Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

アートディレクターになるには

Web業界におけるデザイン関連の職種はさまざまですが、その上位に立つのがアートディレクターという職種に就く方々です。アートディレクターの仕事内容や年収、持っていると役立つ資格について掘り下げます!

アートディレクターとは?

アートディレクターは、その名に“ディレクター”とつくとおり、アート関連(デザインまわりという認識でOK)のディレクションを行う人たちのことをさします。アートは本来「芸術」や「美術」と訳されるものですが、ここではデザイン全般という捉え方をすれば問題ないでしょう。

Webサイト制作にあたっては、Webデザイナーが制作したデザインやイラストレーターが描いたイラスト、カメラマンが撮影した写真など、さまざまな作品が溢れるもの。これらを統括し、管理するのがアートディレクターの役割となるわけです。

アートディレクターの主な仕事内容

それでは続いて、アートディレクターの仕事内容をより詳しく紐解いていきましょう。

クライアントとの打ち合わせ

まず、デザインまわりの業務を進めるにあたっては、コンセプトを決定する必要があります。クライアントと打ち合わせを行い、要望を聞き、先方の理想を叶えるために必要な制作物はなにかを検討するのがアートディレクターの仕事のひとつです。

Webデザイナーやイラストレーターなど、Webサイト制作においてデザインまわりの業務を担当する人たちは、社内での作業に徹するイメージがあるもの。クライアントの前に立つ機会もそうないと考えている方が多いのではないでしょうか。
しかし、アートディレクターはこの限りではなく、むしろクライアントありきの業務に携わることになると覚えておきましょう。

デザイン業務の管理・統括

制作物のコンセプトが決まったら、社内の各スタッフに業務を割り振り、実際に作業にあたる期間に入っていきます。ここでは制作物のテーマをスタッフに的確に伝えることで、クライアントの要望どおりの制作物を納品できるよう指示を行うことが重要です。

たとえばWebデザイナーによっても、可愛い系のデザインが得意な方もいれば、クール系のデザインに特化した方もいることでしょう。今回制作するテーマに合わせて、最適な人材をあてがうのもアートディレクターの判断に任せられる部分です。

制作物チェック

各職種のスタッフによる制作物は、完成したらそのままクライアントに納品するわけではありません。不備や不足がないか、クライアントの要望を叶えるものになっているかどうかを、第三者の目でチェックする必要があります。

これもアートディレクターの大切な仕事のひとつです。クライアントの要望を直に聞いているアートディレクターだからこそ理解している細かなニュアンスやこだわりまで、しっかりとその制作物に反映させているかどうか確認します。
いわば、納品前の最後の砦となる大切な部分です。一瞥しただけで「いいんじゃない?」とスルーする、ザルのようなチェックにならないように注意すべきでしょう。

スケジュール管理

Webサイト制作には必ず期限があります。指定されたスケジュール内ですべての作業を終えることは大前提です。
また、Webサイトはさまざまな職種が協力して作業にあたることで初めて完成するものですので、どこかが遅れれば全体が遅れることも。

アートディレクターは、Webサイトに必要な制作物に関わる作業が、滞りなく、かつ問題なく進んでいるかどうかを適宜確認する必要があります。WebディレクターがWebサイト制作の全体のスケジュールを管理する役割なら、アートディレクターはデザインまわりの管理を行うというわけです。

アートディレクターに向いている人

アートディレクターを目指すにあたっては、まずWebデザイナーとしてスキルアップを図る方も多いです。
どのような人がアートディレクターに向いているか、また仕事を通じて得られるやりがいや魅力はなにか、解説していきます。

柔軟な姿勢でデザインと向き合える人

10人のWebデザイナーに同じテーマを渡しても、出来上がる作品は十人十色。デザインには正解がありません。
デザインを常に客観的に見ながら良し悪しを判断し、その場に最適なものを選べるかどうかがアートディレクターとして必須の能力となります。

個人的に好きな作品だとしても、それがクライアントにとっての最良とは限りません。良し悪しを判断しながら、臨機応変にデザインと向き合うためには、柔軟な姿勢とデザインに関する確かな知識、そしてセンスが必要です。

協調性があり責任感が強い人

アートディレクターは基本的に自ら手を動かして制作物を生み出すことはありません。代わりに、複数人のスタッフを束ねてプロジェクトを遂行していくことがメインの業務となります。

この業務を進めるために重要なのが、協調性と責任感です。
協調性をもってさまざまな意見を持つ人たちをまとめ、全員に不満のないようにプロジェクトを進めながら、かつ予期せぬトラブル時には一切の責任を負えるような責任感も必要となるでしょう。

コミュニケーション力がある人

前述したとおりアートディレクターは多くの部下を率いることになります。ここで必要なのがコミュニケーション力です。
意思疎通が疎かだと、気づかぬうちにスケジュールに遅れが出ていたり、予定とは違う制作物を完成させてしまったりと、さまざまな“想定外”が起こることも。

このような事態を避けるべく、アートディレクターは常に現場に気を配り、スタッフ全員とコミュニケーションを取りながら業務を進めていくことが大切です。

プロジェクト完遂時のやりがいは大きな魅力!

アートディレクターは自らの手で制作物を生み出すことはしませんが、自身のアイデアをスタッフに伝えることで、その想いを制作物に反映させることは可能です。

自分の想いが詰まった制作物がWebサイトを構成する要素のひとつとなり、人々に見られるコンテンツとして世界に公開されることは、大きなやりがいとなるでしょう。それを実績としてさらなるスキルアップを目指すこともできるはずですよ。

プロジェクト完遂のためには数多くのスタッフが関わるもの。デザインまわりを束ねるアートディレクターが担う役割は、非常に大きいものだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

アートディレクターの年収

アートディレクターの年収は、そのスキルや勤続年数によって大きく異なります。一般的な平均年収としては、1~5年目で250~500万円程度の年収を得る方が多くなっているようです。

前述したように数多くのプロジェクトを手掛け、実績も多数あり、部下からの信頼も厚いアートディレクターであればそれ相応の評価をされることもあるでしょう。
目安として、アートディレクターとして10年目を迎える頃には、平均年収は800万円程度になるといわれています。

スタート時の年収はいささか心もとないように感じるかもしれませんが、努力次第で高年収を得られる可能性も充分ありますよ。

あると役立つ!アートディレクション関連の資格

アートディレクターを目指すにあたって、必須となる資格はありません。しかし、就職や転職の場面で、持っているとアピールポイントとなる資格は存在します。
以下に3つの資格を挙げましょう。

アドビ認定エキスパート

現在Webデザイナーとして活躍している方がアートディレクターへのステップアップを目指す場合は、アドビ認定エキスパートの資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ご存じのとおりアドビは、PhotoshopやIllustratorといった画像編集ソフトをはじめとした、さまざまなソフトウェアを提供する会社です。これらのソフトに関する知識や技術を証明できるのが、アドビ認定エキスパートの特徴となっています。

Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験

特にPhotoshopやIllustratorに関する知識や技術のみを証明したい場合は、こちらもおすすめです。アートディレクターとしてWebデザイナーなどクリエイティブ職を束ねるにあたっては、これらのソフトを使ってアドバイスやテクニックを伝える場面が出てくる可能性も。

ソフトウェアを使いこなせることを証明できる資格があれば、部下への安心感や社内への信頼感を得られるのはもちろん、転職時のアピール材料としても活用できるでしょう。

色彩検定

よいデザインには根拠があります。その場に最適なデザインを作り出すためには、色彩について学ぶこともおすすめです。

経験やセンスを活かして選んだ色によってまとまっているデザインも、最適な色彩を選ぶことでガラッと印象が変わるもの。色彩を学ぶことは、自分の可能性をさらに広げることにも繋がります。
いまさらと思わず、あえていま色彩検定に挑戦するのも選択肢のひとつですよ。

アートディレクターになるには

アートディレクターになるために多いキャリアパスとしては、ほかのデザイン関連業務からのステップアップが一般的です。
WebデザイナーやグラフィックデザイナーとしてWeb業界で働いた経験があり、PhotoshopやIllustratorといった画像編集ソフトを使うことができれば、アートディレクターを目指すことは可能でしょう。

また、向いている人の項目で紹介したとおり、アートディレクターにはコミュニケーション力や協調性、責任感などが必要となります。これらは必要なスキルともいえるので、自分にこれらのスキルが足りているかどうかも、一度冷静に分析してみるべきです。

就職活動や転職活動の場では、いかに経験をアピールできるかが内定獲得へのカギとなります。
デザインに関わる幅広い知識とスキル、そして経験、実績。加えて、役立つ資格も持っていれば、採用の可能性はぐんと高まることでしょう。

アートディレクターを目指すなら読んでおきたい書籍を紹介

デザインまわりのディレクション全般を行うアートディレクターですから、デザインに関する知識は必須となります。しかし、ただデザインスキルに特化しているだけでは、ディレクションの部分でつまずいてしまうことも。

ここではデザインに関する知識やスキルを高める書籍はもちろん、ディレクション業務での立ち回り方を学びたい際に役立つ書籍までまとめました。

センスは知識からはじまる

高いデザインスキルを持っている人に、「センスがあるね」と言ったことがある方は少なくないのではないでしょうか。世間の人々は、「センスとは生まれ持った才能によって左右されるもの」だと思っている傾向にあります。
しかし、本書にまとめられているのは「センスとはある知識を磨くことで向上できるもの」という内容です。

本書の著者は、あの熊本のゆるキャラでおなじみの「くまモン」を生み出したクリエイティブディレクター水野学氏。
本書ではそもそもセンスとはなにか、ということから紐解き、センスを磨くため手法を解説しています。目次にもある『「センス」で、仕事を最適化する』という内容は、アートディレクターならぜひ一読してみたいものではないでしょうか。

「自分はセンスがないから…」と諦める前に、一度本書に目を通してみてくださいね。

デザインのデザイン

本書はいわゆるデザインのハウツー本ではありませんが、「デザインとはなにか」という原点を探りたくなったときに読むと引き込まれる内容となっています。
デザインを学びたいときに読む本ではなく、デザインの歴史や、デザインすることの意味などを考えたくなったときにおすすめの読み物として押さえておくとよいでしょう。

本書が発行された2003年当時、現役のデザイナーとして活躍していた原研哉氏は、本書のほかにも多くのデザインに関する書籍を出版しています。

ご自身が携わったデザインを事例として紹介しながら解説している部分には、あっと驚くようなユニークな作品もずらり。私たちの生活の中にある、さまざまな物にとっての“当たり前のデザイン”に変化をもたらすことで生まれた、意外な効果についても解説されています。

本書を通じて、これまで考えたこともなかった「デザインの定義」について考えてみることで、アートディレクターとして新たな道を見い出せるかもしれませんよ。

デザインの輪郭

本書は、工業デザイナーとしてこれまでに50以上のデザイン賞を獲得した経歴を持つ、深澤直人氏によって書かれました。表紙に書かれた「デザインはすべての生き方に通ずる。」のコピーには、ふと手に取りたくなるようなインパクトも。

携帯電話にCDプレイヤー、家電や生活雑貨など、日本の大手メーカーから世界的ブランドまで数多くの商品デザインを手がけてきた深澤氏のデザイン論が、この1冊にまとめられています。
紹介されているデザインの中には、実際に目にしたことがあるものも含まれているかもしれません。

こちらもデザインのハウツー本ではなく、エッセイに近い構成です。デザインの考え方で行き詰まったり、デザイナーやアートディレクターとして進むべき道に迷ったりしたときに、一度読んでみてはいかがでしょうか。

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

アートディレクターとして目まぐるしく働く中で、ときには複数のプロジェクトを同時に回さなければならないことも出てくるでしょう。

それぞれのプロジェクトがまったく違う段階を進んでいる場合には管理もしやすいかもしれませんが、同じような工程を辿っていると、どちらがどのプロジェクトの作業か混乱してしまう可能性もあります。
ミスなく仕事をこなす人でも、あまりに多くの業務が重なると判断力が鈍ることも。こんなとき「もっと早く仕事をさばくことができれば…」と願ったことのある方は、かなり多いのではないでしょうか。

本書では、常に400以上のプロジェクトを同時進行で進める敏腕デザイナー、佐藤ナオキ氏が考えるスピード仕事術がまとめられています。
仕事のスピードアップのコツに、時間をかけるポイントとかけなくてよいポイントの見極め方など、いますぐ試したい実践的な内容も盛りだくさんです。

仕事に追われていつも残業ばかり、毎日忙しくて目が回りそう…という方に、きっと役立ちますよ。

絵と言葉の一研究 「わかりやすい」デザインを考える

「優れたデザイン」と一口に言っても、どこが優れているかはデザインによって異なります。たとえば色使いがよい、独特のセンスがある、老若男女問わず受けるなど、デザインによって優れているポイントはさまざまであるはずです。

本書では「わかりやすく伝えられるデザイン」に焦点を当て、タイトルのとおり「わかりやすい」デザインの考え方や作り方を解説しています。

著者である寄藤文平氏の経験談と、実際に手がけたデザインをもとに解説されていますので、事例集としても参考になるでしょう。「わかりやすい」デザインを作るためのアイデアもまとめられているため、実践に活かしたいときにも役立つ1冊です。

デザインについて分からないことがあるときに、ぜひ読んでみてくださいね。

フリーランスのアートディレクターという選択肢

アートディレクターが担う仕事は、ひとりでは成り立ちません。Webデザイナーにイラストレーター、カメラマンなど、作品を生み出すクリエイティブ職のスタッフたちとタッグを組むことが、仕事にあたる前提となります。
よって、フリーランスのアートディレクターとして働くというのは一筋縄ではいかないもの。基本的には会社員として立ち回るのがおすすめといえます。

しかし世間には、フリーランスのクリエイティブ職はたくさんいるのも事実。彼らとの繋がりを獲得し、一緒に組んで仕事を得ることができるのであれば、こちらもフリーランスのアートディレクターとして独立することを選択できるかもしれません。

結論として、アートディレクターは会社員として働くのがおすすめですが、フリーランスという選択肢もなしではないということが言えるでしょう。

新宿で【正社員】アートディレクター!経験を活かせる全研本社の「アートディレクター」募集要項

<給与・賞与>
月額:23万円~35万3000円
(内訳)

  • 基本給 18万1000円~28万3000円/月
  • 住宅手当 1万5000円~1万8000円/月
  • みなし残業手当 3万4000円~5万2000円/月

※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)※業績・評価に応じて支給

<応募資格>
学歴不問。
WEBデザインの実務経験をお持ちの方(2年以上)。
Photoshop/Illustratorの操作ができる方。
メール、電話応対の実務経験がある方。

★あると望ましい経験・能力
WEBディレクション経験
媒体問わずアートディレクション経験
WEBサイト制作、もしくは編集経験

<求める人材>
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
新しいWEBサービスをゼロから手がけてみたい方。
人と接するのが好きな方。
雇用形態
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)

<勤務曜日・時間>
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)

<福利厚生>
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
語学教育受講支援制度(英会話・日本語)
社内イベント多数(参加は任意)

<休日・休暇>
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇

<勤務地> 〒160-8361
東京都新宿区西新宿6-18-1
住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19階

<交通>
都営大江戸線「都庁前」駅 E4出口 徒歩5分
都営大江戸線「西新宿五丁目」駅 A1出口 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅 C8出口 徒歩8分

全研本社の採用情報にエントリーする

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】