Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

フリーランスのWebディレクターの年収は?

Webディレクターとしてある程度の経験を積むと、中には会社という枠組みから飛び出しフリーランスデビューする方もいらっしゃいます。すべて自分の裁量で仕事をすることになるため、自由に働けるようになるのは事実です。

とはいえ、会社という後ろ盾がなくなることで心配なのは、安定した収入を得られるかどうかということ。
フリーランスのWebディレクターって正直なところどれほど稼げるものなのでしょうか?

平均年収や年収を上げるためのポイント、フリーランスになることのメリットやデメリットについて解説していきます。

Webディレクターの平均年収はいくらぐらい?

まず参考までに、世間のWebディレクターの平均年収をご紹介します。ただし、これは会社勤務のWebディレクターの年収としてまとめたものですので、あくまでも参考値としてご確認くださいね。

20代:約270~330万円
20代といえばまだWebディレクターとしての経験が浅いことも多く、年収も200万円台後半あたりからのスタートになることが多くなります。数年経験を積み、スキルや知識を蓄え始める20代後半頃からは、300万円を超えることも多々あるようです。

30代:約270~420万円
30代では平均年収に差が出てきます。理由としては「ずっとWebディレクターだった人」と「30代でWebディレクターになる人」が混ざっているためです。
もともとデザイナーやライターなどほかの職種で活躍していた人が、ステップアップを目的に30代でWebディレクターを目指すのは珍しくないこと。転職するとどうしても年収は下がってしまうことも多く、このような平均値を差すこととなるわけです。

40代:約350~620万円
新卒で会社に入社したときからずっとWebディレクターとして活躍している方は、40代ともなればベテランです。年収は600万円台を叩き出すことも。
Webディレクターは日々勉強を重ねることでいくらでも成長できる職種です。年齢を重ねてもずっと続けていける、やりがいのある仕事ができることでしょう。

フリーランスだと平均年収はいくらぐらいになる?

フリーランスのWebディレクターになると、スタート時の年収は400万円程度になるようです。これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、もっと欲しいと思う方も多いのではないでしょうか?

これはあくまでも、フリーランスでデビューしたての平均年収です。会社員でも努力を積めば徐々に年収が上がっていくように、フリーランスのWebディレクターもスキルアップをすればどんどん年収を上げることは可能となります。

フリーになると年収は上がる?下がる?

フリーランスの仕事はすべて自分自身の裁量に任されています。
がんばって働けば収入につながりますし、休めば一銭も入りません。だらけずしっかり働くことを前提として、年収アップのためにやるべきことはスキルアップを図ることです。

Web業界には常に新しい情報が流れ込んできます。現在自分が持っている知識も、いずれ古くなる可能性が高いことを知っておかなければなりません。

Webサイト構築のための基本的な知識(HTML、CSSなど)を持っていることは前提として、デザイン作業で必要となるPhotoshopやIllustratorの使い方、SEOやアクセス解析についてなど、各分野の専門職の方々があたる業務についても知っておくに越したことはないでしょう。

そのほか、Webディレクターとしてコミュニケーション力は必須ですが、フリーランスとなると自分で自分をクライアントに売り込む必要があります。
加えて、クライアントはもちろん、Webサイト制作に携わる専門職の方々と円滑なコミュニケーションが取れることも、とても重要です。

「WebディレクターはWeb制作の指揮官だ」とばかりに威張っていては、誰もあなたに仕事を任せてはくれません。特にそれがフリーランスとなれば尚更です。
自分の実力を過信せず、まだまだ発展途上だという謙虚な姿勢を忘れないで日々の業務にあたっていれば、着実に年収は上がっていくことでしょう。

フリーランスのWebディレクターの将来性は?

フリーランスになるとき、気になるのは「長く続けられる仕事かどうか」ですよね。
Webディレクターは、需要の高い職種です。数ある求人サイトでもWebディレクターの求人はあふれており、人手不足であるようにすら感じます。

よって、将来性はあると言い切ってもよさそうです。

とはいえ、誰でもWebディレクターを名乗れば成功できるわけではありません。未経験のフリーランスWebディレクターに仕事をくれるクライアントは、おそらくいないでしょう。

安定収入を得るためにも、まずは会社勤務で知識やスキルを積み、実力のある状態でフリーランスになるのがおすすめです。

フリーランスのWebディレクターになるメリット・デメリット

それでは最後に、フリーランスのWebディレクターになるメリットとデメリットを解説していきます。
良い面と悪い面の両方を見て、自分に合っているか見極めることが重要です。

フリーランスになるメリット

まずはメリットから見ていきましょう。自由裁量で仕事ができることがメリットにつながりやすいようです。

努力した分だけ収入につながる

フリーランスという働き方は、良い意味でも悪い意味でも自由です。働く時間は自分で決められますので、努力する時間に制限はありません。Webディレクターという仕事が好きで、たくさん働いても苦にならないという方なら、働いた分だけ収入につながっていくことでしょう。

とはいえ無理は禁物!しっかり休憩時間も取りながら、安定収入が確保できる程度に働くようにしましょうね。

会社勤務より高い年収がもらえることも

会社に務めていると、基本給が決まっていることがほとんどです。Webディレクターとしてとても忙しい月も普段と同じ給料しかもらえないので、ときには不満を感じてしまうことも。

フリーランスなら、成果を出した分だけ収入につながります。同世代よりも高い年収を得ることができれば、やりがいも大きなものになることでしょう。

いつでもどこでも仕事ができる

これはフリーランスという働き方全般に共通することかもしれませんが、働く場所を選ばないということもメリットのひとつです。

自宅はもちろん、お気に入りのカフェや図書館など、その日の気分で仕事場を選べます。いつでも新鮮な気持ちで仕事ができそうですね。

フリーランスになるデメリット

続いてデメリットも確認してみましょう。会社という後ろ盾がないことが、デメリットを生む原因になっているようです。

長期の休みが取りにくい

会社勤務なら、急病による入院などで長期的に休んでしまっても誰かがフォローしてくれます。しかしフリーランスは、ひとりで責任を負わなければなりません。

休んでいる期間の収入はもちろんゼロです。休むこと=死活問題になってしまうのが、フリーランスという働き方のもっとも厳しい部分だといえるでしょう。

信用されにくい

世間に名の知れた会社に勤務するWebディレクターなら、そのネームバリューだけで仕事を受注しやすくなることは事実です。しかし、フリーランスは自分の名前だけで営業をかけ、仕事を取ってこなければいけません。

何年も場数を踏み、実績が増えれば安定的に仕事を受けられるかもしれませんが、デビュー当初は仕事を選べないことも。
クライアントから信用されるまでに時間がかかることも、デメリットのひとつです。

フリーランスの働き方が自分に合っているか見極めよう

フリーランスのWebディレクターという働き方は、珍しいものではありません。成功すれば大幅な年収アップも期待できる働き方です。

しかし、向き不向きはあります。会社勤務にしてもフリーランスにしても、どちらにも良し悪しはあるのです。

今回解説したフリーランスという働き方のメリット、デメリットを比較し、自分にはどちらが合っているか見極めてみましょう。自分の知識やスキル、実績を振り返って、成功の可能性を見出だしてからフリーランスを目指しても遅くはないはずですよ。