Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターが制作会社で働くメリットとデメリット

Web制作業務の全般を管理し、制作チームを引っ張っていく存在のWebディレクター。Webサイトの制作や運用においては最も欠かせないポジションです。それぞれのWebクリエイターは、Webディレクターの指示に従って業務を果たしていきます。

しかし、Webディレクターの仕事内容は担当サイトのフェーズや勤務する会社によって多少異なります。例えば、制作会社と事業会社ではディレクション内容が大きく違います。

ここで制作会社のWebディレクターの仕事内容やメリット、デメリットをご紹介します。

Web制作会社とは?

Web制作会社は、企業などのクライアントから受注したWebサイトを制作したり、管理する会社です。基本的には、クライアントの要望に従ってWebサイト制作や運用を行います。Webサイトを制作する場合は、初めにクライアントの要望を聞いてから構成案を作成し、Webサイト完成へと取り組んでいきます。

しかし、クライアントの要望によっては業務内容が多岐にわたり、Webサイト制作だけではなく、Webサイト完成後の運用管理やデータ分析などを行うケースが多いです。

制作会社のWebディレクターの仕事内容は?

Web制作会社に所属するWebディレクターは、クライアントから受注した案件をこなすためのディレクション業務を行います。そのためにはまず、クライアントとの打ち合わせを行う必要があり、その中でじっくりと要望を理解した上で、コンセプトや企画を基にした構成案を作成します。その後、構成案に基づき具体的なスケジューリングを行い、Webデザイナーやプログラマーなどが集まった制作チームを指揮し、Webサイト完成へと向けていきます。

また、Webサイト作成に必要な予算管理業務も含まれているケースが多く、事務的なスキルも必要とされます。

制作会社のWebディレクターのメリット

制作会社に勤務するWebディレクターのメリットは、4つあります。

コミュニケーションやプレゼン能力に磨きがかかる

クライアントから受注したWebサイトを制作する際に、クライアントと直接やり取りをする機会が多いのが、Webディレクターです。基本的には、Webディレクターがクライアントとやり取りをして、チームの各担当者に必要な業務内容を伝えていきます。そのため、コミュニケーション能力に磨きをかけることができます。

自社サイトの制作や運用する事業会社のWebディレクターは、ある程度固定された人間関係の中でコミュニケーションを取る傾向にあり、制作会社のWebディレクターほどのコミュニケーション能力を要しません。その分、コミュニケーション能力を磨きたいと思っているWebディレクターは物足りなく感じるかもしれません。

また、クライアントからの要望に対して提案を行う場面も多々あるため、プレゼン能力にも磨きをかけることができます。

予算やスケジュール管理能力を強化できる

制作会社のWebディレクターは、予算とスケジュールの管理も業務に含まれることが多いです。クライアントが希望する予算内で業務を行う必要があるため、確実な管理能力が求められます。予算だけではなく時間にも制限があり、クライアントが希望する納期までに仕上げるために、シビアなスケジュール管理能力も求められます。

自社サイトを管理する事業会社のWebディレクターと比較すると制作会社のWebディレクターには、より高い予算とスケジュール管理能力が求められるため、様々な経験を通してスキルアップが望めます。

様々な経験を積む中で技術力がアップする

制作会社では、様々なクライアントと取引をするため、多種多様なサイトや業界に関わるチャンスがある為、技術力や知見を磨いていくことができます。Webサイトを立ち上げるだけではなく、既存サイトの改善や運用のサポートに関わる業務もあり、新しい技術や知識を求められる局面が多いです。

分類するとWebサイトには様々な種類があります。今後も種類は増えている中で、現在は

  • コーポレートサイト
  • キャンペーンサイト
  • ECサイト
  • メディアサイト
  • ポータルサイト
  • オウンドメディア
  • ランディングページ

などが多いです。

これらのWebサイトだけではなく、サービスやアプリ提供などの要望もある可能性が高く、短期間で経験を積み、技術力を磨けます。

人脈が広がる

制作会社のWebディレクターは、様々な業界のクライアントとの取引があるため、人脈が広がりやすい傾向にあります。事業会社であれば、自社のサイトの制作や運用業務がメインなので、Web業界の人間と関わることがほとんどです。制作会社で様々な業界の人物と出会う機会が増えることで、人脈が広がり、ディレクション業務の対応力につなげていくことができます。

制作会社のWebディレクターのデメリット

制作会社に属するWebディレクターには、デメリットもあります。

クライアントにスケジュールを合わせなければいけない

Webサイト制作や運用はクライアントの要望やスケジュール、状況に応える必要があるため、勤務時間が変動的になりがちです。例えば、クライアントの状況の変化によっては即対応しなければいけない局面が多々あり、残業が増える傾向にあります。事業会社のように、自社だけのペースでWebサイトの制作や運用ができないため、状況によってはある程度の時間拘束が予想されます。

報酬以上の業務を任されるケースがある

クライアントの要望によっては業務範囲が多岐にわたることがあるので、報酬以上の業務量を請け負うことがあります。そのため、うまく取引をして業務量を調整する必要がありますが、クライアントの推しが強い場合は交渉が難しい為、交渉力が問われます。

全研本社なら制作会社・事業会社の両方の観点でディレクション能力を発揮できる

たとえ、事業会社と制作会社のメリットとデメリットを把握できたとしても、現実的には両方でWebディレクターをするのは難しいです。しかし、全研本社では事業会社と制作会社の両方の業務を請け負っているため、うまくバランスを取りながらWebディレクターのスキルアップへと繋げていけます。

クライアントから受注したWebコンテンツを制作・運用する制作会社の要素と、自社で立ち上げたWebコンテンツを制作・運用する事業会社の要素の両方を兼ね備えている中で、それぞれの場面で対応力を養っていけるのです。制作会社的な業務としては、クライアントが扱っている商品やサービスの売上をアップするために必要なWebコンテンツの提案や制作、運営業務を行っています。事業会社的な業務としては、求人型と広告掲載型のメディアを立ち上げ、それぞれ収益を得ています。

弊社のように制作会社と事業会社の両方の観点でWebディレクションを始めとしたさまざまな経験が積めることは、webディレクターにとっては貴重な財産になると考えています。全研本社で本物のWebディレクターとしての能力を磨きませんか?

全研本社の採用情報を見る