Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

webデザイナーからwebディレクターになるステップアップ

WebデザイナーはWebディレクターと接する機会が多いので、ステップアップとしての転身を考える人が多いようです。
しかしWebデザイナーの時には見えていなかったWebディレクターの業務内容に、戸惑いを覚える人も多いようです。
Webディレクターに転身するためには、どういったポイントがあるのでしょうか

Webデザイナーからwebディレクターにステップアップするメリットとは?

希望に近い条件で採用してもらえる

Webデザイナーとしての経験がある人がWebディレクターへ転身するとなった時、企業側は即戦力として期待します。そのため、転身する側の希望に近い条件で採用してもらえる傾向にあります。
特に数年程度の実務経験があるwebデザイナーは、条件の選択肢が広がるでしょう。

打ち合わせの際、希望の伝達がしやすい

クライアントと打ち合わせをする際、大抵のクライアントはデザインの知識や情報を持っていない事が多いです。そのため希望のデザインの内容を具体的に説明できず、漠然とした依頼になってしまいがちです。
そういった時、Webデザイナー経験のあるwebディレクターなら、上手く要望を伝えられないクライアントの趣旨をくみ取ることができるため、お互いのイメージが食い違う、という結果は避けられます。
またクライアントだけでなく、社内のWebデザイナーに対する打ち合わせの際にも的確な指示を出すことができるため、ここでの食い違いも避けられます。作業するwebデザイナーは効率のいい制作を行えるでしょう。

ビジネスに携われる

クライアントへの提案、施策の立案・実現、サイトのアクセス解析、スケジュールの進行管理、プロモーション、SEOなど、webディレクターの仕事は、一連のプロジェクトを進行管理、品質管理する事です。
自分が管理したプロジェクトがどのような成果を上げているかが明確にわかるので、やりがいがあります。

WebデザイナーからWebディレクターに転身する際に持っておくべきスキル

コミュニケーション能力


Webデザイナーからwebディレクターに転身したばかりの人は、大抵コミュニケーションの部分で戸惑う事が多いようです。
Webデザイナーはデザインの方針などの情報を受け取る、またデザインの意図を伝達する、といった、受信・発信のコミュニケーションが必要です。
しかしwebディレクターは受信・発信コミュニケーションはもちろんの事、クライアントや社内のプロジェクトメンバーそれぞれに的確な指示を出せるだけの情報共有・意思疎通をスムーズに行うためのコミュニケーション能力がさらに必要になります。
そのためにはそれぞれに信頼関係を築く事が、円滑なコミュニケーションの重要なポイントになってきます。

スケジュール管理能力

Webディレクターはwebデザイナー、webエンジニア、webライター、webプログラマーなど、Web制作に関わるメンバーに仕事を割り振ってまとめていきます。
スケジュールを管理する事は重要な業務の一つです。毎日の進捗状況を把握し、プロジェクトを計画通りに進めなければなりません。また内容の変更、トラブルが起こった際の、適切な調整が求められます。特に同時進行のプロジェクトを抱えているメンバーに対しては、こまめなフォローが必要になります。

 Webマーケティングの知識


Webディレクターはクライアントの求めるターゲットユーザーの集客をする事がマーケティングの役割を担います。
ユーザーが何らかの情報を得て誘導され、webにアクセスして、サイトに訪れる。コンテンツを経由した上で、アクションを起こす。という流れが集客の大まかな過程になります。
この誘導と集客を効果的に行うには、アクセス解析の結果から課題を見つける→改善施策を立案する→PDCAをうまく回して改善を続ける、といったWebサイトのアクセス解析と改善提案をするための、webマーケティングの知識が重要になります。

ソフトの活用


Webディレクターの仕事の中で多くの時間が費やされるのが、各種資料の作成と言えます。クライアントに対するプレゼン資料や見積もり書、自社サイトの分析・改善提案資料、プロジェクトメンバーへの要件定義書など、作成する資料はかなりの量です。
そこでツールの活用が重要となります。
Microsoft Officeのソフト(Word、Excel、PowerPointなど)はもちろんですが、サイト制作において欠かす事のできないワイヤーフレーム作成ツール、完成形をイメージしやすくするのに欠かす事のできないプロトタイプ作成ツールなどを活用して、効率の良い作業ができる事が必要になります。

メンタルの強さ


クライアントとの連絡も重要な業務になりますが、何らかの理由でクレームを受けてしまった、またスケジュールに遅れが生じてしまった、などと言ったトラブルにおいて対処するのもWebディレクターの仕事です。
揉め事を避ける事は神経をすり減らす事です。上手くいかないと、そのプロジェクトへのモチベーションが下がる危険性もあります。そうならないために不必要に気に病まない、上手く気持ちを切り替えるといったメンタルの強さも必要となります。

webデザイナ―の経験をwebディレクターとして活かす


全研本社では元々webデザイナーとして活躍していた社員がwebディレクターとして活躍をするなど、未経験でもやる気さえあればwebディレクターとして独り立ちを応援する土壌があります。仕事内容は、自社メディアやクライアントワークにおいてのWebサイト制作を中心に、コンテンツの企画から取材、デザインディレクション、テキスト編集まで多岐に渡ります。
元Webデザイナーはもちろん、様々なバックボーンを持った仲間たちが自分たちのスキルを活かしながら、多くの経験の中で制作からwebマーケティングスキルまで磨ける環境が整っています。あなたのWebデザイナーとしての知見も存分に活かせる事ができます。

webディレクターラボTOP