Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webデザイン(ディレクション)

ライバルサイトとの差別化を図り、ユーザーを引きつける要素の1つとなるWebデザイン。この工程のディレクションを担当するWebディレクターの仕事内容や、押さえておきたいポイントをまとめています。

デザインディレクションとは?

デザインディレクションとは、デザイン全般の工程においてリーダーシップをとること。制作するWebサイトデザインの方向性を決定し、それを形にするための作業内容をデザイナーやエンジニアに指示、その作業の監督・管理を行うのがデザインディレクションです。Webディレクターはクライアントとデザイナーとの橋渡し役をしながら、理想のデザインを実現するべくディレクションを行います。

Webデザインディレクションの流れ

では、実際のデザインディレクションはどのような流れで行われるのでしょうか。Webディレクターとして知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

サイトのコンセプト・ペルソナ・目的を共有

制作するWebサイトのコンセプト、どのようなユーザー向けに制作するのかを表したペルソナ、最終的な目的をデザイナーと共有します。この軸となる部分が明確でないと、「どんな人にどんなサービスを提供し、どのような行動をして欲しいのか」が不明瞭になり、適切なデザインが見えにくくなります。

要素の優先順位や方向性を決める

Webサイトを構成するメインビジュアル・バナーなどの要素と、その優先順位を決めます。優先順位が決まらないと、パーツの配置に迷いが出るなどで、なかなかデザインの方向性が見えてきません。最初に優先順位をしっかりと決定し、デザイナーに伝えるようにしましょう。

トーン&マナー・配色・カラー等細かい部分を決定

Webサイトの構成要素と優先順位が決まったら、トーン&マナー・配色・カラーなどの詳細についても決定していきます。これらを定義するときは、サイトを訪れたユーザーに感じて欲しいイメージをできる限り言語化すると◎。言語化が難しい場合は、参考サイトでイメージを共有できるようにすると認識のズレを防ぐことができます。

デザイナーにデザインを依頼

制作サイトの目的・デザインの詳細が決まったら、デザイナーに依頼をします。ここで大切なのは、口頭だけでなく必ずドキュメントを共有すること。口だけで伝えると認識のズレが起こったり、「言った、言わない」のトラブルが起こりやすくなります。依頼内容を確認できる資料を、必ず残しておくようにしましょう。

あがってきたデザインの確認・修正

デザイナーからあがってきたデザインをチェックし、指示通りにできているかを確認。必要があれば修正依頼を出します。

Webデザインディレクションのポイントと注意点

Webデザインディレクションにおいて、Webディレクターが注意したいポイントを紹介します。

スケジュールはバッファをとる

バッファとは、スケジュールに余裕を持たせること。バッファをまったく持たせずにスケジュールを組むとトラブルが起こった際にうまく対応できず、納期が遅れる結果となってしまいます。スケジュール通りにプロジェクトを進行するためにも、バッファは必ずとりましょう。

デザイナーに曖昧な指示を出さない

Webデザイナーが最も困るのは、Webディレクターの指示が明確でないこと。サイト制作の目的に沿って、「どこを一番目立たせたいのか」「このサイトでユーザーに何を伝えたいのか」をきちんと言語化し、細かく指示するようにしましょう。

デザインイメージはできるだけ具体例を出す

デザインのイメージを伝えるときは、口頭だけでなく参考サイトを利用して認識を擦り合わせると良いでしょう。ただし、「このサイトのイメージで」といった丸投げはNG。「このサイトのこの部分を参考にしたい」「この背景色は避けて欲しい」など、具体的な指示を出すようにしましょう。

デザイナーに修正指示を出す際は明確に指示を行う

修正を依頼する場合は作業内容だけでなく、「なぜ修正をするのか」という理由についてもきちんと伝えるようにしましょう。「何となくイメージと違う」といった理由で修正を出されてもデザイナーは困ってしまいますし、モチベーションも下がってしまいます。色の修正であれば「もっと明るく」といった抽象的な指示ではなく、イメージを共有できる資料を提出するなどの工夫をしましょう。

特に初稿のチェックは念入りに!

デザイナーからあがってきた初稿は念入りにチェックし、第一印象で「あれ?」と思った部分を書き留めておきます。そして、なぜ違和感を覚えたのかを追求し、修正ポイントを見出すようにしましょう。ここで修正指示を的確にできれば、その後の作業がスムーズになります。

また、初稿をチェックするポイントを事前に決めておくと便利。以下に必ず確認したいポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

デザインテイストは依頼通りになっているか

依頼したデザインのテイスト、つまり雰囲気が企画どおりに完成しているかをチェック。異なっている場合は参考サイトなどを再度提示し、より具体的な修正指示を出すようにします。

誤字脱字やケアレスミスがないか

テキストや見出しの誤字・脱字はないか、文字サイズは間違っていないかをチェック。特に、誤字・脱字はサイト自体の信頼性ダウンにつながるので要注意です。

コンテンツのヌケモレがないか

デザインに入れる予定の要素に抜け漏れがないかをチェック。ページ数やコンテンツ数が多いサイトにありがちなミスなので、しっかりと確認しましょう。サイトが公開されてからミスに気づく…というケースも少なくありません。

良いデザインを作るコツは「コミュニケーション」

Webサイトの目的を実現できる良質なデザインがあがってくるかどうかは、Webディレクターとデザイナーとのコミュニケーションにかかっています。何でも言い合える信頼関係を日頃から築いておけば、デザインに関するディカッションで積極的な意見交換ができ、イメージのすれ違いや細かい修正が何度も続くといったトラブルも少なくなります。ただし、慣れてくると「言わなくても分かってくれるだろう」という甘えが出やすいので、そこは要注意です!

全研本社の考える「Webデザインディレクション」とは?

UI・UXを考慮し、マーケティング戦略を考えている全研本社ならではのデザインディレクションを行っています。独自のノウハウを蓄積しつつデザインに反映させることで、時代に合った視認性や判読性を高めています。

目まぐるしく変わるWebの考え方をいち早くキャッチし、サイトに活かせるよう先見の明でWebサイトをけん引しています。

webデザイナーについて詳しく見る