Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

当サイト管理人&インタビュアー Webディレクター 福田 祐太郎
当サイト管理人&インタビュアー
Webディレクター 福田 祐太郎

Webディレクターは多忙!気になる1日のスケジュールとは?

Webサイト制作の中心に立ち、関係者を引っ張るいわば指揮官ともいうべき役割のWebディレクター。事実、その仕事量は多く、毎日が目まぐるしいスピードで駆け抜けていくといっても過言ではありません。
今回はWebディレクターの1日の仕事の流れを詳しく見ていきましょう。

Webディレクターの1日は忙しい!

Webディレクターの仕事内容は、事業会社勤務か、制作会社勤務かによってやや異なります。
いずれもWebサイト制作に関わるスタッフたちを引っ張っていくという点においては同じです。それを踏まえた上で、まずはそれぞれの仕事内容を見ていきましょう。

事業会社のWebディレクターの1日

事業会社に勤務するWebディレクターは、自社サイトの制作や管理、運用を行うことが仕事です。
運用しているWebサイトへのアクセス数や、売上にどれだけ貢献しているかという点は、常に注意深く見ておく必要があるでしょう。

作業範囲としてはWebサイトの更新や修正、効果測定など。
基本的なやり取りは社内で完結しますが、Webプロモーション業務やSEO対策などを外部に委託している場合は、それら外注業者との打ち合わせが発生することもあります。

とはいえ、外部クライアントとのやり取りが発生する制作会社のWebディレクターと比べると、残業はやや少なめになる傾向です。

制作会社のWebディレクターの1日

制作会社に勤務するWebディレクターは、1日中クライアント対応に追われます。複数のWebサイトを同時進行で制作しているような状況では、頭がパンクしそうになってしまうかもしれませんね。

クライアント先への往訪も発生するため、席を外すことも多くなりがち。
また、先方の要望を噛み砕き、社内スタッフに落とし込む業務も発生するため、事業会社のWebディレクターと比べると気遣いが必要な場面も多くなります。

業務時間内はクライアントとのやり取りが多く、自分の作業は定時後にやっと開始できるという方も多いのが事実。

とても多忙に見えますが、受注できれば大手企業のWebサイト制作に関われることもあり、大きなやりがいをつかめるチャンスがあるでしょう。

Webディレクターの1日の特徴

Webディレクターの1日には、ほかの業種と違い以下のような特徴が現れます。どれも指揮官ならではといった特徴ばかりです。
ポイントは“共有”と“気配り”。それでは順番に見ていきましょう。

打ち合わせ・ミーティングが多い

Webディレクターは多くのスタッフと関わることになるので、情報共有を行うことは必須です。共有がおろそかになると、Webサイト制作の進行にも大きな影響を及ぼすことがあります。

デザイナーとはWebサイトのデザインに関する打ち合わせを、ライターとはコンテンツに関する打ち合わせを…といった具合に、関わっているスタッフたちには常に目を配ることを忘れないようにしましょう。

関わっているスタッフの数が多い場合は、ときに打ち合わせやミーティングで1日を終えてしまうこともあるようです。

ほぼ1日自席から離れ、やっと定時になって戻ってきたらメールがたんまり…。返信に追われ気づけばたっぷり残業に。このようなこともよくあります。

たくさんの人と関われる、リーダーシップを発揮できるという点にやりがいを感じる方であれば、この忙しさも楽しむことができるでしょう。

毎日のスケジュール管理・進捗チェックが肝となる

スタッフに目を配ると同時に、スケジュールに遅れがないか、進捗状況は予定どおりかという点にも注意しておく必要があります。

スタッフの話を聴くことにばかり集中し、ときには不満の声を受け入れることばかりに徹していると、ハッと気がついたときにはWebサイトの制作スケジュールに大きなズレが生じてしまっていることも!

遅れを取り戻そうと奮闘するも結局スタッフに無理を強いる形になり、信頼関係を損ねてしまった…という事態に陥るのは残念で仕方がないですよね。

いかなる状況においても、Webディレクターはスケジュール管理を忘れてはいけません。
予定どおりにWebサイトを公開できるか、進捗を阻むものはないかを、常にチェックしておきましょう。

関係スタッフへの気配りも大事

ここまでご紹介してきたとおり、Webサイト制作にはスタッフたちの協力が必要不可欠です。デザイナーがいなければWebサイトそのものの見た目を整えることができませんし、コーダーがいなければサイト構築ができません。

もし、スタッフの中のひとりがある日突然「このプロジェクトから降ります!」と宣言したらどうなるでしょう?
その穴埋め要員を探し、新しいスタッフを充てるまでに生じた遅れを取り戻す必要があります。

ただでさえ忙しいWebサイト制作の現場においてこのようなトラブルはないに越したことはありません。
楽しいときは一緒に笑い、忙しいときは力を合わせる…そんな信頼関係をしっかり構築できるよう、日頃からスタッフたちへの気配りは忘れないようにすべきです。

Webディレクターが忙しさを感じるときは?

基本的に忙しいWebディレクターですが、特にこんな場面で「忙しいなぁ…」と感じることが多いようです。
Webディレクターの仕事は、常に気配りと気遣いの心を持つことが重要になります。こちらでもほかの業種ではあまり見られないポイントを発見しましたので、チェックしてみましょう。

複数案件が同時進行すると忙しくなる

Webディレクターは、常に1つのWebサイトに集中していられるわけではありません。ときには複数の制作を同時進行で進めなければならないこともあるのです。

当たり前のことですが、複数のWebサイト制作を同時に進めていれば忙しくなります。

あるサイトはコンセプトの検討、またあるサイトはコーディングといった具合に、それぞれが違う段階を踏んでいるのもごくごく普通にあり得ることでしょう。

そういった状況に混乱せず、ひとつひとつの作業を整理しながら業務にあたれる冷静さがWebディレクターには必要となります。

残業は多くなりがち

WebディレクターはWebサイト制作の現場を統括すると同時に、クライアントとも連絡を取り合います。そのように人とのやり取りをメインにしつつも、自らデスクに向かって進める業務も行わなければなりません。

業務時間中はスタッフから声をかけられ、クライアントからメールや電話がかかってくることもあるでしょう。
よって、落ち着いてデスクに向かえるのは定時後となることが多いのです。

結果として残業が多い職種であることは、心得ておきましょう。

クライアントと社内スタッフの板挟みになることも

Webサイト制作にあたり、クライアントから無理難題を突きつけられることもあります。それを現場スタッフに落とし込んだら、こんどはスタッフから対応不可の返答が…。

Webサイト制作を円滑に進めるためには、クライアントとスタッフの双方に納得してもらわなければいけません。

こういった状況では、Webディレクターはクライアントに妥協案を提案したり、スタッフに頼み込んでなんとか作業を進めてもらったりと、やや苦しい立ち回りをしなければならないことも。
嫌な役回りだと感じるかもしれませんが、これもWebディレクターの仕事だと割り切ることが大事です。

Webディレクターは忙しい!でもそれ相応のやりがいも

いかがでしたか?これを読んで「Webディレクターって忙しそう…」と尻込みしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

確かにWebディレクターは多忙です。
しかし、その忙しさをすっきり忘れさせてくれるほどの達成感や、やりがいがあるのも事実です。

場数を踏み、経験を積めば、Webディレクターの仕事はどんどん楽しくなります。 Webディレクターになりたいという気持ちが少しでもあるのなら、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。