Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

“価値あるWebサイト”を生み出せるWebディレクターでありたい

当サイト管理人の福田が現場で働くWebディレクターに直撃インタビュー!今回インタビューしたのは、Webディレクターとしての勉強に日々明け暮れながらも、「好き」をそのまま仕事にできて楽しいと語る田中さん。Webディレクターになるために重要なこととはなにか聞きました。

“価値あるWebサイト”を生み出せるWebディレクターでありたい_画像1

よいWebサイトを作るためには「覚悟」が必要だと語る田中さん。その言葉に隠された想いとは?

Webディレクターは天職!“好き”を活かして仕事ができる喜びを実感

現在の業務内容を教えてください

クライアントやユーザーにとって価値あるWebサイトを作りたい

福田:それではまず、田中さんの現在の業務内容をお聞かせいただいてよいですか?

田中さん:はい。私のメイン業務は、クライアントから発注いただいたWebサイトのディレクションです。WebディレクターがWebサイトを制作する上で考えることは実に幅広いですが、私もWebサイトに掲載するコンテンツのことをすべて考えていますね。
企画から編集、デザインの方向性を決めるなど、協力してくれているスタッフたちと綿密に打ち合わせを重ねながら、どうすれば商品やサービスの魅力がより伝わるのかを考えるんです。

クライアントやWebサイトを訪れたユーザーにとって“価値あるWebサイト”を完成させるためにはどうすればよいかを、常に念頭に置いています。

前職ではどんなお仕事をしていましたか?

制作に携わったWebサイトのジャンル数には自信あり

福田:前職でもディレクション業務を担当していたんですか?

田中さん:新卒で入社した会社では、求人広告のライティングのほか、採用パンフレットやブランディングツールのディレクションは担当したことはありました。そのあとWeb制作会社に制作して、そこでWebディレクターになったんです。

初めはWeb編集者としてSEOライティングを習得し、そこからWebサイト制作に携わるようになりました。ジャンルは美容に健康、医療、雑貨、フード、不動産など。いろんなジャンルのWebサイト制作に携われて、力がついたと思います。

Webディレクターとして成長するために勉強していることは?

無理なく、さまざまな媒体から情報収集すること

福田:いろんなWebサイト制作を担当してこられたんですね!田中さんがWebディレクターとしてスキルアップするための勉強法ってどんなものがありますか?

田中さん:Webサイトの構成にしても、デザインやコピーを考える際にも、表現の引き出しはたくさんあればあるほどよいと思うんです。なので私は、引き出しにしまえるヒントが眠っていそうな媒体には、片っ端から目を通すようにしています。

たとえばあらゆる本や雑誌、漫画。ネット上に溢れるさまざまなWebサイトや、気になるアプリ、SNSもとにかく使ってみるようにしています。テレビや映画、ラジオも聴けばYouTubeも見ます。
その中で「これはあのWebサイト制作に役立ちそう」といったヒントをもらえるんです。

「努力しよう!」と思いながらやるとしんどくなってしまいそうですが、私はもともといろんな情報に触れることが好きなので、どれも好きで続けています。好きなことを仕事に活かせるので最高ですよ。

田中さんが考える“Webディレクターにとって大切なこと”って?

核を見つけ、成果へ導く。ときには覚悟も必要

福田:そんな田中さんは、Webディレクターとしてどんなことを心がけながら日々仕事をしているんですか?

田中さん:まずはそのプロジェクトの核を見つけるようにしています。どんな成果が求められているか、それを達成するために必要なことはなにか…。これが見えないと価値あるWebサイトは作れないと思っています。
制作を進める中では、ときに必要なものとそうではないものを見極め、取捨選択することも重要です。また、「絶対にこのプロジェクトを成功させるぞ!」という覚悟は常に持つようにしています。

Webサイト制作には、たくさんのスタッフが関わります。Webディレクターひとりではなにもできません。だからこそ、スタッフたちへの感謝の気持ちを忘れないことは一番大切ですね。

全研本社で学べることを教えてください!

挑戦したい気持ちを最優先してくれる

福田:全研本社で働いていて、「こういうところがこの会社のいいところだな」と実感したことはありましたか?

田中さん:全研本社のスローガンである「なんでもできる。なんにでもなれる。」は、本当にそのとおりだと感じています。
私はいまリスティング広告を勉強中なんですが、この領域に対する知識はほぼゼロの状態でした。そんな状況でも「こんなことに挑戦したい!」と声を出せば、経歴なんて関係なく「やってみなよ!」とよい意味で軽く背中を押してくれる環境が整っているんです。

やりたいことがあるならチャレンジ大歓迎!という雰囲気が、とてもいいなと思います。

これからどんなWebディレクターと一緒に仕事がしたい?

1日1日、着実に成長していける人

福田:チャレンジを応援してもらえるとうれしくなりますよね。最後に、田中さんはこれからどんなWebディレクターと一緒に仕事をしてみたいか、聞かせてください。

田中さん:一度決めたらやりきる人がいいですね。失敗しても立ち上がって、その失敗を活かしながら、昨日より今日、今日より明日…と成長していける人と一緒に働きたいです。

あと、たとえば「Aがダメ」となったら、「じゃあBは?Cは?Dなんてどう?」といった具合に、臨機応変に、柔軟に対応できる人もWebディレクターに向いているタイプの人だと思います。常にポジティブで、学習意欲があり、吸収力の高い人と一緒に仕事ができたら楽しそうです!