Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webデザイナー

Webサイトが成果を上げるかどうかの要であるデザインを担当するWebデザイナー。その仕事内容やWebデザイナーに適しているタイプ、持っていると役立つ資格、Webデザイナーになるための方法などをご紹介します!!

Webデザイナーとは?

Webサイトを制作するのにあたって、その使いやすさや見た目の美しさは結果に直結します。そのため、デザインというのはかなり重要なポイントでもあります。Webデザイナーはクライアントの目的やサイトのコンセプト、要望に答えられるように全体的にデザインを構築します。そのほか、バナーやロゴ、背景など細かい部分やHTMLやCSSのコーディングを担当することもあります。また、一人だけで制作するわけではなくチームの一員として制作を行います。

Webデザイナーの主な仕事内容

Webデザイナーの仕事には大きく分けて、デザインとコーディングの作業があります。その詳しい仕事内容をご紹介します。

デザイン

デザインは見た目だけじゃない!使い勝手も成果を左右する重要なポイント

まずはサイト全体のざっくりとしたレイアウトやカラー、イメージなどを作ります。クライアントの了承が得られたら、細かい部分のロゴやアイコンの配置などを決めていきます。この作業には「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトが使用されます。この作業が終わると出来上がりの雰囲気がほぼつかめるほどの見た目にもなるので、クライアントと相談しつつ、進行することが多い作業です。見た目の美しさだけでなく、使い勝手が良いことも重要なポイントです。

コーディング

コードを記述してデザインをWebページに反映する作業「コーディング」

Webサイトのデザインにクライアントの了承が得られたら、HTML、CSS、JavaScriptなどを使用したコーディングを行っていきます。HTMLは文章や画像、CSSは配置やフォント、文字サイズ、色など、JavaScriptで動きを表すことができます。デザインの調整はとても細かい作業で集中力と根気が必要とされます。コーディングは、コーダーが専任で担当することもありますが、デザイナーが兼任していることも多いです。

Webデザイナーに向いている人

デザイナーはクライアントの要望に応えつつ、ユーザーの使いやすさを追求しなければなりません。そのため、その両方からサイトを見て構築する能力が求められます。また、クライアントからヒアリングなどを行ったり、わかりやすく伝えたりなど、うまくコミュニケーションをとることができる人が向いていると言えます。デザインを施すのはコツコツと細かく、孤独な作業でもあるのでそのような状況で集中できるタイプの人が適しているでしょう。

Webデザイナーの年収

ざっくりウェブデザイナーの平均年収は、360万円(給料30万円)ほどと言われています。

この金額はある程度のデザインができて、サクサクとSEOを意識したコーディングができるくらいのレベルだと思います。タグ(HTML、CSS)が書けるだけなら20万円台でしょう。

Webデザインなら社内で作るだけでなく、外注するという手段もあります。工数と単価を計算すると、場合によっては社員に給料を払うより外注する方が安いこともあります。なので正社員として働く場合、外注さんより会社にメリットをもたらす何らかのスキルが求められます。

例えば、自発的に提案ができる、融通が利く、クライアントからの評価が高い(要望の再現度が高い)などです。

自分の給料を上げたい場合には、スキルアップは欠かせない要素です。Wordpressのアドオンに詳しく、さまざまな機能を実装できる、スマートフォンも対応できる、Flash技術にも長けている、JavaScriptも記述可能なレベルであれば、年収400~500万円以上は期待できます。

今求められているWebデザイナーはマルチな能力を持っていることが重要視されるのです。

日本のWebデザイナーの平均年収

日本のWebデザイナーの平均年収は330万円という調査結果が出ています。(2014年の調査結果) 賞与を考慮せず、単純に12で割って計算した月収は27万5,000円です。

Webデザイナーの平均年収を他の職種と比較してみましょう。例えば、Webデザイナーと同じく「手に職をつけられる仕事」として人気の高い美容師の平均年収は267万円です。また、Webデザイナーと同じクリエイティブ分野では、グラフィックデザイナーが328万円、DTPオペレーターが323万 円で、Webデザイナーの平均年収が最も高いと言えます。

このページで取り上げたWebデザイナーの年収は、平均値となっています。 その他に、高いデザイン技術や資格なども持っていれば、年収の大幅アップも望めます。 Webデザイナーとして着実に力を身につけ、ディレクター・プロデューサーへステップアップすることにより年収アップを期待できます。フリーランスで活動する場合も、クライアントから信頼を得ることが仕事の継続受注、そして年収アップへとつながるでしょう。

海外Webデザイナーの平均年収

では、海外におけるWebデザイナーの平均年収はどれくらいでしょうか。主要5ヶ国の年収(為替レートは2015年7月時点)は以下の通りです。

アメリカ
$45,768(約567万円)
カナダ
C$45,293(約430万円)
イギリス
£22,458(約431万円)
ドイツ
€35,091(約477万円)
オーストラリア
AU$50,541(約456万円)

5ヶ国とも日本より高い給与水準であることが分かります。しかし、前述の数値を見ただけで、日本のデザイナーよりも海外のほうが有利な環境だと考えるのは早計です。 海外の「Webデザイナー」定義は、日本とまったく異なります。海外の給与水準が高い理由 は、海外のWebデザイナーは非常に高いレベルと幅広いスキルが要求されるためです。

日本で「webデザイナー」というと、webデザインに関するスキルをもった人と理解されています。しかし、海外のWebデザイナーとはWebデザインスキルに加え、プログラムスキルやSEO・アクセス解析の知識を持っている人材を指します。そのため、日本と海外ではWebデザイナーの年収に差があります。

Webデザイナーが給料アップするために

Webデザイナーの給与は持っている技術・知識のレベルによって大きく変わるため、常に新しい技術を吸収し続け、スキルを磨くことが大切です。 日本でもさまざまなスキルを持っているWebデザイナーは、高い給料を得ています。

Webデザイナーとしてスキルを磨きたい場合は、Webスクールに通うことが近道です。Webスクールに通うことで、他の人よりも一歩抜きんでることができます。

短期的スパンで見た場合、スクールは費用面の負担が大きいと感じるかもしれません。しかし、長期的視点では、費用対効果は高いと言えます。スクールでスキルを磨くことにより、現状よりも高い収入を得ることができるでしょう。

Webデザイナーの給料・年収

Webデザイナーの給料は勤務先の企業によっても異なりますが、Webデザイナーの働き口となる制作会社は、規模の小さな会社であることが多いので、高給取りな人は少ないのが現状です。

Web業界は、市場が活発化している業界で、Web制作会社も増加を続けている現状があります。競争が激化することによって、業務の単価は下がる傾向にあるため、従業員の給与面にも影響でているという現状があります。

平均年収は300万円〜400万円くらいが平均とされていますが、「Webディレクター」や「Webプロデューサー」になると、もう少し高い給与を見込むことができます。

キャリアパスは勤務先や個々によって異なるものの、デザイナーを経てディレクター、プロデューサーになるケースは珍しいものではありません。

実力次第で大きな収入を得ることも可能

Webデザイナーは、独立してフリーランスで働く人も多い職業です。

優れたデザインを作れる人は、会社に属さず個人として収入を得ることができます。

しかし、フリーランスとして働く場合、デザインの実力だけでなく、営業をしたり、クライアントとコミュニケーションをとる必要も生じてきます。個人での独立を目指すのなら、会社に属しているうちに社外の人脈を作っておくことが肝要です。

規模の大きな会社と取引したり、大きなプロジェクトに関わったりすると、会社員の時よりも多くの収入を得ることも少なくありません。

また、フリーランスになると、基本的に仕事の単価は自分で決めることができるため、実力やセンスがあれば、どんどん収入をアップさせていくことも夢ではありません。

ただし、よほどの強運者や天才でもない限り、すぐに独立して成功するのは難しいものです。また、web業界は変化のスピードが速いので、常に知識のアップデートが必要です。

毎日新しい情報を取り入れていけば、個人としてやりたい仕事をしながら、しっかりと稼いでいくことも可能になるでしょう。

あればなお良し!Webデザイン関連の資格

Webデザインをするために資格は必要ありません。しかし、専門的な知識が必要な仕事でもあるため、実力が伴っていないとWebデザイナーとしての仕事を得ることはできません。そのため、仕事を得るのには自分がどのようなことができるのか、その実力を証明することができる資格取得は有効な手段だと言えます。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施している検定試験で、国家資格が取得できる検定です。試験は実技および学科試験で行われ、ウェブデザインの知識・技能、実務能力等が出題されています。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、株式会社サーティファイが実施している民間資格試験です。Webページを制作するための知識が問われます。実務的な問題が多いので、業務に直結した勉強もできます。Web関連の資格の中では比較的取得が容易で、初めて資格を取る方におすすめの資格です。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるためには資格は必要ありません。しかし専門的な知識が必要で、デザインの他に特にHTMLとCSSに関する基礎的な知識は最低限必要となります。「Illustrator」や「Photoshop」が使えることが必須なので、これらの知識や技術を身につけることから始めましょう。また、このようなスキルがある方は即戦力として期待される職業です。

全研のWebデザイナーから一言!

全研のWebデザイナーの魅力は「さまざまなジャンルのサイトをデザインできること」と「なんでも挑戦できる環境」ですね。私は未経験で入社したのではじめは不安で仕方なかったのですが、各分野の専門家がしっかりサポートしてくれたので安心できました。

自分が良いと思ったデザインでも他の人が見ると違う場合があるのでスキルや知識も重要ですが、いろんな人と意見交換するのはもっと大事。全研には、豊富な経験を持つ仲間がたくさんいるので、一緒に経験を積んでいくことで、自分の成長やキャリアにもプラスになると思いますよ。

全研本社の採用情報を見る