Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターが制作会社で働くメリットとデメリット

Webサービスやサイトの制作や運用に関わる基本的な業務内容は同じでも、事業会社と制作会社では仕事内容が違います。それに伴い、政策や運用をリードするWebディレクターの業務内容も異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ここで事業会社のWebディレクターの業務内容やメリットデメリットをご紹介します。

Web事業会社とは?

事業会社とは自社でWebサービスやメディアを制作・運用し、それにより収益を得ている会社のことを言います。それに対して、制作会社は自社以外のクライアントから依頼を受けてWebサービスやメディアを制作する会社です。

つまり、事業会社と制作会社の大きな違いは、Webサービスやメディアの所有者が異なる点です。

自社でWebサービスやメディアを運営している事業会社は多く、ファッションや美容、転職、金融などジャンルが様々です。自社メディアのため、社内でジャンルを決定し、長期にわたってじっくりと運営する傾向にあり、制作会社と比べるとジャンルの専門性が高いのが特徴的です。

事業会社のWebディレクターの仕事内容は?

Web事業会社で働くWebディレクターは、主に自社が企画したWebサービスやメディア、アプリケーションなどの制作や運用のディレクションを行います。

制作会社ではクライアントから受注した案件の内容に従ってディレクションを行うため、サイトの方針や予算などのスタートラインの決定権はクライアントにあります。しかし事業会社はスタートラインから自社で決定するため、その決定権はほとんどの場合、Webディレクターにあります。

Webサービス立ち上げのゼロの段階から決定権が発生するため、重大な責任がありながらも、全ての業務を行うことでじっくりとディレクション能力を培っていくことができます。

自社サービスの制作や運用のため、関わるメンバーも比較的少なく、密にコミュニケーションを取りながら、マイペースに業務を行える点が特徴的です。

また、制作会社でのWebディレクションではクライアントとの取引が多く発生するため、高いコミュニケーション能力や提案スキルが必要とされますが、事業会社の場合は社内でのコミュニケーションがメインなので、制作会社ほどシビアなコミュニケーション能力や提案スキルは必要ではありません。

事業会社のWebディレクターのメリット

事業会社に勤務するWebディレクターのメリットは、4つあります。

ある程度マイペースに仕事ができる

クライアント相手のWebコンテンツ制作ではなく、自社のWebコンテンツ制作なので、社内で決めたスケジュールに合わせてマイペースに業務を進めていけます。目標としての完成日はあったとしても、納期ではないので、途中でスケジュール変更もしやすいです。

日々のデータからダイレクトに評価がわかる

事業会社のWebディレクターは、自社コンテンツを立ち上げた後もページビューやコンバージョンなどの数値を見ながら、数値の改善を行っていく必要があるため、数値の動きによりユーザーからの評価をダイレクトに知ることができます。その積み重ねにより、確実なマーケティング能力を養うことができます。

コンテンツの種類によっても違いますが、成果を上げるためにデータを分析しながら、目標に向かって数値の改善を続けていかなければいけません。目標に近づけるために必要なのがWebマーケティングに関する知識です。例えば、SEOやSEMなどの知識やスキルを習得しなければ、数字の改善が不可能なので、短期間でマーケティング能力を向上できます。

コンテンツに長期的に取り組むことでじっくり能力アップできる

制作会社では様々なクライアントのWebコンテンツを制作するため、決まったコンテンツの長期的な取り組みは、ほぼ不可能です。一方で、事業会社では、ある程度固定されている自社コンテンツに長期的に関わっていくため、じっくりとWebディレクションの能力を高めていくことができます。数値の改善においても、長期間にわたって同じコンテンツの数値を分析することが多いので、じっくりと解析しながら改善策を見出していくことができます。

また、戦略においても短いスパンだけではなく、中長期的なスパンで計画を立てられるので、確実に成果をアップするためのコンテンツ制作に立ち向かうことができます。継続は力なりと言うように、長期的に自社コンテンツに取り組むことで、しっかりとしたディレクションやマーケティング能力を確立していけます。

事業会社のWebディレクターのデメリット

制作会社に属するWebディレクターには、デメリットもあります。

最新のトレンド技術・マーケティング情報などが入りにくい

自社以外の外部との関わり合いがあまりないため、刺激が少ない分最新のトレンド技術やマーケティング情報などが入ってきにくい傾向にあります。そのため、自分で探して見つけていかなければスキルアップが望めないので、自発的に学ぶ努力が必要です。

コミュニケーション能力や対応能力を磨くのが難しい

事業会社のWebディレクターは、社内でコミュニケーションをとりながらのディレクション業務ばかりです。つまり、長く関わってきた社内の人間ばかりだからこそ、コミュニケーションをとりやすい反面、コミュニケーションや対応の能力向上が望める環境ではありません。

真のWebディレクターとして成長したいのなら全研本社がおすすめ

もしあなたが、事業会社と制作会社の両方のWebディレクターを経験してみたいと思っているのなら、全研本社がおすすめです。実際に同じ会社で事業的業務と制作的業務を同時に行うことはほぼ不可能です。しかし、全研本社ならそれが叶います。

全研本社のバリューイノベーション事業部ではブランディング型webマーケティングを得意としており、受託型の制作会社的な業務と、社内で自社コンテンツを立ち上げる事業会社的な業務の二本柱が確立されている点が特徴です。

Webディレクターに必要なマーケティング能力も制作会社と事業会社で必要とされるスキルがそれぞれ違います。しかし、全研本社でWebディレクターを務めること制作会社と事業会社で必要とされる弊社独自のマーケティングスキルを磨くことができます。

また、ひとつの事業に留まることなくドンドン新しい事にチャレンジしつづけており これからさらなる拡大も見込めるため、人脈も広がり、更なるコミュニケーション能力の向上や対応力を身につけること間違いなしです。この先もずっと、信頼されるWebディレクターを目指したいなら、全研本社がおすすめです。

全研本社の採用情報を見る