Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

独学でWebデザイナーになるには

Web業界で働いている方の中には、現在の就いている職種から別の職種への転身を考える方も多いのではないでしょうか?
同じチームで働いている別のスタッフの仕事が楽しそうに輝いて見え、どうすればその仕事ができるのか考え込んでしまうこともあるかもしれません。

今回はWeb業界に溢れるさまざまな職種の中から、Webデザイナーをピックアップ。

WebデザイナーはWebサイトの見た目を考える仕事ということもあり、ユーザーの第一印象を左右するとても重要な仕事を担っています。
独学で目指せるのか、どんな勉強方法がおすすめなのか紐解いていきましょう。

独学だけでWebデザイナーになれるのか

まず、Webデザイナーを独学で目指すことは可能です。とはいえ、一人前のWebデザイナーになるためにはそれなりの知識やスキルが必要になります。

Webデザイナーを名乗り、自ら仕事を回せる人材になるためには、ある程度の時間と努力が必要になることを覚えておきましょう。

Webデザイナーになったあとの働き方は?【ジョブチェンジ編】

現在の職場で転身するとなれば、上司に交渉するなどして道を切り開くことはできるかもしれません。いままでどおり働きながらプライベートの時間を勉強にあて、社内でのジョブチェンジを目指します。

これによる最大のメリットは、無職の期間なくWebデザイナーに転身できる点です。
しかし、会社によってはすでにWebデザイナーがいたり、ジョブチェンジを認めてくれなかったりする場合もあるため、会社次第という点がデメリットともいえるでしょう。

Webデザイナーになったあとの働き方は?【転職・フリーランス編】

Webデザイナーを目指すことをきっかけに転職したい、フリーランスになりたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのときはまず、働きながら勉強をするのか、一旦辞めて勉強に集中するのかを考えます。

転職をする場合は、Webデザイナーとして実務経験がない自分を最大限アピールできるようなポートフォリオが必要です。個人のブログやWebサイトを一度作成し、それを活用しましょう。

フリーランスを目指すなら、デザインの仕事で食べていけるくらいの実力が必要となります。転職するよりもややハードルは高くなりそうですが、自分のペースで仕事ができる点が大きなメリットとなりますよ。

効率よくWebデザインを学べるサービスや本

続いては、独学でWebデザインを学ぶ際におすすめのサービスや本について解説します。

HTML・CSS

Webサイトを制作するために、これらの言語は必須です。WebデザイナーがHTMLやCSSを学ばなければならない理由は、知識がないとコーディングしづらいデザインを作ってしまう可能性が高くなるためです。

知識を学べるおすすめのオンラインサービスは、ブラウザ上で、自ら手を動かしながらコーディングやプログラミングを学べる「Progate」や、3分の無料動画を視聴しながらコーディングを学べる「ドットインストール」など。

初心者におすすめの本としては、HTMLやCSSに触れたことがない方でも分かるように書かれた「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」がおすすめ。
「HTML5&CSS3デザインブック」では、応用レベルの知識を学べます。この本の内容を網羅できれば、「コーディングができる」と言ってもよいでしょう。

JavaScript・jQuery

スマホサイトではごく当たり前に浸透しているハンバーガーメニューや、ボタンをクリックするとポップアップが出てくるといった動的Webサイトを制作する場合には、JavaScriptやjQueryの知識が必須となります。

JavaScriptやjQueryの知識が学べるオンラインサービスとしては、先ほどHTMLとCSSの章で解説した「Progate」「ドットインストール」を活用することが可能です。

おすすめの本として、「確かな力が身につくJavaScript「超」入門」はプログラミング初級レベルの内容のほか、実際のWebサイト制作でも充分活用できるテクニックがまとめられています。
「作りながら学ぶjQueryデザインの教科書」は、デザインの教科書という名前のとおり、実際のWebサイト制作中に迷ったときには教科書のように活用することもできる内容です。

デザインスキル

ここにきてやっとデザインのお話です。デザインには流行があるほか、どんな情報を発信するWebサイトかによっても最適なデザインが異なります。
とはいえ基本的な配色方法や、見やすいデザインについては本やオンラインサービスで学んでおきましょう。

デザインスキルを学ぶには、よいデザインにたくさん触れることが一番の近道となります。ネット上のデザイン集ともいえるギャラリーサイトに目を通しておきましょう。
「MUUUUU.ORG」「WebDesignClip」などを定期的にチェックするのがおすすめです。

おすすめの本としては、以下の2冊が挙げられます。

「なるほどデザイン」では、デザインの考え方や基礎が学べます。Webデザインだけに限定しない、デザインに関するさまざまな知識が得られる1冊です。
「だから、そのデザインはダメなんだ。」は、実在するWebデザインを題材に、よい点と悪い点を解説しています。デザインの良し悪しを学ぶのにおすすめの内容です。

デザインツール・デザインソフト

ユーザーが快適に利用できるWebサイトを制作するためには「Sketch」「Adobe XD」といったツールが役立ちます。
ワイヤーフレームやデザインの作成、デザインパーツの配置などが行えるツールです。

より高度なWebデザインをするなら「Photoshop」「Illustrator」の知識も必要となるでしょう。
Photoshopは画像編集ソフトと呼ばれるもので、写真を加工したり、Webページのイメージを作成したりする際に使います。Illustratorは、アイコンやロゴを作成するのに使うソフトです。

おすすめの本は、技術評論社が出版している「世界一わかりやすいAdobe XD UIデザインとプロトタイプ制作の教科書」「世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書」です。ともに各ツール・ソフトの基本~応用的な使い方まで示されているため、長く活用できる本となります。

SEO

質の高いWebサイトを制作するために、SEOの知識は必須です。どんなコンテンツがユーザーに需要があるのか、どのページがよく見られているかをチェックするためにもアクセス解析ツールを導入しましょう。
「Google Analytics」ならGoogleアカウントがあれば無料で使えます。アクセス解析ツールといえばコレともいえる存在ですので、こちらを使ってまず間違いないはずです。

トライ&エラーを繰り返しながら、需要のあるコンテンツはどんなものかを模索する中で、少しずつSEOの知識も身についてくることでしょう。

Webディレクターやフロントエンドエンジニアなどとの親和性

Webデザイナーを目指すのには、たくさんの知識やスキルが必要になることがお分りいただけたことでしょう。中には心が折れそうになってしまった方も多いのでは?

しかし、豊富な知識やスキルがあるということは、新しいステップも踏み出しやすいということ。

HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語が分かれば、将来フロントエンドエンジニアにステップアップしたいときに活用できます。UIやUX、SEOに詳しければ、即戦力となれるWebディレクターも目指せるかもしれませんよ。

WebデザイナーからWebディレクターへのステップアップ

Webデザイナーとして長年活躍し、満足する働きができたと感じたら、新しい仕事に挑戦したくなることもあるでしょう。そんなときに、苦労して手に入れた知識やスキルの数々が役立つこともあります。

WebデザイナーからWebディレクターへのステップアップも珍しいことではありません。

とはいえ、Webディレクターになるには新たにコミュニケーション力やチームを引っ張る力も必要になり、そこに大きな壁を感じる方も多くいらっしゃいます。
しかしWebデザイナーは、Webサイトのデザイン作成を通じて、Webサイトの全体像を把握することができる存在です。その広い視野をディレクション業務に活かすこともできるはず。

一人前のWebデザイナーになることができたら、さらに先に進むための選択肢として、Webディレクターへのステップアップも考えてみてはいかがでしょうか。