Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webデザイナーになるには?仕事内容や独学でスキルを磨く方法を解説

WebデザイナーはWebサイトの見た目を決める役割を担う

インターネットの世界には、実に多くのWebサイトがあふれています。そのWebサイトがどんな情報を発信しているか、なんの企業のWebサイトなのかによって、そのデザインは大きく異なることでしょう。

Webデザイナーの仕事はその名のとおり、Webサイトのデザインをすることです。Webサイト全体のレイアウトに関する決定権を持つのはもちろん、アイコンやイラストなど、Webサイトを構築するパーツのデザインも考えます。

お客さまの要望を聞き、そのイメージからデザインを考え、ユーザーにとっても使いやすいように構成を考えるためには豊富な知識と経験が必要となってくるのです。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイト制作はいくつもの段階を踏んで進めていくことになります。続いては、Webデザイナーが大きく関わることになるフローについて紹介していきながら、その仕事内容を解説していきましょう。

ヒアリング

まずは、クライアントがどんなWebサイトを求めているか情報を集める必要があります。

  • どんなテイストのWebサイトにしたいのか(参考サイトはあるか)
  • 企業のイメージカラーはあるか
  • デザイン案はいくつ提案する必要があるか

など、もちろんWebサイト制作を始めるにあたってはほかにもさまざまな情報が必要ですが、それはWebディレクターに任せましょう。Webデザイナーは、デザインに関して必要な情報をしっかりと集めることに集中します。

ヒアリング後、ワイヤーフレームの作成も任されることがありますが、これは会社によってWebディレクターかWebデザイナーのどちらかが作成することになります。

ワイヤーフレームの段階ではデザインの作り込みは不要です。あくまでも「どこにどんな要素が入るか」を示す図のようなものだと考えましょう。

デザイン企画・提案

情報があつまったら、ざっくりとデザイン案を作成します。Photoshopやillustratorなどの画像制作ソフトのスキルが求められる場面です。

実際、Webデザイナーとして採用される際には、これらのソフトを業務で使った経験の有無が問われることも多くなります。もし実務経験がない場合は、専門学校や大学などで学んだ経験などを面接の場面でアピールすることが重要です。

複数のデザイン案を提案する場合は、クライアントにそれぞれの案の違いがしっかり分かるような、メリハリのあるものを作成します。
そのWebサイトのターゲット層や、掲載するサービスや商品の特徴についてもしっかり考えながら、最適なデザインはどのようなものかをじっくり考えてみましょう。

デザイン制作

デザイン案が決定したら、制作スタートです。決定したデザイン案に合わせて、アイコンやイラスト、ロゴ、トップページにメインビジュアル画像など、必要となるパーツを作成していきます。

パーツがそろったらWebサイトが公開できるように構築していく流れとなりますが、このとき、Webデザイナーにコーディングが任されることも。
そのため、WebデザイナーにはHTMLの知識も必要になることを覚えておきましょう。

完成した各ページはテストサーバーで挙動を確認後、クライアントのチェックバックが入り、問題なければ晴れて本番環境に公開となります。

Webデザイナーに独学でなるには

まず、独学でWebデザイナーを目指すことは可能です。ただし、独学で勉強をするためにはそれ相応の環境を自力で整える必要があります。
Webデザイナーを目指す上で必要なスキルを紹介するとともに、必要な環境についてもまとめました。

Webデザイナーに必要なスキル

HTML・CSS

前述したとおり、Webデザイナーにもコーディングスキルが求められる場面が出てきます。

HTML・CSSは、勉強を始めた当初はかなり難易度が高く感じてしまうもの。
試しにWebサイトのソースを見てみてください。たくさんの英数字や記号がずらずらと並ぶ画面を見て、心が折れてしまう方も多いかもしれません。

しかし、Webサイトそのものの仕組みを理解するためにも、これらの知識は必要です。

Photoshop・Illustrator

Webデザインをする上では、画像編集ソフトが必要になります。
PhotoshopはWebサイトの全体のデザインを作ったり、写真を加工したりするものです。対するIllustratorは、アイコンやイラストなど、Webサイト内に配置するパーツを作成するものと認識しておけばよいでしょう。

なお、これらの画像編集ソフトは、高機能であるがゆえに初心者が使いこなすのは至難の業です。まずは簡単な画像加工をしてみる、シンプルなアイコンを作ってみるなど、基礎から機能を覚えていくことを目指してみましょう。

デザイン力

Webデザイナーを目指すなら、デザイン力は必ず必要になります。見やすいデザインには理由があります。また、さまざまな企業のWebサイト制作をするには、それぞれに最適なデザインを作るための引き出しの多さが求められるのです。

色について学ぶことも大切。自分の好きな色を好きなだけ合わせたようなデザインは、きっと独りよがりで、煩雑なものとなってしまうはずです。
1ページの中に含める最適な色数や、合う色の組み合わせは覚えておいて損はないでしょう。

独学でのWebデザイナーの勉強方法

動画で学ぶ

HTMLやCSSを学ぶなら「ドットインストール」というレッスン動画がおすすめ。1回3分という手軽さで、基礎からプログラミングについて学ぶことが可能です。
HTMLは全15回、CSSは全17回で展開されています。

セミナーで学ぶ

Webデザインのセミナーも全国各地で開催されています。お住まいの地域でデザインセミナーが開催されていないか、一度検索してみてはいかがでしょうか。

書籍・参考書で学ぶ

Webデザイナーに役立つさまざまなスキルに関しては、たくさんの書籍が出版されています。デザイン集なども役立つことでしょう。
本屋さんなどで見比べながら、自分にとって理解しやすいと思うものを買ってみてくださいね。

Webデザイナーに独学でなるための環境

必要ソフトをインストールできるPC

Webデザイナーに必要なスキルを学ぶためには、以下の3つのソフトは必要不可欠です。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • テキストエディタ(コーディングの練習をする場合)

Photoshop、Illustratorに関してはそれぞれソフトを購入し、PCにインストールする必要があります。メモリ使用量の多いソフトですので、サクサクと動いてほしい場合にはメモリ容量が16GB以上のPCがあると安心でしょう。
なお、試しに一度使ってみたいという場合は、両方とも無料の体験版があるのでまずはそちらをインストールしてみるのもおすすめです。

テキストエディタは、PCにプリインストールされているメモ帳などでもよいでしょう。

インターネット環境

動画やオンラインセミナーなどでデザインを学ぶ場合には、インターネット環境が必要です。書籍でも勉強は可能ですが、やはり最新のデザインに触れるにはインターネットで情報を検索する機会も必要となるでしょう。

おすすめ独学ツール

個人のWebサイトをデザインする

ある程度の知識が増えてきたと感じたら、実際にデザインを制作してみましょう。実際に手を動かしてみることで、新しく気づくことも出てくるかもしれません。
コーディングもできそうなら、そのまま個人サイトとして運営してみれば、Webサイトそのものの仕組みがより深く理解できそうですね。

クラウドソーシングサイトでデザイン制作案件を探す

クラウドソーシングサイトには、デザイン案件もたくさん掲載されています。中には低単価の案件もありますが、とにかく数をこなしてデザインを学びたいときには絶好の環境でしょう。
クライアントによっては的確なチェックバックをくれることもあるので、スキルアップも図れます。

Webデザイナーになる、おすすめスクール

Webデザイナーを目指すにあたり、独学での勉強は可能ですが、専門スクールに通うことでより計画的に必要なスキルを学べます。

講師による指導では疑問点をすぐに質問することができるほか、独学では限界のある応用力を鍛える力も育むことができるでしょう。また、スクールで学んだという実績があると、就職の場面において、実務経験はなくても採用される可能性が高まることもあります。

おすすめスクール

ヒューマンアカデミー

学費例:Webデザイナースタンダードコース 319,200円(税抜)

ヒューマンアカデミーのメリットは、全国で29校ものスクール展開があることです。Webデザイナーを目指すコースでは、初心者でも基礎から学べるコースのほか、プロフェッショナルを目指すコースも用意。
就職サポートも万全で、ジョブカウンセラーに就職や転職の相談をすることも可能です。

ヒューマンアカデミーのwebサイトで詳細を確認する ヒューマンアカデミーのwebサイトで詳細を確認する

Webデザイナーに未経験で入社する方法

Webデザイナーの就職先は、制作会社や、自社メディアを持つ事業会社となります。

制作会社では、さまざまなクライアントのWebサイト制作に一から取り組むことができるため、幅広いジャンルのWebサイト制作に関わりながら成長していきたい方におすすめです。

対する事業会社では、その会社のWebサイトと密接に関わることになります。専門的な知識を深く掘り下げていきたいと考える方に向いているといえるでしょう。

即戦力のあるWebデザイナーを求めている企業では、求人でも実務経験があることを条件にしていることが多いです。実際、同じ採用の場面で経験者と未経験者が同時に面接を受けたとしたら、経験者のほうが採用される確率は高くなることでしょう。

しかし、未経験でも高いスキルを持っていれば、採用の可能性は充分にあります。
独学で学んだ経験や、スクールで得たスキルを採用担当者に伝えるためにも、ポートフォリオを作成し、必ず持参するようにしましょう。

経験者はもちろん未経験でも入社できる全研本社のWebデザイナーの採用情報

Webデザイナーになるには、とにかく実践あるのみ!とにかく手を動かして、たくさんのデザインを生み出すことで確実に成長できるものです。

「webディレクターになるには」の運営会社である全研本社でも、Webデザイナーを募集しております。採用についての詳しい情報も載せておりますので、挑戦したい!という方はぜひご応募ください。

Webデザイナー募集中!全研本社の求人情報を見る