Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

30代の未経験者でもWEBディレクターになれる?

30代といえば、職場で中堅と呼ばれる方も増えてくる年代です。仕事にも慣れ、人を引っ張る立場になった頃合いで、転職を検討する方も多いのではないでしょうか。

新たな職種に挑戦したくなることは、年齢に関係なく誰にでも起こり得ます。それでは、30代でWebディレクターへの転身を目指すのは現実的にどうなのでしょうか?

必要な知識やスキル、未経験だからこそぶつかる可能性のある壁や、その乗り越え方について解説していきます。

結論から言えば30代未経験でもOK

まず、30代の未経験者でも、Webディレクターにはなれます。なれますが、道のりは厳しいというのが正直なところです。

Webディレクターの仕事は、非常に大きな責任を負うことになります。ウェブサイト制作現場の中心に立ち、指揮官として現場スタッフたちの管理をしなければなりません。

Webの知識はもちろん、コミュニケーション力やマネジメント力も必要です。制作したウェブサイトの品質を保持するためには、編集力も持っておくべきでしょう。
クライアントの要望を正しく聞き取り、噛み砕き、現場に落とし込む能力も必要となります。

これまでの職務経歴で、これらのスキルのいずれかでもしっかり取得している状況であれば、未経験でもWebディレクターとして立ち回れる可能性はあるかもしれません。

どうやってなる?

それでは、具体的にWebディレクターに転職するための選択肢を解説していきます。30代未経験であるからこそ、転職方法は慎重に選ぶべきですよ。

転職サイトなどを使う

これは最も手堅く、おすすめしたい方法です。転職サイトには実に多くのWebディレクター求人が掲載されていますので、その中から自分の希望する条件に近い会社をチェックしてみてください。

このとき、条件を高望みすればするほど、転職には時間がかかってしまいます。ある程度は妥協しつつ、譲れないポイントだけは押さえながら会社選びを進めていきましょう。

人のツテを使う

Web業界に知人がいれば、Webディレクターを募集していないか聞いてみるのもよいでしょう。とはいえ人のツテで入社をすると、その後の社内での人間関係につまずくこともあるため要注意です。

入社後、Webディレクターとしての未熟さが目立ちなにか失敗をしてしまえば、紹介者に迷惑をかけてしまう可能性があります。そのほか、仕事が厳しく退職したいと思ったときにも、紹介者の手前なかなか言い出しにくくなってしまうことも。

タイミングが合えば転職にかかる時間は少なく済むこともありますが、それ相応のリスクもあることを覚えておきましょう。

起業する

こちらは選択肢として一応挙げますが、Webディレクターとして相当スキルを積んだ状態でないと厳しいものです。

未経験となればWebディレクターとしての知識も不十分であることも多く、その状態で起業をすれば必ずどこかで歪みが生じてしまいます。一旦どこかへ就職し、経験を積んだ上で検討すべきでしょう。

30代WEBディレクターの年収

Webディレクターに転職するにあたり、年収がどれくらいになるかは気になるポイントでしょう。転職サイトにて未経験OKのWebディレクター求人の仕事内容と年収を調査しましたので、一例として参考にしてみてください。

  • 仕事内容:コスメや雑貨、アパレルなど幅広いジャンルのECサイトのWebディレクター業務
    年収:350万円(2年目)、500万円(5年目)
  • 仕事内容:大手企業、メーカーのコーポレートサイト・キャンペーンサイトのWebディレクター業務
    年収:450万円(2年目)、720万円(4年目)
  • 仕事内容:ポータルサイトの運営全般およびWebディレクター業務
    年収:500万円(4年目)、330万円(1年目)

未経験でも活かせるスキル

30代未経験からWebディレクターを目指す場合でも、これから紹介するスキルに自信があればWebディレクターとして立ち回れることも。各スキルが必要な理由と、発揮できる場面について解説します。

コミュニケーション力

Webディレクターに最も必要なスキルと言われているのがコミュニケーション力です。冒頭でも取り上げたとおり、Webディレクターはウェブサイト制作の指揮を執る役目を担います。
クライアントとやり取りをし、そこで得た情報を現場スタッフに落とし込み、ときに不足したスタッフを補うための人材確保に走ることも。このいずれの場面でもコミュニケーション力は必須です。

マネジメント力

ウェブサイト制作には最低でも数ヵ月、規模によっては半年以上の期間がかかることもあります。ときにはトラブルが発生したり、思いどおりに作業が進まなかったりすることもあるでしょう。

Webディレクターはいかなる状況においても現場の先頭に立ち、スタッフを守る立場です。
苦難を乗り越え、ウェブサイトの完成という目標を達成したときにスタッフ全員で成長を喜び合えるようなチームを作り上げていくためにも、マネジメント力は必要となります。

編集力

ウェブサイトを作るためにはデザイナーがデザインを手がけたり、ライターがコンテンツを執筆したりします。これらのチェックをし、ウェブサイトという納品物の品質を保持するのもWebディレクターの仕事です。

見やすいウェブサイトになっているか、流行遅れのデザインになっていないかという着眼点を持ち、的確な判断をするためには編集力が必要になります。
日々アンテナを張り巡らせ、Web業界の最新情報に目を光らせておくことも重要です。

知識をつけておきたい分野

幅広い知識が必要になるWebディレクターの仕事ですが、中でも外せない分野についてまとめました。未経験から転職を考えているなら、最低限これらの知識は身につけましょう。

WEB制作

ウェブサイト制作にあたるには、当然ウェブサイトがどのように作られているのかを知らなければなりません。ウェブサイトを構築するHTMLやCSSの仕組みや知識は最低限持っておくべきです。

必要ソフトに関する知識

ウェブサイトのデザインを作成するために、デザイナーはPhotoshopやIllustratorといったソフトを使います。これらのソフトの大まかな知識は頭に入れておきましょう。なにも知らないと、デザイナーからデザインについて相談を受けた際にしどろもどろになってしまうでしょう。

WEBマーケティング・SEO

たくさんのユーザーにウェブサイトを見てもらうためには、制作に入る前の段階でしっかりとコンセプトや目標を立てる必要があります。
ニーズを洗い出し、ユーザーに必要な情報を届けるためにはどんなコンテンツが必要か、どんなサイト設計が望ましいかといったことを考えなければいけません。これらの作業はWebマーケティングと呼ばれます。

加えて、ウェブサイトに掲載するコンテンツを多くのユーザーに見てもらうためには、GoogleやYahoo!といった検索エンジンにより多くヒットさせる必要があります。そのためのキーワードや正しい構成を考える、SEO(検索エンジン最適化)の知識も必要となってくることでしょう。

マネジメント

Webディレクターは、クライアントの要望に叶うウェブサイトを制作するのにかかるコストや期間、必要なスタッフについて考えなければいけません。いざ制作がスタートしたら、予定したスケジュールどおりに作業が進んでいるか、常に確認することも必要です。そのためにマネジメント力は重要となります。

30代のWEBディレクターの落とし穴

はっきり言って、Webディレクターは多忙です。30代未経験でこの業界に飛び込むと、やることの多さに目が回ってしまうこともあるでしょう。ウェブサイト制作現場を仕切ることに、多大なプレッシャーを感じてしまうこともあるかもしれません。

社内にいる時間はスタッフとの打ち合わせに明け暮れ、クライアントのもとへの足を運ぶことにも時間を取られるでしょう。こうなるとぶつかりがちなのが、自分の時間が一切取れないという壁です。

これらの悩みをカバーするためには、知識やスキル、そして実績が必要です。最初はどうしてもぶつかる壁ですので、場数を踏む中で徐々に慣れていくものとして割り切りましょう。

未経験でもWEBディレクターとして成功するには

Webディレクターとしてデビューしたのであれば、まずは全力で仕事にあたることが大切です。
ウェブサイト制作現場のスタッフたちも、Wedディレクターとしてのあなたに頼ったり、相談を持ちかけてきたりするはず。その場面でオドオドしては、現場の士気が下がってしまう可能性もあります。

これまでの職務経歴でWebディクレターの業務に活かせるスキルがあれば、まずはそれを前面に出していきましょう。それ以外のスキルは、ディレクション業務の実績を重ねながら学んでいけばよいのです。
大事なのは前向きでいること。Web業界で生き残っていけるよう、常に向上心を持って業務にあたってくださいね。

WEBディレクター業務に役立つ資格

Webディレクターになるのに資格は不要ですが、持っていることで活かせる資格はあります。簡単に3つご紹介していきましょう。

Webディレクター試験

Webディレクションに関わる知識やスキルを問う資格です。受験料は10,000円(税抜)で、合格基準は70%以上となります。

ネットマーケティング検定

Webマーケティングの基礎知識を問う資格です。受験料は5,800円(税込)で、合格基準は70%以上となります。

ウェブデザイン技能検定

ウェブサイトの質にも大きく関わる、Webデザインに関する知識を問う資格です。受験料は階級により異なります。合格基準は学科、実技ともに70%以上です。

知識やスキルが学べるサービス

実際に転職活動に挑む前に、Webディレクターとしての知識やスキルを学ぼうとする方も多いことでしょう。そんなときに役立つ、スクールを2つまとめました。

TechAcademy Webディレクションコース

パーソナルメンターがつくため、独学で学ぶことが苦手な方におすすめです。短期間で必要な知識を得られます。

株式会社デスクトップワークス Webディレクタースクール

現役19年目のWebディレクターが直々に講師を務めるスクールです。書籍や、ディレクションに役立つ専用ツールも販売しています。

まとめ

Webディレクターとして社会に出るにあたり、未経験であること、30代であることに一切の気負いは無用です。誰にでも新しい職種にチャレンジする資格はあり、そこに制限はありません。

転職活動の場面では、自分のイチオシポイントを全力でプッシュしましょう。前職で得たスキルや学んだことから、Webディレクター業務に役立ちそうなことがあればそれをアピールすればよいのです。
まずは大切なのは、一歩踏み出すこと。勇気を持ってWeb業界の門を叩いてみてくださいね。