Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、ユーザーから見えるWebサイトの“表側”を構築する仕事を担います。
HTMLやCSSを用いてWebサイトを構築する業務を担うため、Webコーダーとの違いが分からないと感じる方も少なくありません。しかしフロントエンドエンジニアは、さらに踏み込んだ業務も担うことで、Webサイト構築の中枢に立つ存在です。

今回はフロントエンドエンジニアの仕事内容や向いている人、気になる年収に加え、目指すときに持っていると役立つ資格について解説します。

フロントエンドエンジニアエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアの仕事は、コーディングをメインに、ときにはCMSの設計やカスタマイズを行ったり、Webサイト制作を依頼したクライアントの要望を叶えるために最適な技術や構造を検討・提案したりすることです。

コーディングといえばWebコーダーを思い浮かべる方も少なくないでしょう。
Webコーダーの仕事が、Webデザイナーの作成したデザインをコーディングによってそのまま実現すること、だとします。

これに対してフロントエンドエンジニアの仕事は、
「Webサイトにこの動きを取り入れたいなら、クライアントが希望している機能よりもこちらの機能のほうが最適ではないか?」
といった具合に、自ら疑問を呈してより最適な案を取り入れていく、といったイメージです。

フロントエンドエンジニアエンジニアの主な仕事内容

フロントエンドエンジニアのメインの業務は、デザインを元にWebサイトの見た目を構築することです。それでは具体的に、その仕事内容を紐解いていきましょう。

コーディング

Webデザイナーから提示されたデザインを元に、HTMLやCSSといった言語を用いてWebサイトを構築していく仕事です。

煩雑なコーディングは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンからの評価が下がるほか、表示が遅くなる原因になることも。簡潔で分かりやすいコーディングができることが、フロントエンドエンジニアとしての基本スキルだといえるでしょう。

JavaScript設計・実装

プログラミング言語であるJavaScriptを用いると、Webサイトに動きを持たせることが可能になります。たとえば所定の場所をクリックするとテキストの続きが表示される、テキストの色が変わるといった動作をさせたければ、JavaScriptの導入が必要です。

Webコーダーでも、JavaScriptを用いた簡単なプラグインの実装はできることが多いですが、フロントエンドエンジニアはプラグインのカスタマイズや、JavaScriptを用いたオリジナルインターフェイスの作成までできることが望まれます。

コーディングディレクション

コーディングを行うにあたっては、コーディングルールを策定することも。フロントエンドエンジニアは、このルールを策定する役割も担います。

また自分以外にコーディングの担当者がいる場合は、正しくコーディングされているか、スケジュールどおり進んでいるかディレクションを行うことも。
ときにはWebデザイナーやWebディレクターから、デザインやWebサイト構築に関する相談を受けることもあり、まさにプロジェクトの中枢に立つ存在となります。

CMS構築

Webサイトの管理や運営を楽にするには、CMSの導入が推奨されます。WordPressやMovable Typeなどその種類はさまざまで、ときにはクライアントがCMSの指定をしてくることもあるかもしれません。

その指示を受け、クライアントが使いやすいようにCMSを構築したり、カスタマイズしたりするのも、フロントエンドエンジニアの仕事です。使い方のマニュアルや、導入後の保守も任されることがあるため、CMSについての基本的な知識が必要となります。

フロントエンドエンジニアエンジニアに向いている人

それでは続いては、どのような人がフロントエンドエンジニアに向いているか解説していきます。

勉強熱心である

Web業界には、常に最新情報で溢れ返っています。昨日まで当たり前だった技術が、今日には古くなっているということも珍しくありません。
HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を用いた技術や、CMSの知識についても、一度覚えたら終わりではないと考えましょう。自分のスキルがまだ通用するのか、それとも新しく覚えることがあるのか、定期的に世間の動向をチェックすることが大切です。

コツコツと地道に作業にするのが好き

コーディングやCMSのカスタマイズといった業務は、PCに向かってコツコツと取り組む業務です。フロントエンドエンジニアは表立ってバリバリとコミュニケーションを取る仕事ではなく、地道に着々とこなす仕事がメインとなります。

コツコツと作業をこなし、大きなものを生み出すことにやりがいを感じる方はフロントエンドエンジニアに向いているといえるでしょう。

疑問を持ちながら業務にあたれる

クライアントから「Webサイトでこんな表現をしたい」という要望があったとして、それを実現するための技術に複数の選択肢があったとしましょう。クライアントがAという技術を望んだとき、フロントエンドエンジニアはそれを鵜呑みにせず、一度「その技術が本当に最適か?」を考えます。

ここでもしBという技術を使ったほうがよいという判断になれば、それをクライアントに提案し、よりよいWebサイトを生み出すよう働きかけなければなりません。常に現状に疑問を持ちながら業務にあたることも、フロントエンドエンジニアに必要なスキルです。

頼られるのが苦にならない

フロントエンドエンジニアは、ときにWebサイト制作業務に関わる社内スタッフの相談役となり、求める機能に必要な技術の提案や、実装のためのサポートを行うこともあります。

人から頼られ、最適な答えに導くことが苦にならない人であれば、フロントエンドエンジニアに向いているかもしれません。
リーダーとして現場を率いていくことができれば、会社からの評価アップも狙えます。他者と関わることは刺激にもなりますし、自身の知識量を増やすチャンスにもなることでしょう。

フロントエンドエンジニアエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアの年収は、20代では350万円前後、30代では400万円台、40代で500万円台程度となるのが一般的です。しかし、スキルや経験によってはさらに上を目指せることもあり、優れたフロントエンドエンジニアであれば700万円前後の年収を手にすることもごく当たり前にあり得ます。

たとえば同じフロントエンドエンジニアでも、コーディングのみ行う人と、JavaScriptやPHP、CMSの扱いにまで長けている人がいれば、両者に年収に差が出るのも当然のことです。
より多くの年収を得るためには、スキルや知識を積み、幅広い業務にあたれるようになる必要があります。フロントエンド業務のスペシャリストとなり、現場を引っ張っていくような役割になれれば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

また、フロントエンドエンジニアは求人情報も多い職種です。
現在の会社ではこれ以上の年収アップが望めないと感じたら、思い切って条件のよい会社に転職することも、年収アップのために必要な選択となり得るでしょう。

取得がおすすめ!フロントエンドエンジニアエンジニアの資格

フロントエンドエンジニアには無資格でもなることができますが、持っておいて役立つ資格はあります。今回は3つご紹介しましょう。

Webクリエイター能力認定試験

HTMLやCSSの基本的な知識から、レイアウト手法、ユーザビリティーなど応用的なWebページ制作能力まで問われる資格です。

試験はスタンダート、エキスパートから選べるので、未経験からフロントエンドエンジニアを目指したい方はスタンダート、さらなるスキルアップや年収アップを目指す方はエキスパートといった具合に、状況に合わせて難易度を選ぶことできます。

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5にCSS3、JavaScriptの知識まで問われる資格です。最新のマークアップ言語の知識を網羅できるため、Webサイト制作の技術力アップに役立ちます。

難易度が高めの試験ですので、フロントエンドエンジニアとしてスキルアップを目指す方や、Webコーダーからフロントエンドエンジニアへの転身を考えている方に役立つ資格だといえるでしょう。

CIW JavaScript Specialist

国家資格であるCIW JavaScript Specialistは、世界的にも認められているJavaScriptの資格です。今後Webの仕事に携わりながら、国際的に活躍することを目指している方にとってはとても役立つ資格となります。

試験問題が英語で出題されるため、英語力がある方でないと合格は難しいかもしれません。数あるJavaScriptの資格の中でも、難易度は高めです。

フロントエンドエンジニアエンジニアになるには

フロントエンドエンジニアになるためのよくあるキャリアプランとしては、まずはWebコーダーやマークアップエンジニアとしてスキルを磨き、ステップアップという形で目指すというものが多くなります。

未経験からいきなりフロントエンドエンジニアになるには、必要な知識量や技術ノウハウが膨大になるため、まずは他の職種で修行しながら目指していく形を取るのがよいでしょう。

HTMLやCSS、JavaScriptは独学でも学べますが、スピーディーに習得したいときはスクールに通うのも選択肢のひとつです。
CMSの使い方を覚えるのに手っ取り早い方法は、自分で使ってみること。勉強がてら、自分のWebサイトを作ってみてはいかがでしょうか。

Webサイトの構築にあたり、フロントエンドエンジニアはWebデザイナーやWebディレクターと関わることも多くなりがち。デザインやディレクション業務の知識も持っておくと、即戦力として活躍しやすいでしょう。

全研本社の求人「フロントエンドエンジニア」の募集要項

給与・賞与
月額:22万5000円~34万8000円
(内訳)
・基本給 17万7000円~28万円/月
・住宅手当 1万5000円~1万8000円/月
・みなし残業手当 3万3000円~5万円/月
※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
精勤手当 5000円/月
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)※業績・評価に応じて支給

応募資格
学歴不問。
WEBデザイナーもしくはコーダーとしての実務経験をお持ちの方(1年以上)。
※実務経験がない方でも、趣味でWEBサイトを制作したご経験がある場合はご相談ください!

★あると望ましい経験・能力
HTML5/CSS3を使ったコーディング実務経験
モバイル/スマートフォンサイトの制作経験
WEBサイトの運営経験

求める人材
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
コツコツ、正確、誠実に仕事をしたい方。
雇用形態
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)
勤務曜日・時間
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)
福利厚生
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
語学教育受講支援制度(英会話・日本語)
社内イベント多数(参加は任意)
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇
勤務地
〒160-8361 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ
交通
JR・各線新宿駅(B18出口)より徒歩2分
西武新宿駅より徒歩2分
新宿西口駅より徒歩2分