Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webマーケッターになるには?独学でスキルを磨く方法とおすすめスクール

WebマーケッターはWebサイトの質向上を常に考える

Webマーケッターがやることは、簡単に言うと「WebサイトやWebサービスの質を高め、集客を促し、商品やサービスを購入してもらう(コンバージョンを達成する)」ことです。

Webサイトのコンテンツを充実させたり、SEOにより検索数をアップさせたり。広告やメルマガを使って集客する方法もあります。競合他社との比較や、世間の動向などを常にチェックしながら立ち回る必要があるため、フットワークの軽さも求められます。

提供する商品やサービスの特徴に合わせて、より最適な手法を選択するその分析力や判断力が重要となってくる仕事です。

Webマーケッターの仕事内容

マーケティングというとなんだか漠然としていて、具体的になにをする仕事なのか分からないという方も多いかもしれません。続いてはWebマーケッターの仕事内容を紐解きながら、それぞれの段階でどのようなことをするか解説していきます。

課題分析・情報収集

まずは、現状のWebサイトへのアクセス状況や検索ワードなどを分析し、どのような課題があるかを洗い出す作業です。
アクセス数は満足のいく数値をクリアしているか、離脱率は高くないかといったことを、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使って分析します。

現代はインターネット上にさまざまな情報があふれています。SNSを使って情報発信をする企業も、たくさん存在しているのです。

合わせて、売りたいと考えている商品・サービスが、世間からどれくらいの需要があるかも調査します。現在どんなWebサイトが流行っているか、見やすいと考えられているかも調べておくと、Webサイト改善に着手する際に大きなヒントとなるでしょう。

コンテンツ企画・Webサイト設計

世間のニーズが分かったら、どんなコンテンツが求められているか、どんなWebサイトなら見てもらえるかを考えます。

いま検索されやすいキーワードはなにか、そのキーワードを使うためにはどんなコンテンツが必要かと企画したり、ユーザーに使いやすいWebサイトにするためのリニューアル検討をしたりする段階です。

Webディレクターをはじめとした、Webサイト制作に関わるメンバーとの打ち合わせも増えてきます。コミュニケーション能力も必要となることを覚えておきましょう。

SEO対策

Webサイトのコンテンツを充実させるにあたって、ただ闇雲にコンテンツ数を増やすだけではよい成果を得られないかもしれません。
そのときに重要なのが、「SEO対策がしっかりなされたコンテンツを掲載する」ことです。

具体的には、

  • コンテンツ内にニーズの高いキーワードを効率的に配置する
  • ページタイトルを魅力的なものにする
  • 見出しタグを正しく使用する
などの対策方法があります。

前述した情報収集の段階で、ニーズの高いキーワードや、魅力的なページタイトルを作るためのポイントは把握できているはず。それをコンテンツ制作スタッフにも共有し、より質の高いコンテンツを生み出すことを目指しましょう。

Webマーケッターに独学でなるには

Webマーケッターは、独学でも目指すことができる職種です。それでは、Webマーケッターを仕事にするために必要なスキルとはどのようなものでしょうか?
スキルの紹介と、それを磨くために必要な環境、勉強方法をまとめました。

Webマーケッターに必要なスキル

情報収集力・解析力

Web業界には常に最新情報が飛び交っています。たくさんの情報を収集し、いま現在、世間はどのようなものを求めているかを分析する能力はWebマーケッターに必ず必要なスキルです。

「以前に集めた情報をもとにコンテンツを企画しよう」といった考え方では、流行に乗り遅れたコンテンツ提案しかできないかもしれません。

また、Webサイトへの訪問数やPV数は、常に一定ではありません。変動を見極め、どのコンテンツが人気か、訪問者が求めている情報はなにかを正しく解析することも重要です。

企画力

質の高い情報を収集し、ニーズを分析しても、その情報を上手く発信できなければもったいない話です。高級食材を仕入れても、料理初心者が自由に料理をしてしまえば、せっかくの食材が台無しになってしまうようなもの。

競合他社のWebサイトにおける人気コンテンツを参考にしたり、SNSなどで流行をタイムリーにチェックしたりしながら、ユーザーに喜ばれるコンテンツ企画を目指しましょう。

コミュニケーション能力

集めた情報や解析したデータ、コンテンツの企画は、クライアントはもちろんWebサイト制作に関わる社内スタッフと共有すべき情報です。特にWebサイト制作には、Webディレクターにデザイナー、ライターなど、さまざまな職種の人々が関わります。

Webサイト制作は、各部門の専門家と力を合わせながらひとつの大きな作品を完成させるようなものです。
Webマーケッターとして集めた材料を、最適に活用してもらうためにも、積極的にコミュニケーションを取りながら業務を進めていくことが大切です。

独学でのWebマーケッターの勉強方法

ブログを書く

Webマーケッターとしてのスキルを磨くためにもっとも有効なのが、ブログを運営することです。その理由は、自分で情報を集め、記事を書き、リアルかつタイムリーなユーザーの反応を見ることができるため。
情報収集力に企画力、SEO対策まで学べるとても有益なツールですよ。

セミナーで学ぶ

Webマーケティングを学べるセミナーは、全国各地で盛んに開催されています。

  • こくちーずプロ
  • ストアカ
  • TECH PLAY
など、セミナー情報を集めたサイトもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

書籍・参考書で学ぶ

Webマーケティングのノウハウを集めた書籍・参考書も数多く出版されています。
初めてマーケティングを学ぶという初心者が、「Webマーケティングとはなにか?」を学ぶ際に役立てることができるでしょう。

Webマーケッターに独学でなるための環境

Wi-Fi環境

インターネット環境でもよいのですが、可能であれば持ち運びできるモバイルWi-Fiのルーターがあると便利です。
Webマーケッターに必要なものは、最新の情報です。いつでもどこでも、気になることがあればすぐに調べられる環境は非常に重宝します。

スマートフォンで調べてももちろんよいですが、メモを保存したり、複数ブラウザでさらに情報を深掘りしたりするのにはPCのほうが便利です。

情報収集の時間の確保

Webマーケッターが質の高い仕事をするためには、最新情報が必須になることは何度も解説してきました。しかし、情報を得るためには、その情報について調べる時間が必ず必要です。

1日に数分でもよいので、ネットニュースやSNSなどから世間の情報をチェックする時間を確保しましょう。
気になったことはメモをし、新しい企画に活かせないかじっくり練ることで、誰もできなかったような斬新な企画を生み出すことができるかもしれませんよ。

おすすめ独学ツール

ブログアカウント

Webマーケッターとしてのスキルを磨くためには、自分のブログを運営するのがよいという話は前述したとおりです。無料のブログサービスでもかまわないので、アカウントを作ってみましょう。

有料でもよいなら、WordPressでブログを作るのもおすすめです。企業のWebサイトやブログでも、CMSにWordPressを利用しているところはたくさんあります。WordPressの使い方を覚えながら、ブログを運営することでコンテンツの企画力を伸ばすこともでき、まさに一石二鳥です。

Google Analytics

無料で利用でき、おそらくアクセス解析ツールとしてもっともメジャーなものです。自分のブログに埋め込むことで、ブログへの訪問数やPV数などを数値でチェックすることが可能になります。

どの記事がユーザーによく見られたか、その理由はなにかを分析することで、Webマーケッターに重要な分析力を磨くことが可能です。

Webマーケッターになる、おすすめスクール

Webマーケッターを目指すために独学で勉強をすることは可能ですが、自分で知識を深める自信がないという場合はスクールを利用するのも手段のひとつです。

通学が不要のスクールを選べば、仕事をしながら都合のいい時間に勉強をすることができ、効率的に時間を使えます。また、スクールで学んだという実績は、採用の場面でもアピールできるポイントとなるでしょう。

おすすめスクール

TechAcademy(テックアカデミー)

学費例:Webマーケティングコース(4週間プラン) 119,000円(税抜)

テックアカデミーのメリットは、自宅で勉強しながら、疑問点があればメンターに聞ける環境が整っていること。毎日19~23時にチャットでサポートが受けられるので、仕事終わりの勉強中でも、疑問点をすぐに解消できます。
週に2回はパーソナルメンターとビデオチャットで会話ができ、勉強のサポートが受けられるのもうれしいところです。

テックアカデミーのwebサイトで詳細を確認する テックアカデミーのwebサイトで詳細を確認する

Webマーケッターに未経験で入社する方法

Webマーケッターとして就職する際には、いくつかの業界を選ぶことができます。Webサイト制作を手がける制作会社のほか、広告代理店や、Webマーケティング支援を行う会社も選択肢に入ります。

いずれにせよ、採用の場面ではいかにWebマーケッターとしてのスキルが備わっているかを見られます。未経験OKという求人を見て、マーケティング知識がほぼないまま面接に向かっても採用の可能性は限りなく低くなってしまうことでしょう。

マーケティング業務は未経験だったとしても、自分でブログを運営したり、スクールに通ったりすることでスキルを磨くことはできるはずです。
どんな準備ができるかを考え、採用に臨むようにしてくださいね。

経験者はもちろん未経験でも入社できる全研本社のWebマーケッターの採用情報

Webマーケッターになるには、世間を飛び交う最新情報を常にチェックすることから始めましょう!ブログ運営をしながらどんどん力をつけることができますよ。

「webディレクターになるには」の運営会社である全研本社でも、Webマーケッターを募集しております。採用についての詳しい情報も載せておりますので、挑戦したい!という方はぜひご応募ください。

Webマーケッター募集中!全研本社の求人情報を見る