Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webエンジニアを目指す人へ!おすすめのプログラミング言語

Webエンジニアはさまざまなプログラミング言語を操り、Webサイトを構築したりサーバーを動かしたりする仕事を担います。
今回はWebエンジニアが扱うプログラミング言語の説明と、各言語の習得方法、プログラミングスキルを学ぶ上で役立つ資格についてまとめました。

Webエンジニアを目指すなら
習得しておきたい言語3選【フロントエンド編】

まずはWebエンジニアの中でも、Webサイトの見た目に関わる部分の構築を行う、フロントエンドエンジニアが扱うプログラミング言語をまとめていきます。Web業界で働くなら知っておくべき基礎的な言語も含まれるため、未経験の方でも聞いたことのある言語があるかもしれませんよ。

HTML

Webサイトを構築する上で、メインで使われるマークアップ言語です。タグと呼ばれるコードを記入することで、リンクを貼る、見出しをつける、文字を太字にするといった表現が可能となり、Webサイトにさまざまな表情を持たせることができます。

フロントエンドエンジニアであれば、必ず使いこなせておくべきマークアップ言語です。ほほかにも、WebデザイナーやWebライターでも簡単なタグであれば覚えていることが多いため、Web業界で働くなら覚えておいて損はない言語といえるでしょう。

CSS

HTMLで構築したWebサイトに、装飾を行うときに使うスタイルシート言語です。HTMLだけでもWebサイトを作ることは可能ですが、Webサイトの構成が単純になってしまう上に、コードが複雑になってしまうのも事実。

CSSと組み合わせることで、ページに色をつけてメリハリを出したり、アニメーションを作ったりと、ただテキストだけが並ぶWebサイトに彩りを添えることが可能になります。

Javascript

JavaScriptは、Webサイトに動きを持たせたいときに用いるプログラミング言語です。ポップアップウィンドウを表示させたり、複数の画像をスライド表示させたりするような挙動を持たせることができます。

Webサイトはもちろん、アプリやゲームを作る際に使われることも。Webサイト制作以外にも、幅広くWeb業界の仕事に携わりたいときにはぜひ習得しておきたい言語といえるでしょう。

Webエンジニアを目指すなら
習得しておきたい言語3選【サーバーサイド編】

続いては、Webサイトをインターネット上に公開するために不可欠なサーバーの構築を担う、サーバーサイドエンジニアが扱う言語について解説していきます。

Java

Javaは、さまざまなWebサービスのほか、業務システムやPC、スマホアプリの開発まで幅広い開発の場で使われる言語です。OSが変わっても動作するため、安定性が高く、さらに実行スピードが速いという特徴があります。

サーバーサイドの業務で使う言語として基礎的な存在ともいえるため、未経験からWeb業界を目指す方で、特にサーバーサイドの職に就きたいという方は、まずJavaを覚えることがおすすめでしょう。
なお、先ほど紹介したJavaScriptとはまったく別物です。

PHP

Webサイトを構築するツールとして人気の高いWordPressは、PHPで作られています。近頃はWebエンジニア以外にも、WebディレクターやWebデザイナーがWordPressのカスタマイズまでできることも少なくありません。
WordPressは今後も広く使われていくツールであると思いますので、PHPを覚えておいて損はないでしょう。

また、Webサイトの構築の際には、特に動的なサイトのプログラミングでPHPを用いることが多くなっています。ユーザーの操作によって動きが出るWebサイトを構築するためには、PHPの習得は必須です。

Python

これからプログラミングを勉強するなら、Pythonも忘れてはいけない存在です。近年になり普及してきたプログラミング言語で、今後の需要もますます高まっていくことが予想されます。

というのも、Pythonはいま流行りのAI、AIを実行するための手法のひとつである機械学習のプログラミング言語としても使われているもの。AIや機械学習などの分野は今後さらに発展してくるものと考えられることから、それに伴ってPythonにも注目が集まっているというわけです。

プログラミング言語の習得方法

それでは続いて、プログラミング言語を習得するためにはどのような方法を取るべきかまとめていきます。じっくり時間をかけて勉強するか、スピーディかつ効率的に勉強するか、自分の状況に合わせて選んでみてくださいね。

スクールに通う

プログラミングスキルをアップさせるのに効率的な勉強法といえるのが、スクールに通う方法です。プロに教えてもらえるという安心感がありますし、講師がいるため分からないことをすぐ質問できる環境も整っています。

Webエンジニアとしての転職を考えているといった状況では、できるだけ早くスキルアップを図りたいと考える方も少なくないのではないでしょうか。素早く技術を習得したい方にとっては、プログラミング教室に通ったり、オンラインスクールで学んだりする方法がおすすめといえます。

書籍や動画など独学で学ぶ

プログラミングについて書かれた書籍はたくさん販売されています。学校で勉強をする際には教科書があったように、プログラミングも書籍から学ぶことは可能です。
特に未経験からプログラミングを学ぶ場合は、まず分かりやすい書籍を選ぶことが重要となります。ネット上に公開されているレビューを見たり、書店で実際に開いてみたりしながら、自分に合う書籍を吟味しましょう。

また、プログラミングを動画で学べるオンライン学習サイトなどもあります。文字を読むのが苦手という方には、こちらのほうが向いているかもしれませんね。

現場で学ぶ

百聞は一見にしかずという言葉もあるとおり、技術を早く習得するためには実際に現場を見るのが一番の近道です。現在すでにWeb業界で働いている場合は、上司にWebエンジニアを目指したいことを伝え、現役Webエンジニアを手伝う形で実際にプログラミングに関わってみてはいかがでしょうか。

他業種にいる場合でも、とりあえずまずはWeb業界に飛び込んでみるのがおすすめです。WebコーダーやWebデザイナーなど、まずは未経験でも比較的なりやすく、かつプログラミング言語を扱う職種に就き、そこからWebエンジニアへのステップアップを目指すのも選択肢のひとつでしょう。

プログラミングスキルを証明できる資格

Webエンジニアになるために必須の資格はありません。しかし、就職・転職活動の場でプログラミングができることをアピールしたい場合には、資格を持っていたほうが有利な場合も。役に立つ資格を紹介します。

Javaの資格

Javaの資格として有名なのが、Oracle社が主催する「Oracle 認定 Java資格」です。試験のグレードは受験者のレベルに合わせてBronze、Silver、Goldの3つの種類から選ぶことができ、それぞれ受験料は13,600円、26,600円、26,600円です。
合格率や受験者数は公開されていませんが、合格のためには60~65%の正答率を獲得する必要があります。プログラミングを覚えたばかりであれば、まずはBronzeで腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

PHPの資格

PHPの資格には「PHP技術者認定試験」があります。グレードは初級試験、上級試験の2種類で、受験料はそれぞれ12,000円、15,000円です。
難易度は初級試験では70%ほどありますが、上級試験になると一気に10%程度まで落ち込みます。しっかりとPHPについて学んだ上で、覚悟を持って試験に挑む必要があるといえるでしょう。

HTML、CSS、JavaScriptなどの資格

まずは「MCP Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3」という資格。こちらはMicrosoftが運営する国際資格で、HTMLとCSS、JavaScriptを用いたプログラミングスキルをすべて問われる問題が出題されます。
世界的に通用する資格なので、将来的に海外進出を考えている人にも役立つ資格といえるでしょう。受験料は21,103円となっています。

「Webクリエイター能力認定試験」は、比較的リーズナブルな価格で受けることができる民間資格です。試験のグレードはスタンダードとエキスパートの2種類で、受験料はそれぞれ5,806円、7,435円となります。
合格率が89.9%と高いため、履歴書に書ける資格が欲しいというときに挑戦しやすい資格だといえるのではないでしょうか。もちろん、しっかり勉強をしてから試験に挑んでくださいね。

Pythonの資格

今後需要が高まっていくことが予想されるPythonに関する資格としては、「Python3エンジニア認定試験」があります。受験料は10,000円で、学割が適用されると5,000円で受けることも可能です。
合格率は77%とされています。まだ新しい試験ですので、今後さらに注目度は上がっていくでしょう。

Webエンジニアに必要なスキル

特に未経験からWebエンジニアを目指す場合には、まずスキルアップから図る方も少なくないのではないでしょうか。最後に、Webエンジニアになるために必要となるスキルについてまとめていきます。

使用言語に関する知識

ここまで解説してきたとおり、Webエンジニアは多くのプログラミング言語を使い分けながら業務にあたります。どの言語がなんの目的で使われるかを知っていることは大前提です。
加えて、やりたいことを叶えるのに最適な言語はなにか判断し、新しい技術が登場していないかアンテナを張り巡らせながら、無駄のないプログラミングを行えるスキルが必要になるといえるでしょう。

見やすさ・使いやすさを追求する思考

Webサイトを構築する上では、その時点での最新技術や流行りのデザインを取り入れるのが一般的でしょう。それはあくまでも一時的なもの。Web業界には常に新しい情報が流れ込んできますし、流行りも変わっていきます。
Webサイトは作って終わりではなく、ユーザーの目線で常に使いやすく、見やすくあるために更新していく必要があります。ユーザー目線に立つことを常に忘れないようにしてくださいね。

セキュリティを守る意識と技術

Webサイトは、ときに顧客のプライバシーに関わる情報を多く保有することがあります。その情報が漏れてしまえば、重大なインシデントとなる事態は避けられません。
Webエンジニアはプログラミングの際、セキュリティ対策には特に細心の注意を払いながら作業にあたる必要があるといえます。今後出てくる可能性のある新しい攻撃にも耐えられるよう、セキュリティ面を強固なものにするための情報収集と開発の手は、動かし続けることが重要です。

分かりやすく説明するスキル

WebエンジニアはPCに向かって黙々と作業にあたるイメージが強いですが、意外とコミュニケーション能力も求められる職種です。
プログラミングにあたっては、要件定義や設計についての説明を、クライアントや社内のメンバーに説明する機会を設けることも珍しくありません。正しく、分かりやすく、相手に理解してもらえるように説明することを心がけ、認識のズレが起こらないようにしましょう。

ビジネスパーソンの基本!報連相

Webエンジニアが携わる仕事は、いずれもWebサイトの全体に関わることです。多職種との連携があってこそ完成する部分も大いにあるため、報連相を大切にしながら、Webサイト制作に関わるメンバーと協力する気持ちを常に持ち続けましょう。
なにかあった際にも、ひとりで解決しようとすることは危険です。情報連携をし、ときには助け合いながら、質の高いWebサイト構築を目指してください。