Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Web編集者

web編集者とは何か?どんな仕事をしているのか?Web編集者になるためには?どんな人に向いている職業なのか?などの様々な疑問を追求し、その仕事内容の紹介やなるためのコツを伝授します。

web編集者とは?

web編集者はwebサイトの制作や編集をwebデザイナー・webライター・ITエンジニアなどの専門スタッフと取り組み、そのスタッフを管理する役割を担っています。その上でクライアントの臨む結果が得られるように、クライアントと折衝を重ねます。編集において、クライアント側と出来上がったものを利用する側の双方が求めるものを作ることが目標で、クライアントと制作側の間に入ってプロジェクトを成功に導く編集者の役割はとても重要です。

web編集者の主な仕事内容

web編集者の仕事は大きく分けて、企画立案・制作進行管理・原稿チェックの3つがあります。それぞれの段階で、情報を編んで順調に目的達成に向かうように「繋がり」を作っていく仕事です。

企画立案

企画立案では出来上がりを左右する重要なポジションを担う!

目指すページのテーマに沿って進められるように、クライアントにヒアリングして制作に関わるスタッフを集めたり、取材先・文字数などの基本的な部分を企画、クライアントに提案します。そのため、どんなページがユーザーにとって喜ばれるのか、そしてページを作れるように編集者は日頃から様々な情報にアンテナを張ることがとても大切なのです。新しい視点や奇抜なアイデアも提案できると尚更、GOODです。この企画立案しだいで、出来上がるページの質が左右されるくらい重要な作業にあたります。

制作進行管理

目標から逸れずに納期までに完成させるプランを管理する!

制作段階に入るとそれぞれを専門のスタッフに任せて作業が進行していきます。文章はライター、イラストや全体のデザインはデザイナー、ECサイトなどの場合はシステムなどをIT開発者、などなどそのテーマによって役割はバラバラ。そんなスタッフの進行をチェックし、まとめあげて、期日までに制作するのも仕事です。作ったものがクライアントに受け入れてもらえるように求めているものを正確にスタッフに伝え、制作側とも綿密に話し合えるコミュニケーション能力が必要とされる作業です。

原稿チェック

原稿の誤字脱字・事実関係・全体の流れを正確&厳密にチェック!

ページを作るにあたって、取材や文章を担当するのはWebライターの役割。その原稿が仕上がってきたら、誤字脱字・事実関係・全体の流れをチェックするのが大きな仕事の一つ。これが正確に行われないと、完成してアップしてもトラブルを招く結果なってしまうことも。また、ユーザーからの好反応を目指して、記事をブラッシュアップしていくのも重要です。話が逸脱したりしたときは補正を、必要な情報を追加するように指摘、など臨機応変に対応する能力が問われます。

web編集者に向いている人

Web編集者は、クライアントとWebサイトの制作を行う専門スタッフとの間に入って制作進行を管理します。そして編集を担当する題材は多岐にわたります。そのため、様々な物事に興味が持てて好奇心がある人、流行しているスタイルやニュースなどに敏感な人、新しいものを生み出せる違った視点で物事を見れる人、高いコミュニケーション能力がある人などが求められる人材です。また、専門家と意見が交わせる程度の制作に関する知識もあると良いでしょう。

web編集者の年収

Web編集者の平均収入は約360万円ほど。しかし、その年収はだいたい250万円から700万円と人によってだいぶ幅があるようです。そのため、いかにその人の能力や実力が問われているかがわかります。また、会社員として出版社や編集プロダクションに勤めている人にとってはその会社間や、会社勤務とフリーランスで働いている人の間も大きく異なってきます。

あればなお良し!web編集者の資格

Web編集者になるためには決して資格が必要なわけではありません。しかし自分の能力を証明するのには資格が役立ちます。web関係ではWebライティング能力検定やウェブデザイン技能検定などがその資格にあたります。クライアントに企画提案するうえでPowerPoint、Excelやマーケティングなどの資格があることも強みになるでしょう。

Webライティング能力検定

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格の試験制度です。編集者にとってはライティングの技術は必須。その中でも、クラウドソーシングで働くためのライティング能力を証明できる資格です。

ウェブデザイン技能検定

国家検定制度である技能検定制度の一つです。関連国際標準規格等に基づいたウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が証明できます。階級に分かれて受験できる資格なので、自分の能力に見合うところで気軽に受験できます。

web編集者になるには

Web編集者になるには、web制作を行っている会社に入り、実際に経験しながらスキルを積むのが確実です。最初は編集者ではなくても、現場でのWEBサイトの制作のフローなどの総合的な知識を身につけることにも役立ちますし、人とのコミュニケーション能力を磨くことも重要なポイントです。未経験者でも挑戦できる仕事ですがやる気が大事です。

web編集者募集中!全研本社で働く編集者の一言

未経験からでもチャレンジでき、成長できる環境があるのが全研の魅力です。
努力をしっかりと評価してくれるので、一流のweb編集者になろう!というモチベーションのアップにもつながります。

これからWeb編集者を目指すために、何より一番大切なのは自分の気持ち!環境やチャンスは与えられるものではなく、自分から取りにいくものなので、「絶対にやってやる!」という強い気持ちを持って取り組むことが大切です。もちろん、チャンスを掴むためには日々の勉強もマストです。

全研本社のweb編集者採用情報を見る>>