Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

SEOディレクターになるには?仕事内容や独学での勉強方法を紹介

SEOディレクターの仕事は、「検索結果において特定のwebサイトが表示される順位を上げる」こと。特定のwebサイトをユーザーの目に触れやすくするためには、キーワード検索結果の上位に表示される必要があります。
情報を求めて検索をしているユーザーは、検索結果の上位にあるwebサイトのタイトルしか見ないといっても過言ではありません。検索結果の上位のタイトルを見ても欲しい情報がありそうにないときは、検索結果のキーワードを変えてしまうことも。
SEOディレクターは、webサイトをユーザーの目に触れやすくするためにさまざまな知識と実践を求められる仕事です。

SEOディレクターの必要性

Web制作において、SEO対策は成功のために欠かせないもの。webサイトを制作したところで、ユーザーに閲覧してもらえなければ意味がありません。
Webサイトを検索結果の上位に表示させるためには、ユーザーにとって有益な情報があるかどうかが重要です。そして、有益な情報があるかどうかを判断して表示順位を決定しているのは、人間ではなくコンピューターなのです。

では、どうしたらコンピューターに「このwebサイトはユーザーにとって有益である」と判断してもらえるのか?
コンピューターにwebサイトを評価してもらうためには、コンピューターがwebサイトを評価するのに必要な要素を理解し、その対策を立てなければなりません。その対策が「SEO対策」なのです。

SEOディレクターはアルゴリズムの変化に対応するプロ

現在の検索エンジンではAIやビッグデータ、言語解析などによってwebサイトの検索順位を決定しています。そしてGoogleなどの検索エンジンのロボットは年に数百回ものアップデートをおこなうこともあり、アルゴリズムは日々進化しています。
特定のWebサイトの検索結果を上位にあげ続けるためには、アルゴリズムの日々の変化を正確に読み取り、webサイトに反映させるプロが必要です。
そこで誕生したのが「SEOディレクター」です。SEO対策に特化したスキルや専門の知識をもち、アルゴリズムの進化に素早く対応しながら、検索上位にあがるwebサイトをつくります。

SEOディレクターがおこなう現在のSEO対策

SEOディレクターの仕事内容は「ユーザーが求める有益な情報が何かを模索」し、「つくりあげたwebサイトが評価されているかを分析し、改善する」ことです。
以前では、SEO対策というと

  • 被リンクの数を購入するなどして増やす
  • 検索されるキーワードをwebページ内に意図的にたくさん入れる

など、“裏技”的な方法で検索上位を獲得していました。情報の中身ではなくテクニックで上位を獲得するこの施策は、“有益な情報”を求めるユーザーを無視した方法です。

そこでGoogleなどの検索エンジンは「ユーザーファースト」を掲げ、「コンテンツ(情報の中身)」でwebサイトやページを評価するようになりました。今では、”現時点でGoogleが考える、ユーザーにとって価値のあるページ”が上位に表示されています。

こうした背景をふまえ、現在のSEO対策ではテクニックではなく「ユーザーが求めている情報」に焦点をあててさまざまな工夫をしています。

SEOディレクターの仕事内容

検索上位にあがるための戦略立案

Webサイトが検索上位にあがるために、「どんなコンテンツをユーザーは必要としているのか?」を見極めなければなりません。
キーワードリサーチによって検索需要のある関連キーワードなどを調査し、そのキーワードでどんな記事が検索上位にあがっているのかを調べます。
ユーザーの検索需要を理解したら、webサイトの運用方針や予算などを考慮して「誰に・何を・どう訴求するか」を立案します。

検索エンジンに高く評価されるためには

検索エンジンのGoogleが掲げている最重要視する3つの評価基準「E-A-T」では、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

この3点に焦点をあててwebサイトやページを評価しています。
これはつまり、 「専門性のある、特定の分野に特化した内容」 「国が運営していたり、名前によって権威性が認められるサイト」 「ユーザーが情報を提供している発信者を信頼できるサイト」 であることが検索上位にあがるポイントということでしょう。

また、Googleは10の会社理念を掲げており、

①ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
②1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
③遅いより速いほうがいい。
④ウェブ上の民主主義は機能します。
⑤情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
⑥悪事を働かなくてもお金は稼げる。
⑦世の中にはまだまだ情報があふれている。
⑧情報のニーズはすべての国境を越える。
⑨スーツがなくても真剣に仕事はできる。
⑩「すばらしい」では足りない。

参考:Googleが掲げる10の事実
https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

この理念から読み取れることは、 ユーザーが必要とする情報を、「専門性」や「独自性」のある、利便性が高くて人気のあるwebサイトやページを評価する ということ。
SEOディレクターはこのGoogleの理念を理解し、検索上位にあがるwebサイトの評価基準をみたすコンテンツの制作をおこないましょう。

アクセス解析でサイトの改善点を把握する

Webサイトに訪れたユーザーの行動を分析することを「アクセス解析」といいます。
アクセス解析をおこなう目的は、webサイトのコンバージョン(ユーザーにしてほしい行動)を達成するための改善のきっかけを得ること。アクセス解析をおこなうことで、どのくらいのユーザーがサイトを閲覧し、どのページをどのくらいの時間閲覧したかがわかります。
SEOディレクターはwebサイトのアクセス解析をおこない、webサイトの改善点がどこにあるのかを探ります。

改善策を立案し、実行

Webサイトの改善点を理解したら、改善施策案を立案します。
施策案では具体的な行動を明確にし、また予算も考慮しなければなりません。 「予算内でおこなえる、一番効果があるシンプルな改善策はなにか」を示すことがSEOディレクターのミッションです。

改善施策を実行したら、その後の効果測定をおこない、そのwebサイトの検索順位やコンバージョンがアップしたかどうかを確認するのもSEOディレクターの仕事です。

SEOディレクターの仕事は「結果が目に見える」

SEOディレクターというと「数字ばかり追いかけている」という堅いイメージがありますが、検索上位にwebサイトが表示されることは「ユーザーに求められるwebサイトを提供できている」ということ。
自分が関わったwebサイトがユーザーに評価してもらえる喜びを、最前線で感じることができる仕事です。

SEOディレクターに独学でなるには

SEOディレクターになるためには、web制作の基本的な知識が必要です。Webサイト制作ができないのに効果的なSEO対策をおこなうことはできません。Webディレクターなどの仕事をおこないながらSEOについての知識と実践を学びましょう。
ただし、SEOの知識は積極的に得ようとしなければ身につきません。本などで自己学習をしておき、「HTML」や「CSS」などのソースコードを読めるようにしておきましょう。

必要なスキル

コミュニケーションスキル

SEO対策は、SEOディレクター一人ではおこなえません。Web制作に関わるチームのメンバーと良好な関係を築くことが大切です。
Webサイト制作において、渾身の力を注いだサイトが検索エンジンに評価してもらえないことは、珍しくありません。その有益なコンテンツを、どのように検索エンジンに評価してもらってユーザー獲得に繋げていくのかを理解してもらうのもSEOディレクターに必要なスキルです。

情報収集能力

SEOディレクターには、常に最新の情報を収集する能力が求められます。
検索エンジンのアルゴリズムは日々変化していきますし、ユーザーの需要も永遠に一定ではありません。常にアンテナを張り巡らし、SEOの最新情報を得られるようにしましょう。

アクセス解析の知識

SEOディレクターの仕事において、アクセス解析は必要不可欠です。SEO対策をおこなううえでの根拠となるアクセス解析について必ず勉強しておきましょう。

「HTML」に関する知識

「HTML」とは、webページの制作に欠かせないコンピューター言語です。検索エンジンのロボットがwebサイトやページを評価するとき、HTMLの内容は重要なポイントです。
SEOディレクターを目指すのなら、簡単なHTMLのソースコードは読めるようにしておきましょう。

独学でのSEOディレクターの勉強方法

SEOディレクターになるためには、SEOについて学び、仕組みを知っておくことが重要です。 SEOについての基本的な考え方は本で学ぶことができます。基本的な知識を本で学んだら、自分でWordPressなどを使用してwebサイトを運営してみることをおすすめします。

SEOディレクターに独学でなるための環境

パソコンとインターネット環境

SEOディレクターはwebサイトやページの検索順位を上げる仕事ですから、パソコンとインターネット環境は必須です。
情報収集がものをいう仕事ですから、常に快適にwebサイトを閲覧できる環境を整えましょう。

おすすめ独学ツール

SEOの知識を学べるおすすめのツールを紹介します。

本で学ぶ

SEO全般を学べる本 10年つかえるSEOの基本
土居 健太郎 (著) 1,598円
https://www.amazon.co.jp/dp/477417324X/ref=cm_sw_r_em_apa_i_Sfb5Cb7KKZK2W
“10年つかえる”とあるとおり、SEOの基本的な考え方を丁寧に紹介しています。SEOの目的や検索エンジンについてなど、初心者におすすめの内容です。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方
安川 洋 (著)・江沢 真紀 (著)・村山 佑介(著) 1,706円 https://www.amazon.co.jp/dp/4295004081/ref=cm_sw_r_em_apa_i_mlb5CbKZSZ28R
経験豊富な講師陣がSEOについてやさしく解説しているこの本では、SEOの目的や考え方、効果や分析まで詳しく書かれています。こちらもSEO初心者におすすめの本です。

アクセス解析などの分析を学べる本

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】
小川 卓 (著) 3,218円
https://www.amazon.co.jp/dp/4295004081/ref=cm_sw_r_em_apa_i_Shb5Cb1CE3E0D
ゴールの設定からデータの見方などの分析における基本的な知識を解説。事例などをまじえながら、分析した結果をどう改善につなげていくのかも教えてくれます。

サイトで学ぶ

Googleデジタルワークショップ
https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp
Googleが提供する無料学習ツール。動画や練習問題で検索の仕組みなどを学べます。修了すると認定証が発行される嬉しい仕組みも。
検索エンジンといえばGoogleであり、SEO対策=Google対策といってもいいほどですので、Googleが提供する学習ツールはおさえておきましょう。

SEOディレクターになる、おすすめスクール

SEOディレクターになるためには、SEOの深い知識が求められます。 SEOに特化した内容のスクールは多くなく、セミナーなどの開催がほとんど。ここでは、SEOについて学べる通信講座を紹介します。

おすすめスクール

諒設計 アーキテクトラーニングの「SEOマーケティングアドバイザーW資格取得講座」
https://www.designlearn.co.jp/seo/
「自宅で学べるSEO」として、初心者からでも学びやすい通信講座です。 SEOマーケティングアドバイザーの資格取得を目指しており、試験免除で資格がとれる「スペシャル講座」も用意。

※SEOマーケティングアドバイザーとは...SEOの深い知識とWEBマーケティングの一定以上の知識をもった証。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能です。

  • SEOマーケティングアドバイザーW資格取得講座
    期間:6ヶ月(最短2ヶ月)
    費用: 59,800円
  • SEOマーケティングアドバイザーW資格取得スペシャル講座
    期間:6ヶ月(最短2ヶ月)
    費用:79,800円

SEOディレクターに未経験で入社する方法

SEOディレクターの求人では、「未経験可」の企業も少なからずあります。未経験で入社する場合は、最初はSEOディレクターのサポート役としてトレーニングを受けることがほとんどです。
ただ、未経験でも「web業界での勤務経験を1年以上」や「webサイト運用経験1年以上」などの人を歓迎しているところも多く、web制作や運用の経験がある方が有利であることは間違いないでしょう。

経験者はもちろん未経験でも入社できる全研本社のSEOディレクターの採用情報

全研本社ではSEOディレクターを募集中です!未経験でもしっかりサポートしますので、安心して仕事ができます。「趣味でなら、webサイト運用経験があるんだけど…」という方もぜひご応募ください。

SEOディレクターは、結果を目にすることができるやりがいのある仕事です。全研本社でSEOディレクターとして有益なwebサイトを多くのユーザーに届けてみませんか?

全研本社のSEOディレクターの詳細情報はこちら