Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Web業界の職種紹介

これからWeb業界で働いてみたいと考えている方の中には、自分がどの職種で活躍できるか知りたいという方もいれば、そもそもどんな職種があるのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はWeb業界でメジャーな職種をピックアップし、それぞれの仕事内容と必要なスキルについてまとめました。
未経験からWeb業界を目指す方にはもちろん、別業種からの転職を考えている方にも、ぜひ参考にしていただきたい内容となっています。

Webディレクター

仕事内容

Webサイト制作にあたってクライアントの要望をヒアリングし、それをもとに制作スケジュールの調整や社内スタッフの人選、そして制作現場の指揮まで取るのがWebディレクターの役割です。
大勢を束ねながら滞りなく作業を進める必要があるため重圧がかかりますが、プロジェクトが完遂したときの達成感ややりがいも、非常に大きくなります。

必要なスキル

もっとも重要視されるのがコミュニケーション力です。クライアントと社内スタッフの間に立ついわば仲介人として、両方の要望を聞き、良いところを取り入れながら業務にあたれるよう現場を取り仕切る必要があります。
次いで、スケジュール管理能力やWeb全般の基本的な知識も、あるに越したことはないでしょう。

Web編集者/Web編集ディレクター

仕事内容

Web編集者、Web編集ディレクターと呼ばれる人たちの主な仕事は、Webサイトに掲載するコンテンツの企画立案や制作進行管理、原稿チェックなどです。コンテンツ部分にのみ携わるWebディレクターといったイメージをしてもらえると分かりやすいでしょうか。

必要なスキル

ユーザーに需要があるコンテンツを生み出すためには、ときに多くの意見を参考にする場面も出てくるもの。そこで必要なスキルは、周囲の人たちと協力しながらアイデアを集める巻き込み力です。
コンテンツ原稿を納期までに完成させるためには進行を管理する能力も必要となります。原稿チェックをする上では文章の基礎を押さえておくことも重要ですので、ライティング力も備えておくべきでしょう。

Webディレクターアシスタント

仕事内容

Webディレクターの補佐として立ち回る役割を担います。ディレクション業務を間近で見ることができるので、新卒や転職で未経験からWebディレクターを目指すといった場合にはまずWebディレクターアシスタントを志すのが選択肢のひとつです。

必要なスキル

Webディレクターと同様に、コミュニケーション力とリーダーシップが必要なスキルとなります。アシスタントのうちからこれらのスキルを磨き、現場からの信頼を得ておくことで、いざWebディレクターにステップアップしたときにもスムーズに業務にあたることができるでしょう。

Webデザイナー/グラフィックデザイナー

仕事内容

Webサイト全体のレイアウトやカラーの決定、イメージの作成など、Webサイトの見た目に関わる部分に大きく携わるのがWebデザイナー、グラフィックデザイナーと呼ばれる人たちです。
デザインが決定したら、そのままコーディング作業まで行うことも珍しくありません。

必要なスキル

PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトを使いこなせるスキルは必須です。加えて、業種に合わせた最適なデザインや、デザインの流行を素早くキャッチできる能力もあるとよいでしょう。
Webコーダーの役割を兼任する場合は、コーディングスキルも必要です。

Webライター

仕事内容

Webサイトに掲載する文章コンテンツを制作する人たちです。クライアントがユーザーに提供したい情報を聞き出し、伝わりやすくまとめながら記事に落とし込むことがメインの業務となります。
与えられたテーマをもとに執筆することもあれば、テーマ検討や構成案の作成から任されることもあるでしょう。

必要なスキル

ライティング力は必須です。誰にでも伝わりやすく、かつ魅力的な文章を書く力はWebライターとして必ず持っておかなければなりません。
Webサイトを検索エンジンで上位表示させるために必要なSEO(検索エンジン最適化)の知識も学んでおくべきでしょう。簡単なHTMLの知識も持っておくと、サイト制作業務にも携わることができます。

Webアナリスト

仕事内容

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを用い、Webサイトの課題を見つけたり問題を解決に導いたりするのが、Webアナリストの仕事です。
測定した数値から測定基準(KPI)を作成することで、Webサイトの目標を定めるのも重要な仕事のひとつ。分析によってWebサイトの品質向上を目指します。

必要なスキル

Webサイトに反響があった際に、その数値をスルーすることは簡単です。数値を元にWebサイトの現状を分析するためにも、Webアナリストには物事に気づく力が必要となります。
どのコンテンツがユーザーに刺さったのかを疑問視し、今後どのような情報を発信していくべきかを深堀りしていく力が求められるでしょう。

Webマーケター

仕事内容

Webメディアを活用し、集客を促進するのがWebマーケターの役割です。業界の市場動向を確認しながらニーズの高い商品を検討し、顧客の目を引くようにWeb上での情報発信を展開するのが主な業務となります。
Webとリアル市場を結びつける存在といっても過言ではないでしょう。

必要なスキル

Webでの情報発信を行う際には、まずクライアントから了承を取ることが必要です。そのためには、Webマーケターのコミュニケーション力や提案力が優れていることが求められます。
市場の動向を掴むためには情報収集力も重要です。現状の知識に満足せず、学び続ける向上心がある方に向いているのではないでしょうか。

SEOアナリスト/SEOディレクター

仕事内容

せっかくWebサイトを制作しても、検索エンジンでヒットしないことには誰にも見られません。そこで重要なのがSEOです。
ユーザーから検索されやすいワードを調査し、コンテンツに含めるキーワードを検討したり、ソースコードを見直したりしながら上位表示を目指すのが、SEOアナリスト、SEOディレクターと呼ばれる人たちの仕事となります。

必要なスキル

SEOの常識は、日々変化していくものです。よってSEOアナリストやSEOディレクターに求められるスキルは、情報収集力です。
加えて、世間の動向に合わせてコンテンツを最適化していくといった業務には、地道さも必要となります。コツコツと仕事に励むことができる能力も重要です。

Webコーダー

仕事内容

HTMLやCSS、そしてJavaScriptといったプログラミング言語を操り、Webサイトの成型するのがWebコーダーの仕事です。
Webデザイナーがデザインしたとおりにコーディングを行う役割を担いますが、会社によってはWebデザイナーがコーダーを兼務することもあります。

必要なスキル

昨今はスマホの一般普及率も非常に高いため、PCでもスマホでもレイアウトが崩れないようコーディングをする技術が必要です。また、ちょっとしたソースコードのズレによってレイアウトが大きく崩れることもあるため、着実に淡々と業務をこなせる能力も求められるでしょう。
人と協力して動く職種になるため、協調性もあるとよいですね。

Webプログラマー/サーバーサイドエンジニア/フロントエンドエンジニア

仕事内容

Webプログラマーの仕事は、WebサイトをWeb上に公開するために必要なサーバーを動かすためにプログラミングを行うこと。サーバーサイドエンジニアは、制作するWebサイトに必要なサーバーの台数やスペックを検討する要件定義を作成したり、サーバーの動作確認をしたりする仕事を担います。
フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptを用いたコーディングや、CMSの構築など、Webサイトの見た目を整え、管理のしやすさを向上するための業務を行う人です。

必要なスキル

これら3つの職種に共通して必要なスキルは、ゴールに向けてコツコツと作業を進める能力です。また、プログラミング言語やマークアップ言語など、さまざまな言語を扱う仕事ですので、勉強熱心な人のほうが向いているといえます。
PCに向かって黙々と作業をする職種でもあるため、集中力も必要となるでしょう。

Web業界には活躍できる場がたくさん!

Web業界と一口にいっても、さまざまな職種があることが分かりましたね。
今回はそれぞれの仕事内容や必要なスキルをまとめましたので、中には「自分ならこの職種に向いていそう」と思える仕事があったのでは?

未経験からWeb業界を目指す方も、他業種からの転職でWeb業界へ飛び込もうと考えている方も、まずは自分の得意分野を分析したり、保有しているスキルをまとめたりすることから始めてみてくださいね。