Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webプロデューサーとは?

Webプロデューサーとは、Webプロジェクトを展開する上で発生するクライアントとのやり取りから、プロジェクトの進捗管理、予算運用など、そのプロジェクトの全体を見渡す役割を担う職種です。
プロジェクト企画の中心に立ち、それに関わるさまざまな職種の人たちを取りまとめます。さらに、円滑にコミュニケーションを交わしながら、無事にプロジェクトを完遂できるよう立ち回る人のこと、といえば分かりやすいでしょうか。

プロジェクトの取りまとめ役という肩書は非常に頼もしく、Web業界で働く人であればWebプロデューサーに憧れを抱く方も少なくないかもしれません。今回はWebプロデューサーの仕事内容や、なるために必要なスキル、年収・求人についてのアレコレなど気になることをまとめました。
他業種からWebプロデューサーを目指す方にも、必見の内容です。

Webプロデューサーの仕事内容

それではまず、Webプロデューサーの仕事内容を紹介していきます。プロジェクトの取りまとめ役ということで、さぞ仕事も多そうだと感じるかもしれませんね。
今回は数ある仕事の中から、特にWebプロデューサーの力の見せ所となる3つの仕事をピックアップしました。どのようなポイントを抑えながらその仕事にあたるべきかも、合わせて解説していきます。

クライアントとの交渉

プロジェクトの依頼が発生したら、まずはそのプロジェクトの全貌を把握する必要があります。情報が曖昧なまま業務に取り掛かるのは非常に危険です。
ここでのWebプロデューサーの役割は、クライアントにプロジェクトへの要望や、そのプロジェクトを展開することにより得たいと考える効果、現在抱えている問題点などを聞き出すこと。

中には口下手なクライアントもいるでしょう。クライアント自身が、自社の問題点や、求めるゴールを把握できていない可能性もあるかもしれません。
それをうまく掘り下げ、引き出し、企画として立案したりプレゼンテーションを行ったりすることが、Webプロデューサーとしての大切な仕事となるのです。

進捗管理

プロジェクトの全貌が見え、内容が固まったら、あとはWebサイトの構築へと進みます。
ここでWebプロデューサーが行う業務は、常に関係スタッフの動きに目を配ること。

予定どおりに作業が進んでいるか、企画内容とズレのある制作物を作ってしまっていないかなど、滞りなくプロジェクトが進行していることを確認するのです。
できあがった制作物に問題がないか確認する、フィルターのような役割も担います。コンテンツ内で問題のある表記をしていないか、デザインが崩れていないかなど、制作側のうっかりで発生しがちなミスを整えるのも大切な仕事のひとつとなるでしょう。

予算運用

プロジェクトを進行するにあたっては、クライアントが予算を設定します。この予算内で収まるように作業を進行させるのもWebプロデューサーの役割です。
早くWebサイトを完成させたいからと有能なスタッフを多くあてれば、それ相応の人件費が発生します。その人件費が予算内で収まっていなければ、制作サイドが赤字を被ることになる可能性も出てくるわけです。

予算内で、かつ期限内にプロジェクトを完遂できるよう人員配置を行うためには、それに関わる社内スタッフの力量を把握しておく必要もあります。日頃からスタッフひとりひとりの技術や知識を認識しておくことが、スムーズな予算運用にも繋がるかもしれませんね。

Webプロデューサーに必要なスキルとは?

広い視野を持つことが重視されるWebプロデューサーは、そのほかにどのようなスキルを持っておくべきなのでしょうか。プロジェクトの取りまとめ役となるのですから、それなりに頼れる人材である必要はありそうです。
プロジェクトを円滑に進めるのにも、Webプロデューサーという地位に立つにあたっても、これから紹介する6つのスキルは最低限持ち合わせておきましょう。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、クライアントとの交渉時にはもちろん、社内スタッフとのやり取りでも重要となるスキルのひとつ。
対クライアントでは、プロジェクトの要望を聞き出す、無茶な要望を投げかけられた際に双方が納得できる代替案を提案するなど、お互いに損をしないようなプロジェクト進行を叶えるためのコミュニケーションがカギとなります。

対社内スタッフでは、プロジェクト進行上で発生したスタッフからの相談事や不満に耳を傾けましょう。プロジェクトに関わる全員が気持ちよく業務を進められるような環境を作るために、密なコミュニケーション力が大切です。

プロジェクトマネジメント力

プロジェクトのスタートからゴールまで、業務を滞りなくスムーズに進めるための力です。トラブルはないに越したことはありませんが、ときには予期せぬ事態に襲われることもあるもの。そのような逆境にも臆せず立ち向かい、最終的には無事ゴールに辿り着けるようマネジメントを行う力があれば、困難なプロジェクトも完遂できるはずです。

プロジェクトの取りまとめを行うWebプロデューサーが取り乱してしまっては、関わるスタッフたちの調和までも乱してしまう可能性が。大きく構えつつ、目の前の問題を率先して解決していく行動力も必要ですよ。

コーディネーション力

プロジェクトを進めるにあたり、それに配置する人材は適当に選ぶべきではありません。スタッフひとりひとりの得意・不得意を把握して配置し、プロジェクトに最適な人材は誰かを検討、決定するコーディネーション力も必須となるスキルでしょう。

文字や口頭で示されただけの実績からは分からない“その人の特性”をしっかりと見極めるには、全体を見渡すと同時に、個々人にも目を向ける努力が重要となります。冷静かつ客観的に人を見ることができる人なら、無意識に身についているスキルかもしれませんね。

マーケティング力

Webサイトの制作依頼をしてくるクライアントにはさまざまな業界の方がいらっしゃることでしょう。Webプロデューサーはその業界についてまず調べ、市場の動向を調査し、どのようなWebサイトを構築していくか検討する必要があります。これがマーケティング力です。
プロジェクトが完了したら、構築したWebサイトによってクライアントがどのような効果を得られたか分析するという業務も加わります。マーケティング力はWebプロデューサー以外の職種にも求められるスキルですので、伸ばしておきたいところですね。

プレゼンテーション力

せっかくよい企画を立てても、それを伝える能力がなければクライアントから選んでもらえません。また、プロジェクト完遂にかかる費用やスケジュールを伝える際には、クライアントの希望どおりの情報を伝えられない場合もあります。

それを踏まえた上で、クライアントが求める最良のWebサイトを提供できる旨を分かりやすく魅力的に伝えることができれば、クライアントも首を縦に振ってくれることでしょう。プレゼンはプロジェクト受注を決める上での大きなカギになるものですので、この能力も必須です。

Web制作スキル

前述した部分で、Webプロデューサーは社内スタッフが制作したものをチェックする役割も担うと解説しました。制作物の質の良し悪しを正しく判断し、ときには自らの手で修正も行うという場面では、Webプロデューサー自身にもWeb制作スキルが必要となることでしょう。

別のクリエイティブ職からWebプロデューサーにステップアップした方であれば、この能力はカバーできているかもしれません。とはいえWeb業界には常に最新トレンドが飛び込んでくるもの。現在の知識ですべてを網羅できると自惚れず、日々の勉強を心がけて、業務にあたることを忘れないでくださいね。

Webプロデューサーとwebディレクターの違い

ここまで話を進めてくる中で、Webプロデューサーの業務範囲はWebディレクターに似ていると感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか。確かに両者は、よく似た領域で仕事をする職種です。
簡単に違いを述べるとすれば、Webプロデューサーはプロジェクトの“計画立案を行う人”、Webディレクターは“実務を遂行する人”となります。Webプロデューサーはプロジェクトを開始する前段階の指揮を、Webディレクターは実際に実務が始まってからの指揮を取る人、というイメージです。

収入の違い

よく似た職種に見えるWebプロデューサーとWebディレクターですが、年収の面で見るとWebプロデューサーのほうが上となる傾向があります。
平均年収はそれぞれ、以下のとおりです。

  • Webプロデューサー 430万円前後~710万円前後
  • Webディレクター 395万円前後~650万円前後

Webプロデューサーは基本的にWebディレクターよりも上の立場とされます。また、キャリアプランとしてディレクターからのステップアップでプロデューサーになる方が多いこともあり、これらの要素が年収の差となっているのです。

しかし、求人数の面で見るとWebディレクターのほうが圧倒的に多くなります。採用のされやすさを重視する場合は、Webディレクターを目指すのがおすすめといえるでしょう。

Webプロデューサーになるには?

WebプロデューサーになるにはWebディレクターからのステップアップを目指すのがおすすめの方法です。直接Webプロデューサーになるのは求人数も少なく、また未経験ではパンクしてしまうほどの責任がかかる業務がそろっているため、あまり推奨できません。

まずはWebディレクターとして責任を持って実務の指揮を取れるまでの経験を積みましょう。そこから予算運用や企画立案にも挑戦しつつ、Webプロデューサーを目指していくのはいかがでしょうか。
お金の話や、プロジェクト全体に関わる企画の話まで出てくるため、最初はその責任の大きさに圧倒されてしまうかもしれません。しかしWebディレクターとして現場の指揮を取ってきたという点は大いに活かせるものですので、自信を持って一歩一歩進んでいきましょう。

まとめ

Webプロデューサーは責任重大な業務を担うためプレッシャーが大きな印象がありますが、プロジェクト全体の指揮を取るという業務にとても大きなやりがいを感じられる職種でもあります。
とはいえ、Webプロデューサーになるための知識は一朝一夕では身につきません。まずはWebディレクターとして経験を積んだ上で、さらなる高みを目指すべくWebプロデューサーを志してみてはいかがでしょうか。

また、最近はWebディレクターがWebプロデューサーを兼任することも難しくありません。プロジェクトの受注の前段階から完遂まで通しで関われるとなれば、さらにやりがいも大きくなりそうですね。

「Webディレクターになるには」を運営する全研本社では、Webプロデューサーを目指せるwebディレクターを募集しています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

Webディレクターの求人詳細をチェックする