Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターの平均年収相場はどれくらい?

Webディレクターの年収はどれくらい?

Webディレクターの年代別・業界別に見る平均年収やサンプルケースを使用し、上位にあたる職種へのキャリアプランをご紹介!また、Webディレクターとして年収を上げるコツなどを伝授します!!

年代別Webディレクター平均年収

年代別のWebディレクター平均年収を以下に掲載しました。

  • 20代

年収 350万円〜400万円程度

月給 29万円〜34万円程度

未経験からWebディレクターに就任して、駆け出しの頃の年収です。個人差や企業により、かなり異なります。もちろんスキルがあって、営業力や人脈があれば20代でもフリーのWebディレクターとして活躍できる可能性も。事務などの業務よりも年収が高いのは、専門性が高いからという理由が考えられます。

  • 30代

年収 450万円〜500万円程度

月給 37万円〜42万円程度

他のWeb関係の仕事からの昇格や転職による就任も、この年代あたりから増えます。転職で昇給する場合や勤続することでの昇給、スキルの向上などで、20代よりも年収が上昇していることが考えられます。仕事場で部下を持ったり、教育する側に回ったりと責任も大きくなってくる年代です。

  • 40代

年収 550万円〜600万円程度

月給 45万円〜50万円程度

役職者として活躍している方が多数いらっしゃる年代です。この年代では会社勤務を抜け出し、フリーで活躍している方もかなり多くなっているのではないでしょうか?ディレクターとしても広い知識を持ち、さまざまな事柄に対応できる経験とスキルが身についた上での年収になります。大きな仕事を任される機会も多いことでしょう。

いかがでしょうか?これはあくまでも目安。スキルや経験によって、金額は上下します。日々、自分磨きをすることが大切ですね!

業界別平均年収

就職先や業種別によって年収はさまざまです。

  • Webコンサル会社 年収550万円~

専門性の高いコンサルを仕事の業態にしていることもあり、IT業界の中ではかなり高年収が得られる業態です。

  • Webサイト制作会社 年収400万円~

サイトの制作のみを行っている会社なので、他のサービスを複合している会社と比較すると年収は低くなります。

  • Webメディア運営会社 年収300万円~

テレビ局、メーカーなどのメディア企画・構築・運営などを行うか、自社メディアを行う会社なのかによっても年収が変わってくる業態です。

  • ゲーム(アプリ)開発会社 年収450万円~

自社の制作するゲームやアプリの成功によって、会社ごとに年収は変わってきます。プログラミングなどのスキルがあれば、更に高収入の可能性も夢ではありません。

  • 広告代理店 年収440万円~

広告代理店において、Webディレクターは専門性の高い立場になります。そのため、社内でも高年収が望めるポストにつける可能性もあります。

  • 事業会社 年収450万円~

IT関連の事業かそうではないかで、状況がかなり変わります。例えば、製造業や建設業の場合は異動などもあるので専門職というよりかは、給与テーブルに準じる場合が多くなります。

  • フリー 年収400万円~

一般的に会社に正社員で勤務するよりも高収入だと言われています。しかし、個人のスキルや営業力によるところが大きいのも現実です。

Webディレクターのキャリアプラン

Webディレクターを究める。クリエイティブ・エグゼクティブへの道

  • 1年目 担当webディレクターのアシスタント

未経験からスタートすると通常はwebディレクターのアシスタントとなります。

・ディレクターと共に行動

・ディレクターのフォローを担当

  • 3年目 webディレクター

アシスタントで学んだ基礎知識や技術を活かし、webディレクターとしてデビュー。

・現場をまとめて指揮

・アシスタントは0人からスタート

  • 5年目 webディレクターとしてリーダー層へ

webディレクターとしてもリーダー層へと進みます。

・フリーになる

・会社を成立して独立

・実績とスキルを活かして、IT業界及びその他の事業会社へ転職する

・継続して働き、その会社でのポジションアップを狙う

現場からプロジェクト管理へwebプロデューサーへの道

  • 1年目 Webディレクター

・現場の指揮を担当

・クリエイター的思考で作業する

・効率良く、高いクオリティを維持してWebサイトを制作する

・ターゲットの属性や行動をの分析

・ベストなUI/UXの設計、コンテンツ企画やプロモーション戦略の立案

Webプロデューサーに求められるのは、サイトをビジネス的にとらえる戦略思考と、サイトが収益を出すために、どのような構造、施策をすればよいのかという、経営的視点が求められるので、経営学、マーケティングなどのスキルをつけていく習慣が重要です。

一方、Webディレクターに求められるのは、いかに効率良く、高いクオリティを維持してWebサイトを制作・運用するかを考える実務思考と、ワイヤーフレームを作成したり、アクセス解析をしたりする作業能力。言うなればクリエイター的思考です。WebディレクターがWebプロデューサーになるには、クリエイター的思考から経営者的思考へと大きくシフトチェンジを図ることが重要です。

  • 3年目 Webプロデューサーとしてデビュー

・制作チームを抱える

・Webサイトの収益・予算に関する責任をトップとして負う

・チームのリーダーとして組織のマネジメントや人事評価に対する責任を負う

  • 5年目 Webプロデューサーとしてリーダー層へ

・フリーになる

・会社を成立して独立

・実績とスキルを活かして、IT業界及びその他の事業会社へ転職する

・継続して働き、その会社でのポジションアップを狙う

クライアントの事業価値を高めるwebコンサルタント

  • 1年目 Webディレクターとして働く

・Webに関する幅広い知識を身に付ける

・Webマーケティングの戦略立案に必要なSEOやリスティング広告、DSPなどの知識を身に付ける

  • 3年目 Webコンサルタントとしてデビュー

・問題解決力や論理的思考力を身に付ける

・コミュニケーション能力を高める

・興味がない分野や業界でも意欲的にアンテナを張る

  • 5年目 Webコンサルタントとしてリーダー層へ

・フリーになる

・会社を成立して独立

・実績とスキルを活かして、IT業界及びその他の事業会社へ転職する

・継続して働き、その会社でのポジションアップを狙う

webディレクターとして年収を上げるには

日本のWebディレクターの平均年収は「452万円」。

自分の年収をいかに高めていくのか?そのコツを伝授します。

スキルや経験、実績を積んで収入アップ!!

小さな会社ではWebプロデューサーがいないことがあります。その役割をディレクターがこなすことも。日々、スキルを高める学習を重ねてクライアントの要望からWebサイトでの新しいビジネスモデルを逆提案できるくらいまでになると、かなりレベルの高い人材として重宝されます。そして重要な人材として扱われるでしょう。昇給が望める会社で長年勤めて、マネジメントやコンサルティングなどの分野もできるようになるのが一つの方法です。

転職やフリーになることでステップアップ!!

転職がよく使われる年収アップ方法です。実力を積むのが先決ですが、もし未経験でwebディレクターとして採用されたとしたのなら、それは大きなチャンス!!そこでスキルを磨いてから、ステップアップを考えましょう。求人情報の年収は残念ながらイメージで現実にもらえる金額ではありません。あまり期待しすぎずに、最低月給にプラス5000円くらいでみておきましょう。自分が一人前になったと感じたときは転職エージェントに登録し自分の目指す企業に転職するか、または独立してフリーのディレクターとして活躍する道も考えてみましょう!

webディレクターラボTOP