Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webコーダー

Webディレクターと協力してサイトを作り上げるWebコーダー。その仕事内容や必要なスキル、年収やなり方など基礎的な知識をまとめてご紹介します。Webコーダーになりたい、興味がある方はぜひご確認ください。

Webコーダーとは

Webコーダーとは、HTML、CSS、Javascriptといったプログラミング言語を駆使して、Webサイトを成型する仕事です。Webディレクターの指示のもと、Webデザイナーがデザインしたサイトを作り上げます。とくに昨今ではInternet ExplorerやChromeといったブラウザまた、PCやスマートフォンといったデバイスが違ってもレイアウトが崩れないサイトを作り上げなかればならないため、日々知識を更新しつつ技術を磨くことが求められる高度な専門職だといえるでしょう。

Webプログラマーとはどう違う?

Webコーダーとよく混合されるのがWebプログラマーという職種。どちらもコンピューター言語を使ってプログラミングを行う仕事のためよく混合されがちですが、担当する領域が異なります。Webコーダーが担当するのはフロントエンドといわれる領域で、レイアウトや画面の遷移、文字や画像の表示などユーザーが直接目にする部分のことを指します。一方、Webプログラマーが担当するのはバックエンド。Java、C#、PHPといった言語を駆使してユーザーが目にすることのできないサーバーの要件定義や設計、開発を行います。

Webコーダーに向いている人

Webコーダーに向いているのは、以下のような条件に当てはまる人です。

  • 精密さが求められる作業を淡々とこなすのが苦ではない
  • 細かいミスによく気づく
  • 物事をわかりやすく整理するのが得意
  • 締め切りを守る意識が高い
  • 協調性がある

WebコーダーはWebサイトの根幹となる言語を扱うため、緻密さが大切。「/」が抜けている、「<」が多いなどほんの些細なものであってもミスが存在すればサイトはうまく表示されません。そのため、緻密な作業を淡々とこなすことができ、かつ細かいミスを見逃さないタイプが向いているといえるのです。また、チームで仕事を進める職業でもあるため、人と協力する力や締め切りを守り切る責任感などもWebコーダーにとっては重要だといえるでしょう。

Webコーダーの年収は?将来性はある?

Webコーダー年収や将来性などWebコーダーを目指すにあたって気になるポイントについて知っておきましょう。

Webコーダーの平均年収は300~400万円程度

Webコーダーの平均年収は300~400万円程度だといわれています。あくまでこれは平均年収であり、スキルを磨けばより多くの収入を得られることが期待できます。また、海外では600万円以上などより平均年収の高い国が多いことも知られています。Webコーダーとして十分な経験が積めた自信があるなら海外進出を考えるのも1つの手段でしょう。

Webコーダーの将来性は?

Webコーダーの将来性は高いといえるでしょう。今後インターネットがなくなることはありませんし、より使用する人が増えることを考えると需要はなくならない職業だからです。ただし、インターネットが普及するにつれてプログラミング言語を理解した人々も増加するためより高度な技術を身につけないと年収が下がってしまう可能性も考えられます。将来のことを見据えて、勉強を怠らないことがWebコーダーとしてキャリアを築く上での必須条件だといえるでしょう。

Webコーダーになるにはどうすれば良い?

Webコーダーの定義についてはわかりましたが、実際になるにはどうすれば良いのでしょうか? ここではその方法をレクチャーいたします。

Webコーダーに必要なスキル

Webコーダーにはプログラミング言語の知識が不可欠です。サイトがWebコーダーの作品だとしたら、プログラミング言語はいわばその素材です。素材がなければ、仕事に手を付けることしかできないのです。

Webプログラマーにとって不可欠な言語は以下の2つです。

  • HTML
  • CSS

HTMLはインターネット上に公開されているWebサイトのほとんどの基礎となっているプログラミング言語であり、CSSはWebサイトのデザイン性を高めるために欠かせません。このほかにもJavascriptといったWebサイトの動きにまつわる言語やJava、Ruby、PHPなどのバックエンド領域の言語も押さえておくとさらに市場価値の高いWebコーダーになれるでしょう。

Webコーダーには資格がある?

Webコーダーになるのに特に必要な資格は存在しません。たとえ無資格であってもプログラミング言語についてしっかりとした知識とスキルを持っていれば仕事を始めることができます。ただし、以下のような資格は存在するため取得すると自分の実力を示すという意味で有用であるとはいえるでしょう。

  • Webクリエイター能力検定試験

Web利用・技術認定委員会が主催するプログラミングの知識とスキルを認定する試験です。のべ14万人以上の受験者がおり、Web業界でも人気の高い資格となっています。

独学でもWebコーダーになれる?

前述のとおり資格がないため、独学でもWebコーダーになることは可能です。ただし、しっかりと基礎から学びたい方や一人で勉強を続ける自身がない方は専門学校やセミナーが多数開催されているためそちらで学んだほうがよいでしょう。

独学でプログラミングについて学ぶ場合は、書籍だけでなく、基礎から解説するブログやエンジニアのサイト、youtubeの動画などを駆使するのがおすすめです。インターネットを上手に使って自分に最も合った形で学習を始めましょう。

Webコーダーを目指そう! 全研本社でも募集中!

Webコーダーの概要や年収、向いている人の特徴をご紹介しました。Webコーダーは緻密な作業が求められる職業ではありますが、サイトが完成したときには大きな達成感が感じられるのが醍醐味です。自分に向いている、やってみたいと感じた方はぜひ目指してみてください。全研本社ではWebコーダーを募集しており、未経験から入った方も今では日に何十サイトもコーディングをしたり、一からサイト制作に携わることも。また、ただ単にwebサイトを作るだけでなく、クライアントの為だけに商材分野や地域に特化したメディア制作をしていることから、如何に集客が出来るか、マーケティング観点を意識した制作をすることが出来ます。 少しでも気になった方は全研本社にお気軽に問い合わせしてみて下さいね。

全研本社の採用情報を見る