Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

営業事務・営業アシスタントになるには

営業職と聞くと、毎日外回り業務にあたり、忙しく駆け回るような仕事を想像する方が多いのではないでしょうか?
漠然と「営業職はたいへん」というイメージを持つ方も少なくないかもしれません。

そんな忙しい営業マンたちを支えるのが、営業事務や営業アシスタントと呼ばれる人たちです。今回は営業事務と営業アシスタントに注目し、その仕事内容や向いている人の性格、必要なスキルに年収など、気になるアレコレを解説していきます!

営業事務・営業アシスタントとは

まず営業事務は、基本的に社内で仕事を行います。営業マンへの電話の取り次ぎや、必要書類の作成、クライアントのもとへ訪問するにあたっての日程調整など、営業まわりの事務的な仕事を行う人たちがこう呼ばれるのです。
一般事務とは違い、営業専属の事務といえば分かりやすいでしょうか。

対して営業アシスタントは、営業マンを直接サポートする役割を担います。基本的にはサブの営業のような立ち回りを行いますが、営業マンが急用や急病でクライアントのもとへ訪問できなくなった場合には、代わりに営業アシスタントが出向くことも。

このような事態にも迅速に対応すべく、営業アシスタントは営業マンがどのように仕事を進めていたか、その進捗を常に把握しておく必要があります。
よって、営業事務とは違い外回り業務が発生するのが基本です。営業マンと同様、多忙な職種であるといえるでしょう。

営業事務・営業アシスタントの仕事内容

それでは続いて、営業事務と営業アシスタントそれぞれの仕事内容について紐解いていきます。

営業まわりの事務作業

営業職には、たくさんの事務作業が発生するもの。
見積書や請求書、契約書といった各種書類の発行は、営業事務や営業アシスタントが担当することになります。これらの書類は発行しないと業務が進まないことも多々あるほか、誤りが許されないため、迅速かつ丁寧な作業が求められる部分です。

そのほか、電話やメール対応のほか、商品を取り扱う会社であればその在庫管理、来客があった際には打ち合わせスペースに案内してお茶を出すといった対応も、営業事務や営業アシスタントの管轄となります。

営業同行

営業アシスタントは、ときに営業マンのサポート役として打ち合わせに同行することがあります。打ち合わせに同席したり、打ち合わせ後には議事録をまとめたりと営業職の右腕となって働くようなイメージです。

営業マンがメインで前に立っているからといって、ただ隣に座っていればよいわけではありません。自分も営業マンのひとりだという認識を持っていなければ、打ち合わせ中に急に話を振られるようなことがあった場合にしどろもどろになってしまうかも。
自分も会社を背負うひとりだという気持ちで、責任を持って業務にあたりましょう。

顧客情報の管理

営業マンは、実に多くのクライアントを抱えることになります。取り引きの進捗状況や契約期間、どのクライアントとどんな業務について話を進めているのかといった情報は、誰かの記憶で管理しきれるようなものではありません。

そこで重要となるのが、顧客情報をひと目で分かる方法で管理すること。その管理を任されるのが、営業事務や営業アシスタントとなるのです。

営業事務・営業アシスタントの年収

営業事務や営業アシスタントの年収は、平均して200万円後半~300万円前半とされています。営業職では400万円や500万円を超えることも珍しくないため、少々少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

営業事務や営業アシスタントの仕事は、メインの営業職の人がいてこそ成り立つもの。サポート役という意味合いが強くなるため、メインの営業担当と比べると少し年収が低くなっています。

サポート役とはいいながら、営業職からしてみれば、営業事務や営業アシスタントは欠かせない存在であるのも事実です。裏方で営業職を支える人として、現場では重宝される存在となることも忘れてはいけません。

また、自分たちのサポートによって営業マンが大きな成績を収め、会社の売上もアップするようなことがあれば、その仕事に一役買った存在として営業事務や営業アシスタントでもやりがいを感じられるもの。
丁寧かつスピード感ある仕事を求められる職種でもありますので、その責任感は想像以上に大きなものとなるでしょう。

営業事務・営業アシスタントに求められるスキル

サポート役や裏方的な存在でありながらも、大きな責任が伴う営業事務や営業アシスタントというお仕事。目指すにあたって資格や免許は不要ですが、向いている性格や、求められるスキルはあります。
営業事務や営業アシスタントになるには、どんなスキルがあると便利なのでしょうか。

基本的なビジネスマナー

営業マンは、会社を背負ってクライアントのもとに出向き、会社の売上に直接貢献する話をする重大な役割を担っています。
営業マンがいかに優秀な人であっても、それを支える営業事務や営業アシスタントに基本的なビジネスマナーが備わっていなければ信用問題に関わります。

ちゃんとした敬語が使えること、クライアント対応の際に適切な挨拶ができることは基本です。
これらのことがちゃんとできないと、クライアントから「あの会社の社員はマナーがなっていない!」と怒りを買ったり、「取り引きして大丈夫か…」と不安がられてしまったりする可能性もあるため、しっかり押さえておくべき部分となるでしょう。

コミュニケーション力

営業事務や営業アシスタントはクライアントとも営業マンともやり取りをする機会があるため、高いコミュニケーション力が求められます。

加えて、電話対応や来訪したクライアントの応対、営業マンの同行でクライアントと直接やり取りをすることも多い職種です。
社内では営業マンとコミュニケーションを取ることで、書類作成や顧客管理、議事録作成などにつなげる機会も頻繁に発生します。

営業事務や営業アシスタントは、営業マンが、そしてクライアントが気持ちよく仕事にあたれるよう、コミュニケーションを取りながらサポートする仕事を担うということを認識しておきましょう。

PCスキル

各種書類を作成したり、顧客管理や在庫管理を行ったりする上で、PCの基本的なスキルは必須です。メールソフトや、Word、ExcelといったOfficeソフトの使い方は、人並みに覚えておくべきましょう。

営業職が忙しくなる時期には、それにともなって営業事務や営業アシスタントも多忙になるもの。そんな時期にPC操作でまごまごしてしまっては、現場に迷惑をかけてしまう可能性があります。

営業事務・営業アシスタントには未経験からなれる?

営業事務や営業アシスタントに必要なスキルは、実務を通じて得るような専門的なものではありません。基本的なマナーが分かり、人並みにPCスキルがあり、コミュニケーション力に自信があれば未経験からでも挑戦することが可能です。

実際の採用の場面でも、前述したようなスキルに自信があることをアピールすれば、内定を取れる可能性も充分高くなると考えられます。

営業事務や営業アシスタントとして営業マンの右腕となり、その仕事内容を知れば、そこから営業職にステップアップすることも夢ではないでしょう。営業マンは会社の売上に直接貢献する役割なので、やりがいはさらに大きなものとなるはず。

特に将来的に営業職に就くことを夢見る方であれば、まず営業事務や営業アシスタントとして採用されることを目指すのが近道かもしれません。

また、営業事務や営業アシスタントとして得られる知識や経験は、ほかの職種に就いて働く上でも役立つものばかりです。営業事務や営業アシスタントとして仕事の基礎を知れば、同業種や他業種への転職を考える際にも大いに役立つでしょう。

全研本社の採用情報を見る

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】