Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

未経験でWebディレクターを目指すときの志望動機の書き方

Webディレクターの仕事量は多く、責任も重大。これからWebディレクターを目指す方の中には「経験がないと難しいのでは…」と落ち込んでいる方もいるのでは?
しかし実は世間には、未経験からWebディレクターになった方も大勢いるのです!今回は未経験者がWebディレクターを目指すときに知りたい、志望動機の書き方を解説します。

Webディレクターになりたい!というアツい思いが大前提

未経験者がWebディレクターを目指すなら、採用担当者にあなたのアツい思いを伝えることがとにかく重要です!
以下のようなポイントに注目しながら志望動機を書き上げましょう。

仕事にどんな魅力を感じているか伝える

まずは、自分がそもそもWebディレクターの仕事内容をしっかり把握しているかを考えましょう。その上でどんなところに魅力を感じるか、なぜWebディレクターになりたいと思うに至ったのかをまとめます。

たとえば、
「前職で憧れのWebディレクターに知り合い、同じ土俵に立ちたいと感じた」
「WebデザイナーとしてとあるWebサイトのデザイン全面リニューアルを任され、デザイン面以外にWebサイト制作の全体に関わってみたくなった」
といった具合に具体的なエピソードを交え、Webディレクターの仕事に魅力を感じている理由を書きましょう。

Webディレクターに必須な能力を発揮したエピソードを語る

前職や学生時代のエピソードの中から、Webディレクターに役立つスキルを発揮した話を志望動機に書くのもおすすめです。

リーダーシップを発揮して大人数を仕切ったエピソードや、高いコミュニケーション力によりさまざまな人と関わってきたというエピソードは、優秀なWebディレクターを目指す上で強みになります。
まずはWebディレクターになるために必要なスキルはなにかを考え、それに該当する話がないかを思い出してみましょう。

Webディレクターを目指すときにあるといいスキル

Webディレクターになるためには、備わっておくと役立つスキルがいくつかあります。志望動機にも、これらのスキルがあることをしっかり書き込めると採用担当者の目を引くことになるでしょう。
続いてはWebディレクターになるにあたって重要となるスキルをご紹介します。

リーダーシップ力

Webディレクターの役割は、Webサイト制作現場における指揮官です。
Webサイト制作を依頼してきたクライアントのほか、社内のデザイナーやプログラマー、ライターといった各職種のスタッフたちとタッグを組み、制作を進めていくことになります。

サイトの規模が大きければ大きいほど関わるスタッフの数は増え、制作期間も長くなることでしょう。その間Webディレクターはスタッフ全員の状況を常に見渡しながら、Webサイト完成まで導いていくことになります。
これには相当なリーダーシップ力が必要となるのです。

コミュニケーション力

上記のとおり大勢のスタッフや、クライアントとやり取りをすることになるWebディレクター。常に円滑に物事が進めばうれしいですが、ときには無理な要望を言われたり、不満の声が上がったりすることもあるでしょう。

そんなとき、コミュニケーション不足によるすれ違いが生じると、制作現場の士気が下がります。
関係者たちにストレスをかけることなく場を落ち着かせられるかどうかは、Webディレクターのコミュニケーション力にかかっているというわけです。

チャレンジ精神

Webサイト制作にはさまざまな知識が必要です。そしてWeb業界には、常に最新情報が飛び込んできます。

最新の動向や新技術に関する情報にアンテナを張り、Webサイト制作に活かすチャレンジ精神もWebディレクターにとって必須のスキル。いつまでも古い知識のみでWebサイトを作り続けていては、完成したWebサイトはだんだんと時代遅れになっていくことでしょう。

とはいえ、新しい情報を活用するにはリスクも伴います。そのリスクをいかに少なく、かつ完成したWebサイトの質向上のために役立てるかどうかは、Webディレクターの判断力に委ねられます。
大きなチャレンジ精神が必要となることが分かりますね。

Webディレクターを目指すときにおすすめの資格

Webディレクターになるのに資格は必要ありませんが、それでも持っておくことで有利になるものはあります。以下にご紹介する資格を持っている場合は、ぜひ志望動機に書くようにしましょう。

Webディレクター試験

Webサイト制作の工程管理や分析、企画に集客施策の立案に関することまで、まさにディレクション全般の知識を問われる試験です。受験料10,000円(税抜)のWeb検定となっています。

合格難易度はそこまで高くなく、2017年度で64.2%、2016年度では65.9%です。
Webディレクターを目指すにあたり、自分にどれほどの知識があるかを知りたいときに一度受けてみてはいかがでしょうか。

Webアナリスト検定

質の高いWebサイトを構築するためには、アクセス解析やトレンドの分析、市場動向のマーケティング情報を知ることも重要となります。
そういった知識を問われる試験が、このWebアナリスト検定です。

合格率は公式サイトによると8割程度。費用は24,000円(税抜)で、この金額には受験料や講座の受講料、テキスト代なども含まれます。

Webデザイン技能検定

Webデザインに関する知識から、基幹技術に関わることまで幅広い知識を問われるWebデザイン技能検定。
試験には学科と実技があり、レベルも1~3級までに分けられています。

合格率は公式サイトによると3 級で60~70%、2 級で30~40%、1 級では10~20%となっているようです。

受験料は年齢により異なりますが、3級の場合は学科試験5,000円、実技試験5,000円(35歳以上)、3,000円(35歳未満)となっています。

未経験者がWebディレクターを目指すときの自己分析ポイント

採用担当者の目を引く志望動機を書くためには、まず自己分析を行うことが重要です。その次は、会社がどんなWebディレクターを求めているかを調べます。

自分の適性やスキルをしっかり認識し、採用を目指す会社がどんなWebディレクターを求めているかを知り、そのふたつの要素をがっちり組み合わせが上でどんな志望動機なら強いかを分析するのです。

最後に、Webディレクターを目指すときの自己分析のポイントを解説します。

異業種からの転身なら特技をアピール

デザイナーやプログラマーからのステップアップとして、Webディレクターを目指す方もいることでしょう。

デザイナーなら、業務の中で培ったデザイン力を活かしてトレンドの最先端を行くWebサイト制作を目指せるかもしれません。プログラマーなら、クライアントとの打ち合わせの場面で機能・技術に関する高い知識を披露できる可能性があります。

現在の自分が持っているスキルを、どのようにWebディレクター業務に活用できるかを考え、分析してみましょう。

キャリアプランを考えるのも重要

Webディレクターになったあと、どのような自分になりたいかを考えたことはありますか?希望の会社に見事採用され、Webディレクター職に就くことは決してゴールではありません。むしろスタートだと考えるべきです。

自分はどんなWebディレクターとして会社を支えていきたいか、貢献していきたいかというビジョンを志望動機で語ると、先を見据えた前向きな人だという印象を与えることができます。

マイナス面をポジティブに言い換える癖をつける

自己分析をするとき、自分の短所が見つかることもあるでしょう。短所ばかりが目につき、志望動機に書けるような長所が全然見つからない…と頭を抱えてしまう場合もあるかもしれません。

そんなときは短所を長所に言い換えてみてはいかがでしょうか。

たとえば「要領が悪い」という短所は、Webディレクターにとって致命的かもしれません。しかし「1つの作業を丁寧に行える」「目の前のことに集中できる」と言い換えれば、Webディレクター向きと捉えることができます。

短所が多くて悩んでいる方は、ぜひこの方法を実践してみてくださいね。

志望動機を充実させてWebディレクターを目指そう!

Webディレクターとしての採用を目指すとき、志望動機の内容を充実させることはとても重要です。即戦力を求められる職種ですので、特に経験やスキルに関してはしっかり書き上げるようにしましょう。

いまは未経験者歓迎のWebディレクター求人情報もよく目につく時代です。
未経験者の場合でも、Webディレクターを目指す動機を採用担当者に力強く伝えることができれば、採用される可能性は充分にあります。

自分のどんなスキルや経験を活かせるか、どんなWebディレクターになりたいかを念頭に置き、芯の通った志望動機をまとめるようにしましょう。