Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

webディレクターの将来性や需要

webディレクターの需要は?

webディレクターの需要は間違いなくあります。裏付けとしては、ユーザーの購買行動が変わったこと。
昔は雑誌などから通販で買っていましたが、今では通販サイトを見ながら好きな商品を選択、購入できるほどwebとユーザーの持つ文化との距離が近くなっています。
また、ユーザーが見るホームページを作るだけでなく、ecサイトを作るとき、ポータルサイトを作るときでも必ずディレクションが必要になります。
web市場も大きく成長をしているため、それに伴いwebディレクターの需要は高くなっていきます。

またwebディレクターの仕事も多岐に渡るため、クライアントから関係各所、プログラマーやデザイナーとの意思疎通がしっかりとれる指揮がうまいディレクターが重宝されることもあれば、戦略立案から分析、改善施策まで出来る戦略型ディレクターも重宝されるなど、自分のスキルや方向性に合わせてなりたいwebディレクターを目指すことが出来るのも今の求人市場ならではの考え方です。

実はwebディレクター不足!

IT業界では、2015年には約17万人のIT人材が不足し、2030年には約59万人ほどのIT人材が不足すると言われています。その中でも総合的な、広範囲な経験や知見が必要なディレクションタイプの人材はより不足していくことが考えられます。

求人サイトを見ると分かりますが、webディレクターを募集している求人が多く、慢性的にwebディレクターが不足しています。
求人の中には未経験webディレクターを募集しているものは少なく、大抵は3年以上の経験者を求められていることが多くあり、本当に即戦力が欲しいという会社が多いです。

もちろん未経験からwebディレクターに挑戦することを歓迎する会社もあります。
全研本社はweb業界に憧れて入社した元塾講師や元バンドマン等、経歴は違えどやる気さえ持って頂ければ、しっかりと未経験の方を育てる文化があります。
むしろ異業種、異職種からの転職者の方が経験者にはない考え方を持ち合わせている為、斬新なwebコンテンツの在り方を模索することが出来ると私たちは捉えています。

webディレクターの将来性

webディレクターはどのweb制作会社も人手不足が続いているです。
しかし、ユーザーが納得のいくデザイン、使い勝手のいいwebコンテンツを作っていくにはどうしてもwebディレクターの力が必要になってきます。

Webコンテンツがもっとユーザーに身近な存在になっていく今、より需要が増していくため、未経験から挑戦する未来のwebディレクターを育てていく必要があると考えています。

もちろん、現在webディレクターをやっている方、元々コーダー、デザイナーだったがwebディレクターをしたいという方も私たちにはない新しいエッセンスをぶつけて頂き、どのwebコンテンツよりもユーザーの役に立つクリエイティブな制作をしていきたいと思っています。

全研的webディレクターとは