Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

初心者から、愚痴が多くなってきた中堅まで webディレクターに読んでほしい本

webディレクターとは、プロジェクトの中心となり、スケジュール管理・コンテンツの品質管理・クライアントと制作者との橋渡しといったディレクションが主業務となります。そのため、業務遂行には多くの知識とスキルが必要で、新人の方はまず、専門知識を身につけることに心血を注ぐことになります。
一方で、知識があれば顧客満足度の高い制作物をつくれるわけではありません。中堅のwebディレクターも日々、試行錯誤の繰り返しです。
今回は、専門技術とは別の、webディレクターに必要な考え方が学べる本をご紹介します。

相手の立場が考えられるwebディレクターを目指そう

webディレクターとは、web業界においてプロジェクトを管理・監督する立場の人のことです。プロジェクトの中心となり、スケジュール管理・コンテンツの品質管理・クライアントと制作者との橋渡しといったディレクションが主業務となります。そのため、業務遂行には多くの知識とスキルが必要と言えるでしょう。
そうして知識と経験を重ねるようになると、つい「このクライアントはwebのことがわかっていない」「このデザイナーはセンスがない」などと愚痴をこぼしすような場面に出くわすことになります。ストレス解消のための愚痴なら誰もが抱くものですが、本気でそれについて業務に悩んでいるのなら、相手のことより自分のディレクション力を見直した方がいいかもしれません。
今回は、上記のような初心者から中堅のwebディレクターに、ぜひ読んでほしい本をご紹介します。

「webデザイン受発注のセオリー デザインコントロールが身につく本」

本書は「受発注ワークフローと基礎知識」「ビジュアルデザインの要件定義」「提案依頼〜発注」「制作と運用」の項目に別れ、それぞれ現場に即したストーリーと問題〜解決の考え方が書かれています。注目したいのは、webディレクターやwebデザイナーといった「作る側」の視点だけでなく「発注者」の視点が書かれている点です。

勉強熱心なwebディレクターほど、最新の技術やテクニック、解析方法、旬のデザインなどを学び、取り入れるように苦心していると思います。ですが、そういった努力が実らず、「クライアントからの評価が上がらない……」「うまく現場が回らない」という悩みがあるのなら、それはクライアントの要望をうまく汲み上げ、ニーズを制作者側へ十分に伝えられていないからかもしれません。

発注者がどれだけの知識を持ち、具体性を持ってwebデザインを発注しているのか、ディレクターを含めた制作者側は意外と知らないものです。そのため、クライアントの言葉を鵜呑みにしてディレクションを進めてしまうと「最初イメージしていたものと、なんか違うんだよね」と言われてしまいかねません。

あるいは、ディレクターが持ち帰った指示に対してデザイナーがイメージとは全く違うデザインが上がってくることもあるもの。それに対して事細かに修正指示を入れると「どっちがデザイナーかわからないじゃないか」なんて愚痴をこぼしてしまうことになりがちです。デザイナーとしては「そっちの指示どおりに作っただけなのに」と反論したくなるでしょう。

本書は、そうした現場でつまづきがちな「あるある」の原因と解決のための考え方を、具体例を交えて解説しています。「発注者」「ディレクター」「デザイナー」といった各関係者の立場からの視点が書かれており、プロジェクト進行のために抑えなければならないキモがまとまっている、技術書ではなかなか学べない一冊と言えるでしょう。

コミュニケーション=相手を知ること

webディレクターは、プロジェクトを管理・監督する人のことです。それだけに関わるメンバーが多く、コミュニケーション能力が求められる仕事と言えます。ですが、コミュニケーション能力というのは、その場を盛り上げたり、話し上手であったりする能力とイコールではありません。相手の立場に立ち、どのような問題を抱え、それに対して自分が実行可能な解決策を提示することこそが、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション能力です。相手が何を求めているのかをつかむためには、十分な会話と、相手の立ち位置を知ることが重要でしょう。発注者の立ち位置や、webディレクションにおいて知っておきたい基礎的な役割を把握するのに、本書はうってつけです。

ついつい、「あのクライアントは……」「あのデザイナーは……」なんて言ってしまいがちですが、その前に、自分のディレクションが的確かどうかを見直してみるのも大切なことです。初心者の方は、本書の各役割分担を把握することが現場運用において役立つでしょう。中堅の方は、各役割の立ち位置を正確に把握した上でディレクションできているか、今一度振り返ってみてください。

webディレクターラボTOP