Webディレクターになるには

本当に活躍しているWebディレクターだけが知っているメソッドを紹介

INTERVIEW

現役で活躍する
Webディレクターにインタビュー

TOPICS

Webディレクターになるには?必要なスキルや仕事内容などを一挙にご紹介!

Web制作にまつわる業務全般を統括し、チームを引っ張ってゴールへと導くWebディレクター。制作現場になくてはならない存在ですが、どのような仕事を任され、どんなスキルが必要とされるのでしょうか?Webディレクターを目指す方に知っておいて欲しい情報を分かりやすくまとめてみました。
このサイトでは現役のWebディレクターである管理人が、これからWebディレクターを目指す皆さんやもっとステップアップしたいという皆さんのために、Webディレクターの仕事ややりがい、勉強法をお伝えします!

サイト管理人:福田祐太郎

Webディレクターが育つ会社
全研本社とは

Webディレクターとは?

プロジェクトを率いてクライアントの“課題を解決する”現場責任者

Webディレクターとは、Web制作プロジェクトの指揮・管理を行う人のこと。デザイナー・ライター・プログラマーといったスタッフをまとめて予定通りに作業を進め、プロジェクトをゴールまで導く責任者です。
Webディレクターが行う主な仕事は、クライアントとの打ち合わせ・コンセプトや企画の作成・スケジューリング・ディレクション・品質管理など。また、予算管理など事務的な作業もWebディレクターに任された仕事の1つです。

何のためにその仕事を担うの?

クライアントの課題を解決するためです。社外案件の場合は「サイトを制作してほしい」「サイトを改修してほしい」という外部の企業さまがクライアント。社内案件の場合は、自社そのものがクライアントになります。
どんな企業にも課題はあります。サービスや商品の「売上げを上げたい」「認知させたい」「ブランドイメージをつくりたい」など。その課題を解決する手段のひとつがWebサイトやWeb広告といったWebマーケティング手法になります。
Webディレクターは「いつまでに、どのくらいの売上げが必要か」といった具体的な課題をクライアントから聞き出し、頂いた予算や納期から、課題解決を達成できる企画を提案します。そして、その企画が計画通りに実現できるようにデザイナーやプログラマーといったプロジェクトメンバーを率いてWebサイト制作を行います。
優秀なディレクターは、ただクライアントから課題を聞くだけでなく、クライアントの課題を分析して提案したり、そのための予算や納期を交渉したりもできます。 一般的に窓口を担うため制作現場で最もクライアントに近く、クライアントと二人三脚で課題解決をするパートナー的存在なのがWebディレクターです。

SPECIAL
INTERVIEW
01

Webディレクターの役割とは?

数字はもちろん、
“実感”をお客様に届けるのが僕たちの仕事

現役のWebディレクターだからこそ語れる、数々の挑戦と失敗から学んだ「Webディレクターの役割」についてインタビューしてみました♪

Webディレクターの役割を詳しく見る

Webディレクターに向いている人とは?

制作に関わる人と人をつなぐWebディレクターに向いているのは、コミュニケーション能力の高い人。また、1つ1つの作業を丁寧にこなせる人、物事を最後までしっかりとやり遂げる責任感のある人に適しています。

なぜ、コミュニケーション能力が必要?

課題解決という“共通のゴール”を全員で目指すため!

コミュニケーションといっても、仲良くなることが目的ではありません。クライアントの課題を解決するために、クライアントとディレクター自身、そしてプロジェクトメンバー全員の意思を統一する必要があります。

例えば、クライアントが「30代の“はたらく女性”に新商品を売り出すサイトをつくりたい」と思っているのに対し、デザイナーが「30代の“専業主婦”のためにサイトをつくろう」としていては、クライアントの課題は解決できません。また、クライアントが「30代のはたらく女性」をターゲットだと言っていても、市場調査の結果「30代の専業主婦をターゲットにした方が売上げが上がる」と判断される場合もあります。この場合、ディレクターは根拠を持ってクライアントに提案する必要があります。一番いけないのは、それぞれが共通の認識で納得していないままプロジェクトが進むこと。

このように、クライアントの課題を解決するために、クライアントとディレクター、ディレクターとプロジェクトメンバーとの間に密なコミュニケーションと共通の課題意識が必要になってきます。

SPECIAL
INTERVIEW
02

Webディレクターに必要な顧客とのコミュニケーション

信頼に値する説明をできているか。
コミュニケーションの要は“熱量”を伝えること

「Webディレクターにはコミュニケーション能力が必要」って言われるけど、結局どういうこと?インタビューでその答えに迫ります!

Webディレクターと顧客のコミュニケーションについて詳しく見る

プロジェクトメンバーの本領を発揮させるため!

また、プロジェクトを円滑に進めるためにもコミュニケーション能力は必要です。プロジェクトは基本的にひとりではなく、複数のメンバーで推進するケースが多いです。自社の営業、ディレクター、プロジェクトマネージャー、デザイナー、ライター、編集者、運用担当者など。各メンバーがそれぞれプロとして質の高い仕事をすることにより、よりプロジェクトの完成度を上げることができるのですが、各人のパフォーマンスを発揮させるのも、実はディレクターの仕事。

そのためには、相手の立場に立って指示や依頼をする必要があります。

例えば、1年目の新人デザイナーとその道20年のベテランデザイナーでは、スキルも情報の理解力も違います。新人デザイナーには、より噛み砕いて細かな指示を出す必要がありますが、ベテランデザイナーに対しては、目的と要件をしっかり伝えた上で、思い切って任せるという場合もあるでしょう。

このように、プロジェクトメンバーに合わせて適切なディレクションを行うためには、普段からメンバーのスキルや得意分野、考え方を知っておく必要があります。一緒にプロジェクトを進める仲間とは普段からコミュニケーションをしっかりとっておきたいものです。

なぜ、責任感が必要?

窓口であるWebディレクターが“会社の代表”

Webディレクターはクライアントとの窓口であり、制作現場の責任者です。クライアントの課題や要望をしっかり握りながら、現場をまとめ上げてプロジェクトを推進します。

例えば、デザイナーやプログラマーといったプロジェクトメンバーがミスを犯したとします。しかしながら、クライアントからしてみれば会社の代表はWebディレクター。誰のミスであれ、プロジェクトが上手く推進しないようなことがあれば、それはディレクターの責任になります。

ですので、ディレクターにはプロジェクトがミスで滞らないような対策やスケジュール管理、役割配分、ミスが起きたときの素早い対処を行う能力が必要です。なにより、一番大事なのはスキル以上に「責任を持って遂行する」という意識。

責任ある仕事だからこそ、やりがいがある!

責任が大きくて大変と思うかもしれませんが、それだけプロジェクトが完了したときの達成感も大きく、クライアントから直接感謝されるのもディレクターの大きな喜びです。プロジェクトが大きくなれば、社会的にも評価されるディレクターとしてキャリアアップできる可能性も高まります。

何より「責任を持ってクライアントの課題を解決するための挑戦」を楽しめる方がディレクターに向いているといえるでしょう。

SPECIAL
INTERVIEW
03

Webディレクターの責任とは?

“成功に向かって”
自分の作品に信念を持ちプロジェクトを導く

Webディレクターが持つべき責任とは?バンドマンからの転職という異色の経歴を持つ石川さんに語ってもらいました!

Webディレクターの責任について詳しく見る

Webディレクターは、未経験でも目指せる!

元々制作に携わっていたクリエイターがWebディレクターになるケースもありますが、未経験から始める人も多い職業です。クリエイティブ系の仕事の中では、比較的、未経験可の求人が多い職業といえます。未経験の場合、まずはアシスタントからのスタートが多く、上司や先輩の仕事を手伝いながら実務経験を積んでいきます。

SPECIAL
INTERVIEW
04

未経験でWebディレクターってどう?

最初は何もできなくても、チャレンジすれば必ず一人前になれます!

実際に未経験からWebディレクターになって2年目の麻生さんにインタビュー。入社してからの仕事の内容や楽しみ、苦労などを語ってもらいました!

未経験でWebディレクターってどう?詳しく見る

Webディレクターの種類と仕事内容

Webディレクターには、仕事の範囲や得意分野により「マーケティング・企画系Webディレクター」「デザイン・アート系Webディレクター」「運用管理系Webディレクター」「営業系Webディレクター」に分けられます。それぞれの仕事内容や役割を見てみましょう。

Webディレクターの種類と仕事内容について見る

Webディレクターの年収相場とキャリアプラン

20代のWebディレクターの場合、350~400万円が相場平均のようです。未経験の場合、300万円程度からスタートする場合もあります。

実力主義の世界ですので、20代であっても平均を大きく超える年収のディレクターもいます。Webディレクターの年収の相場とキャリアアップの仕方について詳しく説明します。

20代・30代・40代のWebディレクターの年収相場やキャリアについて見る

Webディレクターに必要なスキル
~制作フロー順に解説~

ここでは、Webディレクターに必要なスキルを制作フローに沿って紹介しています。Webディレクターになるには、まず制作の流れをしっかりと理解することが大事。その上で、それぞれの工程で必要となる知識・スキルを身につけていきましょう。

市場調査

市場調査とは、クライアントの業界や顧客情報について深くリサーチすること。クライアントに取材を行うヒアリングの資料として重要なもので、Web制作における事前準備と言えるものです。Webディレクターは「なぜ市場調査を行うのか」「どんな手法で行うのか」といった目的を明確にし、情報収集とデータの分析を行います。

市場調査について詳しく知る

ヒアリング・取材

クライアントから、Web制作の目的や要望などを聞き取るヒアリング。クライアントの抱える課題や解決案を見つけるために必要なもので、Webサイトの方向性を決める重要な工程となっています。Webディレクターは一方的に質問をするのではなく、コミュニケーションを深めて相手の潜在的なニーズを引き出すという役割を担います。

ヒアリング・取材について詳しく知る

ペルソナ設計

Webサイトのターゲットを掘り下げ、あたかも実現するかのような架空のユーザー像を作るペルソナ設計。チーム内におけるユーザー像を統一したり、ユーザーが求めるサービスやコンテンツの開発に役立ちます。Webディレクターの作るペルソナが具体的であればあるほど、ユーザー満足度の高いサイト制作が実現します。

ペルソナ設計について詳しく知る

コンセプト・企画設計

コンセプトとは、制作するWebサイトの目的やテーマを明確にしたもの。このコンセプトを中心にすべての作業が行われるため、目指すべきゴールをイメージしやすいコンセプトを作ることが重要です。企画立案では、Webディレクターが中心となってメンバーが意見を出し合える場を提供。アイデアをまとめ、企画を形にしていきます。

コンセプト・企画設計について詳しく知る

提案・プレゼン

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

提案・プレゼンについて詳しく知る

スケジューリング

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

スケジューリングについて詳しく知る

構成案(サイトマップ・ディレクトリ設計)作成

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

構成案(サイトマップ・ディレクトリ設計)作成について詳しく知る

ワイヤーフレーム

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

ワイヤーフレームについて詳しく知る

Webライティング(ディレクション)・編集

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

Webライティング(ディレクション)・編集について詳しく知る

Webデザイン(ディレクション)

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

Webデザイン(ディレクション)について詳しく知る

コーディング

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

コーディングについて詳しく知る

プロジェクト管理

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

プロジェクト管理について詳しく知る

予算管理

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

予算管理について詳しく知る

SEO対策

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

SEO対策について詳しく知る

アクセス解析

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

アクセス解析について詳しく知る

コミュニケーション・チームワーク

制作サイドの意図をクライアントに伝えるプレゼン。Webディレクターはサイトのコンセプトや企画内容を分かりやすく伝達するだけでなく、クライアントに何らかのアクションを促すのが仕事となります。そのために磨いておきたいプレゼンのスキルや、より良い企画書作りのポイントを知っておきましょう。

ミュニケーション・チームワークについて詳しく知る

Webディレクターと関わる職種

ここではWebディレクターとかかわりの深い職種について紹介しています。Web制作には非常にたくさんの職種が関与しており、Webディレクターは彼らと力を合わせて作業を進めていく必要があります。円滑にディレクションを行うためにも、仕事内容もきちんと知っておきましょう。

Web編集者

デザイナー・ライター・エンジニアといった専門スタッフと連携し、Webサイトの制作や編集を行うWeb編集者。担当する作業には企画立案・制作進行管理・原稿チェックの3つがあり、制作するサイトの目的を達成できるよう、すべての段階において「繋がり」を作っていくのが主な仕事となります。

Web編集者の仕事内容を知る

Webライター

Webサイトのテキスト作成に特化しているWebライター。ユーザーの興味を引き、最終的な目的(商品の購入など)へ導くためのライティングを行います。サイトの目的を達成できるかできないかはWebライターが執筆するテキストにかかっているため、Webディレクターとしては丁寧なディレクションを心がける必要があります。

Webライターの仕事内容を知る

Webデザイナー

クライアントの要望やコンセプトをデザインに反映し、魅力的なサイトを制作するのがWebデザイナー。ユーザーへのインパクトはもちろん、使いやすさを意識したデザインを作っていきます。バナーやロゴといった素材の作成や、HTMLやCSSなどの記述言語を使ったコーディングを担当することもあります。

Webデザイナーの仕事内容を知る

SEOディレクター

検索エンジンでWebサイトを上位表示させる取り組みがSEO対策。そのSEOに関する調査と分析を行い、目的を達成するための戦略を立案するのがSEOディレクターです。日々変わり続けるSEOの最新情報をチェックし、変化に応じた策を講じるのが仕事。SEOに関する高度な知識とスキルが必要とされます。

SEOディレクターの仕事内容を知る

「webディレクターラボ」の運営元 全研本社とは?

1975年創業の全研本社株式会社は、IT事業と語学事業を幅広く展開している会社です。とくにWeb制作の分野では数多くの実績を誇り、年間1,000件以上ものサイトを手がけているのが特徴。コンサルティング・制作・デザイン・プログラミング・運用までを、ワンストップで提供しています。Webディレクターをはじめとする専門職の育成にも力を入れており、たくさんの経験の中でスキルを磨ける環境が整っています。

【特集!】全研本社のWebディレクター