Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

WebディレクターはWebサイト制作現場における最後の砦

当サイト管理人の福田が現場で働くWebディレクターに直撃インタビュー!今回インタビューしたのは、前職でもWebディレクターとして現場に立ち、現在もなお第一線で活躍する福崎さん。Webディレクターとしての信念を聞きました。

WebディレクターはWebサイト制作現場における最後の砦_画像1

常に一歩先を行くWebサイト制作を心がける福崎さん。ベテランでありながら、いまもなお勉強の日々を送っていると言います。

予期せぬ「もしも」が起こったときにこそ、Webディレクターの腕が分かる

現在の業務内容を教えてください

制作段階で1年後を見越したWebサイト制作を心がける

福田:それでは早速ですが、福崎さんの現在ご担当されている業務内容を教えてもらってもよろしいですか?

福崎さん:現在は、社内でも比較的大型のメディアや、Webサイト制作ディレクションと編集を担当しています。
Webディレクターって幅広い業務をまんべんなく対応するというイメージを持つ方も多いんじゃないでしょうか。私の場合は、クライアントとのやり取りに制作進行管理、要件定義やワイヤーフレームも作成します。それ以外にもコピーライティング、ライティングディレクション、編集まで行いますね。

ライティングやデザイン、構築まわりはそれを専門にしたメンバーに任せることが多いです。公開後の運用は専門部署に引き継ぎますが、制作段階で「1年後を見越したWebサイト」になることを目指して設計しています。

前職ではどんなお仕事をしていましたか?

前職はコンサル会社でWebディレクターとして活躍

福田:本当にWebディレクターって業務範囲が広いですよね。前職でもWebディレクターをされていたんですか?

福崎さん:はい。前職では、特定の業種に向けて専門にコンサルティングを提供するWeb制作会社に勤めていたんです。
その会社ではクライアントの公式Webサイト制作のディレクションを担当していました。

Webディレクターとして成長するために勉強していることは?

仕事に活かせる情報をあらゆるところから吸収する

福田:歴も長いWebディレクターである福崎さんですが、いまもWebディレクターとしての勉強は続けているんですか?

福崎さん:もちろんです。現在私が行っているWebディレクション業務では、企画力やマーケティング力が必要になる場面が多くなっています。こういった場面で成功を手にするためには「いかに人の心や行動に影響や変化をもたらすか」が重要で、その引き出しを増やすための研究は常に行うようにしていますね。
Webマーケティングに役立つ知識だけに囚われず、あらゆるものから仕事やプロジェクトに活かせる情報はないか、常に学ぶ姿勢を崩さないようにしています。

福崎さんが考える“Webディレクターにとって大切なこと”って?

万が一の事態で、ひとりで踏ん張れる力があるかどうか

福田:勉強熱心な福崎さんですが、Webディレクターが持っているべきもっとも重要なスキルはなんだと考えていますか?

福崎さん:たくさんありますが、最低限「リスク管理能力」は持っているべきでしょうね。あまり考えたくない事態ですが、Webディレクターは、万が一自分以外のプロジェクトメンバーが全員倒れたとしても、決められた期日に合わせてWebサイトを公開させないといけません。
これは気合や根性でどうにかなるものではなくて、そんな事態に備えた代替手段の数や、推進力、リスクの予測力、決断力を持っておくべきだということです。

こんな「もしも」は起こらないに越したことはありませんが、もし起きたときにはどう巻き返せるかで、Webディレクターの真の実力が分かるんではないでしょうか。

全研本社で学べることを教えてください!

さまざまな職種のメンバー同士の結束が強い

福田:最悪ひとりで公開とは、考えただけでも寒気がしますね…。ちなみに、全研本社ってどんな会社だと思います?

福崎さん:全研本社は、営業にWebディレクター、デザイナー、編集者、そしてSEO担当など、さまざまな専門スタッフが在籍しています。それぞれの部門ごとに細かく分かれてはいますが、部署同士の連携が密で、情報共有はしやすい環境ですね。
なので、自分のがんばり次第では、各分野の視点や専門知識をまんべんなく身につけることができると思いますよ。

そしてそうやって得た知識やノウハウを土台に、「お客さまの事業を一緒に創り上げていく」という大きなプロジェクトに挑戦できる会社だと感じます。

これからどんなWebディレクターと一緒に仕事がしたい?

自分の努力・成長を人のために全力で活用できる人

福田:では最後に、福崎さんが思う「こんなWebディレクターと働きたい!」という人について教えてください。

福崎さん:クライアントやユーザーの満足を得るためにどうすればいいか、本気で考えられる人ですかね。Web業界って常に最新情報が駆け抜けていくので、いま現在のテクニックやスキルがすぐに通用しなくなってしまうんです。
そこで折れず、常に満足してもらえるものを提供できるよう、スキルを磨き続けられる人と一緒に働きたいですね。まわりの変化に柔軟に対応できる人は、Webディレクターに向いていると思いますよ。