Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Web編集・Web編集者・Webディレクター

Web編集者・Web編集・Webディレクターとは何か?どんな仕事をしているのか?Web編集者・Web編集・Web編集ディレクターになるためには?どんな人に向いている職業なのか?などの様々な疑問を追求し、その仕事内容の紹介やなるためのコツを伝授します。

Web編集者・Web編集・Webディレクターとは?

Web編集者・Web編集・Webディレクターは呼び名が少し違いますが、業務は同じ。会社によっての名称が違う程度と認識してください。

Web編集者・Web編集・Webディレクターのお仕事は結論から言うとWebメディアやWebサイト・オウンドメディアなどのライティングのチェックから訴求力を上げるためのテキスト編集を中心とした仕事を担当する職域になります。

Webサイトの制作やWeb編集をWebデザイナー・Webライター・ITエンジニアなどの専門スタッフと取り組み、そのスタッフを管理する役割を担っています。その上でクライアントの臨む結果が得られるように、クライアントと折衝を重ねます。編集の力でクライアントとユーザーの双方が求めるものを作ることが目標で、業務はクライアントと制作側の間に入ってプロジェクトを成功に導くこと。

クライアントとユーザーのマリッジをかなえるWeb編集者・Web編集・Webディレクター役割はとても重要です。

Web編集・Web編集者の主な仕事内容

Web編集者の仕事は大きく分けて、企画立案・制作進行管理・原稿チェックの3つがあります。それぞれの段階で、情報を編んで順調に目的達成に向かうように「繋がり」を作っていく仕事です。

企画立案

企画立案では出来上がりを左右する重要なポジションを担う!

目指すページのテーマに沿って進められるように、クライアントにヒアリングして制作に関わるスタッフを集めたり、取材先・文字数などの基本的な部分を企画、クライアントに提案します。そのため、どんなページがユーザーにとって喜ばれるのか、そしてページを作れるように編集者は日頃から様々な情報にアンテナを張ることがとても大切なのです。新しい視点や奇抜なアイデアも提案できると尚更、GOODです。この企画立案しだいで、出来上がるページの質が左右されるくらい重要な作業にあたります。

制作進行管理

目標から逸れずに納期までに完成させるプランを管理する!

制作段階に入るとそれぞれを専門のスタッフに任せて作業が進行していきます。文章はライター、イラストや全体のデザインはデザイナー、ECサイトなどの場合はシステムなどをIT開発者、などなどそのテーマによって役割はバラバラ。そんなスタッフの進行をチェックし、まとめあげて、期日までに制作するのも仕事です。作ったものがクライアントに受け入れてもらえるように求めているものを正確にスタッフに伝え、制作側とも綿密に話し合えるコミュニケーション能力が必要とされる作業です。

原稿チェック

原稿の誤字脱字・事実関係・全体の流れを正確&厳密にチェック!

ページを作るにあたって、取材や文章を担当するのはWebライターの役割。その原稿が仕上がってきたら、誤字脱字・事実関係・全体の流れをチェックするのが大きな仕事の一つ。これが正確に行われないと、完成してアップしてもトラブルを招く結果なってしまうことも。また、ユーザーからの好反応を目指して、記事をブラッシュアップしていくのも重要です。話が逸脱したりしたときは補正を、必要な情報を追加するように指摘、など臨機応変に対応する能力が問われます。

Web編集・Web編集者に向いている人

Web編集者は、クライアントとWebサイトの制作を行う専門スタッフとの間に入って制作進行を管理します。そして編集を担当する題材は多岐にわたります。そのため、様々な物事に興味が持てて好奇心がある人、流行しているスタイルやニュースなどに敏感な人、新しいものを生み出せる違った視点で物事を見れる人、高いコミュニケーション能力がある人などが求められる人材です。また、専門家と意見が交わせる程度の制作に関する知識もあると良いでしょう。

Web編集者に必要なスキルとは

Web編集者として滞りなく業務にあたるために、必要なスキルはどのようなものでしょうか?前述した仕事内容を踏まえながら、解説していきます。

巻き込み力

よりよい企画を立てたいときに、ひとりで頭を抱えているというのは非効率です。Webサイト制作に関わるさまざまな職種のスタッフたちを集め、どのような企画がユーザーのニーズを満たすかどうか意見を募ると、思わぬ意見が飛び出すことも。

「自分のアイデアで素晴らしいものを生み出したい!」と、自分ひとりで突っ走っているだけでは、誰もついてきません。 場合によっては、まわりから敬遠されてしまうことだってあるかもしれませんよ。

進行管理力

企画内容を実行するのも、ひとりの力では難しいもの。スタッフたちに協力をあおぎ、全員のスケジュールの空き状況を把握しながら適切に役割分担を行う必要があります。

無理やり自分の都合をねじ込むようなWeb編集者は、おそらく嫌われます。もちろん、不測の事態でどうしても無理なスケジュールで進めなければならないことはありますが、何度も何度もそんなことが続けば「計画性のない人だ」と思われても無理はありません。

スタッフたちの業務状況に常に気を配ることは、Web編集者の必須業務のひとつです。

ライティング力

Web編集者はライターが書いた原稿のチェックを行います。誤字や脱字、特に誤った表現を見つけるためには、Web編集者本人にもライティング力があることが望ましいでしょう。

文章を書かない、読まないWeb編集者は、仮にその原稿に誤った表現があっても「こんな表現もあるんだろう」とスルーしてしまう可能性が。 ライターは文章のプロですが、人間ですのでミスをすることはあります。そのちょっとした違和感に確実に気づけるよう、自らもライティング力を磨いておきましょう。

コミュニケーション力

Web編集者は、クライアントと社内のWebサイト制作スタッフの仲介役です。多くの情報をやり取りする架け橋としての役割を担うため、コミュニケーション力も必須となります。

受け取った情報を相手に正しく伝えることは、Webサイト制作におけるミスを減らします。また、ときにはクライアントに頭を下げたり、スタッフに無理なスケジュールでの作業依頼をしたりしなければならないことも。そんなとき、ちょっとした一言があるかないかで、言葉を受け取る側の印象はぐっと違ってくるもの。 円滑にWebサイト制作を進めるためにも、コミュニケーション力はとても大切です。

理想の編集者ってどんな人?

Web編集者は、ユーザーが読むコンテンツ作りの企画や編集、チェックにまで携わります。いわばをコンテンツを作り上げる上での重要なカギを握る存在です。 ユーザーが読みたいと思えるコンテンツを作るためには、ユーザーの目線に立って物事を考えられる能力が必要となります。

まずはどんな些細なことにも疑問を抱けること。目の前を流れていく膨大な情報を、ただ眺めているだけではなにも産まれません。 「これはどういうことなんだろう?」と疑問を抱き、それについて調べ、理解するという癖を持っている人はWeb編集者として有能です。そのWeb編集者が抱いた疑問を理解するまでの内容をコンテンツにすれば、同じ疑問を抱いている世間の人々にとって有益なものとなります。

現代は、実にさまざまな媒体から情報を収集することが可能です。Webはもちろん、書籍や雑誌、新聞など。Web編集者といえども、情報はWeb以外の媒体からも収集することが望まれます。 Webにはない、紙媒体ならではの情報に巡り会えることもあるからです。

これと似たような内容になりますが、Web編集者には広い視野が必要となります。ときにはWeb業界から飛び出し、たくさんの人に会いましょう。 他業界の人から聞いたほんのわずかなキーワードが新しいコンテンツのヒントになることもありますし、そもそもたくさんの人に会えばコミュニケーション力が磨かれます。 フットワークの軽いWeb編集者は、社内でも一目置かれる働きができるかもしれませんね。

Web編集者の年収

Web編集者の平均収入は約360万円ほど。しかし、その年収はだいたい250万円から700万円と人によってだいぶ幅があるようです。そのため、いかにその人の能力や実力が問われているかがわかります。また、出版社や編集プロダクションに勤めている人にとってはその会社の規模、会社勤務とフリーランスで働いている人の間も大きく異なってきます。

あればなお良し!Web編集者の資格

Web編集者になるためには決して資格が必要なわけではありません。しかし自分の能力を証明するのには資格が役立ちます。Web関係ではWebライティング能力検定やウェブデザイン技能検定などがその資格にあたります。クライアントに企画提案するうえでPowerPoint、Excelやマーケティングなどの資格があることも強みになるでしょう。

Webライティング能力検定

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格の試験制度です。編集者にとってはライティングの技術は必須。その中でも、クラウドソーシングで働くためのライティング能力を証明できる資格です。

ウェブデザイン技能検定

国家検定制度である技能検定制度の一つです。関連国際標準規格等に基づいたウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が証明できます。階級に分かれて受験できる資格なので、自分の能力に見合うところで気軽に受験できます。

Web編集・Web編集者になるには

Web編集者になるには、Web制作を行っている会社に入り、実際に経験しながらスキルを積むのが確実です。最初は編集者ではなくても、現場でのWEBサイトの制作のフローなどの総合的な知識を身につけることにも役立ちますし、人とのコミュニケーション能力を磨くことも重要なポイントです。未経験者でも挑戦できる仕事ですがやる気が大事です。

Web編集・Web編集者募集中!全研本社で働く編集者の一言

未経験からでもチャレンジでき、成長できる環境があるのが全研の魅力です。
努力をしっかりと評価してくれるので、一流のWeb編集者になろう!というモチベーションのアップにもつながります。

これからWeb編集者を目指すために、何より一番大切なのは自分の気持ち!環境やチャンスは与えられるものではなく、自分から取りにいくものなので、「絶対にやってやる!」という強い気持ちを持って取り組むことが大切です。もちろん、チャンスを掴むためには日々の勉強もマストです。

全研本社の採用情報を見る>>

Web編集者のキャリアプランにはどんなものがある?

Web編集者のキャリアプランと一口に言っても、人により状況はさまざまであるはず。現在Web編集者を目指している方もいれば、Web編集者として充分活躍したあと、別のステップを考えている方もいることでしょう。
Web編集者のさまざまなキャリアプランについてまとめました。

未経験からWeb編集者を目指す

Web編集者になるためには、必ず経験が必須だと思っていませんか?しかし、誰でもなにかを始めるときは、未経験からスタートするものです。
Web編集者を目指すなら、まずはその仕事内容を理解し、前述した必要なスキルを磨きましょう。未経験歓迎の求人があればとにかく飛び込み、何事にも臆することなく挑戦することが重要です。

別のポジションから目指す

現在別の職種についている状態からWeb編集者を目指す場合は、まず現在の自分のスキルの中で、Web編集者に活かせるものがないかを考えてみましょう。
Web業界にいるなら、Web編集者に挑戦したいということを上司に交渉し、望みを叶えてもらうのもよいかもしれません。

すでに紙媒体の編集者として活躍している方や、ライティング業務にあたっている方であれば、その職種で培ったノウハウを存分に活かせそうですね。

Web編集者からデザイナーへ

Web編集者の企画力は、デザインにも活かせます。ユーザーにとって使いやすいデザインはどんなものかを疑問に抱き、現在はどんなデザインが流行っているのか情報を収集するという流れは、Web編集者として何度も経験してきたフローのはずです。

すでに充分なコミュニケーション力は持っているでしょうから、Webサイト制作に携わるほかの職種のスタッフたちと円滑なコミュニケーションを取れるという点は、大きな強みとなりそうです。

Web編集者からフロントエンドエンジニアやコーダーへ

フロントエンドエンジニアやコーダーは、Webサイトの構築全体に携わる人たちです。こちらも常にWebサイトを利用するユーザーを最優先し、ユーザーにとって使いやすいWebサイトの構成について考えることが仕事です。
業務にあたってはWebディレクターやデザイナーとも密接に関わる必要があり、コミュニケーション力が必要となります。またWebサイト全体を見渡す広い視野も重要となるため、Web編集者として培ったスキルが充分に活かせることでしょう。

Web編集者って激務なのは本当?

Web編集者は激務であるというイメージを持つ方は少なくありません。事実、緊急でコンテンツを投稿しなければならないときには残業が発生したり、夜や休日に関係なく取材が入ったりすることもあり、確かに多忙なこともあります。
「激務であろうが一流のWeb編集者になるんだ!」という気持ちで乗り越えられるガッツがあれば、よりよいコンテンツを生み出すこともできるでしょう。

なお、紙媒体を扱う編集者も、同じく多忙を極めるイメージが強い仕事です。紙媒体は企画の段階から本の出版日が決定していることが多く、そこから取材、執筆、校正・校閲に印刷とたくさんのフローを踏む必要が。
携わる人も多くなるため、〆切間際には慌ただしくなりがちです。

対するWeb編集者は、記事の鮮度が重要となることが多く、世間のトレンドに乗ったコンテンツを柔軟なスケジュールで投稿する必要があります。急なビッグニュースが飛び込んでくれば、それに合わせてコンテンツの納期が短くなることも多々あり、スケジュールが読みづらいことも。

両者ともに激務であることは事実ですが、やりがいもひとしおです。自分が携わったコンテンツが世間に出て、不特定多数の人々に見られるということに喜びを感じられる方であれば、編集者として仕事に満足感を得られることでしょう。

Web編集者に必要なマーケターとしての目線

Web編集者には、マーケター目線も必要です。Webサイトのターゲットはどの世代・性別か、そのターゲットを惹きつけるにはどのような要素が必要かという情報をまとめられれば、企画力が伸びます。

マーケター視点を鍛えるためには、広い視野を持ちましょう。
対象となる市場の規模を知り、ユーザーが求めるものを正しく把握し、さらに類似コンテンツを取り扱う競合の動向にまで目を光らせます。
市場からの視点、ユーザーからの視点、さらに競合からの視点まで網羅して自社が運営するWebサイトを見ることにより、さまざまな課題が見えてくることでしょう。

Web編集者がデザインもできると強みになる

どんなによいコンテンツでも、掲載されているWebサイトのデザインがよくなければ、多くのユーザーには見てもらえません。Web編集者は、デザインもできると多くの場面で役立ちます。
たとえば急にデザインのディレクションが必要になっても、スムーズな対応が可能に。クライアントにも、デザインとコンテンツの両面から良質なWebサイトを提供できることでしょう。

なお、Web編集者がデザインディレクションを兼ねることになったら、デザイナーへの発注時に気をつけるべきことがあります。
まずはイメージするWebサイトの参考URLや、ラフを提供すること。ざっくりと言葉で伝えるだけでは、デザイナーに誤ったイメージが伝わってしまう可能性があり危険です。

また、情報を詰め込みすぎると、ごちゃついた見づらいデザインに仕上がってしまうことも。
ボリューム感が問題ないかどうか、そのつどデザイナーと相談しつつ、慎重に進めることを意識しましょうね。

新宿でWeb編集・Web編集者になる!未経験から応募可能
全研本社の求人「Web編集者」「Webディレクター」の募集要項

<給与・賞与>
月額:23万円~35万3000円
(内訳)
・基本給 18万1000円~28万3000円/月
・住宅手当 1万5000円~1万8000円/月
・みなし残業手当 3万4000円~5万2000円/月
※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)※業績・評価に応じて支給

<応募資格>
学歴不問。
WEB媒体・紙媒体問わず、編集もしくは編集アシスタント実務経験(1年以上)。

★あると望ましい経験・能力
実務・趣味問わずWEBサイトのディレクション経験
ライティング実務経験
WEBデザイン、コーディング経験

<求める人材>
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
新しいWEBサービスをゼロから手がけてみたい方。
人と接するのが好きな方。
<雇用形態>
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)
<勤務曜日・時間>
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)
<福利厚生>
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
語学教育受講支援制度(英会話・日本語)
社内イベント多数(参加は任意)
<休日・休暇>
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇
<勤務地>
〒160-8361 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ
<交通>
JR・各線新宿駅(B18出口)より徒歩2分
西武新宿駅より徒歩2分
新宿西口駅より徒歩2分

全研本社のWeb編集者・編集ディレクターにエントリーする