Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webデザイナーの年収はどれくらい?

Web業界にはさまざまな職種がありますが、絵を描いたり、なにかをデザインしたりするのが好きな方の中には、Webデザイナーを志す方も多いのではないでしょうか。

好きなことを仕事にしたいというのは、多くの方々の願いです。とはいえ、その仕事で生活をしていくためには、それなりの収入が必要になります。
今回はWebデザイナーの気になる年収事情をまとめました。

300~400万円が平均

まず、Webデザイナーの平均年収のラインは、300~400万円が一般的なようです。

Web業界のほかの職種では、500万円、600万円以上の年収を叩き出すことも少なくはありません。それらと比べると、Webデザイナーの年収はやや低めに感じられます。

会社に勤務している場合と、フリーランスの場合には大差はなく、Webデザイナーという職種自体の年収がこれくらいで推移しています。

とはいえ、平均が300~400万円というざっくりとした値になっているということは、年収が低い人も高い人もいるということ。中には200万円台の方も、400万円台後半ほどの年収を得ている方もいらっしゃいます。
年収の違いはどのような要素に影響するのか、紐解いていきましょう。

年収の違いはどこにある?

Webデザイナーと一口に言っても、それぞれが持っている要素は異なります。その要素が年収の差に影響することもあるのです。

年齢

まずは分かりやすい要素として、年齢が関わります。新卒の20代と、Webデザイナーとして長年経験を詰んできた30代、40代とでは、年収に差が出て当然です。

実際、20代のWebデザイナーの年収は、200万円台になることも珍しくありません。これに対して、同じWebデザイナーでも30代となればその平均年収は410~450万円程度、40台では470~500万円弱という値を叩き出すことも。
50代になれば、その平均年収はなんと600万円台を越えるものになります!(※賃金構造基本統計調査 2019年版より:厚生労働省)

もちろん、このあと解説していくほかの要素との兼ね合いで、年収には差が出てくるものです。
しかし、Webデザイナーとして真面目に仕事をし、着実にレベルアップをしていけば、このくらいの年収を得ることも可能であるという希望は出てきたのではないでしょうか。

経歴

年齢がWebデザイナーの年収に大きく関わると解説はしましたが、もちろん成長もスキルアップも図らずにただ年齢を重ねただけでは、ここまでの年収アップは望めません。
年齢相応の年収を得るためには、経験を重ね、新しい知識を学び、たくさんの実績をこなしていくことも重要です。

Web業界には常に新しい情報が舞い込んできます。
Webデザインに関しても同様で、そのときどきで流行も変われば、業種によって最適なデザインも異なってくるのです。

いつまでも昔得た知識のみでデザインをしていれば、いつか必ず壁にぶつかってしまうことでしょう。
自分のデザインばかりに目を向けることはやめ、ときには他者のデザインも参考にし、最適かつ最良のデザインはなにかを追い求めていくことを忘れてはいけません。

勤めている会社の規模

Web関連会社と一口に言っても、この業界にはたくさんの会社があります。大手企業と呼ばれるものから、中小企業と呼ばれるものまで、その規模もさまざまです。

たとえば、「企業のECサイト制作」を主たる業務内容として掲げるWeb制作会社が、2社あったとします。これらはほぼ同等の業務をこなすわけですが、それぞれの会社の規模が違えば、従業員に支払っている給与にもおそらく差が出てくるはず。

Webデザイナーが得られる平均年収は、基本的に大きな会社であるほど高く、小規模であるほど低くなりがちです。すべてがそれに該当するわけではありませんが、より多くの給与を得たい場合は大手企業に勤務するほうが確実でしょう。

とはいえ、大手企業から内定をもらうためには、その企業に貢献できるほどの経歴が必要になるもの。まずはしっかりと実績を積み、転職という形で大手企業を狙うのも手段のひとつです。

独立かフリーランスか

高収入を目指すなら、独立したり、フリーランスでWebデザイナーになったりするのも手段のひとつです。しかしこれらはリスクも大きい選択です。

特にフリーランスにおいては、スタート時に社会的信頼は低くなりがち。ある程度の経歴を持ち、「この人になら仕事を任せても心配なさそう」と思ってもらえなければ、そもそも仕事を得ることもできないかもしれません。

独立は軌道に乗れば高年収を得られる可能性が高くなりますが、独立するためにまとまった資金が必要になり、万が一失敗してしまった場合に負債を抱える可能性もあります。

このようにそれぞれリスクはありますが、成功すれば、がんばった分だけすべて自分の収入になるというハイリターンな側面も。
経歴や実績、責任感があれば成功も夢ではない選択肢ですので、まずは現実的かどうか冷静に検討することから始めてみましょう。

Webデザイナーが平均年収をあげるには

現在すでにWebデザイナーとして活躍している方の中には、なかなか年収が上がらないことに悩む方も少なくないかもしれません。年収アップのためにできることをまとめました。

会社と交渉する

会社勤務の場合は、まずは直属の上司に年収アップの交渉をしてみましょう。自分が会社にどんなふうに貢献しているかを伝え、それ相応の給与を得られていないと感じることを伝えます。

もしかすると、忙しい上司はあなたの業務内容をしっかりと把握できておらず、相応の評価をできていなかったのかもしれません。
その場合は相談を機に、年収アップを検討してくれることでしょう。

転職する

どうしてもいまの会社では年収アップが望めないという場合は、転職もありです。自分の経歴やスキルをもっと活かしてくれる会社に出会えれば、驚くほどの年収アップが叶う可能性もあります。

ただし、高年収の会社に勤務したいなら、Webデザイナーとしてそれ相応のレベルも必要となります。
いま現在の自分のスキルがまだ低いと感じるならば、まずは現職で経験を積み、力をつけてから転職活動をすることも大切ですよ。

スキルアップをする

先ほど、ただ年齢を重ねただけでは年収が上がらないのは当然と解説したとおり、年収アップを狙うならスキルアップも必要です。
まずはいまの自分になにが足りないかを分析し、実績を積む、書籍やスクールで勉強をするなどして、足りない知識やスキルを補いましょう。

スキルアップができれば、いまの会社で年収交渉をするか、転職するかといった選択肢が増えます。年収が上がらないと嘆く前に、自分を見つめ直すことも大切です。

独立・フリーランスとして自由な報酬設定をする

独立や、フリーランスのWebデザイナーとなれば、報酬の設定は自分で決められます。
質の高いデザインができれば、Webサイトの価値は上がります。それをクライアントが認めて、求めてくれれば、報酬も高く設定することが可能です。

会社員の場合は基本給が固定ですが、独立やフリーランスになれば極端に言うと上限がなくなるということ。もちろん簡単な道ではありませんが、不可能ではない話です。

Webデザイナーからのキャリアパス

Webデザイナーに憧れてその職種に就き、Web業界で働き始めると、ほかの職種の仕事も見えてくることでしょう。
Webデザイン1本で働き続けることを生き甲斐にする方も少なくないでしょうが、中には「あの仕事も気になる」と視野が広まる方もいるかもしれません。

Webデザイナーから転身する職種として多いのが、Webディレクターです。

Webディレクターは、Webサイト制作のプロジェクト統括を行う役割を担います。多忙ですがやりがいのある職種で、かつ業務範囲も大幅に広がるので、それ相応の年収アップも夢ではありません。

まとめ

Webデザイナーは、Web業界においてはやや年収が低めの職種です。とはいえ、充分に生活していく程度の年収は得られます。

年収アップを目指すなら、まずは自分磨きをしてみましょう。それでも相応の評価を得られないと感じるなら、思い切って転職したり、独立やフリーランスとして働いたりするのもありです。

高年収を得られる職種への転身も頭の隅に置きつつ、自分がイキイキと働き続けるための最良な道を選択してくださいね。