Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webアナリスト

Web業界には「Webアナリスト」という仕事があります。どんな業務内容なのか、Web業界においてどんな役割を持っているのか、未経験から目指すには……仕事内容や立ち位置を理解することで、Web業界の知識を深めましょう!

Webアナリストは「分析による効率の良い改善」でクライアントのニーズを満たす

Webアナリストの主な仕事は、Webサイトやページがユーザーにどんな反響をしているのかを分析すること。 ホームページの作成やWeb上での広告展開などは、今や企業マーケティングに欠かせません。しかし、ただWebページをつくるだけでは不十分です。
クライアントがホームページやWeb広告に期待するものは「企業ブランドの向上」や「商品・サービスの認知度の向上」。つまりホームページやWeb広告をユーザーに見てもらいやすくして、魅力的な内容でコンバージョンを獲得することです。そんなクライアントの期待に応えることは、Web業界で働く者の使命といえるでしょう。そこで、Webアナリストはサイトの分析をし、機会点がどこにあるのかを探ります。数字から分析した結果をもとにサイトの改善を図り、クライアントのニーズを満たしていくこと。これがWebアナリストの役割です。

Webアナリストの仕事内容

では、「ホームページやWeb広告において、狙った効果が得られているか」を知るためにはどうしたらよいのか?これは、アクセス解析などによって明らかになります。

システムの選別

クライアントがサイトでどんな成果をあげたいのかによって、測定すべき数値は異なります。Webアナリストは、まずはどんな数値を測定すべきなのかを決定し、分析がより効果的なものになるようにします。
Webアナリストが分析に使用する解析ツールにはいくつもの種類があり、それぞれ特化した機能が異なります。詳しく分析したい項目に適したツールの選定もWebアナリストの仕事です。また、使用するデータの品質管理もおこないます。

測定基準(KPI)の作成

Webサイトを作成する目的は何か?クライアントの達成したい目標に対し、重要となる測定基準(KPI)を作成します。KPIとは、“この数値が改善すれば、おのずとサイト目標を達成するだろう”というもの。Webアナリストはサイトのコンバージョン(目標)達成のために、KPIを作成してサイト成功への道のりを示します。

アクセス解析

Google Analyticsなどのツールを活用して、アクセスログデータの解析をおこないます。費用対効果を表す「ROI」を分析した結果をクライアントに提供し、また、ディレクターやクリエイターへ結果をフィードバックします。
サイト制作にかかった費用に対して相応の利益を得られているのかは、重要な指針です。また、サイトを訪れたユーザーがどんな行動を起こしたのか?取ってほしい行動は実現しているのか? などのコンバージョン(目標)達成度合いもWebアナリストの分析によって明確になります。

アクセス解析はWebアナリストの腕の見せどころ

アクセス解析はWebディレクターやWebマーケターがおこなっている企業もあり、Webアナリストはどの企業にも在籍しているわけではありません。そんな中でWebアナリストとして仕事を任せられたからには、プロならではの分析力を発揮したいもの。 アクセス解析はWebアナリストとしての手腕が問われる部分ですので、常に勉強を重ねて分析力を高めましょう。

改善戦略の提案

分析した結果をもとに、Webアナリストならではの視点で問題解決アクションを提案します。よりクライアントのニーズに沿った展開を提示することで、目標達成を目指します。改善策の提案では相手にとってわかりやすい説明を心がけ、クライアントやチームが受け入れやすい言葉を選ぶようにします。

Webアナリストがサイト分析をすることのメリット

Webサイトの反響を具体的な数値で計れる

「この施策は顧客にどのくらい響いたのだろうか?」という効果の検証は、マーケティングにおいてとても重要なものです。たとえば新聞や雑誌など“紙媒体”での広告展開では、商品・サービスの売上などでしか効果を検証することができません。一方、Webマーケティングやプロモーション施策の場合は、全プロセスをアクセスログで把握できます。
アクセス解析をすることで、「どんな施策」によって「どんなユーザーが」「どう動いたか」などを分析でき、より効果的な施策を打ち出すことができます。 また、結果は数値で測定できるため、より具体的な分析が可能。クライアントやサイト制作チームにも根拠のある説明ができます。

サイト制作チームが状況を把握しやすい

しばしばディレクターやクリエイターは「こんな展開でよかったのか」「デザインは効果的だったのだろうか」「あのキャッチコピーはユーザーに響いたのか」など、自身の仕事の結果が気になるもの。そのひっかかりを解消し、チームをひっぱっていく力となるのがWebアナリストです。

Webアナリストのやりがい

Webアナリストとは、アクセス解析などの分析によってサイトの課題を発見し、よりユーザーに響くサイトづくりをリードしていく存在。サイト制作はトライ&エラーを重ねて改善を重ねていくものです。ですが現状のサイトのどこに機会点があるのかがわからなければ、改善のしようがありません。
Webアナリストがアクセス解析によってサイトの機会点を明確にすることができれば、具体的でピンポイントな施策がおこなえます。つまりWebアナリストがサイト分析をおこなうからこそ、ユーザーに愛されるサイトを効率よくつくれるのです。
また、Webアナリストは分析のプロ。分析のプロならではの視点でチームメンバーが気付かないような機会点を発見したり、サイト修正の提案ができることも。チームの誰よりもサイトを客観的にみる「Webアナリスト」は、Webマーケティングの成功に欠かせない一員です。

Webアナリストに向いている人

数学が好きで論理的思考ができる人

Webアナリストに求められる能力のひとつに、「論理的思考(ロジカルシンキング)」があります。分析結果をもとに、「この数字がこうだから、こういう結果が導き出される。それはつまりこういうことだから、必要なアクションはこの数値の改善だ」というような思考が出来なければなりません。
Webアナリストはサイト制作チームやクライアントと同じ目標を目指しつつも、客観的かつ冷静にサイトを見つめる必要があります。

分析をするのが好きな人

Webアナリストの仕事は分析をすることですから、情報整理をして答えを導き出すことが好きな人に向いています。また、分析は地道で根気のいる作業なため、コツコツと仕事ができることが大切です。

コミュケーション能力が高い人

Webアナリストは、クライアントやサイト制作チームと会話をすることが多々あります。“Webアナリストは裏方の仕事”と考えず、相手と良好な関係を築けなければなりません。いくら分析しても、その分でが導きだした結果や改善策を聞き入れてもらわなければ意味がないのです。コミュニケーション能力はWebアナリストにも必要な能力です。

プレゼンテーション能力が高い人

Webアナリストは分析をするだけが仕事ではありません。分析結果をもとに、クライアントやサイト制作チームに改善策を提案します。
分析結果は数字ですが、どんな相手にもわかりやすく説得力のある説明をしなければなりません。なかには数字に苦手意識をもっているクライアントもいます。Webアナリストは“数字を言葉に置き換える力”を磨き、プレゼンテーションではわかりやすい言葉を用いるように心がけましょう。

Webアナリストの年収

Webアナリストの年収相場は350万円~600万円ほど。平均で450万円ほどでしょうか。
実は日本において「Webアナリスト」という職業で求人募集されていることは、それほど多くはありません。多くの企業ではWebディレクターがWebアナリストの業務を兼務しているためです。ですが近年Webアナリストの役割は重要視されつつあり、“ユーザーに響くサイトづくり”に欠かせない存在になっています。
たとえば欧米ではWebアナリストの認知度は高く、需要も多い人気職業。Webアナリスト経験1年〜4年では年収4万2千ドル〜6万1千ドル、5年〜9年では5万2千ドル〜8万3千ドルが平均といわれています(米国PayScaleのレポートから年収を抽出した数値)。 これは、日本円にして年収420万円~830万円ほどと比較的高い年収です。Webアナリストは、今後日本のWeb業界においても重要視されていく期待値の高い職業といえるでしょう。

Webアナリストのキャリアパス

Webアナリストはデータを解析・分析した結果をレポートにまとめたり、Webサイトが抱える課題を見つけたりすることが仕事です。

見つけた課題の改善戦略の検討や提案が業務範囲に含まれることもありますが、これらは会社によってはWebマーケターという職種が担うことも。よって、キャリアパスとしてはWebマーケターに転身するのがまず選択肢として挙げられます。

そのほか、市場の動向やデータを踏まえてWebサイトの企画に携わるプランナー、データ分析をもとにWebサイトをより大きく質の高いものにすることを目指すITコンサルタントを目指すこともできるでしょう。

欧米では認知度の高いWebアナリストですが、日本ではまだまだ数が少ないのが事実。今後の日本で需要が高まっていくとすれば、現在すでにWebアナリストとして活躍する方々は、未来のアナリストたちを育てていく役割を担うことも考えられます。
実際、アナリティクスセミナーなどは多く開催されています。人前に立つことが好きな方であれば、解析・分析技術をさらに磨いたうえで先輩Webアナリストとしてセミナー講師になるのもよいかもしれません。

後述する資格を取るなどしてWebアナリストとしての技術力を証明することができれば、独立することで、自らのWebアナリストとしての地位を確立することもできるでしょう。

Webアナリストの資格

Webアナリストになるために、必ずしも資格が必要なわけではありません。ですが取得していれば採用に有利なのも事実。ここでは、Webアナリストとして取得しておくと役立つ資格を紹介します。

Webアナリスト検定

ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方を基軸に、集客/回遊/コンバージョン/リピートに分けて、分析のポイントを解説。実際のGoogle Analyticsの画面を用いて講師が画面上で解説をおこなうので、Google Analyticsをはじめ、分析ツールにいままで接したことがない人にとっても業務を学ぶ機会となります。

ウェブ解析士

一般社団法人ウェブ解析士協会認定の資格。体系的なWebの知識をはじめ、実務についてもレポート作成などを通して学びます。上級・マスター講座もあり、さらにスキルアップを目指すことも可能。

Webアナリストが読んでおきたい書籍を紹介

Webサイトの品質を保つためには、定期的にデータを収集し、分析しながら課題を見つけていくことが重要です。そのつど課題を解決していけば、Webサイトの品質はおのずと向上していくことでしょう。
とはいえ、膨大なデータの分析や課題解決のための戦略検討は、初心者ではハードルが高いのも事実。

ここでは、Webアナリストとして知識向上やスキルアップを狙いたいときに読んでおきたい書籍を、5冊紹介します。

Googleアナリティクス プロフェッショナル

アクセス解析の定番ツールとして広く利用されている、Google Analytics。Webサイトのデータを細部まで収集できる反面、実際に使ってみるとその機能の多さや複雑さに頭を抱えてしまう方も少なくありません。
本書では、そんなGoogle Analyticsの活用方法が3つのステップに沿って解説されています。

3つのステップとは、まずデータを“取る(計測、取集)”こと、次に“見る(集計、分析)”こと、そして“使う(施策、アクション)”こと。この3ステップの各ポイントをしっかりと押さえることで、Webサイトの品質向上に役立つデータ活用ができるのです。

冒頭は初心者向けの基本的な内容から始まり、Webアナリストとして走り出したばかりの方にも読みやすい内容。読み進めるにつれてGoogle Analyticsに関する専門的な解説がなされ、より実践的な手法を学ぶことができます。

日々進化するGoogle Analyticsの最新機能がぎっしりとまとめられた本書は、まさにいま手に取りたい1冊です。

現場のプロがやさしく書いたWEBサイトの分析・改善の教科書

いざ解析ツールを使ってWebサイトのデータを収集しても、それをどう活用して分析や改善戦略の検討を行うべきか分からなければ、そこで立ち止まってしまうもの。
本書には、データを使ったWebサイトの課題改善のための具体的な手法がまとめられています。

“現場のプロがやさしく書いた”というタイトルのとおり、内容は易しく、初心者向き。しかし、中には実践的な内容もふんだんに盛り込まれていて、読み進めながら実際の業務遂行にも活かせるとても実用的な1冊です。
アクセス解析の書籍が世間にあふれる中、どれが自分に合うか分からないと迷ったら、本書を最初の1冊として選んでみてはいかがでしょうか。

アクセス解析を任されたばかりで、右も左も分からないという新人Webアナリストなら一度読んでみる価値ありです。そっと救いの手を差し伸べてくれるような、そんな1冊となることでしょう。

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

アクセス解析は、Webマーケティングを行う上でも非常に重要な工程のひとつ。また、Webアナリストの中には、Webマーケターへの転身を目指している方も少なくありません。

本書はWebマーケティングの手法を、漫画での表現をふんだんに盛り込んで分かりやすく解説した1冊です。
Webアナリストの仕事は、ただデータを収集し、解析レポートを作ることだけではありません。その先の課題発見や改善戦略の検討まで視野に入れながら、Webサイトの品質向上に貢献していくことが求められます。

しかし、新人Webアナリストの中には「解析業務だけで精いっぱいなのに、Webマーケティングのことまで考えるなんて…」と目を回している方もいらっしゃるのでは。
そんなパンク寸前の頭でも、漫画で描かれた本書なら読みやすいかもしれません。

活字を追うのは苦手でも、漫画ならスイスイと読み進められるという方ならまず本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

最小の手間で最大の効果を生む!あたらしいWebマーケティングの教科書

Webマーケティングと一口に言っても、その手法の数は膨大で、なにから手をつけていけばよいか分からないことも。
Webアナリストとしてデータ分析により課題を見つけても、それを改善するための策を練る段階で手詰まりになることも充分考えられます。

本書には、Webマーケティングセミナーの講師として120回以上の登壇経験のある著者がまとめた、多種多様のマーケティング戦略がずらり。
リスティング広告にSEO対策、SNSやメールの活用術など、あらゆるWebマーケティング手法についての情報が網羅されています。

Webマーケティングの入門書として活用できる1冊ですので、WebアナリストからWebマーケターへのステップアップを検討中の方にもおすすめです。

10年つかえるSEOの基本

データ解析によりWebサイトの課題を見つけたとき、改善戦略としてSEO対策を強化するという流れはよくあるものです。
SEOというワードを当たり前のように耳にするようになった昨今。よく聞くワードでありながら、その具体的な手法についてはまだ理解が及んでいないという方も少なくないのではないでしょうか。

本書のポイントは、長く使えるSEO関連知識が詰まっているということ。日々目まぐるしく進化し続けるWeb業界において、“いつまでも変わらない考え方”というのは覚えておいて損のないものです。
本書には一度覚えればずっと役立つSEOの知識が盛りだくさんです。

初心者にも、中堅Webアナリストにも使える知識が盛り込まれていますので、経験として一度読んでみてはいかがでしょうか。
自らのスキルアップのために読んでみるのはもちろん、その後の世代にも引き継いでいけるような1冊となるかもしれませんよ。

Webアナリストになるには

日本では現状、Webディレクターがアナリストを兼任しているケースが多いため、まずはWebディレクターを目指すことが近道です。人員が少ない中小企業では、場合によっては広報担当が兼任するケースも珍しくありません。求人情報に「分析」「アクセス解析」といったワードが含まれていれば、アナリストの業務も期待されていると考えられます。
また、Webアナリストの求人では“分析経験”が求められることが多く、未経験でもアクセス解析の知識やスキルが必要です。これは独学で検定や資格試験を受けたり、Webディレクターとして活躍することで身につきます。Webアナリストの専門知識は今後さらに注目されることが予想できます。今のうちにWebアナリストとなる準備をし、一歩先を行くWebアナリストになりましょう。

全研本社のWebアナリストから一言!

全研ならノウハウの蓄積ができる

全研本社では5000サイト運用しており、不動産業界や美容クリニック、BtoB等様々な業界に特化した媒体を持っています。その為、業界を横断的に把握し、アナリティクスや市場、ユーザー特性を加味した分析や改修のノウハウを蓄積することが可能な点が魅力的でした。
Webアナリストは、どうしても多くのデータから一番答えに近い仮説・アクションを紡ぎ出し続けなければならない職業。このWebアナリストに大切なことは、「トレンドに敏感」「好奇心旺盛」「仮説・実行のトライ&エラー」を持っていることだと思います。皆さんも就職先を探すときはこの3つのポイントを軸に絶好な環境を探してみてください!

新しいユーザーや市場の開拓につながることも

Webアナリストの醍醐味は、クライアントとユーザーのマッチングであり、そのためには「市場=キーワードの選定」が肝心になってきます。ただサイトへの訪問者数を増やせば良いというわけではなく、有効なセッション(顕在性の高いユーザーのセッション)をいかに増やせるかが重要です。そのためにキーワードを分析し、クライアントの優位性を打ち出せる、最適な市場を導き出さなくてはいけません。

クライアントが欲しかったユーザーを集客できた時も、もちろん嬉しいのですが、クライアントが今まで想定していなかった新しいユーザーや市場を開拓した時にも達成感を感じます。

クライアントに喜んでもらえる達成感!

さまざまな業界・ジャンルのサイトを担当できるのは、たくさんのサイトを運用している全研本社ならではですね。このサイトを担当していなければ一生知らなかっただろう知識を学べたり、好きな分野で知識を活かしたり!また、SEOのノウハウやコンサルの知識が豊富な社員が多く、そういった方に相談させていただく時間も楽しいです。

自分が考えた改善策や改修がどういう結果になったのか、どんな成果を生み出せたのかを具体的な数字で確認できることが、Webアナリストの醍醐味だと思います。自分の案件はもちろん、仲間の案件で成果が出たときもうれしいですね。
SEOには明確な正解がないので、成果がなかなか出なくて思い悩むことはあります。悩んで、真摯に向き合った時間が長ければ長いほど、成果が出たときのうれしさも一入(ひとしお)です。

私が1年ほど担当させていただいているサイトで、成果に伸び悩んでいる案件があったんですが、地道に改修を続けてきて、徐々に結果に現れるようになり、営業の方から「すごい!クライアントさまも喜ばれていますよ!」と言ってもらえたときは、大きな達成感を得られました。

アナリティクスの数値が伸びていく画像※とあるサイトのセッションの伸びです。じわじわと上がっていっているのが分かります。

新宿で5000メディアのWebアナリストになる!全研本社の求人「Webアナリスト」の募集要項 Webアナリストとは

<給与・賞与>
月額:23万円~35万3000円
(内訳)
・基本給 18万1000円~28万3000円/月
・住宅手当 1万5000円~1万8000円/月
・みなし残業手当 3万4000円~5万2000円/月
※みなし残業手当は、時間外労働の有無にかかわらず月21時間分、基本給額の基準により支給します。また月21時間を超える時間外労働分の割増賃金は追加で支給します。
※給与はご経験・スキルを充分考慮いたします。

<その他の手当>
交通費別途全額支給
出張手当
家族扶養手当 配偶者6000円・第一子以下2000円/月

<昇給・賞与>
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)※業績・評価に応じて支給

<応募資格>
学歴不問。
実務・趣味問わずWEBサイトの運用経験をお持ちの方(1年以上)。

★あると望ましい経験・能力
SEM全般の知識
SEOディレクターとしての実務経験

<求める人材>
自分の手がけたサイトの成果を体感したい方。
高いアンテナを持ちWEBサービスの最新トレンドに敏感な方。
論理的な思考が得意な方。
<雇用形態>
正社員/期間の定めなし
(3ヶ月の試用期間あり。その間の給与・待遇等は変わりません)
<勤務曜日・時間>
月曜日~金曜日
10:00~18:40(実働7時間40分、休憩1時間)
<福利厚生>
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
表彰制度
社員紹介制度
語学教育受講支援制度(英会話・日本語)
社内イベント多数(参加は任意)
<休日・休暇>
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季
年末年始
ゴールデンウィーク
有給休暇
アニバーサリー休暇
プレミアムフライデー
特別休暇
慶弔休暇
産前・産後・育児休暇
介護休暇
<勤務地>
〒160-8361 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ
<交通>
JR・各線新宿駅(B18出口)より徒歩2分
西武新宿駅より徒歩2分
新宿西口駅より徒歩2分

全研本社のWebアナリストにエントリーする

Webディレクターになるには
【Dir-LABOディレらぼ】