Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターを目指すなら“自分の売り”を知っておくのが吉

当サイト管理人の福田が現場で働くWebディレクターに直撃インタビュー!今回インタビューしたのは、ディレクションはもちろんデザイン、プロジェクトマネージメントまでこなす敏腕Webディレクターの酒井さん。Webディレクターにとって大切なこととはなにか、聞いてみました。

Webディレクターを目指すなら“自分の売り”を知っておくのが吉_画像1

広告業界出身のWebディレクターである酒井さん。ベテランですが、いまもなお日々勉強の心を大切にしています。

【現場インタビュー】
全研本社はWebディレクターひとりひとりの才能を伸ばしてくれる会社

現在の業務内容を教えてください

ディレクションも、デザインもマネージメントも行う

福田:酒井さんは、現在は主にどのような業務にあたっていますか?

酒井さん:幅広くなんでもやりますよ。Webサイトの制作ディレクションは、受託案件・社内案件のどちらも対応しています。
一応Webディレクターを名乗っていますが、デザイナーのようにWebサイトのデザインを考えることもありますし、プロジェクトマネージャーのようにプロジェクト全体の監督役を担っていることもあります。

Webディレクターはたくさんのスキルが必要となる職種ですから、僕のように職種の垣根を超えてなんでもする人も多いのではないでしょうか。

前職ではどんなお仕事をしていましたか?

Webサイトディレクションも、紙媒体も

福田:なるほど。ちなみに前職でもそんな感じで、いろいろな業務を担当されていたんですか?

酒井さん:ええ、そう言ってもいいかと思います。前職ではクライアント案件のWebサイトディレクションを中心に、紙媒体も含むプロモーション施策を検討していました。
広告業界にいたので、ディレクション業務以外にも広告のアートディレクションや、企画提案なども業務の対応範囲でしたね。

Webディレクターとして成長するために勉強していることは?

日々、最新情報から目を話さないように心がける

福田:酒井さんはもうベテランといってもいいWebディレクターだと思いますが、それでもまだ成長するための勉強は続けているんですか?

酒井さん:いえいえ、ベテランなんて恐縮です。もちろん勉強は続けていますよ。
自分の知識を増やすためには、セミナー参加や、同業他社のWebディレクターやエンジニアなどとの情報交換を日々行うようにしています。興味がある書籍や、Webサイトのデザイン集サイト、デジタル施策情報もしっかりチェックしますよ。

また、業務を進行する中ではいつどんなトラブルに見舞われるか分かりません。常にリスクヘッジを意識しておくことも重要となります。

酒井さんが考える“Webディレクターにとって大切なこと”って?

第一にコミュニケーション能力。でもそれだけではいけない

福田:日々の業務にあたりながら自分磨きとは…さすがですね。酒井さんが思う、Webディレクターにもっとも必要なスキルってなんでしょう?

酒井さん:どういうタイプのWebディレクターになりたいかによって違ってくるでしょうね。共通しているのはコミュニケーション能力ではないでしょうか。
あとはQCD(品質・コスト・納期)のバランスを上手く取ることと、それを管理できる責任感も必要です。先ほども申し上げたとおりWeb業界には最新情報が溢れていますから、そういった情報にアンテナを張ることも忘れてはいけませんね。また、Webディレクターとして培ってきたノウハウをしっかり活用し、クライアントに最適な提案をできる情報整理能力も必要となるでしょう。

こういった能力の中から、なにかひとつでも「これなら誰にも負けない!」という自分の売りがあるといいのではないでしょうか。

全研本社で学べることを教えてください!

社員ひとりひとりの声が活かされる会社

福田:Webディレクターってつくづく奥深い仕事ですね。福田さんは全研本社ってどんな会社だと感じていますか?

酒井さん:個人の声が通りやすい会社ですね。ルーティンワークを行っている中でも、気になることや改善したいことがあれば、提案しやすい環境が整っていると感じます。
スタッフが行った提案を頭ごなしに否定したり、握りつぶしたりするような上長も少ないですし、Webディレクターとしてのびのびと成長しやすい会社だと言ってよいと思っています。

これからどんなWebディレクターと一緒に仕事がしたい?

やる気があって前向き、そしてノリのよい人

福田:最後に、酒井さんが思う「こんなWebディレクターと仕事をしたいな」という人物像を教えていただけますか?

酒井さん:まず、やる気があって前向きな人はよいWebディレクターになれると思います。あと体力と忍耐力も必要になりますね。そんな中で僕が一緒に仕事をしてみたいのは、専門性がある人です。
あと、僕は広告業界出身なので、おもしろかったり新しかったりする提案や表現に賛同して一緒に進めてくれる人や、ノリのよい人と仕事ができれば、楽しいだろうなと感じます。