Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

PM(プロジェクトマネージャー)になるには

PM(プロジェクトマネージャー)は、プロジェクトを進める上で必要な準備や調整、進行管理などを行う役割を担います。Webディレクターと似た仕事のようにも思えますが、その違いはどこにあるのでしょうか?
仕事内容や気になる年収事情、役立つ資格など、徹底的に解説していきます!

PMとは?

PMは、言葉の意味をそのまま用いて説明するなら“プロジェクトのマネジメントをする人”となります。

プロジェクト全体を統括するという意味ではWebディレクターと似ているように感じた方もいるのでは?
Webディレクターが主にWebサイト全体やコンテンツまわりの業務を統括するとすれば、PMは予算決定や契約書の作成、会議の仕切り役などを担います。

ここからは、責任感や広い視野、先を見通す力などさまざまなスキルが求められるPMの仕事について、深く掘り下げていきましょう。

PMの主な仕事内容

それではさっそく、PMの仕事内容を解説していきます。それぞれの項目からWebディレクターとの違いを少しずつ感じられるかもしれませんよ。

企画決定~予算・納期の調整

PMはまずクライアントとともに企画を練り、開発にあたっての目的を決定します。加えて、プロジェクトを進めるにあたってどれだけの人員が必要か、予算や予算や制作期間はどれくらいかかるのかをまとめるのも、重要な仕事のひとつです。

プロジェクトを受託できれば、続いてはプロジェクト進行に必要な工程を洗い出す作業へ。それに伴い、各工程にかかる期間を検討しながら、どの分野を誰に任せるか、誰が適任かといった具合に人材の割当を行っていきます。

最適な人員の配備を行うためには、それぞれのスタッフの得意分野や仕事ぶりを日頃から知っておくことが大切です。スタッフたちと常に円滑なコミュニケーションを取っているか否かが、この作業をスムーズに進められるかどうかを左右するでしょう。

スケジュール調整

スケジュール調整はPMの腕の見せどころです。なんのトラブルもなくプロジェクトが完遂することを想定してスケジュールを設定してしまうと、予期せぬ事態に陥ってしまったとき、予定が狂ってしまうことに。
納品が期限に間に合わないという最悪の事態は絶対に避けなければなりません。

無理なスケジュールを設定すると、スタッフたちに大きな負担がかかります。反対に余白の多いスケジュールを組むと、クライアントを余分に待たせてしまいます。

多少の余裕を持たせつつ、けれど間延びしすぎない絶妙なスケジュールを組むことが、PMに求められる能力だといえるでしょう。

プロジェクトマネジメント

人員の確保とスケジュールが決定すると、次は実際に作業を進めていく段階に入ります。PMは常に現場に目を配りながら、作業がスケジュールどおりに滞りなく進行しているかをチェックします。

もし問題が発生すれば、PM自ら問題解決に向けてスタッフたちを先導することとなるでしょう。場合によってはクライアントを交え、最良の解決策を講じるべく現場を引っ張っていくことになります。

被害を最小に留め、プロジェクト進行への悪影響を最小限に抑えるためにも、ここでの立ち回りは重要です。
ただの現場監視役としてぼんやりと全体を見渡しているだけでは、このような事態で慌ててしまうことも。なにが起こるか分からないという精神で、常に気を引き締めてマネジメント業務にあたるようにしましょう。

プロジェクト完了報告書作成

プロジェクトが無事に完遂しても、PMの仕事はまだ終わりません。PMはプロジェクトの統括として「プロジェクト完了報告書」を作成することになります。

報告書に含める内容は、プロジェクト完成後の評論や進行の中で見えた課題・問題点、それらを解決に導いた方法など。プロジェクト全体を評価してまとめたら、関わった人たちの間でこれを共有することまでがPMの仕事です。

ここで見えてきた課題や問題点が、次回新たなプロジェクトを進行する際の教訓になることも。最後まで気を抜かず、現場全体が成長できるような報告書作成を心がけてくださいね。

PMに向いている人

大きな責任を問われるPMですが、どんな人に向いているといえるのでしょうか。求められるスキルとともに解説していきます。

マネジメントスキル

予算検討や契約書の締結、人員の配備にプロジェクトの進行管理など、PMが担う業務は多岐にわたります。これらの業務を滞りなく進めていくためには、高いマネジメントスキルが必要になるでしょう。

チームの士気を高めるためにも、マネジメントスキルは役立ちます。
プロジェクトの進行に携わるスタッフたちと良好な関係を保ちながら、ときには課題や問題点について意見を聞き、解決に導いていく…。そんな頼れるPMになれるよう、マネジメントスキルを磨いていきましょう。

コミュニケーション力

いくらマネジメントスキルに長けているPMでも、コミュニケーション力に難があればチームメンバーもついてこないかもしれません。
たとえ正しいことを言っていたとしても、高圧的な態度だったり、自信なさげに俯いていたりしては、周囲から「あのPMは大丈夫だろうか…」と心配されてしまう可能性も。

よいコミュニケーションを取る上で意識すべきなのは、相手の発言の意図を正しく聞き出すことと、正しく伝えることです。ここに問題があると、しっかりコミュニケーションを取ったつもりでもどこかで意思疎通のズレが生じてしまうことがあります。

PMはクライアントの前に立つ機会も多いもの。プロジェクトの顔ともいえる存在になるため、コミュニケーションには常に細心の注意を払うべきでしょう。

責任感と豊富な経験・知識

ここまで読んで、PMの仕事には大きな責任が伴うことは想像できたのではないでしょうか。
プロジェクトを進める上で重大な決断を迫られることになったり、予算やスケジュールといった重要事項の決定権があったりと、PMはまさにプロジェクト全体を掌握する存在となります。

また、PMとしてプロジェクトを円滑に進め、かつクライアントからも社内スタッフからも頼れる存在であるためには、これまでに培ってきた経験や知識が活かされる場面も多々出てくることに。これまでに自分がやってきたこと、学んだことのすべてを力に変え、業務にあたることを心がけてくださいね。

リーダーシップ

マネジメントスキルやコミュニケーション力にも通じる部分ですが、プロジェクトをスムーズに進めるためにはチームワークが求められます。チームが団結して目の前の課題に取り組むにあたっては、それを仕切る存在が必要となることでしょう。

このときに先陣を切るのがPMです。優柔不断だったり、なかなか決断できなかったりするPMでは、その背中を見守るスタッフたちも不安になってしまいます。
自分が責任者でありリーダーであるという意識を、忘れないでくださいね。

PMの年収

Web業界にはさまざまな職種の人が働いていますが、PMの年収はその中でも高い傾向にあります。幅広い知識と豊富な経験が必要になる上に、大きな責任も要求される仕事を担うため、高年収になるのは妥当だともいえるでしょう。

肝心の平均年収は610万円前後になるのが一般的です。なお、勤めている会社の規模や抱えている業務の多さなどによっては、年収が1,000万円を超えることも珍しくありません。

プロジェクトの進行中には確かに多忙にはなりますが、そのプロジェクト完了後の達成感は非常に大きいもの。
自分自身の主導によってチームをまとめる、大きなプロジェクトを進行して完遂させるといったことにやりがいを感じられる方であれば、PMの仕事に楽しさを見出すこともできそうですね。

取得がおすすめ!PM関連の資格

PMを目指すにあたって、必ず取得しておかなければならない資格はありません。しかし、転職活動における履歴書の記入や面接の場面で、自身の実力をアピールするのに役立つ資格は存在します。ここでは3つの資格を取り上げ、それぞれの概要を解説します。

プロジェクトマネージャ試験

PMとして活躍する上で必要となる知識や技術を問われる「プロジェクトマネージャ試験」。試験名からしても、PMなら取得しておくべき資格であることが分かるのではないでしょうか。
2019年の実績での合格率は14.1%。非常に難易度の高い試験であることが伺えます。

試験は4部構成で行われ、まず午前中に50分と40分の多岐選択式のテストを2本受けたのち、午後には90分の記述式テスト、120分の論述式テストを受けるというスケジュールになっています。
これに合格できれば、PMとしての力量を証明できるといっても過言ではないでしょう。

基本情報技術者試験

他業種からのステップアップをいう形でPMを目指す方も多いですが、その過程で役立つのが「基本情報技術者試験」です。一部の大学では学生に取得を促すところも少なくなく、Web業界で働く上で必要なプログラミングやシステム、マネジメントといった全般的な知識を問われる試験となっています。

2019年の実績における合格率は25.7%となかなかの難易度。試験は春期と秋期の年2回実施されています。ゆくゆくはPMを目指したいという方なら、取得しておいて損はない資格といえそうです。

ITストラテジスト試験

「ITストラテジスト試験」は、近年注目されているIoTや組み込みシステムを用いた企画開発、それらの技術を用いた戦略の策定や提案、推進といった業務にあたる方々にぜひ取得していただきたい資格です。

合格率は2019年の実績で15.4%なので、難易度はかなり高いといえるでしょう。こちらも「プロジェクトマネージャ試験」と同様、試験は4部構成です。試験は年に1回、秋期に開催されています。
PMはもちろん、ITコンサルタントを目指す方にも役立つ資格となるでしょう。

PMが読んでおきたい書籍を紹介

PMを目指すにあたっては、さまざまな知識やスキルを取得する必要があります。しかしその範囲は多岐にわたり、とても一朝一夕で覚えられるようなものではありません。

ここでは、PMとして仕事をする上で役立つ知識が詰まった書籍を5冊紹介。
すでにPMとして活躍されている方にも、これからPMを目指す方にも必見の内容です。

PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント

ウサギとカメに3匹の子ブタ、シンデレラなど、わたしたちが子どもの頃から慣れ親しんでいる童話を、あなたはどれくらい覚えていますか?
本書ではプロジェクトを童話にたとえ、物語の始まりから終わりまでに訪れるさまざまなシーンを、マネジメント術になぞらえながら解説しています。

なにか新しいことを覚えるとき、聞き慣れない専門用語や難しい言い回しが羅列されている書籍は、読み進めるのも困難なもの。
本書ではテーマが童話になっているため、内容もとっつきやすいものになっています。

桃太郎の物語から学ぶチームワークと仲間の大切さ、アリとキリギリスからは情報共有術を学びます。実際の童話の内容もそのまま紹介されているので、知識を覚えながら懐かしい気持ちに浸ることもできるかもしれません。

プロジェクトマネジメントについて独学で学んだ経験はあるけれど、内容が難しく挫折してしまったという方にもおすすめの1冊となっています。

人月の神話

本書の初版は、1975年に発刊されました。著者であるフレデリック・ブルックスは、いまから実に55年以上前に発表されたIBMのメインフレーム“System/360”の開発に、PMとして携わった偉大な技術者です。

ところで、Web業界においてシステム開発に関わったことのある方であれば、見積書や請求書の単位の欄に「人月」という単語を見たことがありませんか?
これはひとりで作業にあたるなら、1ヵ月あれば完了できる作業量であることを表します。

本書は1975年当時からこの人月という単位を否定し、その理由を説いている1冊です。

いまやPCやインターネットは、わたしたちの私生活の一部となりました。本書には、そんな時代が当たり前になるよりもはるか昔に筆者が体験した、システム開発における失敗や教訓がギュッと詰まっています。
プロジェクトのよりよい進行のためにはなにが必要か…それを考えさせてくれる数々の知識が、当時から色褪せずにまとめられている良書です。

プロジェクトマネジメントの基本 この1冊ですべてわかる

一人前のPMになるためには、まず基本となる知識やスキルが備わっていることが大切です。本書はタイトルに「基本」という単語が含まれるとおり、プロジェクトマネジメントを行うための基本がまとめられています。

「そもそも、プロジェクトとは?」というレベルから解説してくれているため、基礎の基礎から学びたいという方にもおすすめ。

プロジェクトを立てる意味から、プロジェクトを実行する際の体制、PMに求められるものまでがこの1冊にまとまっています。

PMとして初めてプロジェクトを取りまとめることになったら、本書の目次に沿って取り組んでみてはいかがでしょうか。実際の開発事例もまとめられているため、トラブルや障害を乗り換える際のヒントも得られることでしょう。

曖昧性とのたたかい

「みどりの窓口」といえば、JRにある乗車券の発売所です。みどりの窓口に置かれている端末は“マルス”というコンピューターシステムによって動いています。
本書は、マルスを開発した元日立のエンジニアである名内泰藏氏によって書かれました。

みどりの窓口という、現代のわたしたちにとっては当たり前の存在。それを動かすマルスが開発されるまでのプロジェクト管理秘話が、この1冊にまとめられています。

筆者自身がPMとしてプロジェクトに関わった経験を元に書かれているため、読み進めていくうちに強い納得感を抱き、説得力を感じることができます。
実際の現場で起きたことに対し、なにを行ったかという流れで書かれているため、自分がトラブルに見舞われた際の対処法を考える際にも役立つ知識が詰まっているでしょう。

PMとしてノウハウを培いたいと考えているなら、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?新人から中堅まで、どの段階に立つPMでも一読の価値ありですよ。

ソフトウェアメトリクス調査

ここまではPMとしての知識やスキルを学ぶための書籍を紹介してきました。最後に紹介する本書は、書籍タイトルのとおりさまざまな調査データをまとめた1冊です。

プロジェクトを進める中で、PMが抱えがちなこんな疑問。
「この規模のプロジェクトなら、どれくらいの工数をかけるべきなのだろう?」
「いまシステム開発で主要になっている開発言語は?」

本書にまとめられているのは、さまざまな企業において実施された、開発に関わるデータです。
いま主要になっている開発言語に、開発システムの規模ごとの納品遅延度、開発にかかる工数と工期の相関など、ふとしたときにチェックしたくなるデータがまとまっています。プロジェクトを進める際、常に横に置いて置きたい1冊です。

PMになるには

PMは豊富な経験と知識が問われる職種のため、未経験から目指すのは難しいといえるでしょう。採用する企業としても、即戦力になるPMを求めていることがほとんどです。

そのため、PMになるにはプログラマーやエンジニアなどシステム開発に関わる職種に就き、そこからのステップアップを目指すのが最短となります。
プログラマーやエンジニアとして仕事の経験を詰み、同時進行でコミュニケーション力やマネジメントスキルを磨きながら、力を培っていきましょう。

PMになるための知識や技術は、独学で学ぶことも可能です。しかし、より効率的かつスピーディーに力をつけたい場合には、オンラインスクールなどを活用するのも選択肢のひとつです。

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】