Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターの役割とは?

当サイト管理人の福田が現場で働くWebディレクターに直撃インタビュー!今回答えてくれたのは、Webディレクター未経験で入社して4年目となる久光さん。アシスタントディレクターを経て、今は主にクライアントの窓口や企画に携わるフロントディレクターとして活躍しています。

そんな現役ディレクターの久光さんが考えるWebディレクターの役割とは?事例を交えながら説明してもらいました。

Webディレクターの役割とは_画像1

未経験のアルバイトからWebディレクターになった久光さん。チームをまとめるリーダーも務めています。

【現場インタビュー】
顧客の成果を徹底的に考える、それが役割

福田:久光さんが考える、Webディレクターの役割とはどんなものでしょうか?

久光さん:担っている仕事内容や役割をひとつひとつ答えるとキリがないですし、会社や案件によっても違うと思います。なので、もっと大きな「使命」的なことでいうと…。

福田:はい、仕事内容は別のページを見てもらえたら嬉しいです。

久光さん:やはり「クライアントに成果を届けること」を考えて責任をもってプロジェクトを完遂することだと思います。

福田:クライアントの成果って、久光さんは具体的にはどのように捉えていますか?

久光さん:基本的には集客数や商品の購入数ですが、これは案件によって変わりますね。

まずは、クライアントの課題をしっかり分析することから始めます。クライアントのお話もお伺いしながら、クライアントの業界での立ち位置や競合他社の状況も調べた上で、課題を導きます。集客よりも先にサービスの認知が必要な場合もありますし、単純に集客を増やすのではなく新しい顧客層へのアプローチが必要な場合もあります。

Webディレクターが顧客に与えるべき成果とは?

失敗して分かった。
数字だけじゃない、“実感”をお客様に届けることが最大の成果

Webディレクターの役割とは_画像2

久光さん:本当にお客様や市場によって課題は千差万別なので、そのときによって目標となる数字も変わってきます。

ただ、僕がいろいろ経験して失敗しながら学んだのは「数字だけじゃなくて“実感”を届けなければ意味がない」ということでした。

新人で入社して、ある程度一人でできるようになったときに制作した案件で、僕にとって思い出深い案件があります。

市場のことも一生懸命調べて、ユーザーが読みたいと感じているコンテンツを分析して、そこにクライアントのサービスの強みをしっかり打ち出すことができて。僕としては、これでクライアントにしっかり集客できる!と自信を持って作りました

目玉企画のサービス体験レポートは僕自身も体を張ってレポートしてみたり、サービスを受けている様子がリアルに伝わるようにデザインや写真にもこだわったり。

福田:僕も、久光さんがそのサイトをつくっているところを見ていました。情報を求めているユーザーに対して、体験レポートを通してクライアントのサービスの強みを伝えているサイトでしたね。何より、久光さんがすごい熱量で体験レポートを書いていたのが印象的です(笑)。

久光さん:クライアントのサービスの良さをユーザーに届けるには、ユーザーの目線に立たないといけないと思って自分で体験してみました。泥臭いんですけど、やっぱりユーザーの目線に立つために自分の手足を使って、というのは今でも大事にしています

その案件の企画もクライアントにとても気に入ってもらえたし、狙っていた検索キーワードで上位表示もされるようになりました。集客数といった数字の部分でも、手ごたえがあった案件でした。

福田:久光さんの成功体験となった案件ですよね?

久光さん:それが、残念ながらしばらくして契約の打ち切りになってしまいました

福田:え?数字も順調なのに?

久光さん:はい。僕にとっては成功と失敗、両方の学びを得た案件でした。

数字の上では順調だったんですが、結局クライアントに「成果が出ている」という“実感”を与えることができなかったのが、敗因だと僕は思っています。実際に集客につながっているという実感だったり、期待していた成果を得られているという実感だったり。

数値では見えない満足感をクライアントに届けることができなかったんです。

第二の成功サイトでつかんだ“クライアントの実感“

Webディレクターの役割とは_画像3

福田: 久光さんが、クライアントに“実感”を届けることができたのは、どんなお仕事だったんですか。

久光さん: 1年後くらいに、高所得者向けの商材を販売するためのメディアをつくりました。僕が担当したのは、注文住宅や建築分野の広告企画でした。

その企画が早い段階から成果が出て、クライアントから喜びの声を頂いたときに「やっと成果を実感してもらえた」と思いました。
特にうれしかったのは、僕のつくった企画ページから実際の集客につながっただけでなく、「契約単価が上がった」「優良顧客が増えた」という声を頂いたことです。

福田:すごい!ディレクター冥利に尽きますね。僕もお客様から感謝の声を頂くのがとても嬉しいです。ディレクターやってて良かったなと感じる瞬間ですよね。

最初の案件と今回の案件、何が違ったと思いますか?

クライアントの温度感を変えた“手ごたえ”とユーザー分析の深堀り

久光さん:もちろん、前回の案件とは課題も状況も違うので細かい要因は比べるのが難しいですが、僕の中で大きく違ったのは、後者の案件の方が制作中から手ごたえを感じる瞬間が何回かあったということです。

前者のサイトを制作したとき、僕自身がターゲットユーザーに近い存在でした。20~30代一般男性向けのサービスだったんです。いま思い返してみれば、自分に近いということでユーザーに対する分析がまだまだ足りなかったんだと思います。

ところが、今回は高所得者で、しかもサービスは注文住宅。当時の僕にとっては完全に未知の世界でした。自分で市場調査をしながら、クライアントから業界のことや依頼主が注文住宅に込める思いなどをたくさん教えてもらいました。

クライアントへの取材とユーザー分析から、ターゲットユーザーが求めているのはただ単に「住む」ことだけでない「付加価値」。とくにクライアントがその人の“人生観”を提案力と技術で実現するという信念をもっていらしたので。この信念に共感してくれるユーザーとクライアントをどうにかしてマッチングさせたい!と思ったのがきっかけでした。

福田:実際には、どのように企画を立てたのですか?

久光さん:クライアントの信念の部分を特集でしっかりと伝えること。そして、クライアントの信念に共感してくれそうなユーザーが求めている付加価値部分を徹底的に掘り下げて、それに対応する記事や写真をたくさん掲載しました。

誰がそんなの調べるの?というくらい詳しい検索キーワードを探して。PCやスマホの前の誰か一人でもいいからクライアントの信念に共感してくれて門をたたいてくれたらいいな、と思いながら、その人のために一つひとつ記事や写真を選びました。

手ごたえを感じたのは、その企画をプレゼンしたときにクライアントの温度感が高まった瞬間です。「その企画、いいね」という声を頂いて、僕の中でも「これは成功する!」と感じられた瞬間でした。

福田:僕たちWebディレクターは、サイトのクオリティや成果はもちろんですが、クライアントへの対応でもロイヤリティーを感じてもらう必要がある。企画に賛同してもらえる、「この人に任せてもらって良かった」と思ってもらえる、など。久光さんはクライアントの温度感で、ロイヤリティーを与えられたことを体感できたんですね。

久光さん:もう一つ、プロジェクトメンバーとの関係性でも手ごたえを感じられた案件です。企画段階から、プロジェクトメンバーと「同じものを見れている」という手ごたえがありました。デザインとかライティングで、僕が「こうしたい」というのがしっかり伝わるんです。

福田:どんなターゲットユーザーに何を伝えるかが明確だったからですよね。付加価値を求めているユーザーにクライアントの信念を伝えたい、という。

久光さん:はい、そうなんです!

webディレクターとして成長できたきっかけは?

目の前のお客様のために全力で成功パターンを考えている、そんな上司や先輩の背中を追いかけてきました

Webディレクターの役割とは_画像4

福田:久光さん、僕とほぼ同期ですよね。正直、ちょっと嫉妬しちゃいます(笑)。

最初は未経験で入社されたと思うんですが、今のように顧客へ成果を届けられるディレクターになれたのは、なぜだと思いますか?

久光さん:はい、福田さんとほぼ同じ時期に入社しました。僕は新卒ではなくアルバイトスタートでしたね。実は就活もしてなくて、当時面接官だった今の上司に説教されました(笑)。

入社した当時は、知識も何もなく、PCで文字を打つのもめっちゃ遅くて。タイピングソフトでめちゃめちゃ練習しました。そんな感じだったんで、いまWebディレクターを名乗ってるのが奇跡みたい(笑)。

福田:脳筋系キャラでしたよね?(笑)。

久光さん:自分が大きく成長できたのは、いろんな上司や先輩に出会えたからだと思います。面接で説教してくださった方も、いまも僕の上司なんですけど、ふらふらしてた僕の人生を心配して叱ってくれるくらい熱い方で。お客様に対してもそうなんです。目の前のお客様のために全力で成功パターンを考えているんです。

お客様とバチバチに喧嘩してくることもあるそうなんですけど、商談が終わるころにはアップセルが決まっているという(笑)。全力でぶつかるからお客様の信頼も厚い。僕も、こんなディレクターになりたいって思ってずっと背中を追いかけてきました。

他にも、ライティングに優れている先輩や、デザインに優れている先輩など、たくさんの先輩や上司に出会えたのが成長の要因ですね。やっぱり、目指す人が周りにいるかどうかが成長のカギなんじゃないかなと思います。

なので、成長したいという人は、社内でも社外でも何でも良いから「この人すごい!」と思う人をまずは見つけてみてください。

webディレクターとして大事なことは?

いろんなものを知ることに喜びを感じて、伝えられる人が活躍している

Webディレクターの役割とは_画像5

福田:どんな人がWebディレクターとして活躍できると思いますか?

久光さん:いろいろだと思いますが(笑)。僕もまだまだですし。でも僕の周りのディレクターの例でいうと、「究極、ただの好奇心」というのがしっくりきます。

福田:ただの好奇心?

久光さん:はい、ただの(笑)。

もちろん、大事な役割を背負っているので責任感やリーダーシップも大事なんですが、その責任感の根源はなんだろう?と探っていくと好奇心につながるなぁと思います。

僕、ユーザーのことを調べたり、クライアントのお話を伺いながら「なんでなんだろう?」「これって本当かな?」という好奇心が湧いてくるんです。もちろん、疑ってるわけじゃなく。

「なんでクライアント商品の愛用者はその商品を選んだんだろう?」とか「効果があるって本当なのかな?」とか気になって、もっと調べたくなったり自分で試したくなるんです。

そうすることでもっとクライアントの商品やサービスを好きになって「これは絶対にユーザーに教えてあげなきゃ」と思ったり、「この知識を多くの人に届けなきゃ」って思ったり。「僕が気になるところは、きっと一般のユーザーも気になるだろうからしっかり調べて伝えてあげよう」とか。

僕の周りのWebディレクターはそういう人が多いですね。

好奇心を持って、いろんなものを知ることに喜びを感じる人。そしてそれを誰かに伝えることでクライアントの役に立ちたいと思える人は、Webディレクターとして活躍できると思います。

interviewee

久光信一

久光 信一(25)/webディレクター

全研本社株式会社
eマーケティング事業本部
バリューイノベーション事業部
2015年4月入社

全研本社はWebディレクターだけではなく多くの職種の制作スタッフが働いています。
プロジェクトやチームで仕事をすることが多く、チームワークやリーダーシップが必須なWebディレクターを大きく成長させてくれます!