Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webアナリスト

web業界には「webアナリスト」という仕事があります。どんな業務内容なのか、web業界においてどんな役割を持っているのか、未経験から目指すには……仕事内容や立ち位置を理解することで、web業界の知識を深めましょう!

webアナリストの仕事って?

ホームページの作成やweb上での広告展開などは、今や企業マーケティングに欠かせないものとなっています。ですが、ただwebページをつくるだけでは不十分です。クライアントがホームページやweb広告に期待するものは「企業ブランドの向上」「商品・サービスの認知度の向上」が主たるもの。そんなクライアントの期待に応えることがweb業界で働く者の使命と言えます。
この「web上での展開で狙った効果が得られているか」を把握・分析するのがwebアナリストの主な業務です。

システムの選別

クライアントのニーズにマッチしたシステムの選別を行います。また、使用するデータの品質管理も行います。

測定基準(KPI)の作成

クライアントの達成したい目的に対し、重要となる測定基準(KPI)を作成します。

アクセスログデータの解析

Google Analyticsなどのツールを活用して、アクセスログデータの解析を行います。ROIを分析した結果をクライアントに提供し、また、ディレクターやクリエイターへ結果をフィードバックします。 改善戦略の提案 分析結果をもとに次のソリューションを提案し、よりクライアントのニーズに沿った展開を提示します。

webアナリストのやりがい

紙媒体での広告展開では、商品・サービスの売上などでしか効果を検証することができません。一方、Webマーケティングやプロモーションの施策の場合、全プロセスをアクセスログで把握できるため、「何を行ったか」によって、「どんな」「誰が」「どう動いたか」などを分析することが可能です。
また、しばしばディレクターやクリエイターは「こんな展開でよかったのか」「デザインは効果的だったのだろうか」「あのキャッチコピーはユーザーに響いたのか」など、自身の仕事の結果が気になるもの。そのひっかかりを解消し、チームをひっぱっていく力となる点がwebアナリストのやりがいと言えるでしょう。また、分析結果は数字をもとに行うので、クライアントに対して根拠ある説明が可能になります。

webアナリストの年収

日本において「webアナリスト」という職業で求人募集されていることは稀です。そのため、webディレクターが兼務するケースが多いようです。ですが、欧米ではwebアナリストは認知度が高く、需要も多い人気職業で、webアナリスト経験1年〜4年では4万2千ドル〜6万1千ドル、5年〜9年では5万2千ドル〜8万3千ドルが平均と言われています(米国PayScaleのレポートから年収を抽出した数値)。 今後日本のweb業界においても重要視されていく、期待値の高い職業と言えます。

webアナリストの資格

Webアナリスト検定

ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方を基軸に、集客/回遊/コンバージョン/リピートに分けて、分析のポイントを解説。実際のGoogle Analyticsの画面を用いて講師が画面上で解説を行うので、Google Analyticsをはじめ、分析ツールにいままで接したことがない人にとっても業務を学ぶ機会となります。

ウェブ解析士

一般社団法人ウェブ解析士協会認定の資格。体系的なwebの知識をはじめ、実務についてもレポート作成などを通して学びます。上級・マスター講座もあり、さらにスキルアップを目指すことも可能。

webアナリストになるためには

日本では現状、webディレクターが兼任しているケースが多いため、まずはwebディレクターを目指すことが近道です。人員が少ない中小企業では、場合によっては広報担当が兼任するケースもあります。求人情報に「分析」「アクセス解析」といったワードが含まれていれば、アナリストの業務も期待されていると考えられます。

全研本社のwebアナリストから一言!

全研本社では5000サイト運用しており、不動産業界や美容クリニック、BtoB等様々な業界に特化した媒体を持っています。その為、業界を横断的に把握し、アナリティクスや市場、ユーザー特性を加味した分析や改修のノウハウを蓄積することが可能な点が魅力的でした。
webアナリストは、どうしても多くのデータから一番答えに近い仮説・アクションを紡ぎ出し続けなければならない職業。このwebアナリストに大切なことは、「トレンドに敏感」「好奇心旺盛」「仮説・実行のトライ&エラー」を持っていることだと思います。皆さんも就職先を探すときはこの3つのポイントを軸に絶好な環境を探してみてください!

全研本社のWebアナリスト採用情報を見る