Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

市場調査

Web制作において、必須の作業といえる市場調査。なぜWeb制作に市場調査が必要なのか、Webディレクターとしてどのような仕事をすべきなのか、知っておくべき情報をまとめました。

Webディレクターが行う市場調査とは?

市場調査とは、企業が商品やサービスを提供するために必要な顧客情報をリサーチすること。つまり、クライアントの業界について調査を行うことです。

Webサイト制作ではじめに行われるのはクライアントからの要望を聞く「ヒアリング」ですが、このヒアリングの準備として市場調査は欠かせません。クライアントの要望だけでなく潜在的なニーズを聞き出すには、市場調査によってクライアントの業界を深く知っておくことが必須です。

ヒアリングはWebディレクターの重要な仕事のひとつ。その事前準備ともいえる市場調査も、Webディレクターがしっかりとやっておくべき仕事のひとつ。他の人に任せきりで、ディレクターが何も知らない…なんてことがないようにしましょう。

市場調査の流れ

Web制作をスタートさせる前の準備として、市場調査は必要不可欠。では、具体的にはどのように進めていくのでしょうか?以下にまとめてみました。

市場調査の目的を明確化する

まず、「何のために市場調査を行うのか」という目的を明確にすることが大事。調査の目的をハッキリさせることで、どんな手法でどのように調査をすべきかが分かり、効率よく市場調査を進めることができます。

市場調査の計画を立てる

目的が決まったら、次は調査計画の立案です。ここでは、どのような方法で調査を行うかを決めていきます。市場調査の方法はネット調査・郵送調査・グループインタビューなど多種多様ですが、調査の目的と計画に沿って最適なものを選んでいきます。方法だけでなく、いつまでに市場調査を完了させるかといった期限を設定することも大切です。

情報収集

計画が固まったら、いよいよ情報収集に移ります。市場調査において最も時間のかかる部分ですが、この情報収集こそが市場調査の質を左右するものです。できる限りの時間をかけて、必要な情報を集めるようにしましょう。場合によっては、外部の専門業者に委託することもあります。

情報の分析・レポート作成

十分に情報収集ができたら精査と分析を行い、その結果に基づいてレポートを作成します。このレポートはただ調査結果をまとめるのではなく、その後のヒアリングにどう活かすかを考えて作成することが重要です。

市場調査のポイント・注意点

市場調査において、Webディレクターが注意すべきポイントをまとめてみました。

目的を忘れない

市場調査で念頭に置きたいのが、調査の目的を忘れないということ。目的が曖昧になると作業効率が悪くなったり、単に調査結果をまとめることだけが目的となってしまうこともあります。

費用対効果を考える

市場調査はWeb制作において必要不可欠なものですが、お金をいくら使ってもいいというものではありません。かけられる費用に対してどの方法が最も効果を挙げられるかを考慮し、合理的に作業を進めていくスキルも重要です。

内部のみの調査にこだわらない

市場調査の精度は、正確性・公平性が保たれてこそ高まるもの。内部スタッフのみで調査を進めようとすると、どうしてもこの部分をキープできないことがあります。品質を上げるためには、すべてを内部でまかなおうとせず、市場調査を専門とするプロの手を借りることも大切です。

市場調査はプロジェクト成功への第一歩

プロジェクトを進める前段階としての市場調査に、Webディレクターが関わることは非常に重要です !なぜなら、今後クライアントと直接話をして企画を進めるのはWebディレクター。中心人物であるWebディレクターがクライアントの業界のことを知らないのでは、WEBサイトを作ることはできません。

Webディレクターはさまざまな仕事を同時進行することが多いため、なかなか市場調査のみに時間を割くことはできないかもしれませんが、クライアントとの信用を得るためにも必ず調査に携わり、自分の意見を持つようにしましょう。

全研本社の考える「市場調査」とは?

全研本社が作るサイトは主にメディアと呼ばれるもの。世の中の情報をユーザーに正しく伝え、価値を提供することがサイト制作の大きな目的です。そのためにも、市場を知るということはとても重要と考えています。

WEBサイトにて、商品やサービスを魅力的に見せるためには、クライアントの情報はもちろん大切。ですが、クライアントの情報だけではWEBサイトは作れません。例えば、その商品がブルーオーシャン市場なのかレッドオーシャン市場なのか、競合他社と比べてどの程度の認知度なのかなど、市場規模での知識が必要です。

全研本社では専門チームによる市場調査を行ったあと、業界に精通するべく各担当者がさらに知識を深掘りします。WEBや書籍での情報収集に加え、現地調査や体験をしてまだ日の目を見ない価値も余すところなく取得する方法を取り入れています。

webディレクターラボTOP