、一番大事なのはスキル以上に「責任を持って遂行する」という意識

責任ある仕事だからこそ、やりがいがある!

責任が大きくて大変と思うかもしれませんが、それだけプロジェクトが完了したときの達成感も大きく、クライアントから直接感謝されるのもディレクターの大きな喜びです。プロジェクトが大きくなれば、社会的にも評価されるディレクターとしてキャリアアップできる可能性も高まります。

何より「責任を持ってクライアントの課題を解決するための挑戦」を楽しめる方がディレクターに向いているといえるでしょう。

Webディレクターは、未経験でも目指せる!

元々制作に携わっていたクリエイターがWebディレクターになるケースもありますが、未経験から始める人も多い職業です。クリエイティブ系の仕事の中では、比較的、未経験可の求人が多い職業といえます。未経験の場合、まずはアシスタントからのスタートが多く、上司や先輩の仕事を手伝いながら実務経験を積んでいきます。

webディレクターになる前に。未経験からwebライティングを学ぶなら?

webライター専用のオンラインサロンで、知識・スキル・人脈をUP!

「webディレクターになりたいけど全くの未経験だし、実はタイピングも苦手(汗)」
「アシスタント(アルバイト雇用が多い)じゃなくて正社員で転職したいから、実績を積みたい」
そんな方は、webライターからSTARTするのが吉。クラウドワークスやランサーズといったライティングのお仕事が請けられるクラウドソーシングが沢山ありますから、初心者でも・未経験でも・副業としてでもライターデビューが可能なんです。

webライターとして実績を積みつつ、スキルやノウハウも身に付けて、ライター仲間も作りたい…という欲張りニーズを満たすには、ライターが集まるオンラインサロンがお勧め。
会員限定で単価1万円のお仕事紹介(未経験ライターのお仕事としては破格!)があったり、自分の書いたテキストに赤入れ指導をして貰えたり、ライターやwebディレクターを目指すメンバー達と悩みを相談し合うことができます。
「ライター オンラインサロン」でGoogle検索1位(2021年8月時点)の【らいく】なら初月無料で入会できますので、まずは参加してみては?

ライター専用のオンラインサロン【らいく】は、初月無料で入会可能。

Webディレクターへの転職・就職ナビ

知っておきたいWebディレクターの必須スキル

ここでは、Webディレクターに必要なスキルを制作フローに沿って紹介しています。Webディレクターになるには、まず制作の流れをしっかりと理解することが大事。その上で、それぞれの工程で必要となる知識・スキルを身につけていきましょう。

Webディレクターとしてキャリアアップを目指す

制作に関わる人と人をつなぐWebディレクターに向いているのは、コミュニケーション能力の高い人。また、1つ1つの作業を丁寧にこなせる人、物事を最後までしっかりとやり遂げる責任感のある人に適しています。

Webディレクターとも協力関係!
Web制作のお仕事まとめ

ここではWebディレクターとかかわりの深い職種について紹介しています。Web制作には非常にたくさんの職種が関与しており、Webディレクターは彼らと力を合わせて作業を進めていく必要があります。円滑にディレクションを行うためにも、仕事内容もきちんと知っておきましょう。

特集

全研的Webディレクターとは!

自社メディアやクライアントワークのWebサイト制作を行う、全研のWebディレクター。コンテンツの企画から取材、デザインディレクション、テキスト編集まで、その仕事内容は多岐に渡ります。全研的Webディレクターの魅力と共に、仕事内容や仕事の流れ紹介しています。現役Webディレクターのインタビュー記事も公開中です。