Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

ディレクター業務に欠かせないガントチャート

Webサイト制作を進めるにあたっては、実にたくさんのタスクが発生するもの。

クライアントとの打ち合わせにデザイン、コーディング、システム開発にコンテンツ作成など、たくさんの専門職のスタッフが手を動かし、公開というゴールに向かって進んでいくことになります。

Webディレクターの仕事はこれらのタスクを全体的に見渡し、作業が滞っていないかを常にチェックしておくことです。

とはいえ、あまりにもタスク数が多いと、どの作業をいつまでに終わらせるべきなのか分からなくなってしまうことも。
今回はスケジュール管理におすすめのガントチャートの概要と作り方を解説します。

なぜ、Webディレクターにガントチャートが必要なのか

ガントチャートとは、タスクと期間を一覧にまとめた表のことです。
作るとそれぞれのタスクにかける日数が一目で分かるようになるため、スケジュール把握と管理がしやすくなります。

Webサイト制作には大勢のスタッフが関わることになり、それぞれが業務を抱えています。

個々人でスケジュール管理をすると、予期せぬ事態で作業が滞ったり、急に休んでしまったりした際にほかのスタッフが担当する業務に影響を及ぼすことも。

現場を把握するWebディレクターはもちろん、ほかのスタッフたちとも共有でスケジュールを管理できるようにしておくことで、Webサイト制作をスムーズに進めることが可能になるのです。

ガントチャートの作り方

それではガントチャートの作り方を詳しく解説していきましょう。
初めて作る際には手間取ってしまうかもしれませんが、一度作り方を覚えればほかの現場にも流用できるものなので、まずは一度実際に作ってみてくださいね。

必要な工程の洗い出し

ガントチャートを作る前には、まずWebサイト作成から公開までに必要なタスクを以下のように洗い出すことから始めます。

  • 構成検討
  •   └クライアントへのヒアリング、ディレクトリマップ作成、ワークフレーム作成など
  • デザイン
  •   └TOPページ、下層ページ ※PCサイト・スマホサイト用にそれぞれ必要な場合も
  • コーディング
  • システム開発
  •   └CMSカスタマイズ、フォームの開発など
  • テスト
  •   └ブラウザ別検証、OS別検証、スマホ検証、CMS投稿テストなど
  • 公開

次に各作業にかける期間を検討し、実際に表にしていくというのがガントチャートの作成方法の流れです。

エクセルやツールなどに記載する

エクセルやGoogleスプレッドシートで作成する場合は、まず横のセルにWebサイト公開日までの日付を入力していきます。縦のセルには打ち合わせ、コーディング、システム開発といった具合にタスク名を記入していきましょう。

打ち合わせが10日と15日にあるのなら、該当の日付の列と、打ち合わせの行が重なるセルにそれぞれ色をつけます。
その後、コーディングを20日から開始して30日までに完了する必要があるのなら、コーディングの行と、該当の期間が重なるセルすべてに色をつけます。これが基本的なガントチャートの作り方です。

そのほか、ガントチャートには専用のツールもあります。

Redmine
無料で利用でき、世界的な認知度も高いプロジェクト管理ソフトウェアです。公式アプリを使えばスマホでも利用できます。

Brabio!
FacebookアカウントやGoogleアカウントでも利用できます。5人までなら無料で利用が可能です。

みんなでガント.com
専用ソフトのインストールや会員登録も不要で、気軽に利用を開始できます。無料期間終了後に継続で利用したい場合は、ライセンス購入が必要です。

エクセルやGoogleスプレッドシートで作成するか、専用ツールで作成するかは好みですので、スタッフ同士で管理しやすいほうを選んでくださいね。

ガントチャートが必要かどうかのポイント

ここまでガントチャートの便利さについて解説してきましたが、すべてのWebサイト制作プロジェクトにガントチャートが有効に働くとは限りません。

関わるスタッフが多くなる大規模プロジェクトだと、反対にガントチャートがあることで管理がしにくくなる場合もあります。タスクが多くなりすぎることで、表を見るだけで混乱するという状況になってしまうためです。

また、ガントチャートにすべての作業を漏れなく記入できたかの確認に追われてしまい、結果として「ガントチャート作ること」に必死になってしまうという、本末転倒な結果を招くことも。

そんなときは、ガントチャートで大枠の作業だけ管理するというのもありでしょう。

先ほどガントチャート作成前には必要な工程を洗い出すという話をしましたが、そこで示した「構成検討」「デザイン」「コーディング」などのいわゆる“大見出し”部分のみを記入するのです。

大規模プロジェクトで使うガントチャートでは、「Webサイトのなにをいつまでに作るか」が管理できればOK。
各項目の細かい部分は、それぞれの分野に関わるスタッフだけで管理できる別のガントチャートを作って共有してもよいかもしれませんね。

ガントチャートどおりに進まないときは

ガントチャートを作ったにも関わらず、そのとおりに作業が進まないとWebディレクターは参ってしまうかもしれません。考えられる原因をまとめました。

納期設定に無理がある

各作業に関して、無理な納期を設定していませんか?
ガントチャートを作成する際には、必ずその業務を担当するスタッフの空き状況や能力を鑑みて、最適な納期を設定するようにしましょう。

Webディレクターが個人の判断で「これくらいあればできるだろう」と納期を設定してしまっては、スタッフに大きな負担をかけてしまうことも。
Webディレクターの信用問題にも関わることですので、注意しましょう。

業務量に無理がある

ガントチャートに示したタスクごとの業務量を、しっかり把握できていますか?
タスクとして一言で記入するのは簡単ですが、蓋を開けてみれば膨大な量の業務内容が詰まっていることも。

Webディレクターとして、その業務量を把握できていない状態でガントチャートに記入している場合は、現場がパンクしてしまうかもしれません。
業務のボリュームを把握し、必要であれば人員を確保するなどしてサポートしましょう。

把握していない業務が発生している

ガントチャートにない業務が発生していませんか?
追加作業が出てきたら、ガントチャートをそのつど最新の状態に更新しておきましょう。

Webディレクターは常に現場の状況に目を配り、進捗状況をスタッフに確認しておく必要があります。少しでもスケジュールに遅延が見られそうなら、すぐに軌道修正のための行動を取ってくださいね。

しっかりコミュニケーションをとることで改善していこう

Webディレクターとして業務にあたっていると、ときには計画どおりにWebサイト制作が進められない問題に直面することも。

納期を守るためには、無理やりにでもスケジュールどおりの進行に戻す必要が…。そんなとき、ガントチャートはプロジェクトの全体把握にとても役立ちます。

とはいえ、まずはスケジュールに遅れが出ないよう、日頃から現場のコミュニケーションを密にしておくことが重要となります。これこそがWebディレクターにはコミュニケーション能力が必須といわれる所以です。

スケジュールの遅れが小さいうちであればいくらでもリカバリは効きますので、Webサイトの公開日に向け、気を引き締めてディレクション業務にあたりましょう。